人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 31日

怖いことでしょう

 「さんま・さいれ」について書きましたが、少し前に同じように大衆魚の代表で、日本中、いや。世界中で捕れていた「いわし」がおかしくなってきたと書かれていました。
 伊勢湾の「コウナゴ漁」はもう何年も休漁状態です。
 
 鰯と言えば日本では地引で大量に捕っていたし、動物の記録フィルムではアフリカ沖などでの大群、鯨やイルカの狩りなどが出てきますが、海の色が変わるほどに発生し、中型魚、大型魚、ほ乳類などの食生活を支えているものです。
 その下にはプランクトンが居たり沖アミが居たりしますが食物連鎖の底辺を支える資源です。
 これがおかしくなれば、直に鰯を捕る漁業では無く鯖・ハマチ・ブリ・マグロなどの資源にまともに影響するでしょう。
 つまり、海が死にかねないと言うことです。
 ものすごく恐ろしい話です。
d0045383_15362055.jpg
 「死の海」になっても、やっぱり青くて綺麗には見えるんでしょうね。
 入道雲が沸き、白波が立ち・・・
 でも、カモメなども居なくなります。
 そして、人類も大食糧難に直面します。
 あと、50年なのか100年なのか・・・
 海水温が上がり続ければ必ず起きるんだそうです。

 山の氷河はどんどん消えているし、北極圏と南極大陸の氷はどんどん減るし・・・
 保冷装置の底が付けば一気に海は暖まるでしょう。
 海水面が上がって、南太平洋の島は消えるし、世界のデルタ地帯には住めなくなるし、台風やハリケーンは巨大化するし・・・
 「鰯が居なくなる」はこうした怖いことと同時進行するでしょう。
 ぎりぎりになったら世界中の国が発表するでしょう。
 新聞のトップ記事になってからではねえ・・・



by je2luz | 2019-05-31 04:28 | 雑感 | Trackback | Comments(7)
2019年 05月 30日

怖いことかも知れません

 熊野市の主な産品の一つに「さいれ」があります。
 全国のサンマシーズンが終わる頃に、この沖まで南下してくる物を捕る物です。
 古来「さいれ」と称してきましたが、近年では「さんま」になってしまいました。
 同じ魚ですが。「さんま」は脂が乗って背中が盛り上がり、くちばしが黄色いのがおいしいのです。
 それに引き替え、この辺の物「遊木のさいれ」は小ぶりで脂が無いのが良いとされ真逆に近い品質を求められます。
 わざわざ、「さんま」と称して生食では勝てない勝負を挑んだようです。
 この「さんま」「さいれ」の不良が続き、近海物の最後になる熊野沖、四国沖では漁獲がゼロに近くなっています。
 それを踏まえて国は大型船での出漁を通年解禁にしました。
 中国などに対抗する意味もあるのでしょうけど、沖捕りを強化すれば資源に影響が大きくなるのは必定でしょう。
d0045383_12550987.jpg
 これは5月29日付朝日新聞の表題下、主な記事目次の所です。
 解禁されて出漁した大型サンマ船が帰港し、発競りがあったようです。
 型は小さいし量も少なかったとか・・・
 「公海さんま」と書かれていますね。
 小さくて脂が無いからでしょう、「一匹50円」です。
 近年の「遊木のさいれ」より遙かに安いです。

 「遊木のさいれ」「さいれの丸干し」を物産展に持って歩いたのは20年も余って昔です。
 その頃。伊勢の海産物催事屋さん、焼津や銚子の業者さんにも「しっかり宣伝して市民権を獲得してね。売れるようになったらこっちもやりますから・・・」など言われました。
 現に銚子の方では「一夜干し」を作り出したりしてましたからね。
 沢山捕れて産地が増えるのも、資本力の違い、知名度の違いで困るのですが、ここに来てもっと大きな変化が懸念されます。
 「遊木で捕れないなら原材料確保のルートの確立を目指せ・・・」と言っていましたが、このままでは日本に南の方では水揚げが期待できなくなるかも知れません。

 根室港などに「痩せたさんま」が揚がり出すと、「これを何とかしなくては・・・」と言うことで加工に取りかかるかも知れません。
 「根室産」「厚岸産」の丸干しや開きが全国に出始めたら・・・
 業者間では「遊木のさんま」は有名ですが、一般市場での知名度は低いです。
 今年から始まった構造改革ですが地球温暖化と相まって恐ろしい方向に進まなければ良いのですがねえ。
d0045383_21134466.jpg



by je2luz | 2019-05-30 04:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 29日

駆け込み寺?

 政治家って突然病気になるものらしいです。
 私も片田舎で政治家の片隅に身を置いていたのですが、大物では無いのでマスコミにも官憲にも追いかけられることが無いので急病は出ませんでした。
 私が子供の頃や若い頃にはニュースで「○○国会議員が入院されました」なんて時々流れました。
 おかげでこんな田舎の子でも「聖路加病院」なんてのも忘れられない名前になって居ます。
 「慶応病院」「虎ノ門病院」なんてのも出てきたような・・・
 だれが、何処の病院へ、何の事件で。病名は何か・・・なんて覚えていませんけどね。
 昔の政治家は老人が多かったし、そもそも。平均寿命も短かったのですから、心労が募れば病気も出たのでしょう。
 でも、あの頃には「適応障害」なんて病名は無かったですね。
 それに、若い政治家が入院するのは怪我とか盲腸とか・・・
 
 お医者さんってすごいですよね。
 診断書一つで隔離できますからね。
 それから「医学博士」が推薦すると、怪しげなものも「健康に良い」を売れちゃいますからね。
 私の同級生も医者が多いのですが、そこまでの「名医・迷医」は居ないようです。

 鈴木宗男さんは北方領土で走り回り、お国の方針と会わなかったのか追放されましたね。
 あれが追放ものなら、「千島を戦争で取り返せ」はどんなものなのでしょう?
 国が国なら処刑ものでしょうね。
 にしても・・・
 今の若手国会議員っておかしいですね。
 なんだか、「不倫」なんてかわいく見えてきます。
d0045383_21495580.jpg



by je2luz | 2019-05-29 04:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 28日

国道311号・168号)合流点~道の駅近露

 熊野市有馬町芝園で国道42号線から分岐し、御浜町・紀和町を通り奥瀞方面からの国道169号線に合流すると、しばらくは169号311号併用区間になります。
 改良された快適な道を進むと。新宮市宮井・宮井大橋の所で国道168号線とぶつかります。
 ここで左へ行けば168号169号併用道路で新宮市橋本にでますし、右に曲がるとしばらくは311号168号併用です。
 このように国道ってあちこちで併用しています。
 何本も作るのが大変なのでこうなるのでしょうね。
 今回はこの新宮市宮井の交差点から本宮町の分岐点で左折し、311号線を走り中辺路町近露の「道の駅近露」まで走ります。
 近露の道の駅は熊野古道の「牛馬童子」の石像のあるすぐそばです。

あげなおしました。 

 次はこの「道の駅近露」から国道311号線経由で田辺市内までです。

 この動画の最初にある、宮井での合流点は新しい橋になり路も変わったのですが、国道3本の合流・分岐点なのに信号が無いのです。
 通行量はそんなに多くないですが気をつけてください。



by je2luz | 2019-05-28 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 27日

今日の今日? 宣伝します 「熊野産クロマグロ」

 26日朝のブログに「NETでの宣伝が弱い」と書いたのですが、昼間のイベント会場でくばられていたパンフレットには「強力お願い」らしい呼びかけも書かれていました。
d0045383_19341924.jpg
 これは6月に行われる「本マグロフェア」の宣伝として、日曜日の「いこらい市・熊野漁協」が行った「マグロ即売」で配られたチラシです。
 左ページ・・・実際にFaceBookやInstagram 、Twitter、Lineなどやっている人に名何となくわかるでしょうけど・・・
 と言うことで・・・
 安いマグロはすごい行列だったので買いませんでしたが、行列の写真を遠慮がちに・・・
 販売開始前には100人を超える行列が出来ていたようです。
 好評ですが、この「漁協の移動販売」は普段のいこらい市でも好評です。
 このパンフレットの「熊野産本マグロ」ってまだ熊野市内でも認知度は低いでしょう。
 世の中では養殖マグロといえば「近大マグロ」ということになりますからね。

 この「熊野産養殖マグロ」は甫母町にある「有限会社熊野養魚」という「マルハニチロ漁業」系列の会社が養殖しているものです。
 市内でも料理屋では食べられるようですが、スーパーなどには無いようです。
 近大が成功するまで中々実用化できず、中型まで育ったものを大きくする「畜養」という手法でした。
 どこまで大きくなっているのか・・・会社のHPでは年間8000本となっています。
 「熊野養魚」さんのHPの写真を拝借してきましたが、結構な大きさかな?
d0045383_19573896.jpg
 産業として育っていって欲しいものです。
 甫母の道は良くないですけどね。
 で、少し宣伝しておきます。



by je2luz | 2019-05-27 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 26日

JAF Google NETの時代

 私がJAF(JAPAN Automobile Federation)に入会したのは昭和43年(1968)年ですから、もう50年を越えました。
 個人会員では古い方でしょうね。
 最初は永久会員だったのですが、途中でその制度が無くなって今では毎年払っています。
d0045383_21324831.jpg
 今は会員証をスマホに入れているので忘れる心配が無くなりました。
 半世紀も加入しているとやっぱりチョコチョコ使っています。
 ガス欠救援、故障でのレッカー依頼、高速でのタイヤ交換、冬のバッテリー上がり・・・
 会員証をスマホに入れてからは「温泉の入浴料割引」なんてのも使います。
 他にも色んな割引があるのですがこの辺では使うこと無いです。
 と言うより、JAFに限らずこうした割引特典とかに登録している店が熊野は少ないようです。
d0045383_21380256.jpg
 これは毎年発行される小冊子ですが載っていませんね。
 最近では旅行客によく利用されている「食べログ」でも、熊野のネタは弱いです。
 基本データ、写真はないし、当然メニューの掲載も無い店が多いです。
 お客さんの書き込みもないし・・・
 商売が忙しいので手が回らない???
 「観光立市」を謳うなら少し考えた方が良いでしょう。
 役所のHPでさえ更新が遅めで恥ずかしいこともあります。
 時代が時代なのでパンフレットを作って「三重テラス」に置くよりネットの方が見て貰いよいと思います。
 「Google Map」 は比較的よく拾ってくれていますがそれでも向け落ちていますね。
 これも、旅行者が結構道案内に使うようです。
 自分の店をチェックしておくことも損にはならないと思います。
 「くまどこ」も抜けることありますしね。
 「Face Book」はあまりチェックしていませんが、更新状況はどうなのでしょう?
  こうした宣伝、広報に目を通すのは・・・誰が?どの部署が??
 もう少し上手に利用したいですね。



by je2luz | 2019-05-26 04:13 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 25日

VW UP! カーステ再び不調

 以前に不調になりオークションで手に入れた物と交換していたのですが、再び同じような症状が出てきました。
 CDのイジェクトが効きにくいのです。
 気が向かないと出てこない・・・
 以前のを置いてあるので若い時ならさばいて原因究明したでしょうね。
 ロックが外れにくいのか夷下句とのメカが働きにくいのか・・・
 うなり音からするとロックが外れにくい方の可能性が強いですがインパネにきっちりおさまっているので外す気になれません。
 しからば・・・
 と、M3PプレーヤーをAUX接続すれば・・・と言うことで探して使えそうなのを買いました。
d0045383_21274813.jpeg
 外部マイクロSDも入るしドラレコから外したものを使えば十分です。
 小さいのでホルダーの切り替えなどは走行中にはしにくいですが、CDに比べとんでもなく多くの曲を持たせられるのでカーステなら良いでしょう。
 ドラレコ動画用に編集したJAZZが4本で約3時間半、洋物ポップスで2時間、和製ポップス・フォークで1時間、演歌で2時間半・・・9時間分ほど放り込みました。
 東京まで走っても7時間半から8時間ほどですから十分ですね。
 充電はUSBからですし、UP!にはUSBソケットは増設して一杯あるし・・・
 CDもまだ動いて居るし・・・
d0045383_21301877.jpg
 右下の穴がAUX端子( auxiliary端子)です。
 昔はステレオアンプとかでこんな端子も使いましたが最近は縁が無かったです。
 でも、こうして表に出しておいてくれると助かることもありますね。 
 と言うより、今時、このAUX端子が表にあるってドイツの大衆車だからでしょうか?



by je2luz | 2019-05-25 04:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 24日

富嶽とは穏やかで無い

 スーパーコンピューター「京」の後継機種の製造が決まったようですね。
 速度が「京」の100倍ですか?
 アメリカにも勝のが目標だとか。
 そして、その名が「富岳」だそうです。
 私がその名前を聞いた時すぐに浮かんだのが「富嶽」です。
 これも、アメリカに勝つために開発していたものです。
d0045383_06092905.jpg

 これが「富嶽」です。
 旅客機ではありません。
 太平洋戦争中、「中島飛行機製作所」が立案した6発の爆撃機です。
 後に日本を空襲した「B29」より遙かに大きく、アメリカ本土を攻撃してヨーロッパまで飛べることを目指した「世界一の飛行機」でした。
 爆撃と降下部隊を上陸させることが可能なものです。
 完成を見ないまま終戦を迎えたので幻の爆撃機です。
      富嶽     B29
 発動機  6基      4基
 全長   46m     30m
 全幅   63m     43m
 航続距離 19.400Km  9000Km
 積載量  20ton 9ton

 「富嶽」は富士山の別名でもありますが、人によってはこの飛行機を思い浮かべるでしょう。
 色んな名前があるのにここに来て「富岳」ですか・・・
 開発チームとかの頭に「富嶽」が浮かんでなければ良いのですがねえ。
 「戦争して千島を取り返そう」なんて発想する国会議員が居る世相なので心配します。
 蓮舫さんのように「二番じゃ駄目なんですか?!」とは言いませんけどね。

 「中島飛行機製作所」の跡地には「国際基督教大学」が建っていますし、技術は「富士重工・すばる」に引き継がれて居ます。



by je2luz | 2019-05-24 06:40 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 24日

揉めなければ良いのですが・・・

 「百舌鳥古市古墳群」が世界文化遺産に指定されますね。
 本当に性懲りも無く申請するんですね。 
 文化遺産・自然遺産などで今度が22番目かな?
 以前に見送りになった「鎌倉」などを含め、まだ8カ所がリストアップされているんだそうです。

 リストに入っていなくても、当然のように「四国八十八箇所霊場と遍路道」は世界遺産登録推進協議会が運動を続けています。
 「西国33カ所霊場巡り」「西国33カ所」「会津33観音」「出羽三山」なんて「日本遺産」に並んでます。
 世界遺産の候補までは行かないけど・・・というものが集まっているのが、「日本遺産」という「文化庁認定」の物です。
 このリストには、上下北山など吉野郡が固まった「美林連なる造林発祥の地・吉野」なんてのや、「鯨と共に生きる」という新宮市・那智勝浦町・太地・串本てえのもあるし、「忍びの里、伊賀・甲賀」「海女に会える町、鳥羽・志摩」「祈る皇女斎王の都斎宮」なんてのやら・・・2020年のオリンピックまでに100カ所にするなんて不思議な企画です。
 令和元年の申請では「神宮東遷」があり熊野市も入っています。
 「申請しといて損は無い」と言うことみたいです。
d0045383_15020521.jpg
 前にも触れましたが「世界遺産」に指定された所も、どんどん観光客が減る所が増えてきたようです。
 それと、入り込み客と地元民とのいざこざもあるんだそうです。
 心ない観光客は人の庭でも何処でも入り込みますからね。
 今度の「百舌鳥古市古墳群」は町中に点在していますし、ほとんどが住宅街だし、元々墓所だから静かな所だったはずです。
 そんな所に、一時的とは言え物見遊山の見物人が押しかけたらトラブルも起きそうです。
 「あんたらこんといてんか!」と、おばちゃんが怒らなければ良いのですが・・・



by je2luz | 2019-05-24 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 23日

夏日になるのかな?

 雨が上がった昨日はあちこちで25度を超えて「夏日」になったようです。
 ここでは車の温度計も23度くらいで上げ止まりました。
 新鹿のアメダスの気温も最高気温が14時29分・24.6℃でぎりぎり夏日にならないで済みました。
 でも、今日は越えるのでしょうね。
 それでも、他所のように「真夏日」にはならないでしょう。

 今年の夏は「エルニーニョ」と「北極からの寒気団」でおかしなものになりそうです。
 「異常」が続けば、それが「平常」になりますね。
 地球はそんな歴史を繰り返してきました。
 炭酸ガスも産業革命以来増え続けて季候を変えたと言いますが、今よりずっと多かった時代もあったのですからねえ・・・
 氷河期も何度もやってきているし・・・
 人類なんてまだほんの少しの時間しか生きていないのですから、この先どうなるかはわかりませんよね。
 巨大隕石が落ちてきて恐竜のように滅びるかも知れませんし、その時に生き残ったほ乳類の祖先から進化したと言われますが、小さなネズミのようなものより今の人類は弱いでしょう。
 文明で乗り越えられるほど甘くないように思います。
 飛来しそうな物体は観測しているようですが、向きを変えたり破壊する手立てはまだ出来ていないようです。
 そんな怖い空ですから「空が落ちて来た」と騒ぐ「チッキン・リッキン」の気持ちもわかりますね。
d0045383_16204682.jpg
 日本では中国伝来の「杞憂」の方が一般的みたいですね。

 オリオン座の赤い星、「ペテルギウス」が爆発して消えると言われてますし、その時の「宇宙線」で地球の生物も影響受けるのでは無いかとも言われています。
 ロマンチックなことばかりでは無いですね。

 7月7日には牽牛と織り姫が逢えるのだそうです。
 私も誰かに会えるかな???
 日曜日ですね。
 私は年中日曜日ですが、世間には曜日があるようですからね。



by je2luz | 2019-05-23 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)