人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

タグ:固定資産税 ( 2 ) タグの人気記事


2017年 06月 28日

誰もいらない土地

「所有者不明の土地が九州より広い」という記事が朝日新聞に出ていました。

 私も「相続放棄」「不在地主」の増加をずっと危惧してきましたが、事態は全国で見てもかなり深刻なようですね。
 土地・農地の私有化を認めることにより国力が増していったのは律令時代からででょう。
 社会主義の国でも「土地国有」はうまくゆかず、私有を少しずつ認めたり・・・
 それほど人間の「土地・財産所有欲」は強いのでしょうね。
 動物だって生きるための縄張りは主張しますけど・・・
 人間の所有欲はけた違いなところがあります。
 「領土」なんて呼び方するときは特にそうなるようです。
 「竹島」「尖閣」「北方四島」など国を挙げての問題です。
 「沖ノ鳥島」などは人もまともに上陸できなくても・・・
 国境の内側にあると安心しちゃうんでしょうか?

 色んなものが混じっているにしても「九州の広さ」は尋常な広さではないでしょう。
 今、この広さだけど、私でも心配するくらいの勢いで「相続放棄」などが広がると、この先数十年で、田舎を中心に「所有者不明の土地」は膨れ上がるでしょう。

 それでも、「土地神話」を信じる人やあおる人までいます。
 そうでなくては困る勢力に、「地方自治体」も入るのでしょう。
 貴重な自主財源に「固定資産税」がありますからね。
 「大切な財源を話してなるものか!」 

 でも、このままで行くと、昔の「年貢」のように、民百姓を苦しめることになります。
 「一升穫れた米の九合五勺まで吸い上げる・・・」過酷な年貢・・・
 飢え死にしたり、離村したり・・・ 今の田舎では段々それに近づいているようです。
 「売れもしない土地」「耕作できない土地」それでも、税金はかかり続けます。
 自分の代では逃げられないけど、子供や孫は、「そんなもの要らん!」と面倒な相続手続きなどしなくなってきたのです。
 目に見えてはいませんが、恐ろしい話です。
 国が亡びるといってもよいくらいの問題です。

 「土地所有」の抜本的な見直し・・・
 それに伴う、「地方財政」の見直し・・・
 えらいことなんですが、都会住まいの国会議員とか高級官僚にはわからない・・・
 わかっていても、問題が大きすぎるし怖すぎるのでしょう。
 資本主義の根幹にかかわることですしね。
 などと書くので、「赤い」などと言われますが、「赤」とか「白」の問題ではないところに差し掛かっているようです。
d0045383_22562020.jpg
 人口も8000万人に減るし、東京以外は全部がその対象だそうです。
 どうにもならなくなったら、法律の大改正もあるでしょう。
 でも、ど田舎はそれまでもたないし、法の網からはこぼれるかもしれません。
 せめて、「農地の集約」「相続放棄による土地の収用」くらいは始めないといけないと思うのですが・・・
 「10年早い!」・・・と言われるかな?
 このままでは10年では国は動かないでしょう。
 憲法いじりには興味はあっても国の行く末は・・・

 「不満分子」かな?




by je2luz | 2017-06-28 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 21日

熊野の旅 ハザードマップと評価額

 不思議な話です。
 今の固定資産評価では危険な土地でも評価が変わらないことが多いのです。
 取り立てる側が評価するので下がらないんですね。
 近年は災害の予想がビジュアル化され、「ハザードマップ」なんてのが詳しく作られています。
 水害予想、津波予想、液状化予想・・・
 その色分けによって危険度が変わります。
 危険と言うことは、生命財産がその土地の特性によって脅かされると言う事にもなります。
 近隣の土地より危険な土地は当然価値は低いはずですね。
 以前ならすごく観念的なものでしたが、今は、計算されて役所がお墨付きで出した予想図ですよね。
 だから、土地評価に反映して当たり前でしょう。

 危険度がある程度高ければ、建築制限もあってしかるべきです。
 それを甘くしたことで広島の大災害の被害が拡大しました。
 津波は100年、1000年の単位ですが、今では30年に80%なんて確率まででています。
 
 なぜ、触らないか・・・
 地方の財政は固定資産税に依存しているところが大きいからでしょう。
 だからと言って、旧来のままで放置して良いのか・・・
 課税額だけではなく、新築に対する規制や災害復旧の除外など考慮すべきなのでは無いのかなあ・・・
 単純に「個人の財産だから・・・」なんて言い逃れでは住まないように思います。

 最大30cm浸水なら、+50cmで最低80cmの地上高を確保させるとか・・・
 当然、それに耐えられる基礎も要求する・・・
 かなり割高の建築物になるでしょう。
 もちろん、普通の建築では耐えられない浸水域には、住居は認めないとか・・・
 真剣に考える時でしょう。
 田舎では本当は土地が余ってきているのです。
 土地神話が生きているだけです。
d0045383_22385999.jpg

 突拍子も無いことと思う方も多いでしょうね。
 でも、この先、熊野市でも人口が急減してすぐに1万人を切りますよ。
 それでも、浸水する土地がよその一等地並みに高いなんて普通ですか?
 20年経ったら???
 よそよりうんと土地も安く、広いところに住めるのなら移住もありかも知れませんがね。
 浸水対策などで建築費が500万余分に掛かっても、土地がそれ以上に安かったら・・・
 そこには触らないで、「山の中においでなさい・・・」ではねえ・・・

   

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    
  

    

by je2luz | 2015-11-21 04:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)