LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

タグ:世界遺産 ( 480 ) タグの人気記事


2018年 07月 01日

文化遺産以前に信仰の地

 九州の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産にしていされたそうでおめでとうございます。
 これで日本の文化遺産は22件目だそうです。
 
 この長崎・天草の潜伏キリシタンについては、日本人に割となじみがありロマンも感じるものです。
 「踏み絵」なんて言葉も知れ渡っているし「天草の乱」も全国に知れ渡っているでしょう。
 それに直接関連がなくても「原爆」「出島」「グラバー邸」なんてのも人をひきつけますね。
 そばには「阿曽」なんてのもあるし…
 「ハウステンボス」も…
 観光地としての魅力はトップクラスでしょうね。

 ところで、「観光客」って地元にとって困りものの時もあります。
 テレビで出てくる「中国人の大声」なんてのもあるわけですが、今度の世界遺産はほとんどが「キリスト教教会」です。
 つまり、信仰の場で静かに祈る場所です。
 ヨーロッパでも協会が目玉になっている町も多いです。
 パリの「ノートルダム寺院」ミラノ・ケルンの「大聖堂」「バチカン」などワイワイ言いながら見物する場所ではありませんね。
 
 と言うことで、ちょっと心配なのは物見遊山気分で協会の雰囲気をぶっ壊す人が出なければいいのですが…
 私たちの「熊野古道」も信仰の道・遍路道がメインになっていますが、山道がメインですから、古道歩きの人が増えても信仰の雰囲気なんてほとんど影響しません。
d0045383_20165107.jpg
 でも、地元の役所とかが期待しているのは「観光客」なんでしょうね。


[PR]

by je2luz | 2018-07-01 04:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 10日

オリンピック・カジノ・万博…

 世の中は空前の観光ブームだそうです。
 訪日外国人の数は増える一方だそうです。
 この辺も少し増えてはいるようですが日本人が減っている?
 日本人の観光客がなかなか田舎まで来なくなっているようです。
 何しろ「温泉」が増えすぎたのと都市部にいっぱいあるし…
 名前を知っているところの好きな日本人は「大江戸温泉物語」なんてところに惹かれるようです。
 水族館なども都会に近いところは大丈夫だけど、イルカショーの元祖ともいえる太地などは遠すぎるのか客が減って、肝心のイルカやオルカを貸し出したり売り払ったりしてますます寂しくなっているんだとか…
 おまけに世界規模の反対団体が邪魔するし…

 大資本の大型施設による都市住民の囲い込みは田舎からのお上りさんも増やしているのでしょう。
 田舎ではインターハイや国体のように公共投資期待のものが首長などには喜ばれますが一般住民は関心持たないし…
 都市部では「オリンピック」「カジノ」「万博」…
 お金のある所では御殿を建てて天守閣も建て替え、そしてジブリの森も…
 人口がどんどん減るし、遠くまで出かけられない人の比率が増えるし…
 国を挙げての囲い込みは仕方ないのかな?
 限界集落ではなく限界自治体が急増するという予測ですからね。
 いやはや、田舎はつらいですね。
 残る手は「おもてなし」だけかもしれません。
d0045383_21565044.jpg

[PR]

by je2luz | 2018-06-10 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 19日

熊野の旅 昔は大賑わいだったそうです

 昨日お参りした紀和町楊枝の薬師様そこそこの人出でした。
 駐車場も満杯なので手前の県道の路肩にも駐車していましたが、お参りを済ませた人がどんどん帰るのでごった返すようなことにはなりません。
d0045383_20283923.jpg
 こんな小さなお堂ですが「後白河上皇の頭痛をお治しした薬師様」なので、昔からこのお祭りには沢山の人がお参りしてきたようです。
 受付で記帳してお願いするとお堂の中で祈祷して貰えるらしいです。
 千年も前からの言い伝えですからね。
d0045383_20342495.jpg
 前の広場にはたこ焼き・鯛焼き・甘納豆などの屋台が出ています。
 昔はもっとお店も多かったし子供も沢山居たそうです。
 今は中高年の方ばかりですね。
 「頭に効く」と言っても大内山の「頭の宮」は「受験」なんて方に結びついて、遠くからも受験生の御利益信心がお参りするそうですが、こちらは「頭痛平癒」なので広がりが少ないようです。
 昨日は語り部さんが団体さんを案内してこられていました。
 楊枝は三十三間堂とも縁が在るそうですね。
 菅原道真さんとも縁が在ればよかったのに・・・

 このお堂を持って行くのは基本的には楊枝の方々のようですが、過疎と高齢化、それに集落全部が檀家という訳でも無いそうですから大変ですね。
 神道の方もいらっしゃるようです。
 十津川ほどでは無いでしょうけど・・・
 地元の方とお話ししていても子供さんやお孫さんが地元に居ないので集落自体の先が見えて淋しい話になります。
 それでも、何とか日常生活を維持出来るだけのことは模索しないといけませんね。


[PR]

by je2luz | 2018-03-19 04:23 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 11日

熊野の旅 点検してくれているようです

 先日。熊野市などが設置している「観光看板」「道しるべ」について、「「かなり傷んだものが増えて読めないものもある」 と書きました。
 以前にも何回か書いて、国道事務所所轄の那智黒石?のものに関しては艶はなくなったものの綺麗にしてもらいました。
 熊野市内には国道に設置された電光掲示板二基を含め多くのものがあります。
 観光用、津波避難用などを含め、地元の人間だけではなく、よそから来た人にも分かって貰わないといけないものも多いです。
d0045383_22334302.jpg
 熊野古道と言う広い?長い?ものが売り物になっているだけに、こうしたものがものすごく多く設置されています。
 国・県・市・各種団体・・・
 それぞれがそれぞれの考えで設置するので同じところに何本もあったりします。
 もちろん、意匠も色々ですね。
 役所が設置したものでも私が取り上げるほど痛んできたものがあるのですから、各種団体などのは以前に取り上げた時でもかなりひどくなっていました。
 世界遺産指定から年数がたってきて、民間団体が設置するものは減っているようです。
 痛んできても誰のものかわからないので役所も勝手に撤去もできないようです。

 熊野市とその関連団体が設置したものでも、ステンレス製や木製のもの更には新しいところでは紀州御影のもの…設置してある場所の把握でも大変かもしれません。
 「ユネスコ・世界文化遺産」になってから増えたのですが、もう長いですからね。
 もう30年度予算は締め切ったはですが、お金の工面、苦労するのではないでしょうか?
 頑張ってください。
 今はそうしか言えない立場です。


[PR]

by je2luz | 2018-02-11 04:21 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 02日

熊野の旅 串本よお前もか!

 南紀をひとくくりにする時、「荷阪から串本まで」が目安です。
 西牟婁・東牟婁・南牟婁・北牟婁…牟婁の地ですね。
 東西南北の並び方に少し違和感はありますが、大昔から一体の土地だったからです。
 「牟婁」は「室」で温かいところだそうです。
 ほぼこの地域が「熊野」ですね。
 「熊野」は「ゆや」とも読み「幽玄の地」だそうです。
 世界遺産の元になっているのが「神々の地」ですから不思議でもないですね。
 この地域には今のところ爆発する恐れのある火山もないし…
 穏やかな神の郷です。

 この地域を結んでいたのが「熊野古道」ですね。
 中辺路。野辺地・大辺路・熊野街道・伊勢道・奥駆け道…網の目のように険しい紀伊山地を結んできました。
 鉄道は「紀勢西線」、「紀勢東線」は繋がりましたが、五条と新宮を結ぶ「五新線」はできませんでした。
 この一体だった地域も明治以降に三重県と和歌山県に分けられ100年を越えて、段々、疎遠になって来たようです。

 これでは困るんですよね。
 都会から客人を呼ぶには、それぞれの一か所では弱いんです。
 「束になってかからんと…」
 北海道は全部ひっくるめた「北海道」で魅力が大きくなっているのです。
 「札幌」「函館」「利尻」「洞爺湖」「摩周湖」「弟子屈」…
 そんなの一つでは遠くの人の神輿を上げさせるきっかけにはなれないのです。
d0045383_22223691.jpg
 先日、伊勢自動車道に観光客を堰き止める施設の計画が出てきたのを書きましたが、今度は串本に「大江戸温泉村」だそうですね。
 このチェーンは志摩・浜島にもできたし…
 全国の観光施設が、次々、身売りしそうな雰囲気ですね。
 ???
 契約期限の切れる「里創人 熊野倶楽部」が身売りする可能性は???
 温泉村のような大手の施設は客を囲い込んじゃいますね。
 まあ、今は温泉街をウロウロと言う時代でもないのですけどね。
 資材、食材の仕入れも本部一括で立地している町にはおこぼれがすくなかっらり…
 それでも、この時代、そうした資本との連携も考えないといけないのかも知れません。
 にしても…
 「大江戸」に全国が支配される…
 将軍様には勝てない???
 行政は防波堤と交渉役の役割があるようです。
 お代官様と庄屋さんの関係かな?


[PR]

by je2luz | 2018-02-02 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 31日

山・草・火

 なんだか今度は「宮城蔵王」だとか…
 二月になるし、樹氷が一番きれいな時期です。
 蔵王には一度しか行っていませんが、樹氷は素晴らしいです。
 めちゃくちゃっ寒いし、樹氷原コースはアイスバーンで転ぶと痛いですが、素晴らしいの一語です。
 上から見る「お釜」は火口そのもの…
 あれが噴いたら…
 御嶽山同様に逃げることもできないですね。
 山が火を噴くなんて「怖ろしい」ことです。
 紀伊半島には火山はないんだとか、良かったですね。
 「住むのなら火山のない熊野へ!」

 タバコが色々論議になっています。
 私も10年余り前まではヘビースモーカーでした。
 一日50本以上…
 一箱250円で一日600円として一年22万円ほどが煙に成って居ました。
 「タバコ止めたら軽が買える!」
 現にあの時買った「アルト」がただになった勘定です。
 その後どんどん値上がりして今はメビウスーマイルドセブン?が440円ですね。
 あんなに吸ったら一日千円? 一年36万円!
 5年で180万円! 今のUP!がただの勘定です。
 最初から吸わなかったら…ポルシェ?
d0045383_23205462.jpg
 ヘビースモーカは減っているのでしょうね。
 やめてしまえば、ライターを探さなくてもいいし、灰皿もいらないし、火事の心配もないし…夜中にたばこ会に行かなくていいし…

 禁止しちゃったら税収が減るから困るの?
 禁酒法の時はアル・カポネなんて活躍したけど、「禁煙法」やったら???
 にしても、喫煙族の抵抗ってすごいんですね。

 山もくすぶるし、草もくすぶるし…


[PR]

by je2luz | 2018-01-31 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 24日

熊野の旅 また上流で堰き止め?

 水族館・温泉・海水浴…
 昔は田舎にあった色んなものが都心部や郊外に出来て、都会人を囲い込みにかかっている流れは何度か書いてきました。
 道路がいくら良くなってもワープできるようになるわけではないので、遠いところはやっぱり遠いのです。
 片道100Km遠ければ往復で200Km・・・
 往復で3時間ほどと10Lとかのガソリンが余分にかかります。
 日帰りレジャーだと遊べる時間が半減しますし、一人分の食費も消えます。
 だから、水族館も温泉も海水浴も都会の近くに持ってゆくのです。
 それが大手資本の狙いです。
 列島改造論とかリゾート法の時代とは違うんです。
 カジノまで都市に???
 泊りがけの旅行は手軽な海外に出てゆく傾向が強まるおっぽうです。
 LCC航空を使えばマレーシア、ヴェトナムの方が安かったりします。

 伊勢自動車道ー紀勢国道を頼りにしている、熊野・南紀にとって大変なことが起きそうです。
 多気のあたりに観光客を堰き止めるダムが出来そうです。
 ETCを積んだ車がそのまま出入りできるICを備えた大きなレジャー施設だそうです。
 都会の手慣れた資本がやるのだとか…
 温泉みたいなものは掘れば出るでしょう。
 県は関与していないのかな?
 これは、遠くの事みたいですが結構大変なことですよ。
 このダムにどうやって穴をあけるか???
 堤防を乗り越えて南下させるか…
 そして、こちらから吸い上げる「ストロー現象をどの程度軽減できるか…
 麺フェア・辛い物フェアくらいでは追っつかない???

 最近は外人さんも「神様」が好きだとか…
 「神々の郷」を生かさないといけなくなって来たようです。
 ヒンズー教の寺院ほど迫力や怖さはないですけど…
 熊野三山だって世界遺産なんですから…
 花の窟にレーザ投影で神話を描くとか…
 あまり本物ではない筋書きで…
d0045383_22020722.jpg


[PR]

by je2luz | 2018-01-24 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 16日

熊野の旅 JR紀勢線・熊野市駅

 今、熊野市駅は改装中です。
 大幅なイメチェンとも無いようですが、結構長くかかっています。
 熊野市駅も駅舎右側が「チッキ窓口」だったこともありますし、米店は「鉄道弘済会売店」だったし、途中からできてた「うどん屋」は新宮の駅弁屋の出店でしたね。
 チッキがなくなり、売店が弘済会からキオスクになって先年消えました。
 うどん屋も撤退…
 駅の左手、今の文化交流センターの所は貨物ヤードで、産田堂の所などは「日通」でした。
 紀勢線が全通したころは駅お事態もこのように充実していましたし、駅前菜「喜楽」「御浜食堂」「西山食堂」「熊野大食堂」?・・・・一杯並んでいたものです。
d0045383_21531881.jpg
 このように鞘堂に覆われています。
 多分今年度中に仕上がるのだと思います。
 この改装は多分老朽化が根っこにあるのかと思います。
 「観光客の増加に対応」とか「見込んで」だと夢があるのですが…
 とんでもない駅舎を作って客を呼べるなんて程でもないようですし…・
 熊野市が駅前に観光施設を作るから…なんてのではないでしょう。
 かつて、改札口も入口と出口がきちんと分かれていたのにその必要がなくなるほど乗降客が減っているのです。
 多かった時でも紀勢線は赤字路線でしたけどね。
 お盆・正月でも駅前が大混乱になることもなくなりましたね。

 就職列車はとり立てて走らなかったけど、この駅からみんな出て行ったのですね。
 今は親の車で…と言う子供も多いのかな?
 帰省するのもかなりの部分が車や夜行バスなんでしょう。
 新幹線・リニアー…紀伊半島は縁がないです。
 コミューター空港のときも圏外でした。
 国道42号・熊野街道も主要道路では無し、
 紀伊山地も秘境でもなし…
 風光明媚だし、世界文化遺産だし、国立公園だし…
 宣伝は下手です。
 「盛る」ってやっぱ必要みたいですね。


[PR]

by je2luz | 2018-01-16 04:28 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 02日

上流でせき止めるな! 1

 熊野は昔から「僻地」「辺地」だったのだと思います。
 「神々の時代」のように大きな田んぼが力の根源と言うのではない時代には、このような平地が少ないところでもそれなりの重要な土地になりえたかもしれませんが…
 そして、辺地ゆえにわざわざ訪れる人がいる面もあるでしょう。
 さほど立派な宗教施設など無いのに古くから「熊野信仰」が人気を博して遠くから参拝者がやって来たようです。
 そこに住む人以上に深い山々などに神秘性とか魅力を感じたのかな?

 今も昔も「人のうわさ」って動員力がありますしね。
 「熊野比丘尼」「熊野ゴゼ・瞽女」なんて宣伝隊が江戸をはじめ全国を歩いていたりしたそうですね。
 なんだかんだで「熊野詣」がありの行列ほど盛んになったのだとか…

 熊野巡礼道の上流には「お伊勢さん」があり「伊勢信仰」「伊勢参り」がこれまた盛んだったようです。

 「伊勢に七度、熊野に三度」と言われるようにセット???
 江戸からくれば同じ方向ですからね。
 でも、お伊勢さんから熊野三山までは山また山の難路です。
 鉄道の時代でも車の時代でも、伊勢で気合を入れなおさないとここまで来られません。
 そんな条件ですから、昔も悪知恵?を働かすのが居たようで、伊勢に熊野三山の分社?を作って、そこで三山参り済ませられるようにしたことがあるようです。
 それが邪魔して熊野詣が減ったと言って、有馬かどこかの若い衆が打ち壊しに行ったのだとか…
 どうしても熊野詣して来世の成仏を約束して欲しい悪人・罪人以外は楽な方で済ませるのでしょうね。
d0045383_21592673.jpg
 今の時代でも、伊勢から熊野は遠いです。
 昔以上に時間が許されない生活の中のレジャーですからこの片道100Km余りは遠いようです。
 「伊勢・祭り博」も時の知事がはやし立てたようには観光客は南下してくれませんでした。
 そして、「伊勢志摩サミット」も同様で、後遺症で土木事業まで減るなんて始末でした。
 広域観光も大切なのですが、伊勢路と熊野路の関係って難しいところもあります。

 伊勢にはいろんな大型施設が出来ましたね。
 「スペイン村」「戦国時代村」「合歓の郷」なんてのも出来ていましたが、時代とともに華やかさが消えていたようです。
 ところが、消えかけていた「戦国時代村」が大資本?のテコ入れで再生されるのだとか…
 これって、こっちにはプラスには働かないでしょうね。
 言うなれば上流に堰を作るようなものですからね。
 宣伝力も大きそうな感じですし…


[PR]

by je2luz | 2018-01-02 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 30日

三の酉

 今日、11月30日は「かのと・とり」です。
 今年は11月に酉の日が三回あり、今日が「三の酉」です。
 江戸と違いこの辺では「お酉様」では騒ぎませんが・・・
 「三の酉のある年は火事が多い」などと言われてきたようです。
 ふと思い出して、検索したら、やっぱりそうらしいです。
 熊手を買いに行った記憶もないのですがどうしてこの言い伝えを覚えているのでしょう?
 と言うことで・・・
 11月も終わりですね。
 明日からは「師走」です。
 今の世の中、師走だからってそんなに普通の月と変わらないはずなのに、「節季になってきてせわしいのう!」てえ、挨拶が飛び交い出します。
 井原西鶴なんて時代だと、大晦日・おおつごもりって大変な節目だったのですがね。
 「おおつごもり合わぬ算用」なんてのもあるようです。
 あの時代、大晦日を何とか誤魔化して越しちゃうと、あと一年は支払いが猶予なんて・・・
 良いのか悪いのか解りませんが・・・

 近年は地球がやたらと動くようですね。
 日本でも火山が次々動き出していますが、インドネシアでも同じ様です。
 ひび割れだらけのプレートの乗っかって居るし、すぐ隣だから当たり前なのでしょうね。
 地震もスマトラ地震とかの大きいのがあると日本でも起きるのだとか・・・
 その測る時計が地球レベルなので「近々」が半年か十年か・・・
d0045383_20240230.jpg
 これ、2002年5月のジャワ島?
 バリ島もジャワ島も住みよさそうで引っ越そうかなんて思ったのですが、飛行機の窓からはこんな火山が見えているし、ボロブドゥールからも煙を出している火山が見えるし・・・季候の良さそうな高地はとても住めそうに無いのでその気が無くなりました。
 この飛行機は、多分「ガルーダ」でデンバサールからジョグジャカルタに向かう機内からだと思います。
 日本でもこの紀伊半島はまともに火山が無いですから・・・
 そんなところで育ったので「阿蘇」とか「昭和新山」などでは大喜びしました。
 今はあまり近づきたくないです。


[PR]

by je2luz | 2017-11-30 04:14 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)