人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

タグ:流星群 ( 4 ) タグの人気記事


2018年 11月 03日

11月12月の空

 冬になると空気が乾燥し空が透き通るので昼間の空も綺麗ですが夜空は黒く澄み渡ります。
 夜空を見るには寒くなってきますけどね。
 夜空と言えば「流星群」が話題になります。
 「彗星」は地味ですからねえ・・・
 ハレー彗星なんて言っても何十年に一回とかしか回ってきませんから見られるのは運の良い人でしょう。
 その点、「流星群」は年中、毎年現れます。
 正体は彗星が地球の軌道を横切った時に残した氷に粒などで、残骸の所を地球が通ると大気圏に入って光るのです。
 地球はほぼ同じ所を同じ時期に通りますから同じ時期に「流星群」は現れます。
 そして、そのときに地球の進行方向にある星座の所から現れることが多いので星座の名前をかぶせて呼ばれます。
 「獅子座流星群」と言っても天体の獅子座とは関係は無いのです。
 
 11月と言えば「獅子座流星群」です。
 今年は11月18日未明がピークだそうです。
 月明かりが無いのでよく見えるはずですが、数は出ないだろうという予報です。
 彗星の尾っぽの残骸ですからだんだん減るのでしょうね。
 隕石では無く氷なので眺めていても危険性は無いようです。

 11月上旬から中旬に「牡牛座流星群」があり、8日が闇夜なので少し見られるかも知れませんがあまり期待できないとか・・・

 12月になると「ふたご座流星群」があります。
 12月14日午後9時がピークだそうです、
 月齢8で少し月が邪魔するかな?
 どの流星群も前後一週間ほどは普段より流れ星が増えると言われます。
 でも一時間に5個とかしかないと寒空で待つのは大変ですね。
 東方向に大きく開けていて街明かり、街灯の無いところを探してください。
 鹿とイノシシがうろつきますから気をつけてくださいね。
 カーステを大きな音量で流すのは効果ありそうです。
 私は大崎半島で鹿の家族に「何しとるんや! 怪しいやつじゃ!」と遠巻きに監視されたこともあります。
 暗いところで、イノシシも鹿も出ない所って熊野市ではほとんど無いとは思いますが・・・
d0045383_19064200.jpg
 月食は分かりよいですけどねえ・・・
 皆既日食は島分無いようですし・・・



by je2luz | 2018-11-03 04:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 30日

今年前半、夜中の見もの

 明日1月31日旧暦12月15日満月には「皆既月食」があります。
 月食は太陽ー地球ー月が一直線に並ぶときに起きるので必ず満月です。
 月食は「皆既月食」でも華やかさがないですね。
 ほとんどの人は気が付かないままで始まり・終わります。
 おまけにこの時期だと判っていてもわざわざ身に出る人も殆ど居ないでしょう。
 予報では曇りで気温も0℃くらいです。
 20時45分くらいから0時10分くらいまでだそうです。
 実は2日の晩にもあったのです。
 日食だとテレビももっと騒ぐのですけどね。
 日食は当分ありませんが流星群は4月23日真夜中に「こと座流星群」がピークになり、5月6日ごろの明け方には「ハレー彗星」が母体となる「みずがめ座流星群」があります。
 この時期なら夜中に空を眺めるのもありでしょう。
d0045383_21495393.jpg
 月食は晴れていれば空の明るい町場でも見られますが、流星群は空の暗いところに行ってください。
 木本や有馬の七里御浜は結構明るいです。
 写真を撮るなら明かりがなくて空の開けて「田舎」が良いです。
 意外とそんな場所って少ないものです。
 天文マニアとかは「光害」と呼ぶようです。
 「島根県」などは「日本一星空のきれいな県」を売りにしているくらいです。
 残念ながら七里御浜沿いは町明かりや道路街灯が明るいし、海からの湿気で空が白いんです。
 山間部は空が狭いし…
 私などが無線で登った山でも「長尾山」はふもとが明るいんです。
 「矢ノ川峠」は麓の灯りは直接見えませんけど…

 眞子様がブラジルに行かれるのだとか…
 日系人の多い町を訪問されるのだとか…
 「バストス市」も行かれるかな?
 日系人が開墾して作った町ですから…
 南郡や熊野の人も入植して居たのですが、もう、三世の世代になっているでしょう。
 「バストス」は鶏の生産が世界一だったことのあるところです。
 オークワなどで売っている「ブラジル産鶏肉」などバストスからやってきているかもしれませんね。




by je2luz | 2018-01-30 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 30日

今年前半、夜中の見もの

 明日1月31日旧暦12月15日満月には「皆既月食」があります。
 月食は太陽ー地球ー月が一直線に並ぶときに起きるので必ず満月です。
 月食は「皆既月食」でも華やかさがないですね。
 ほとんどの人は気が付かないままで始まり・終わります。
 おまけにこの時期だと判っていてもわざわざ身に出る人も殆ど居ないでしょう。
 予報では曇りで気温も0℃くらいです。
 20時45分くらいから0時10分くらいまでだそうです。
 実は2日の晩にもあったのです。
 日食だとテレビももっと騒ぐのですけどね。
 日食は当分ありませんが流星群は4月23日真夜中に「こと座流星群」がピークになり、5月6日ごろの明け方には「ハレー彗星」が母体となる「みずがめ座流星群」があります。
 この時期なら夜中に空を眺めるのもありでしょう。
d0045383_21495393.jpg
 月食は晴れていれば空の明るい町場でも見られますが、流星群は空の暗いところに行ってください。
 木本や有馬の七里御浜は結構明るいです。
 写真を撮るなら明かりがなくて空の開けて「田舎」が良いです。
 意外とそんな場所って少ないものです。
 天文マニアとかは「光害」と呼ぶようです。
 「島根県」などは「日本一星空のきれいな県」を売りにしているくらいです。
 残念ながら七里御浜沿いは町明かりや道路街灯が明るいし、海からの湿気で空が白いんです。
 山間部は空が狭いし…
 私などが無線で登った山でも「長尾山」はふもとが明るいんです。
 「矢ノ川峠」は麓の灯りは直接見えませんけど…

 眞子様がブラジルに行かれるのだとか…
 日系人の多い町を訪問されるのだとか…
 「バストス市」も行かれるかな?
 日系人が開墾して作った町ですから…
 南郡や熊野の人も入植して居たのですが、もう、三世の世代になっているでしょう。
 「バストス」は鶏の生産が世界一だったことのあるところです。
 オークワなどで売っている「ブラジル産鶏肉」などバストスからやってきているかもしれませんね。




by je2luz | 2018-01-30 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 23日

熊野の旅 星がきれいだよ

 熊野は田舎です。
 近くに都会はありません、
 PM2.5もあまり来ません。
 過疎と複雑な地形で、自分たちの明かりも少ないです。

 私は山間部、飛鳥で育ちました。
 空はそんなに広くありませんが、大又川の近くにでれば結構広かったです。
 そして、子供の頃、昭和25年~30年なんて頃には「街灯」なんてありませんでした。
 家々は毎晩雨戸を閉めるし、中に点いているのも定額契約の40Wだけなんて家ばかりでした。
 月夜は月明かりがすごく明るく感じたし、闇夜は漆黒の闇の上に、「降るような星」が輝いていました。
 視力も両眼2.0ですから、地球から見える星のほとんどが見えて居たのです。
 お袋が一時期星座に凝ったので、星座盤をみながら星座と恒星・惑星を探しました。
 飛鳥は寒いところです。
 震えながら星空を眺めましたが、時代が時代なので肉眼だけでしたね。
 中学の頃、オリンパス35S1.9で星の軌跡を撮影したりしました。
 もちろん白黒でです。

 一昨夜は「オリオン座流星群」ということで、久々に星を撮ろうと思い立ちました。
 デジカメはこれに弱いんです。
 シャッターを開いて置くのに電気を使うし、露光している間中受光素子は録画中で電気使うし・・・
 長時間な撮影は不得手です。
 思い立って出掛けたのですが、予備電池を忘れたし、25分の露光を一枚やるだけでアウトでして。
 結果は・・・
 25分分の星の軌跡7度ほどは綺麗に写りましたが、流星は捕まらず・・・

 撮影場所に選んだのが、大崎半島・井内浦です。
 高島屋ニッパツが老人ホームを建てると言っていた上の台地は草と木が茂って使えそうに無いので、ずっと下って公園のすぐ上の土の駐車場に乗り入れました。
 広場の向こうの端っこに星より光るものが一杯・・・
 鹿の団体でした。
 鹿だからそのまま降りて三脚立てて・・・
 しばらく、鹿連中はこっちを見ていました。
 「こんな夜中に何しに来たんや!」
 『邪魔やさか、帰れや!』と言っていたのかも知れません。

 この下の段には防犯灯?があります。
 星の撮影には大敵なのですが、段の下だし、空気も澄んでいるので回り込みはありません。
 沖の方には少し霞がありましたが、東のオリオン座方向から上空は澄み切っています。
 沖の漁り火もあまり影響しないし、磯崎も波田須もここには光りを送ってこないし・・・
 対岸の小笠原からもチリからも光りは来ませんしね。
 町から近いけど、最高のロケーションなのです。
 見上げれば本当に星が降りそうでした。
d0045383_17475564.jpg

 データはD800Eにシグマ12-24ワイドズーム 18mmで使用
     ISO400 絞り5.6 シャッター B 1356秒 RAW
 一応、それぞれの星は色分けされています。
 ここを流れ星が横切ってくれれば格好良いのですけどね。

 金山とか長尾は少しばかり下界の光りが邪魔する場所が多いです。
 小阪峠の付近にも使える場所がありますね、
 夜中ですから、あまり人里離れるのもいやでしょうしね。
 土地勘のある私などは候補地を探せますが、そうで無いと中々上手く行かないかも知れません。

 「星のきれいな町」なんてキャッチフレーズの町もあります。
 熊野市だって自慢じゃ無いが過疎が進んで空が暗くなっています。
 無粋な「防犯灯」が家も無いのに灯っていたりしますけどね。
 天体マニア向け、オタク向けのスポットとしては使えます。
 でも、この種族も金は落としません。

 こうしたところには鹿・イノシシ・熊・狸は出ます。
 カーステ掛けておけばわざわざは覗きに来ません。
 でも、矢ノ川峠、無線でがなっているとき、すぐそばを鹿が顔を見ながら通り過ぎたこともありますね。
 「こんばんは」も言わないで通り過ぎるのでびっくりしますよ。

    

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2015-10-23 04:14 | 熊野 | Trackback | Comments(0)