人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

タグ:金山パイロット ( 2 ) タグの人気記事


2016年 03月 24日

熊野の旅 金山残土捨て場 市民農園

 昨日の続き・・・
 元は国営ミカン農園パオロット事業で造られた、金山パイロットも出来上がった頃には全国で広がったみかん園で生産過剰に・・・
 そして、今度はミカンの木を切れば補助金とか、他の果樹に植え替えたら補助金とか・・・
 その流れで、一部は「梅畑」になっていました。
 パイロットの組合が持て余したので、私たちの鬼の国物流で預かり、理事の鈴木氏が雑木まで生えかけていた梅畑を職人も入れて復活させていました。
 しかし、南部のようには行かず苦労していました。
 そこの梅で漬けた何年前のか解らない梅干しが我が家にあります。
 そうだ・・・ここで採った桑の実の「桑の実酒」もあるはず・・・

 そこの谷が、遊木トンネルや高速トンネル残土の捨て場になり、あの、台風12号関連大水害の時の井戸川の堆積土砂捨て場にもなったのです。
 かくして、この谷は、色んな土質の混在する造成地となったのです。
 井戸川から来た砂以外は瓦礫だらけ・・・
 とても農地とは見えません。
 そんな場所が三段か四段の大きな農地になりつつあります。
 誰がみても「農地」には見えませんが、登記上も工事目的からも「農地」なのです。
 今のまま進めば、「市民農園」になります。
 紀和町には遊休農地を復活させた「市民農園」が既に出来ています。
 金山が出来れば町歩で数えるほどの農園が出来ますね。
d0045383_21415969.jpg

 こんなに立派な、高い法面の造成でやって居ます。
 断面は礫・土砂・砂など色んな土質が層状になって、何千年か経ったら山の上まで洪水があった?などと学者が言うかも・・・

 きちんと造成したにしてはこの崩壊はなぜでしょう?
 年度末だけどこれで良いの?
 横の道は通行止めだから誰にも見られないはずだから???
 業者のサービスでやったのかな?
 誰か分かったら教えて下さい。
 今の所、「大抜け」はしないようですけどね。
d0045383_2147466.jpg

 これは下の段の農地予定地?です。
 一皮剥げばどんなのか分かりませんが、井戸川から来た?砂が表面にあります。
 灌漑施設があれば何か作れそう???
 でも、ここには灌漑施設はありません。
 市民農園にする時には千万単位のお金を入れて灌漑施設を作るつもりでしょう。
 ここには農地を賄えるようなまともな谷はありません。
 パイロット時代の施設など残って居ませんしね。
 この件に関しては完成予想図とか施設概要など見たことないです。
 スカーレット・オハラ・・・  あした考えよう・・・  なのかも・・・

 この市民農園が出来るのは???
 もし、農地法の関係で、完全な農園にまでしなければならないとしたら・・・
 その時の市長は苦労するでしょうね。
 思いついた係や市長には責任が及ばないのが「お役所」なのです。

 避難住宅用地でも上水道が要るし・・・
 いくら何でももう野球場は要らんし・・・
 ゲートボールやグランドゴルフには遠すぎて・・・
 老人ホームもあと10年しないうちに客が減り始めるし・・・

      
熊野市周辺地図です
 
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
     

by je2luz | 2016-03-24 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 16日

熊野の旅 ここは誰も知らない? 金山パイロット

 写真では荒れ地みたいです。
 でも、立派な「農地」なんです。
 それも、熊野市有の農地です。
 トップの説明では「市民農園」にするのだそうです。
 私が議会に戻って5年ですね。
 5年ほど前に買ったはずです。
 元はミカン畑だったのですが、「作り土は雑菌が居る」と言う事で廃棄して埋めています。
 何年経っても農地にはなりそうに無いですね。
d0045383_21261011.jpg

 でもね・・・
 ここがひまわり畑だったこともあるんです。
 埋め立てを始めた頃・・・
 今より土地がうんと低かった頃です。
 農地ですから農地らしくしないと叱られると思ったのでしょうね。
 雑菌も居ない代わり栄養も無い道路工事の残土の所にひまわりを植えたのです。
 勿論、公式に予算を組んで業者にやらせたのです。
 以前にこのブログに載せたこともありますが、草丈30~40cm、花の咲いたやつでも直径6cmとか・・・
 一面のひまわり畑だけど黄色くはならなかったのです。
 私が飛行機から見たソ連のひまわり畑は地平線まで黄色だったのですけどね。
 それでも、ひまわりが植わっていたので、「農地」って事になったのでしょうね。
 雑草も生えない痩せ地でも、形だけでも耕作しているように・・・
 熊野市は農民じゃ無いし、土木業者も農民じゃ無いはず・・・
 国も国なら市も市ですよね。
 建前と建前にもなりませんね。
 誰も検査も実証もせず・・・
 まあ、100万単位の小さな金だったのでしょう。
 その実績があるので、その上に又々工事残土が積まれて、10m位上がってきましたね。
 もう、一度実績を作ったので、「そこは農地だぞ!」と、叱られることは無いのでしょうね。
 でも、おかしな事なんですよね。

 これから、高規格道路は「熊野道路」という名前で延長工事に掛かります。
 問題の工事区間の残土も一部ここに来るのでしょう。
 何時になったら、「市民農園」は出来るのでしょう?

 でも、農地が荒れるに任せているのに、ここを整地して新規の農地を作るなんて狂気の沙汰です。
 役人らしい発想です。
 出来ない方が良いのです。
 でも、一部の人は「素晴らしい農園が出来る」なんて褒めるようです。
 そんなのが寄ってたかって「裸の大様」を作っちゃうのです。
 大人になれない私は・・・
 「あの人裸だ!」と叫んじゃうのです。

 熊野の人じゃ無いとわかりにくい話かも・・・

  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
      

by je2luz | 2015-02-16 04:19 | 熊野 | Trackback | Comments(0)