人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

タグ:熊野古道 ( 969 ) タグの人気記事


2019年 04月 09日

他所の熊野古道 王子とは?

 何種類かある熊野古道の内でここを通る「伊勢道・熊野街道」は和歌山県側とは全く違い、北に向かい「お伊勢さん」に繋がっています。
 この道が盛んになったのは、「お伊勢さん」が流行りだしてからみたいです。
 中辺路や大辺路は都に通じていますが、平安時代などには伊勢路方向には大きな町も無かったですからね。
 江戸期に入ると「伊勢参り」がものすごく流行ったようで、その分、一旦は「熊野詣」が下火になったこともあるそうです。
 伊勢の「おかげ参り」は慶安3年(1650)に流行りだし、その後大ブームが宝永2年(1705)、明和8年(1771)、文政13年(1830)、明治3年(1871)4回ほどあったのだとか・・・
 この江戸期から明治の「おかげ参り」の流れで「伊勢道」を通る「お遍路さん」が増えたのでしょう。 
 この記述にある年号では無いのですが、文化年間の頃の記録として「熊野年代記」には文化元年(1804)20000人。同2年20478人、3年26000人、4年18729人・・・文政8年(1825)11746人など記録にあるそうです。
 ブームで無くてこれですからブームの時倍増すれば5万人とかですね。
 少し前に鬼ヶ城の入り込み客15万人と言ったりしてましたから、日本の人口と交通事情を考えると大変な数字ですね。
 「ありの熊野詣」は江戸時代になってから、いにしえの盛んだった頃のことを例えた言い方だそうです。
 これは江戸後期、新宮での人数のようですが、平安時代などでは紀伊地に比べ熊野地は1割程度では無かったろうかと言われます。
 江戸期になると様子は変わって伊勢路の比率が上がっていたと思われます。
 旅人が関東からの人が増え、お百姓さんなども増えたそうですからね。
 「伊勢に七度熊野に三度」とか「熊野に参らないと一人前じゃ無い」なんて言葉もあったそうです。
 江戸を始め関八州の人達が熱心だったようです。
 この辺での言い伝えの「かんとべえ」なんてのは最後の明治のブームのことでしょうね。

 古い時代の「熊野詣」の頃から、和歌山側では上皇だとか法皇だとか貴族が参詣に来たので、色んな話もあるし、そうした人が寄進した「九九王子」なんてものが並んでいます。
 正確に九九あったわけでは無いようですが、「○○王子」てえのが、案内板にあるし道路標識にもあります。
 難儀して越える街道の途中途中にこんなのがあると、歩く励みにもなったでしょう。
 「一里塚」「丁塚」でも励みになったようですからね。
 こうしたものが載った観光案内書みたいなのも一杯出ていたようですからね。
 伊勢街道でも「大泊観音」など載った冊子が出されていたようです。
d0045383_10260983.jpg
 中辺路辺りだけでもこれだけ残って居るのですからね。
 特別見るものも無い、景色も良くない中辺路でもスタンプラリーのようにこうしたものを尋ね歩くと道中が楽しくなるでしょう。
 今の時代のようになれば、全部回りたいなんて思わせるでしょうしね。
d0045383_10301691.jpg
 この人達は「牛馬童子」と「大坂本王子」へ向かうようです。
 4月には入り日が長くなったとは言え、16時52分です。
 団体バスは居なかったし???
 何処に泊まるのでしょう?

 今の人は、御利益を求めて「熊野三山」に来るのでは無く「古道歩き」がほとんどでしょう。
 と言うことは・・・
 この「王子」の働きって大きいでしょうね。



by je2luz | 2019-04-09 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 06日

次は鯉のぼり?

 長くやられていた「熊野古道ひなめぐり」とやらが終わりました。
 この辺では「ひなまつり」は月遅れですからここ迄やっていたのです。
 「おひな様は早く片付けないと嫁に行けない」なんて言いますね。
 でも、救いの手があって、「片付けられない時はおひな様を後ろ向かせる」なんてのも聞いたことがあります。
 迷信も寛容ですね。

 おひな様が終わると次は「端午の節句」ですね。
 昔はこっちの方が大事にされたとか言いますが、今では家庭内では「桃の節句」の方が華やかなので受けるようですね。
 住宅事情からも「鯉のぼり」なんて揚げられない家が多いですね。
 庭があっても柱を立てるのも大変ですし、植木だ電線だ隣の建物だ・・・障害物も多いです。
 我が家はそこそこ庭もありますが、庭に立っていたアマチュア無線のアンテナが邪魔でした。

 各地で使われなくなった鯉のぼりを集めて川や広場や浜辺にずらりと並べる行事が行われていますね。
 昔は四万十川なんてのが報道されていましたが今は日本中みたいですね。
 熊野では「七里御浜鯉のぼりの会」という団体が七里御浜、獅子岩から木本に向かってロープを張り鯉のぼりをつるします。
 障害物はないし、前は熊野灘、後ろは紀伊山地の山々ですから、舞台装置は素晴らしいです。
 風が強い日は鯉たちが気の毒なくらい泳ぎ回ります。
 始めた頃には木製の足場を使って砂利浜に立てるので、柱ごと倒されたり、苦労していましたね。
 今は鉄製のポールで重機を使って立てるのでしっかりしています。
d0045383_09474190.jpg
 今年は「第35回」で、4月28日日曜日から5月5日日曜日までだそうです。
 ゴールデンウィークだし・・・
 熊野古道、松本峠と花の窟神社を結ぶルートにもなるので古道歩きの人も多く見かけます。
 駐車場は市役所とかになって居ます。
 国道の路側帯にも停められますが十分気をつけてください。
 浜でゆっくりするなら、会場には面していませんが「ローソン」「ファミマ」「イオン」「オークワ」が近くにありますし、腹ごしらえなら「牛丼屋」「饂飩屋」などもあります。

5月1日、令和元年初日の出を見に来れば、鯉のぼりの向こうに朝日が昇りますよ。



by je2luz | 2019-04-06 04:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 05日

熊野古道と旅支度

 世界文化遺産に登録されてから、大賑わいとは言えませんが古道を歩く人も見かけるようになりました。
 昔は「蟻の熊野詣」と言われるほど大勢が参拝に来たようです。
 江戸期以降では関東から「伊勢参り」と同時に「熊野詣」も盛んになったそうです。
 関東では「熊野にお参りする」と書き置きすれば、女だけのグループでも旅に出られたのだそうです。
 「入り鉄砲に出女」と関所の見張りが厳しかったはずなのにお目こぼしがあったのでしょうかね?
 「金比羅参り」もかなり自由だったようで、「犬」だけでも代参が出来たとか・・・
 私のじいさんなど明治時代とかにはまだ関東からの参拝者が居たようで。関東からの人を「かんとべえ」なんて言ってました。
 「関東・べえ」なんでしょうね。
 江戸者は馬鹿に出来ないから、上州とかの人を馬鹿にしたのかも知れません。
 食いかけていた熊野地の人が旅人を笑うなんてねえ・・・
 でも、「善根宿」なんて、木賃宿よりもっと優しい「出世払いの宿」まであったらしいですから、優しい面もあったのでしょう。

 伊勢方面から熊野街道に入ると山また山です。
 東海道とかの街道と違い宿場など整備されていなかったようです。
 そして、「茶屋」も整備されない山道ですし。今のように分かりよい標識があるでも無し・・・
 山賊も出たでしょうしね。
 まともに路銀も無い巡礼さんの中には道に迷い。崖から落ち、川でおぼれて命を落とした人も多かったでしょう。
 街道筋にぽつんと立っている地蔵さんなどにはそうした行き倒れの人を供養した者もある戸尾もぴます。
 この辺では神志山にある「巡礼の供養の碑」が知られています。
 この熊野古道伊勢道・熊野街道などは山越えがあると言っても海岸線に近い尾根越えですから他の街道に比べると、「野宿で凍え死ぬ」なんて少なかったでしょうね。
 宿?民泊?で作って貰ったにぎりめしや目はりを腰に付けて歩いたのでしょう。
 昔より今の方が途中での飲み物食い物の補充は難しいかも知れません。
 昔の人なら、谷川の水は気軽に飲んだし腹はこわさなかったでしょう。
 今の熊野古道で歩くように地図に出ている部分は、「始神峠」「大吹峠」「松本峠」「横垣峠」「風伝峠」など何処も峠の茶屋なんてありませんね。
 食い物屋もほとんどありません。
 今の田舎では市街地でも食堂は少ないですからね。
 お店も国道沿いのコンビニ以外は少ないし・・・
 古道に近づく前に、目に付いた店や食堂で腹を満たすことを考えないと・・・
 団体の場合は主催者が弁当の手配をしたりするようですが、個人の人は下調べしてきた方が良いでしょう。
d0045383_16053817.jpg
 ここは169号線中辺路の小さな道の駅です。
 「サンマ寿司は完全予約制になりました。前日までの予約を・・・」と言う張り紙があるほどですから、「牛馬童子」があり、駐車場もトイレもある国道そばの熊野古道でも商売になって居ないようです。
 この前後のお店となると、「近露」?「渡良瀬・川湯」? 歩いて行ける所では無いですね。
 昔より難儀する熊野古道かも知れません。
d0045383_10312378.jpg
 熊野市文化交流センターで4日から7日まで開催中です。
 女流画家さん達の恒例の展覧会です。
 お立ち寄りになってください。


by je2luz | 2019-04-05 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 14日

今年も始まります

 近年は日本中で行われている春の行事ですが・・・
 「雛めぐり」が熊野市でも始まりました。
d0045383_10394878.jpg
 飛騨高山みたいな伝統はありませんが、「熊野市文化交流センター」をメイン会場に市内各地で展示されています。
 「スタンプラリー」も行われていて、20カ所のスタンプを集めたら景品が当たるとか・・・
「世界遺産の街、熊野市で旧暦のひなまつり」がタイトルです。
 3月16日から4月3日です。
 こうした行事の多くは「お盆」を含め「月遅れ」が多いです。
 「桃の節句」も新暦だと桃の花が咲いてきません。
 旧暦は年によって日にちのずれが大きいので、わかりよい「月遅れ」が定着したのでしょうね。
 「仲秋の名月」なんて新暦では無理ですけどね。
 この「ひなめぐり・ひなまつり」も日にちを見ると「月遅れ」です。
 旧の3月3日は新の4月7日日曜日です。
d0045383_10220957.jpg
 これは熊野市商工会議所に飾られている物です。
 比較的新しい物ですね。
 熊野では江戸期・明治・大正などの古いおひな様は少ないようです。
 古い物だと元の持ち主の家まで推測できるくらいの町ですから・・・

 この時期になると子供がスタンプラリーで走り回っています。
 面白いのは、男の子などおひな様を見ないでスタンプ押して飛び出して行きます。
 市内を車で走る時は飛び出しに気をつけてください。



by je2luz | 2019-03-14 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 07日

高規格道路 3 紀伊半島

 紀伊半島というのは日本列島の大きさから言うととんでもなく大きな物です。
 地質学的には半島なのでしょうけど、これが半島なら中国地方も半島じゃ無いかと言うくらいで、ざっと下の地図の範囲みたいです。
d0045383_14145868.jpg
 この紀伊半島をぐるりと走るのが「国道42号線」で松坂からどんどん南下し。串本で一転して北上し和歌山市に至ります。
 高速道路・高規格道路も色んな名前を貰いながらほぼこの通りに巡ります。
 この道順通りに鉄道・紀勢線も走っています。
 海岸からすぐに険しい山地になるので道路も鉄道もそうしなければならなかったのです。
 紀伊半島南部から名古屋方面はこの道順で良いのですが、大阪・京都へはものすごく遠回りになりますから、新宮から168号線、熊野からは169号線が紀伊山地をたてに割って走っています。
 鉄道も168号線と同じルートで「五新線」が計画され新宮ー五条を結ぶ計画があり、ほんの一部は着工されましたが鉄道の時代では無いと言うことで計画も廃止されました。

 地図でわかるように、新宮から田辺・和歌山なら42号線のルートでも良いのですが、熊野市からだと潮岬まで南下して北上すると「三角形の二辺の和は他の一辺より長い」ということになり、国道311号線(一部169・168と共用)で本宮・中辺路で田辺に出る方が早いです。
 このルートも紀和町から169号併用区間までが狭いですけどね。
 さすがにこのショートカットルートには「高規格道路」の計画は無いです。
 でも、改良された区間はカーブも減り、車は少ないし、オービスも無いので走りよいです。
 田辺まで約100Km、二時間です。
 田辺ー和歌山は自動車専用道路で1時間くらいかな?
 大阪に行くにはやっぱり国道309号ー国道169号橿原ー国道24号ー西名阪が山越えが嫌でなかったら早いでしょう。

 と言う地形的なこともあり、全線を通して一気に走るというものではないですね。
 運ぶ貨物も木材・石材が衰退したし、水産物も勢いが無いですね。
 パルプも二社消えて残るは「紀州製紙」だけですね。
 専用の貨物列車も廃止されています。
 平地が無いから農産物も多くないし・・・
 残るは「世界遺産・紀伊山地の霊場とその参詣道」と「吉野熊野国立公園」の観光資源だけですね。

 ???
 地質的に安定していると言われていますから「放射性廃棄物保管場所」に指定されかねません。
 放射能を浴びる人も居ないですしね。
 でも、鉱山跡地では「強酸性の地下水」が出ますからね。
 断層だってあるんですから・・・
 次の世代の人達!
 「油断召されるな!」



by je2luz | 2019-03-07 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 22日

世界遺産この先

 テレビで世界遺産「富岡製糸場」が取り上げられていました。
 最初のブームが終わって人は来ないし、煉瓦造りの古い製糸工場が老朽化で補修が必要だし・・・
 とんでもない費用が必要だとか・・・
 長崎の「軍艦島」も廃墟化している所なので人を立ち入らせるためにはこの先補修とかでかなりの費用が予想されているようですね・
 「石見銀山」も同じ悩みがあるようです。
 日本中に世界遺産が出来てくるし、人の興味は移って行くし・・・
 高齢化と人口減少で国内旅行は衰退の一途をたどる予想ですしね。
 世界遺産指定=観光振興、と言う図式ではしゃいできた所が思惑が外れているようです。
 熊野古道も役所の思惑は「貴重な文化遺産を守る」なんて気はほとんど無かったですからね。
 でも、熊野古道は遍路道なんです。
 歴史的にも「善根宿」が重宝されるような路だったのです。
d0045383_20482441.jpg
 これは三重県の外郭が作ったパンフレットでツアーの企画です。
 パンフレットの費用だけでも○百万???
 それは補助金でまかなわれるので、旅行業者と違い採算の計算無しでしょう。
 賑わせにはなるでしょう。
 それに、熊野古道は維持費が少なくて済む遺産ですね。
 災害で崩れた時は随分掛かりましたけどね。

 松本峠も使われなくなってからは地元の有志のかたが草刈りなどしてくれていました。
 松本峠・大吹峠などはそこそこ歩く人も居るでしょうけど、山間部の古道はこの先維持が大変になるでしょうね。

 「熊野古層シャトルバス」 名古屋名鉄バスセンターーー花の窟神社神社 はまだ走っているようですが・・・



by je2luz | 2019-02-22 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 20日

さくら

 今はあちこちから「川津桜」とか「緋寒桜」の便りが届いていますね。
 この辺ではその手の桜は少ないようです。
 圧倒的に多いのは、植樹物では「染井吉野」で、自然物は「山桜」ですね。
 切り倒しましたが一時期我が家の庭にも「山桜」が生えていました。
 植えたのではなく鳥が持って来たやつでした。
 色が少し薄く葉のでるのが少し早めの山桜でした。

 去年かな?
 山桜の新種を「熊野桜」と名付けたというニュースがでましたね。
 普通の山桜より少し開花が早く、色が濃い・・・
 桜に季節になりかけた頃、168号線、熊野川沿いに走った時に山に咲いていたのは確かに他の山桜とは違っていました。
 あれが「熊野桜」なんでしょうね。

 桜は「バラ科」ですから挿し木がしよいのでしょうね。
 今年になると一杯植樹の話が伝わってきます。
 数年経つと少しずつ咲き出すでしょうね。
 もともと、この辺の山では山桜が一杯自生しているし、「熊野桜」も熊野川沿い周辺の山で分科繁殖した物ですから育てよいでしょう。
d0045383_17145536.jpg
 桜を増やしすぎて「天狗巣病」なんてのがあちこちで問題になっています。
 この辺でもそこそこ見かけます。
 枝が異常に密集して居るので見れば分かるのですが、病気だと知らない人にはその部分は葉が多くて元気そうに思えるかも知れません。
 対処法は早めに切り取って焼却することらしいですね。
 原因はカビの一種らしく、「染井吉野」が罹りよいのだそうです。
 染井吉野が全国に広がって病気も広がったようですね。
 写真の枝が固まった所が「テング巣病」に罹った部分です。
 葉がでても元気そうなのですが、段々枝が枯れて行きます。
 桜は枝が枯れると幹が空洞化して寿命を縮めるそうです。
 見かけたら管理者に連絡してあげてください。



by je2luz | 2019-02-20 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 16日

熊野市駅前 2019・2・14

 久しぶりにJR紀勢本線・熊野市駅駅前の写真を撮りました。
 少し変わりました。
 元コンビニだったところに民間の建物が建ちました。
 その右隣の熊野市が購入した元土産物店はまだ取り壊されもしていません。
 私が問題にしたものですが、急ぐ事業があって買ったのではないですからね。
d0045383_16350564.jpg
EISUの看板の前日本建築の「熊野市観光物産会館」から右に向かって「民間建物・新築」「熊野市有用途不明建物」「県道木本停車場線」「熊野市観光公社」「民間・喜楽食堂」の順です。
 熊野市の一等地?は少しずつ熊野市が買い取って私有地になってゆきます。
 でも、飛び飛びなんですね。
 統合して再編成は不可能です。
 手前右手は、国鉄と日通に民間ではオークワさんのものでまとまっていたので、「熊野市文化交流センター」として、図書館とホールが入っていますけどね。
 それでも、旅館だった建物と日通が管理していた店と、饅頭屋さんがはまり込んでしまった変形した敷地です。
 役所というのは用地交渉が下手な所ですからね。

 立地は駅前と言うことで、都市部なら一等地なのですが、紀勢本線は相互発着電車区間とかと違い、遠距離用の特急列車を除くと、今の時代には市民の足ではなくなっています。
 過疎化でバスもまともに走っていないし…

 熊野市が買い上げてくれた土地は坪単価30万とかになったのですが、すぐそばの民間取引では半額以下だったようです。
 市有地が増えて減ったものは「固定資産税」「賑わい」でしょうね。
 増えたものは「市債」と「建物の維持費」「外郭団体の赤字」かな?

 特急停車駅なのにキオスクなしコンビニなし駅前食堂一軒、本屋一軒だけ…
 世界遺産「紀伊山地の霊場とその参詣道」「吉野熊野国立公園」と言う観光地の中心の駅としてはいささかさみしいですね。
 タクシーだけは結構多く客待ちしています。
 タクシー以外にでは日曜祭日の観光客用乗り合いタクシー、熊野市の貸し自転車くらいしか移動手段はありません。
 「熊野古道」は木曽路じゃ無いですが『すべて山の中」ですしね。

 駅前整備で広場と噴水は作ったけど…
 と言うより、紀勢線が集客の中心と考えるのが少々ずれていると思います。
 外人さんもなかなかローカル線(??本線ですね)では動きませんしね。
 「特急バス」も継続が心配な状況です。
 先に書いたように「着いてからどうするの?」ってことです。

 十津川村は「奈良交通で訪れて指定した宿に宿泊した人にはバス代を払い戻す」なんて手を打っているようです。
 思い切った手ですが、カンフル剤になるのか?
 先を見た時に、良いことなのかどうかわかりません。
 ただ、必死みたいです。
 十津川には温泉もあるし…熊野三山や玉置山への通り道でもあるし…
 でも、あの日本一広い村ですから集落を維持するだけでも大変なのでしょうね。
 面積672.4平方キロ(熊野市373.7) 人口3480人(熊野市17730)
 12号台風の傷跡もまだ癒えていないし…

 近くて遠い隣村で、子供が小さいころに「谷瀬の吊り橋」や「昴の郷」に連れて行ったきりでずっとお邪魔していないです。
 本宮の「わたらせ温泉」までは行っても、168号線をさかのぼることがないです。
 ほんのちょっとなのですがねえ・・・
 「なれ寿司」の本場ですがこれも一般的では無いですね。
 幕末には「十津川郷士」が京に上って暴れたそうですがその名残だった剣道も子供が居なくなったら駄目でしょうね。

 このように「観光」って大変効率の悪い物みたいです。
 


by je2luz | 2019-02-16 04:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 11日

色々

 昨夜は想定外の中距離走行になりました。
 往復で200Kmほどで山間部もあるのでこの時期はあまりはしたくは無いのですが、上天気だし・・・
 熊野ーR42ー新宮ーR168ー本宮ーR311ー田辺ーR311 ー本宮ーR311ー紀和ー熊野ーR42自宅
 このルートは熊野古道でもありますね。
 熊野街道・浜街道・熊野川・中辺路・本宮道・・・
 出発は17時ですから行く道は平常です。
 帰りも23時発だったので気温はさほど下がりませんでしたが、R311近露辺りはプラスですが0.5度まで下がりました。
 雨上がりなどは走りたくないですね、
 あの辺の311号は橋が多いので厳寒期は嫌ですね。
 紀和周辺は2.0度くらいでした。
 山間部と言っても169号線上北山ー叔母峰越えに比べると南国ですね。
 今月一杯は山間部の夜間走行はあまりしたくないですね。
 人間は温泉にでも浸かればずっと温かいですがタイヤは暖まりませんからねえ・・・
d0045383_01484270.jpg
 こんなのが送られてきます。
 今の時代、田舎では確実に収入が見込めるのは各種年金くらいですから、払込指定を確保する競争が激しいようです。
 総計143.000人だそうです。
 経費を含め一人100円で14.300.000円ですね。
 超低金利時代にこのコストも馬鹿にならないでしょうね。
 元になる年金も消えた年金は完全には回復しなかったし、お役人達が趣味?財界忖度?で証券につぎ込んで大損したり・・・
 消費税あげてもばらまいちゃうし・・・
 私が生きている間くらいは大丈夫でしょうけど、先はどうなるのでしょう?



by je2luz | 2019-02-11 04:36 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 16日

これからが本番なんだけど・・・

 一月もようやく真ん中まで来ました。
 20日には「大寒」ですね。
 と言うことは、やっぱり寒さはこれからですね。
 南国の雪は春先が多いです。
 今年はスタッドレスが壽命になっているので降って欲しくないです。
 かといって、スタッドレスを今買い換える気もしないし・・・
d0045383_20294390.jpg
 地元に居る時は「降ったら出なければ良い」で済んじゃいます。
 でも、出先で降られたら・・・
 明くる日のお昼まで待てば、私の行動範囲なら雪は溶けるでしょう。
 早々と走行をあきらめれば・・・
 でも、田舎道だと何処で夜を明かします?
 漫画喫茶もインターネットカフェもほとんど無いでしょう。
 42号169号168号309号311号・・・立派な国道なんですけどね。
 それに、山間部以外はまず積雪・凍結もないですね。
 311ー169ー168ー311のルートなら、熊野ー新宮ー串本ー周参見ー白浜ー田辺ー南部と全線42号にすれば何年に一回しか雪には遭わないでしょうね。
 昔は何の疑いも無く42号線を走ったのですが、今では山間部ルートの方が20分ほど早いですからねえ・・・



by je2luz | 2019-01-16 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)