人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

タグ:熊野市議会 ( 383 ) タグの人気記事


2019年 06月 18日

ごみ 1 一般家庭ごみ

今の世の中、「ごみ」が色々問題になっています。
 「一般の家庭ゴミ」も環境破壊。財政圧迫などの問題が随分前から問題になっています。
 「産業廃棄物」は比較的法整備が進んできましたが、近い所では紀北町の建設廃土問題なんかは抜け穴ですね。
 「廃プラ」なんてのも一般家庭ゴミと同じように普通の生活から生まれるものが多いでしょう。
 「核のゴミ」これは日本なんかは動きが取れない状況なのに増え続けているものです。
 「宇宙のゴミ」これも随分前から問題になっているけど、国益、軍備上の問題などで解決できていないようです。

 まず、「一般の家庭ゴミ」については、全国的に若干減少傾向にはあるようですが、自治体監査も大きいようです。
 今は「ごみゼロの日」なんて5月30日を指定していますが、ごみ問題が社会に出てきた頃、沼津市が分別収集を始めました。
 「沼津方式」と呼ばれましたが、熊野市でもその頃から分別収集を考えはじめ、古い焼却炉が完全に寿命になって新しい焼却炉を建設しなくてはならなくなっていました。
 と言うことで、市議会に「環境対策特別委員会」を組織し勉強に入りました。
 分別方法。新しい焼却炉の型式、更には、屎尿処理場も老朽化していたのでそれの勉強など多岐にわたりました。
 その前から、段ボールなど可燃ごみと一緒に出ているものも収集車のかかりがパッカー車の屋根に載せて回収していました。
 古物商に売却し手袋とか購入していたのですが、市民から役所に抗議の電話が入り。「議会の特別委員会が責任撮るから回収を続けろ」と押し切り、分別収集にも手を付けました。
 先進地のように細かく分けると住民が付いてこられないので最初はおおざっぱにし、段々細かくして今のようになっていったのです。
 氏の名前の入った指定袋も役所の方はしたかったのですが、あれって結構高いですし、そもそも、レジ袋がゴミ袋に入れられて出されるというおかしなことになるので、指定袋はやめて透明か半透明の袋なら良いことにして貰いました。
 当時のスーパーはビニール袋からPPの袋に切り替え始めた頃だったのですが、オークワさんとジャスコさんに頼んでPPの袋に切り替えて貰いました。
 指定袋無しは今でも続いていますね。
 最近はレジ袋有料化でレジ袋でのゴミ出しは減ってきているようですが、老人に一人暮らしだと45Lのゴミ袋に一杯なんて可燃ごみ・生ゴミは貯まらないので。大きな袋にちょこっと入ったのが出ていますね。

 この一般ごみを焼く焼却炉も耐用年数が越えてきて居ますが、補修を重ね、大きなトラブル無しで働いています。
 それでも、建て替えが必要なので次の炉が検討されています。
 基本的には温度を上げたり下げたりしなくて良い「連続炉」を作ると良い国の方針もあるので、旧・南北牟呂郡合同での計画です。
 全部合わせても人口が65000人ほどですか?
 ごみの量が中途半端です。
 今のところ尾鷲市が立候補し、中電三田火力の跡地に作ろうとしていますが、町の真ん中で他所のごみまで燃やすとなるとどんな反対が出るやら…
d0045383_13254066.jpg
 どうせ燃やすならそのエネルギーで発電が出来れば…と言うことで大都市の焼却施設では発電していますが、先ほど書いたようにごみの量が問題になります。
 尾鷲では同じ敷地で「バイオ発電」も計画に上がっていますが、制度も仕組みも違うので連携、連動は難しいでしょうね。
 後数年内に結論が出ないと困ることも行きます。
 南牟婁郡(旧紀和町を含む)はRDFと言うごみのペレットで発電する燃料を作る工場を阿田和おろし街道沿いに作っていますが、三重県のRDF発電所が廃止されるので動かせなくなります。
 以前にペレット保管ホッパーが炎上、消火中に爆発して消防士さんが犠牲になった発電所です。
 要らないごみを焼いて電気を作り…
 良い話なんですがコストも合わない???
 役所を大企業が組めば大体高く付く不思議な社会ですからね。



by je2luz | 2019-06-18 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 22日

川の呼び名

 土地とか川とかの呼び名はそれなりに謂われがあったり地元での愛着があったりするものです。
 町の名前とかは合併やら住宅表示やらで変えられたものも多くありますね。
 一悶着あったりもするようです。
 
 南紀で一番の大河は「熊野川」のはずです。
 北山川水系と十津川水系を合わせて新宮で海に注ぎます。
 これが「建設省」で名前が変えられて「新宮川」になっていました。
 いまから30年ほど前に吉野熊野総合開発によるダムが造られ、流域の様子がずいぶん変わってしまいました。
 その頃は「熊野川」と呼ばれていたのに、いつの間にか鵜殿の国道にたてられた看板が「新宮川」に変わっていました。
 私が議員になった頃、「なんで?」と聞いたところ、「川の名前は河口の町の名前になる」なんて説明でした。
 地元での了解もなしで建設省と国土地理院がが変えちゃったのです。
 折しもダムの水利権更新時期なので、熊野市議会に「熊野川水系対策特別委員会」を設置しました。
 すると、熊野市から「熊野川を名乗るのはやめてほしい」なんて申し出がありました。
 「冗談じゃない! あの川は昔から熊野川と呼んできているし熊野市議会の委員会の名称に使っていけないなんておかしい!」と、そのまま「熊野川水系対策特別委員会」を名乗りました。
 事のついでにm紀宝町・鵜殿村などに働きかけると、そうした町村も「あれは新宮川下はない。熊野川だ。」ということでした。
 新宮市も「新宮川はいささか違和感がある」ということで、建設省などに「地元で使われてきた由緒ある川の名前に戻してほしい」と申し入れ、しばらくすると、看板が「一級河川・熊野川(新宮川)」と新宮川というのが括弧書きに入りました。
 そうして経緯で、あの川が「熊野川」そして水系も「熊野川水系」になっていたのです。
d0045383_20172675.jpg
 ただ・・・
 ここに来て、またまた国の意向なのか「新宮川水系」という名称が表に出てきて、熊野市もそれを使っています。
 何だかなあ・・・
 「お国の意向」に迎合して異議を唱える人間もいなくなったようですね。
 あの頃の議員さんも市長さんも「あれは熊野川なんだ!」と、声高に叫んだのですけどね。
 たかが川の名前、されど先祖から慣れ親しんできたものなのに・・・
 これはこのことだけにとどまらない行政の自立性のなさを示しているように思います。



by je2luz | 2018-09-22 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(4)
2018年 06月 14日

復活しちゃうの?

 私は今市議会議員ではありません。
 でも、やっぱり熊野市には興味があります。
 だから、腹も立ちます。
 議員ではどうしようもない部分をずいぶん見てきました。
 「市」というものは「市長」の印鑑で決まっちゃう部分がすごく大きい荷です。
 民主主義の原則からすれば「主権在民」でその市民に選ばれた市議会議員で構成する市議会は市長に対する監視という意味からも、条例や予算の議決権があります。
 よほどのことがない限り市議会の過半数を動員して議案を否決することは起きないのです。
 よその自治体ではこの議会さえ開かないで、市長の独断で「専決」という手法で独走、暴走したことさえあるのです。
 だから在職中は予算、議案を超えて目を光らせ文句、注文を付け続けていました。
 ずいぶん邪魔な存在だったかもしれませんね。

 私がいても多分止められないのでしょうけど、いったん中断していた「電線地中化工事」が息を吹き返すのだそうです。
 記念通りの活性化???
 今から計画を立てて関係者に諮って???
 関係者って誰???
 地震の時に電柱が倒れるから???
 記念通り災害時の基幹道路ではないです。
 目的がよくわかりませんね。
 街並みを整えても商店街は生き返りません。
 補助金で行っているイベントも先が見えています。
 そこに、数億つぎ込んで電線を地下に埋めても…
 さらに電線類の取り出し口の問題で裏通りに電線を引き直して…などと言うおかしな手法も取りざたされています。
 「補助金でやるから構わんだろう!」と言う論ぷ鵜が出てくるでしょうね。

 他にもこうした支出が増えそうです。
 困ったものです。
d0045383_20553151.jpg
d0045383_2059076.jpg



by je2luz | 2018-06-14 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(1)
2018年 06月 05日

熊野の旅 天安門から29年

 もう、29年も経つのですね。
 あの、戦車が学生に襲いかかる衝撃的な映像に釘付けになった物です。
 私は市議会議員になってすぐの頃です。
 考えてみると私も若かったんですね。
 当時、熊野市議会には、「日中友好議連」という物が存在していました。
 私もそれに入っていました、
 取り立てて活動なんて無かったのですけどね。

 で・・・
 天安門事件が起きました。
 どうしようも無い流れになったので先輩議員さんにお願いして急遽会合を持って貰いました。
 目的は、中国領事館に抗議文を提出することをはかるためです。
 新米議員の提案でしたが当時の議員さん方は、あの人民を無視するやり方に憤っていたのですぐに抗議文を作ることに纏まりました。
 そして、役員二名を除いて「日中友好議連」から脱会することも決まりました。
 見ようによっては「内政干渉」になるのですが、そんなことを超越した怒りが支配していたのです。
 同僚各位は私のようにカッカする人達では無かったのですけどね。

 軍隊って国を護る気はあっても人民を護る気の無いのは色んな歴史が教えてくれていますからね。
 日本軍でも沖縄で、満州で民衆を見殺しにしたり・・・
 分隊や個々の兵レベルでは人間性が前に出ても連隊、師団とかになると、組織が優先されますから・・・
 怖い物です。
 などと発言出来る今の日本はまだ平和なんですね。
 私は、この年になってもあの頃と同じように憤慨するでしょうね。
d0045383_20124188.jpg
 この花は「アストロメリア」
 雑草化しますからお庭には植えない方が・・・
 私のように邪魔なものかも・・・



by je2luz | 2018-06-05 04:26 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 23日

最終結果です

 最終結果です。
 力不足で申し訳ございませんでした。
d0045383_00001523.jpg
d0045383_00003849.jpg


by je2luz | 2018-04-23 00:14 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 16日

中田せいじ 熊野市議会議員選挙 二日目

 選挙一日間が終わりましたが、今回の初日は「午前中雨」の予報でしたが、ポスターを張り始める8時半までには止んでくれたので、ポスター張りの人はずいぶん助かりました。
 私のところは4班に分かれてもらいました。
 紀和方面は枚数が少なくても場所が広く、わかりにくいので前回と同じメンバーを送り込んだのですが手こずったようです。
 何しろ総数200箇所にものぼりますから、有権者数から言うと効率が悪いですね。

 一日目は結構広い範囲をカバーして走りましたが、ポスター掲示板に空白のある候補者も居ました。
 地図と一覧表を渡しても簡単にはたどり着けませんからね。
 補充用のポスターを積んで走っていますが今のポスターの用紙は雨に強いので街宣車で貼り足すことはほとんど無いようです。

 二日目で全域をカバーし街頭演説に入る予定です。
 私は政治団体、「中田せいじと一緒に熊野を考える会」で機関紙「清流」をほぼ定期的に発行続けているので、街頭演説をしても主張することが分かって貰いよいのです。
 市議会議員レベルでは自分の考え方などは中々有権者に解って貰えませんからね。
 私は機関紙が年に4回ほど、ブログは毎日、町でも立ち話もそこそこ・・・
 それでも充分にはなりませんけど・・・
d0045383_23093467.jpg
 これが「選挙公報」の原稿です。
 小さな顔写真も入ります。
 18人の候補者全員が同じ大きさのスペースで記事を出せます。
 この字数を入れるには13ポイントくらいになります。
 「清流」も記事は13ポイントです。
 お年寄りも多いですからこの大きさが限界です。
 NETではスキャンしたものを画像でアップしていますが大きさなどは見る人それぞれになっちゃいますね。

 今日は中心部以外に、飛鳥ー五郷ー神川ー育生ー紀和を回ります。
 お昼を「板屋九郎兵衛の郷」で取れるように走る予定です。
d0045383_09540333.jpg



by je2luz | 2018-04-16 04:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 15日

中田せいじ 選挙戦に入って居ます 挨拶状

 選挙戦が始まりました。
 作法通り? 新聞広告を出すことにしました。
 ローカル二紙に同じものを掲載して貰います。
d0045383_23143976.jpg
 掲載内容は基本的に自由なのですが、嘘はいけません。
 年齢詐称・学歴詐称などは駄目です。
 写真は一応自由です。
 まさに、挨拶代わりの広告です。

 この他に「選挙公報」というのがあります。
 選挙管理委員会が発行するもので、そちらの方が少しスペースが大きくなります。
 それも記載内容は自由です。
 所属政党や年令も入れることが多いです。
 この選挙公報はしない全戸に配布されます。
 編集はこちらでやってそのままの掲載なので以前は手書きのも多かったものです。

 と言うことで、選挙戦に入っていますから不定期の更新になるかと思います。
d0045383_21482058.jpg



by je2luz | 2018-04-15 12:00 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 15日

中田せいじ 熊野市議会議員選挙 出陣します

今日から熊野市議会議員選挙が始まります。
5年ほど前からNET選挙が許可されています。
逐次実況など出来ませんが、通常通り毎日NETの更新は行います。
d0045383_09540333.jpg
 今回は激戦になっております。
 ご支援の程、よろしくお願いいたします。



by je2luz | 2018-04-15 08:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 07日

あと十日 新聞にも顔写真が…

 あと10日で熊野市議会議員選挙になります。
 候補者も出そろったようです。
 歴代選挙の中でも激戦も様相を呈しています。
 私も候補者なのですが上位数名の人以外の票など読めません。
 定数14、 立候補者数18 うち、元職2、新人5です。
 ローカル紙にも予想される立候補者が顔写真入りで載りました。
 写真で見れば私も若いのですけどねえ…
d0045383_17074207.jpg
 最下段の左から5人が新人さんです。
 田舎ですがご本人についてよく知らない人が多いです。
 今回は公明党一名以外は全員無所属です。
 昔から自民党の地方議会議員連盟の支部があり多くが所属していましたが。公認や推薦はとりませんでした。
 大きな会社も無いし、労組の推薦で出てくることもほとんど無かったですね。
 議会内も「党派」「会派」は事実上無いままでやって来ましたから、変に党に縛られるとか、会派に従わなくてはならないと言うことも無しで通ってきました。
 議員とは本来自由であるべきだし、地方議会は尚更だと思います。
 波風が立たないのが良いとは言いませんが、面子や党利党略でもめるのは地方議会では市民に役だととも思えませんね。
 今回はどうなるか解りませんが、自由に動ける議会は守りたいですね。

 書類事前審査、ポスター、葉書、一応準備完了です。
 来週に入ったら看板の組み立て、スピーカーの準備です。
 手袋やジャンパー、タスキは以前からのです。
 18人も動くとジャンパーの色やポスターの色はかぶるでしょうね。



by je2luz | 2018-04-07 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 15日

春です あと一か月 そして一週間

 三月も半分過ぎます。
 本格的な春になってきました。
 車の方もそろそろサマータイヤですね。

 これからの一か月は色んなことがあります。
 4月15日日曜日に熊野市議会議員選挙の告示があります。
 ちょうど一か月です。
 そして、一週間の選挙運動期間があって4月22日日曜日が投票日です。
 街頭演説が出来るように天気が良いと有難いのですけどね。
 それまでにポスターのデザインを決めなくては…と言っても最初に立候補した時以来デザインは同じです。
 文字を白抜き、字体は丸ゴチ、色だけは毎回変えます。
 今は台紙が耐水になっているので袋入れなどしなくて済みます。
 ハガキは市議会議員選挙では800枚だと思います。
 この数は微妙なのです。
 カバーできる範囲が限られますね。
 選挙公報の原稿作り
 新聞広告の原稿も要るのかな?
 供託金は30万円
 車の契約書、運転手の契約書、ポスター作製の契約書、燃料の契約書…
 立候補誓約書、通称使用届出書(名前を平仮名にすると必要)、選挙事務所設置届け、会計責任者選任届…
 看板・スピーカーの組み立てと警察での検査
 結構事務や書類作りがあります。
 でも、印鑑は全部認印で済んじゃうんです。
 年齢と学歴は偽ったら選挙違反です。
 ポスター写真は無くても、イラストでも良いし、古い写真でも良いのです。
 証明書ではありませんからね。
 慣れていない事務担当者は結構大変かと思います。
 それに、4年に1回なので忘れちゃうようです。
 
d0045383_19494107.jpg


by je2luz | 2018-03-15 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)