人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

タグ:津波避難タワー ( 12 ) タグの人気記事


2015年 11月 02日

熊野の旅 津波避難タワー 芝園・志原尻

 今年3月の当初予算審議で大問題になり。市民の多くも市長の方針に異議を唱えた「津波避難タワー建設」は、通解しない2年度予算の補正予算書がくっついてくると言う極めて異例な形ですが、当局が折れる形で決着しました。
 どんな形で予算が成立しようと、市民を守る施策が実行委されれば私としては構わないのです。
 そんな所で、形式、手順など問題では無いでしょう。

 その二つの避難タワーは今年度中に着工しますが、最近お気に入りらしい「プロポーザル方式」で業者を募集し、決定しました。
 今の役所ではこうした色んな型式のあるものを自力で設計見積もりも出来ないし、大体、基本形すら決定する能力に欠けているのでこうするしか無いのかも知れません。
 色んな形の鉄骨造りのタワー。普通のビルのように見えるタワー、そして、熊野市にサンプルを立ててある円形のタワーなど根本的に発想の違うのがあるので、どれを選ぶかも難しいかも知れません。
 プロポーザル方式だと、地上高・海抜が要求を満たし、提示されている津波に力学的にも耐えられ、収容人数も満たせば、自社の持っているノウハウで見積もりを出せば良いのですから、ある意味では広い範囲から募集出来ますね。
 まあ、これも企業間の倫理が働いていればの話です。
 鉄筋不足、姉羽事件、くい打ち事件、橋梁汚職・・・疑惑や事件がずらりと並ぶ業界ですから疑えば切りが無いでしょう。
d0045383_21134030.jpg

 この看板は最近、芝園のタワー建設用地に立てられたものです。
 看板に絵が描いてありますが、この様な円筒形の建物で、外部にらせん形の階段が付くものです。
 屋上と最上階の部屋が避難所になります。
 この辺りの予想浸水高は40cmほどになっていますから、6mほどのタワーは余裕たっぷりと言うことです。
 コンクリート構造ですから、最上階の部屋は風雨に耐えられますね。
 役所の説明では予算内に収まると言うことです。
 それなら、住民の心配する、雨天・荒天・夜間などに避難した人が立てられるかという所も満足出来るはずですね。

 私の心配事は・・・
 手抜き工事なんてのは問題外ですが、このの津波は地面の砂利層を通してわき出してくると言うものです。
 海岸堤防に対しても疑問を呈しているのですが回答は出て来ませんが、このタワー、空洞ですから見掛けより軽いですね。
 どんな基礎を打つのか分かりませんが、噴き出してきて40cmに達する時の水圧と浮力に耐えられるのでしょうかね。
 また、公式の場で質問しなくてはならないのかな?
 答えは出るのかな?
 増幅はされないから油圧ジャッキのような力になら無いと言っても
何でも動かしちゃう水ですからね。
 気密が高ければザップリ浸けたら中が空洞だし浮くのかな?
 私って心配性?

 戦時中にこんなのが海岸線にあったら、トーチカと間違われて艦砲射撃からグラマンの標的にされるかも知れませんね。
 国道からも見えないし。広告書いて稼ぐなんてのも出来ませんね。
 ???
 県条例で広告看板禁止地区かな?

   

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2015-11-02 04:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 03日

熊野の旅 津浪避難タワー その後

 三月議会で大きな話題になったのが、有馬・芝園地区の「津浪避難タワー建設問題」でした。
 昨年予算まで付けて三重県から空いている職員住宅の土地の一部まで購入しながら、予算を流し、新年度には取りやめるなんて。市民の安全など無視した施策に市民の多くも議会の大多数も怒り、市長が折れて、審議に入っていない「平成27年度一般会計予算」にもう一冊の「補正予算第1号」を上乗せするという、異例の形で建設が決まったのです。
 急遽出して来た補正予算を由として補正予算も当初予算も可決したのですが、まだ、それでも、予算処置がはっきりしないので100%信用することは出来ませんでした。
 しかし、先日の全員協議会において、当局から「芝園地区綱無避難タワー整備事業について」という説明があり、入札方法やタワーの規模、予算配分などの見込みが書類で出されました。
 こうした各事業で詳しい行程まで事前説明があることは珍しいのですが、今回は、3月議会の経緯もありきっちり示してくれたのでしょう。
 ここまでやれば、よほどのことが無い限り大丈夫でしょう。
 規模は 避難場所面積150平方メートル以上 高さ、地盤面より約6m と言う当初のものと同等です。
 政府の最大の予測でも浸水の10倍なら4m程なのですが、住民の不審を買ってしまっているので下げることは不可能ですね。
 形は「プロポーザル方式」を採用するようなので、応札してくる業者ごとに構造が違うでしょう。
 果たして安くなるかどうか・・・

 第一公民館の避難用外部階段も設計の見直しなどを含め今年度中には出来るでしょう。
 先日載せた「汚泥再生施設」という「汚水処理場」の屋上の300平方メートルもある避難所も建屋の正式完成が年末でも、もう非常時には使えるし・・・
 残るは「志原尻津浪避難タワー」の建設と、裏側から逃げ込む道のブロック塀問題ですね。
 せっかく建てても、「住民が最短路で逃げられるようにしないといけません。
 用地確定した時に注文は付けてあります。
 機関紙「清流」の配布であの辺りの道も全部歩いていたので注文も付けられます。
 自分の足で歩くって良いことですね。
 選挙ではどぶ板やりませんが、平常時にやってますから・・・
d0045383_2259387.jpg

 プロポーザル方式を採ると、「完成予想図」てえのは、入札が終わらないと無いんですよね。
 特賞な業界ですが、正常な競争状態なのでしょうか?
d0045383_2313377.jpg

 ショッピングセンターなどよその人も結構いる有馬地区ですし、これらが出来たら「避難誘導看板」をきちんと出さなくてはいけません。
 熊野市は「津浪避難場所」がまともに出来ていないので、町中に「海抜表示」はあっても、逃げる方向を示す「避難誘導看板」がほとんど見当たらないのです。
 海岸の町では珍しいですよ。
 つまり・・・
 こっち向きの施策が遅れているという証拠なのです。
 嫌みじゃ無いけど立派な「電光掲示板」は出来たのですけどね。
 あれ一基分で、市内中に誘導看板を付けられます。
 「ようこそ熊野市へ」 より・・・
 「こっちへ逃げましょう」の方がありがたいんですよね。

   
  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です
   

by je2luz | 2015-06-03 04:28 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 15日

熊野の旅 「市民の良識が勝ちました」 清流29号

 ご存知の通り。先頃の3月熊野市議会では、市民の生命に関わる「津波避難タワー」問題で、市長の方針があまりにも住民無視なので、該当する芝園地区だけではなく、全市にわたる市民の怒りと議会の大多数の怒りを買いました。
 その結果、一旦は取り消された「芝園津波避難タワー」と「有馬第一公民館避難階段」がまだ審議も可決もされていない平成二七年度一般会計予算」に乗っかるように「補正予算」が出されて、形としては復活しました。
 予算・議案の手法から言うと、異例中の異例であります。
 「熊野市という行政機関」の設置されている目的の第一義は「住民の生命財産を守る」と言うのが「法」の趣旨なのです。
今回の市長の方針はこれに反しており、単に芝園地区だけの問題では無いのです。
それを感じたから、市内広い範囲で市民の皆さんか怒られたのだと思います。
 しかし、これで、「めでたしめでたし」「一件落着」ではありません。
 急遽、補正予算を出してきて、議会もそれを由としてとし、去年の予算からこの二つの事業予算を消す補正をも認め、今年の当初予算と追加予算も通したのです。
 しかし、予算には財源の裏付けが必要ですし、ほとんどの事業は国や県の補助金を使い、足りない分は市債を発行します。これは市一存では行かず、国・県の認可が必要です。
 市民と議会の意思が、「二箇所共に建設しないと許せない」と言うことなので、急遽出して来た補正予算ですから、財源が本当に確保出来るのかは未定の筈です、
 市長が一般質問で答えた通り、自らが動いて県・国の同意を取り付けて来るまで、安心は出来ないのです。
 予算を付けないのに「中断」と言い換え、最後は担当課のせいにする体質ですから、 これからも、しっかり目を開いて行政全般を監視しなくてはなりません。
 それでも、今回のことは私達市民みんなの大きな勝利で、市民には力があることが実証された出来事です。   ありがとうございました。
d0045383_2053459.jpg

 これは「清流29号」トップの囲み記事です。
 新聞等でも報じられたものですが、ちょっとだけ所見を含めて書きました。
 一般紙では無いのでこうした記事は自由です。

 この議場の雰囲気が普段とは全く違っていました。
 「住民の生命財産を守り福祉を増進すること」が自治体の使命なんですからね。
 レジャー企業じゃないんです。
 で・・・
 これで体質が改まったと思いますか?

 近いうちに「熊野市防災計画」も載せますが、まさに「しらじらしい」ものですよ。
 避難タワーなどやる気のない時に計画書の中では「やるが如く」書いてありますからね。
 自然には勝てませんが、最善は尽くさなくてはねえ・・・
d0045383_20593078.jpg


  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です
   

by je2luz | 2015-04-15 04:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 23日

熊野の旅 そろそろ準備に掛かります 清流29号

 「清流」は大体において定例会が終わったら出しています。
 20日に終わったので、そろそろ準備に入ります。
 平成27年度の予算が成立したし、それに異例の補正予算が付くということが起きたくらいですから、書くことは一杯あります。
 昨日もイベント会場を歩いていると、色んな事で一杯声が掛かりました。
 皆さんが思っていることへの回答を網羅するなんてとても出来ません。
 「津波避難タワー」だけではなく、実に色んな所で問題が起きてきています。
 だからこそ、タワー問題以外の項目でももの凄く時間が掛かったのです。
 私がごねて時間が掛かったのでは無く、多くの議員が疑問を感じるので進まなくなったのです。
 「目に余る所行」とまで言うといけないでしょうけど、「目に余るいい加減さ」「度を過ぎる偏向行政」が問題になってきたと言うことです。

 どこまで書くか・・・
 ネタが切れて苦労するのでは無く、どこをカットするかで苦労します。
 本当は私がネタ切れになる状態の方が市民には良いはずなのですけどね。

 「津波避難タワー」とか「津波避難路」とか一般質問にやったものは要約を載せます。
 時の話題?課題? の、「地方創生」についても少し書かなければならないでしょう。
 「第三セクター」についても少し皆さんに知らせないといけないでしょうし・・・
 大きな記事で載せられるのは4本くらいです。
 まあ、頑張って分からなくなら無い程度に縮めます。

 今年から議員向けに「政務調査活動費」が付けられましたが、「政務活動費」なら、法律でも認められているはずの、「広報広聴費」が認められていません。
 市長サイドが用途限定を付けてきたのかな?
 各地で問題になっているのは「広報広聴費」ではなく「調査費」と言う名の旅費とか「通信費」なのにねえ・・・
 よほど「清流」が気に入らないのでしょう。
 子供っぽいのでしょうか?
 「減給」に出来ないのが救いですね。

 そうそう・・・
 昨日の「電光掲示板」・・・
 暗くなってからの写真を載せようと思ったら、暗くなった時には点灯していませんでした。
 テストだからかな?
 手の届く範囲には大きなコントロールボックスもないようだし、どれだけ小回りが利くのでしょう。
 ROMの書き換え、季節による時間の変動、的確な情報の掲示・・・
 リモコンにはなって居ないでしょうから結構大変かと思います。

 避難路にはステッカーもなければ看板もほとんど無いのに、立派な「電光掲示板」が・・・
 これも、避難タワーより野球場の体質と同じ所から出てくるのでしょうね。
 おかしいです。
 でも、これを褒める集団も居るのは確かです。
d0045383_20162630.jpg

 これは記者席から見た議場です。
 傍聴席はこの上の高いところですから、二列目とか三列目の議員席は身をうんと乗り出さないとみられません。
 ほぼ同一平面に傍聴席のある議場もあります。
 平常時には良いですが、昔のように「原発」なんてある時には審議に差し障るでしょうね。
 三月議会は傍聴席が沢山の人で埋まりました。
 大きな問題が無くてもいつもそうした状況なら、市政も変な方には進まないのですけどねえ・・・
 当局も議員も緊張しますからね。

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2015-03-23 04:33 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 21日

熊野の旅 三月定例会終了 掛け直した梯子

 熊野市議会の3月定例会が終わりました。
 3月議会には、いわゆる「予算」が上程されるので、定例会の中でも一番慎重になるものです。
 予算も、区なの市政のほぼ全般を賄う、「一般会計予算」と、水道事業・国民健康保険・後期高齢者医療事業・青年の家・私有林・・・などと言った「特別会計」があります。
 この予算書に無いものは「やらない」と言うことです。
 そして、必要の無いものでもかいてあると言うことは「やる」と言うことです。
 当局側の説明はおおざっぱなものです。
 もの凄く細かい分類に分けて分散して計上されていますから、一つ一つは説明してられないのも確かです。
 「一般会計予算」だけでも130億円にもなってくるのですからね。
 予算は単位1000円です。
 予算書に項目を起こすには、予算ゼロではいけません。
 「1」を最低でも書かなくてはいけません。
 でも、この「1」がどんどん膨れることもあります。
 この予算書をきっちり読むには時間も掛かるし経験も必要になります。
 解れば面白くもあるし腹も立つこともあります。
d0045383_0214628.jpg

 これが私の自席からの眺めです。
 最後尾、三列目のほぼ真ん中です。
 議会は前列から当選回数、回数が同じなら年齢の若い順に議席番号が割り当てられます。
 この議場では、私の席から見て、右の一番前が一番議員・・・川口さんです。
 私も最初議員になった時は同期で一番若かったので、あそこからスタートしました。
 こんな後になっちゃったってことは年もくったと言う事です。
 議場の写真撮影は議長の許可が要ります。
 会議中の写真は遠慮しますから、今回、終了後の無人状態で撮らせて貰いました。

 この三月議会では、例の「芝園津波避難タワー」「有馬第一公民館避難階段」の問題が「平成26年度一般会計補正予算」と「平成27年度一般会計予算」に入っていたので、取り扱いに非常に苦慮し、時間が掛かりました。
 さらに「地方創生」なんてのの関連予算も出て来たので、それの集中審議もやったので尚更です。
 一般質問を含め11・12・13・16・17・18までは丸一日、19日も午前中丸々掛かるという長期戦でした。
 その間に、一般質問で答弁のあった「避難タワーは補正予算で対応する」がこのままでは信用出来ないという議員の意向が市長サイドに届き、異例中の異例な形で、成立していない当初予算に補正予算をかぶせるということで決着しました。
 担当の職員も大変だったと思います。
 こうした大変な事、嫌なことを市長に伝えなくては動きが取れなくなるのが見えていましたからね。
 いつも書くように「裸の大様」に伝える役をした訳ですから・・・
 そして、昨日20日の最終日には全議案の採決で終了しました。
 予算の中には少々気に入らないものも入って居ますが、今年はこの大きな二つの問題を飲んで貰ったので、「全会一致」で可決に至りました。
 賛否は「1か0か・・・」ですからね。

 一応、補正予算で「芝園」も「有馬第一公民館」も「志原尻」も予算が付いたことになりました。
 ただ・・・これで一件落着という風には安心は出来ないのです。
 それが予算というもの・・・事業というものなのです。
 これを見張るのも私達の仕事です。
 普通の市民の方々よりは知り得る範囲が大きいですからね。

 市長によって外された梯子をようやく掛け直したところです。
 登るのはこれから・・・
 倒れないように支えなくてはいけません。

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2015-03-21 05:00 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 17日

熊野の旅 市民の勝利 避難タワーは二基とも建ちます

 延々と補正予算を審議してきましたが、昨日夕方、避難タワー二基分の減額補正の前で止まりました。
 そして、このままでは、市長の「補正ででも」などと言う言い逃れは信用出来ないし・・・
 と言う雰囲気が満ちあふれた議会の様子を市長公室長が昨夜中に市長に伝えたのでしょう。
 朝一番に公室長が発言を求め、「この会期中に平成27年度当初予算の補正として、芝園の非難タワーと有馬第一公民館の階段設置予算を提出します」と申し出ました。
 この、審議していない当初予算に重ねて補正予算を出すのは異例ですが、予算書をそっくり組み替えるよりは簡単です。

 私を始め議会の大多数の議員は、「市民の生命を守る非難タワーが最優先であり、それが出来れば良し!」と言う意向です。
 ここまでの譲歩は、今の市長になって、今までなかったことです。
 これこそ、市民の勝利、市民に支えられた議会の勝利です。
 いくら何でも、この発言を反故にすることは出来ないでしょう。
 最終日に「平成27年度熊野市一般会計補正予算(第1号)」が上程されると思います。
 これが上程されるまでまだ安心は出来ないのですけどね。
d0045383_18221100.jpg

 これに懲りて、少し市民の気持ちの分かる政治に転向してくれれば良いのですが・・・
 それは、望み薄ですね。
 そんな御仁なら、もう少しましな市政を行いますからね。

 今の議会に私が居ることの意義も少しはあるでしょう。
 決して大きな声は出しませんが、市民のためとなれば後に引きませんからね。
 とにかく良かったです。

 熊野市の民主主義は生きた居るし。熊野市議会も生きています。

 「東洋ゴムと紀南病院」は明日の朝アップします。

  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2015-03-17 18:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 12日

熊野の旅 一般質問 芝園避難タワー 新聞も大きな見出し

 2015年3月定例会一般質問 第二番目に登壇して、予定通りの質問をしました。
 一番目の芝園津波避難タワー関連の質問要旨と回答は下の通りでした。
 市民の関心も高く25名もの方の傍聴があり、議員の質問も私を先頭に7名もこれに関する質問をします。
 私がトップなので、根本部分をただし、他は後続者に任せる手法を採りました。
 新聞も世論の高まりもあるし、市長が方向転換して市民の意向を入れることになったので、写真のような見出しで報じました。
d0045383_22542984.jpg

1.予算配分の優先度について
行政の目的は住民の生命財産を守るため、住民の福祉向上のためでは無いのでしょうか?
そして、市の予算というものは、「市民のため」に使われるはずでは無いでしょうか?
 市民の生命を守るためより、「防災」という看板を掲げた遊興施設の方に大きな予算が配分されるのは市長のお考えの表れなのでしょうか?
(1) 避難タワーなどより野球場?
 タワー一基8000万円ほど、野球場にはその6基分にもなる、5億円とか入れらるおつもりのようですが、市民にはどのように説明されるのでしょうか。
 市民を守る避難タワーの予算を削ってでもよその子を遊ばるためになら金は使うと言うのですか?
(2)猫の目行政の結果、無駄遣いに終わりそうな支出済み1500万円ほどの公金の責任はどうなるのでしょうか?
 ご自分の口で説明いただきたいと思います。

 例によって、市長は黙りを決め込み、市長公室長に答弁させましたが、余分な部分は止めるように議長~注意された結果、公室長も「平成27年度補正で整備します」と発言するに至りました。
 この「27年度にやる」という言葉を引き出すのが目的であり、市長をいじめるのが目的というのではありませんから、私の目標は達成しました。
 「地方自治法」「地方公務員法」などの目的から説いて、市民を見捨てるなら「市」も「市長」も要らないとまでぶっつけました。
 動員など掛けていないのにこれだけの傍聴者が居るというのは、原発とか無い時では珍しいです。
 この傍聴者全員が、今回の市長の判断に怒っていたのです。
 おそらく、テレビでも沢山の方がご覧になって居られたと思います。
 そして、その人達も胸をなで下ろしたことでしょう。

 これで、市民も救われるし、熊野市の民主主義も守られました。
 良かったです。

 更に山田議員が追い打ちを掛ける形で、最早、当局が逃げることは許されないところに持って行きました。
 まだ4名の議員がさらなる念押しに出ます。
 ここまで行くのも珍しいことです。
 まあ、それだけひどい行政だったと言うことです。
 熊野市議会には会派はありませんから話し合ってこうした質問、要望の集中をやったのではありません。

 担当課も市長に外された梯子が市民と議会で掛け直されたのでホッとしていました。
 現場はこうした施策は心底やりたいのですからね。

  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です
  

by je2luz | 2015-03-12 04:52 | 熊野 | Trackback | Comments(3)
2015年 03月 07日

下調べとか・・・色々動いています

 土日は役所が開いていないので、ふだんよりは時間的余裕があるのですが、今週は、予告した湯ノ口の件の確認とか、一般質問の他の人とのダブリを考慮するのに頭を悩ましたり・・・
 天気も悪いし・・・
 すっきりしません。

 湯ノ口の件はやっぱり予想通り、きちんと対処していないようです。
 逆に自慢げな記事を載せさせています。
 順番逆でしょう?
d0045383_16302770.jpg

 有馬の海抜表示もあちこちで写真に撮りました。
 やっぱり山崎沼は低いですね。
 「紀南ひかり園」の辺りで「海抜5.3m」です。
 波打ち際の高さしかありません。
 海に出られなくてうろうろする産田川が作り出した沼ですから仕方ないでしょう。

 この高さの所に福祉施設が並んでいます。
 「紀南ひかり園」「同・グリーンプラザ」「ディケアセンターたんぽぽ」です。
 農協の斎場はまあ良いでしょう。
 そして。熊野市ご自慢の「山崎運動公園」も同じくらいです。
 地震だと、沼を埋め立ててあるので「液状化」の可能性もあります。
 その中を走る「オレンジロード」もぐしゃぐしゃになるかも知れません。
 もちろん、潮が来れば浸かっちゃいます。

 有馬・芝園・釜の平・志原尻などは町の海抜は12~13m程なのですが、山側に沼があり、海抜は3mとか5mです。
 おまけに、その間に紀勢本線が走っているので、線路を横切るところもないし沼を横切る道もほとんど無いのです。
 つまち、避難路は確保出来ないのです。
 海岸に平行に何百メートルも走ってから、元の土地より6mの低い沼の道に入るのです。
 山にたどり着けるのはお年寄りで何人居るでしょう?
d0045383_16434872.jpg

 と言うことで、どんよりした空の下、どんよりした気分で走り回りました。
 今夜は予告通りの記事を書きます。

  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です
  

by je2luz | 2015-03-07 16:45 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 07日

熊野の旅 恐ろしいお知らせ 避難タワー問題

 世間も議会も怒っている、市長の約束の筈だった避難タワーを、計上済みの予算まで流して、「建てない」と言った問題ですが・・・
 「さすがの市長も折れるのでは無いか・・・」と言う話が出ていたのですが・・・
 今日、市長との話し合いでは「応じない。建てない」と言う答えが市長から出たそうです。

 恐ろしい話です。
 このまま、一般質問を迎えます。
 私は通告書に地方自治法とか地方公務員法の趣旨を書きましたが、野球場の方が優先するなら、その趣旨・・・
 住民の精米財産を守り、住民の福祉を目的とすると言うことに真っ向から逆らうと言うことです。
 つまり、「熊野市の市長の責務」を放棄すると言うことです。
 担当課職員も呆然としています。
 住民も避難タワー周辺だけでなく広域で怒っています。
 一つの事業では無く、行政の姿勢そのものがずれていますからね。

 熊野の人ならご存じかと思いますが、私に意見されるのが一番嫌らしいです。
 でも、言わなくちゃあ・・・
 私も市民の皆さんに付託を受けた議員です。
 こうした人間性に関わる問題なら私の理解者の方が多いと思います。
 私がやることを期待する人も多いと思います。

 野球場に反対すると野球関係者が怒りますが・・・
 あの人達だって、個人で考えれば、「第三の野球場よりは住民の命が大事」くらいは分かっているはずです。
 でも、組織として「野球場は大事なんだ」と言う事になるのでしょう。
 熊野には最早市民チーム同士で試合をしてグランドが足りないと言うほどチームもプレーヤーも居ない筈なんです。
 いまも、よそのソフトボールチームが来て、ダレノガレとやらが宣伝用の撮影か何かで来ていたのだそうです。
 これだって、市民には全く関係ない話です。
 ダレノガレだって「だれならえ?」くらいの話です。
 市役所もそうしてよそのチームが来て楽しんでいることなど宣伝しませんね。
 こっそり、ホテル業界に波及効果が出れば良いのでしょう。
 この、「ホテル業界が潤っています」は当局の公式発言ですから、私がねつ造した物ではありません。
 市民に知られるのが嫌な人も居るのかな?
d0045383_21261535.jpg

 かくして、「平成27年度一般会計予算」では野球場いや「防災公園」は安泰で、避難タワーは減るのです。
 避難所兼用とも思われえた商工会議所建て替えも消えました。
 まだ見ぬ「平成26年度一般会計補正予算」では避難タワーの予算が「0」に減額される筈なのです。
 議会とてすんなり認める訳には行かないでしょう。
 二基分のを消すのですし、新年度の揚げ直すのでは無く、二基が一基に減らされるのですからね。
 当初予算を増額させるのは出来なくても、26年度のやつを消す補正予算は否決出来ますからね。
 その事態になったら・・・
 あの御仁は「怒る」のではなく「すねる」方が可能性が強いです。

 私は腰砕けにはなりませんが・・・
 市民の皆さんの力を貸して下さい。
 私にでは無く、支持された個々の議員さんを動かして下さい。
 芝園のタワーだけの問題ではありません。
 灸を据えてやり方自体を反省して貰わないと、熊野は闇になります。
 湯ノ口を直す金や瀞流荘を直す金もでかいのです。
 私達のための避難タワーなどそれに比べれば・・・

ああきみしにたもうことなかれ

 えらいお方は、災害に
 おほみづからはあわまさね、
 地震におびえおののきて、
 津波の潮に死ねよとは
 死ぬるは信心足らぬとは、
 大みこゝろの深ければ
 もとよりいかで思(おぼ)されむ。

・・・
いやいや、確信されていらっしゃるようです。

私の登壇予想時間
  3月11日 午前9時45分~10時ごろスタート
   発言持ち時間1時間 ほぼ全部使い切ります。

 次回予告・・・
 湯ノ口温泉の記事の訂正です。
 議案質疑の記事ですが、「地域振興課」の説明で、すごく不服気味だったのですが・・・
 私が最終日に撮影してきた湯ノ口の温泉にお客さんが誤解・・・では無く正当に読んだ結果・・・
 「回数券は2月28日で無効」の張り紙がありました。
 高解像度のĐ800Eですから、写り込んだ張り紙がはっきり読めます。
 その写真も載せます。
 嘘の説明をしちゃあいかんでしょう。
 一応正規の議案質疑を市議会議員がしているのですからね。
 私も随分舐められたものです。
 読者の方にもこの張り紙を見た人も居ると思います。
 ああそうですかって、見逃して良いのやら・・・
 私では無く、議会全体・・・市民をもなめて居ると言うことですからねえ・・・
 「課」だけではなく「公社」もですよね。
 How shall I do ? 


  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です
  

by je2luz | 2015-03-07 05:01 | 熊野 | Trackback | Comments(1)
2015年 03月 04日

熊野の旅 一般質問 発言順序決まる

 今日。14:30に一般質問通告締め切りと発言順序の抽選がありました。
 私は開会日に通告書を出すので、くじを引く順序が一番か二番です。
 今日はどうしても早い番号を引きたかったのです。
 通告書を出した議員が11名も居ました。
 定員14ですし、議長は一般質問出来ませんから、可能性を持った議員は13名なのです。
 13名中11ですから、84%の高率です。
 人数なら定員の多かった頃にはこれ以上になったことありますが、率では多分最高でしょう。
 なぜ多いか・・・
 前から書いている「人命軽視」「避難タワー中止」が表面化したからです。
 これは表面化する前から、「行政姿勢問題」もあって、私はやるつもりだったテーマです。
 今回は、他の人もこれに集中するようで6名か7名がこれを取り上げるとか聞きましたから、早い順番でやりたかったのです。
 切り口が少し違うとは思いますが何人もやってからではやりにくいです。
 一番厄介な私が出る前に、当局サイドは出がらしにしたがるのが分かりますからね。

 で・・・
 くじの結果・・・
 
 「2番」です。

 前の議員さんは紀和の前地さんなので、話題がダブらないはずです。
 私流に問いただすことが出来ます。
 「市民本位」「市民の生命重視」の要求を突きつけることが出来ます。
 そして、「住民や職員の努力のはしごを外す」ようなことを止めるよう主張出来ます。
 この事業一つだけでは無いですからね。
 事業が潰れたり流れることはたまにありますが、今回のように「市民の生命軽視」「議会軽視」は長年議員していますがそうあることではありません。

 予想では3月11日 午前9時45分から10時のスタートになると思います。
 前地さんの通告無い様を良く分析して、もう少し正確な予想を載せます。
 例によって・・・
 ZTVの熊野市行政チャンネル
 インターネット 熊野市議会中継
   http://www.gikai-tv.jp/dvl-kumano/
 で、流されます。
d0045383_175279.jpg

 二番目以降の通告内容はこの後のブログに載せます。
 場合によっては大きな問題になる可能性のあるものも含まれます。

 今議会はこの写真のように風雲急を告げる可能性も含んでいます。
 市長が回避行動に出るという話もありますが。都合が悪いから逃げれば済む筋合いの事柄ではありませんね。
 まさに、「人間性」の問題です。

  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です
  

by je2luz | 2015-03-04 17:11 | 熊野 | Trackback | Comments(0)