人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2019年 01月 31日

PM2.5 哨戒機より怖いんでは?

 この記事・・・
 今の時期だと問題になるのかな?

 本格的はシーズンに入るわけですが、このPM2.5ってこの東アジアのものでは無いようです。
 なんだか南の方でも大変なことになっているのだそうですね。
 タイでは米国の環境基準でバンコックで169だとか・・・
 地図では735なんて殺人的なのもあります。
 100を越えてはいけないんです。
 ご本家の中国では赤を通り越して400台なんてのが固まっていますね。
 北京などでは排気ガス対策は、ハイブリッドなどでは手遅れと言うことで「電気自動車」がバスやタクシーで強制使用だとか・・・
 それでも収まらないのですね。
 この切り替えがこの先の自動車の動力源切り替えで大きく生きてくるらしいです。
 あの広い国で国家による壮大な実証実験をやるのですからね。

 日本でも北九州などはすでに100を越えてきましたね。
 東京辺りの153とかは自前の汚染もプラスしているのでしょう。
 日本は空気汚染の先進国だったのですから・・・
 四日市公害から川崎病・・・光化学スモッグ・・・
 まるで空気の汚染は中国だという風に思う節がありますが元祖は我が国です。
d0045383_19263028.jpg
 お隣の韓国は中国から近いので毎年すっぽり包まれるし、自前も多いようですね。
 PM2.5はステルス機のように姿が見えにくいです。
 姿が見えるP3哨戒機よりずっと怖くて厄介だと思うのですが、噛みつかないんですね。
 これがかつての北九州のような汚れた空気があって向こうへ流れたら・・・
 それは抜きにして、韓国も気の毒ですね。

 インドやバングラデシュ辺りも良くないですね。
 あの辺の空気は梅雨時にヒマラヤ経由で日本の梅雨の雨になるのです。
 雨量が多いからわからないけど、濃度は薄くても総量ではかなりの汚染物質が来るのかも・・・
 総量では無く、薄めて「無害だ!」というのは我が国の公害対策の常套手段でしたね。
 放射能汚染水も同じ手法で、「無害だから海洋投棄する」と言いだしていますね。
 昔と同じですねえ・・・
 まあ、日本には・・・
 「三尺流れれば水清し」なんて諺があるのですからね。
 この調子だと海水が酸性化するかも・・・
 これはものすごく怖いことだそうです。



by je2luz | 2019-01-31 04:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 30日

二月・如月

 二月になります。
 2日 初午 花の窟神社お綱掛け神事
 3日 節分
 4日 立春
 5日 旧正月・テト(ヴェトナム)
 11日 建国記念日
 14日 二の午・バレンタインデー
 17日 秋吉台山焼き
 20日 スーパームーン
d0045383_23515329.jpg
 2日は餅ほりの日ですね。
 3日の節分ってこの辺では各家庭でやっていたのですが今ではどうなのでしょう?
 成田山のような豆まきは無いですし・・・
 お寺さんとかではやっているのかな?
 近年は「恵方巻き」なんておかしなのが入ってきていますね。
 この辺でもスーパーが従業員さんに無理矢理予約を取らせたりしたのと、テレビで騒ぐので買う人も居るようです。
 今年の「恵方」は東北東だとか・・・
 我が家だと松本峠方向かな?
 私は食べませんけど・・・ 

 旧正月はすっかり消えていますね。
 若い頃はニュースで「テト休戦」が報じられるので、「旧正月なんだ!」と思いましたね。
 ヴェトナム戦争の最中でしたからね。
 最後は『休戦」ではなく「テト攻勢」みたいでしたが・・・
 確かに、ヴェトナムでは旧正月を祝う風習が根付いていますね。
 キンキラキンの飾り付けで祝うようです。
 私がヴェトナムに行ったのがその頃だったので商店街ではど派手な飾りが一杯売っていました。
 ヴェトナム風なのか中国風なのかよく分からないですが・・・
d0045383_21095181.jpg
 いくら何でも2月には雨が降るでしょうね。
 大又川などは天然鮎では無いので日照りでも一応大丈夫ですが、琵琶湖次第では影響受けますね。



by je2luz | 2019-01-30 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 29日

熊野さんままつり 2

 サンマ祭りが何とか無事に「遊木のさいれ」が確保できて、久しぶりに「本物の熊野さんま祭り」になって良かったです。
 人出もそこそこあったし・・・
 新聞なども大絶賛です。
 でも・・・
 「さんま祭り」が賑わってそれで良いのでしょうか?
 主催者の目的って、 人を寄せること???
 本来の意味は「熊野の特産品、さいれの丸干しを宣伝し、盛り上げること」のはずですよね。
 今年は3トンあまりの水揚げがあったようですが、それっぽっちでは「産業」にはなりません。
 漁期に入って三ヶ月、残りがせいぜい二ヶ月です。
 50トン100トンにならないと話にならないのですね。
d0045383_21134466.jpg
 「これはイベントだから・・・」と言うのも少し的外れでしょう。
 一応、こうしたイベントには公金補助が入っているし、それは「市民の福利厚生」で支出されていないはずです。
 商工会議所や記念通り振興組合や市職員などが頑張って開催しているのですから、当日の賑わいだけでは無く本来の目的にかなうようになって欲しいものです。
 せっかく頑張っているのですからね。
 私も物産展などイベントに出店を出しよその町まで出かけていました。
 出店をやっている時は結構楽しい物なのですが、本来の目的には中々合わない物なのです。
 
 「さんま祭り」を「熊野の丸干しを守る」という議論のきっかけにして欲しいです。
 捕れないならどこかでコンスタントに確保し、塩乾魚業が維持できる方策を講じないと・・・
 木本の浜の干物干し場も今年は作られませんでしたし、町中の業者さんの干し場も無くなりました。
 干物屋さんの廃業もありました。
 「熊野の名産品・特産品」と呼ぶのなら、行政も真剣に道を探って欲しいものです。
 ソフトボール・野球の方が簡単かと思いますが熊野にとって大事なのはどっちなのでしょうね?
 こうした声は嫌われるのかな???



by je2luz | 2019-01-29 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 28日

熊野さんままつり 1

 27日日曜日は晴天にも恵まれたし、何とか新物のサンマも遊木に少し水揚げがあったし、1000本の丸干しを無事に確保できました。
 今年は一応胸を張って振る舞うことが出来たわけです。
 海は繋がっているし境目も無いのですから、よそで水揚げしたサンマを干しても熊野の業者が熊野の塩加減度干せば問題が無いとも言えますが、「それで良いのかな?」と言うところがありますね。
d0045383_21284755.jpg
d0045383_21440454.jpg
 ずらりの並べたU字溝には炭火が入っています。
 一匹ずつ貰える丸干しを自分で焼いて食べます。
 炭火で焼きますから結構上手く焼けます。
 ご飯が無いのが少し残念ですか度ね。
 お餅を焼いている人も居ましたよ(笑)
 大漁旗が飾られています。
 残念ネガら今年もそうですが、ここ何年もサンマ棒受け網漁船が大漁旗をはためかせて寄港すると言うことが無い状態です。
 これはら「闇」に向かいます。
 棒受け網は集魚灯を使うので月夜には漁をしません。
 この闇で上手く魚群がやってきてくれれば良いのですけどね。
d0045383_21451292.jpg
 振る舞いの丸干しは間違いなく「遊木の新物」だったのですが、出店に出ている魚屋さんの丸干しは山地明記している物では「千葉産」なんてのもありましたが、非表示がほとんどで、「遊木のさいれ」が事実上確保できないようです。
 遊木のさいれに似た「痩せたサンマ」を確保する手立てを真剣に立てて欲しいものです。
 「博多明太子」だって、タラコは博多じゃ無いですからね。



by je2luz | 2019-01-28 04:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 27日

おめでとう! NAOMI !

 あれよあれよという間に・・・
 勝っちゃいましたね。
 決して押しまくっていたわけでもないし、百戦錬磨という感じの「クビトバ」さんを押し切っちゃいました。
 いやはや、何処まで行くのやら・・・
 とにかく・・・
 おめでとう!
d0045383_20495454.jpg
 私はテニスって苦手です。
 ラケットは平面で角度違いが大違い・・・
 この辺りは「軟式テニス」が主流でした。
 学生時代はバスケットでしたし、遊びは草野球にソフトでした。
 テニス部とはあまり仲が良くなかったです。
 プロテニスも、「ヒンギス」「シャラポア」なんて子が出ていた頃は夜中に見たこともありますが。テニスフアンというのでは無かったですね。
 ゴルフもローラ・ボーが出ていたら見たなんてかなり不純のフアンでした。
 その基準からすると今回はもう少しましな応援かな???

 そもそも、私が子供の頃って「デビスカップ」くらいしか報道されなかったように思います。
 それに、オーストラリアとか南ア連邦なんて日本人が入国できなかったり・・・
 何て時代の人ですからね。
 スポーツの世界も随分広くなったし、選手も楽になったのでしょうね。
 ラジオで水泳の放送があって「古橋広之進」「橋爪四郎」何て人がアメリカ人相手に勝つことに日本中が熱狂したのをかすかに覚えています。
 「食うものが無いからサツマイモ食って泳いだ」何てのも聞きましたね。
 だから、日本のスポーツは根性至上主義になったのかも・・・
 私が中学とかの時代は「練習中は水飲むな」何て時代でしたからね。

 スポーツは嫌いじゃ無いけど・・・
 オリンピックってなんだかおかしいですね。
 統計だけでは無くそっちもデタラメみたいだし・・・



by je2luz | 2019-01-27 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 26日

土日は寒いんだそうです

 今は「大寒」のど真ん中です。
 一年で一番寒いのは、1月26日頃から2月4日頃まで・・・大寒から立春の頃なんだそうです。
 どか雪はもう少し後の方が多いような気もしますが・・・
 この土日、26・27日は寒波が下りてきて「三重県南部でも雪が降るかも・・・」何て予報ですが、すごく自然のことなんですね。
 春が来る予告みたいな物でしょう。

 この寒い27日日曜日に「サンマ祭り」があります。
 今年は地場ものだそうですが、どうも上手く揚がらないようで、スーパーの売り場には地場ものが並びませんし。よそのを干したやつでも高いです。
 美味いとは言え「さいれの干物」は高級食材ではありませんからねえ・・・
 1匹150円も200円もしたのでは・・・
 困った物ですね。
 よく撮れた頃は、魚屋の干し場どころか一般の家の軒先にまで「さいれのすだれ」が出来た物です。

 海の異常は伊勢湾の「コウナゴ」でも起きているようです。
 去年も禁漁のままだったようですが、今年の試験操業も駄目だったようです。
 鰤も少ないようだし、烏賊も少ないし・・・
 エチゼンクラゲなんてのは食えないし・・・
 また、「リュウグウノツカイ」が揚がったとか・・・
 深海魚が出てくるのって本当は良くないのでしょうね。
 今日、テレビで熊野市の地場産品が放送されていましたが、「捕れないさいれ」は名産品になれないですね。
 ローレライのように歌でも流してさいれや鰤を誘導できない物でしょうか?
 魚群探査のために大型ドローンを飛ばすとか・・・
 でも、そこまでやっても「捕れる時に捕れ」という、昔ながらの漁法では先が無いでしょうね。
 日本が守っても台湾・中国・朝鮮が・・・という考えも駄目でしょう。
 かつて日本は世界の海から魚をかっさらってきていましたから、その反省で、指導者にならなくては・・・
d0045383_20095364.jpg
 熊野の漁業は小規模船主さんです。
 見えている漁船が大敷用でここでは大型になるくらいです。
 今度の漁業法改正でどうなるのでしょう?



by je2luz | 2019-01-26 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 25日

公的統計と民間企業

 今、「毎月勤労統計」というやつの不正?ズル?が問題になっています。
 こうした「政府統計」というのが一杯ありますね。
 私たち一般国民に直接関わってくるのは「国勢調査」くらいですね。
 これは、全国民が実施の年の10月1日現在での居場所において所定事項を記入すると言うことになっていますね。
 始まった頃と違い、人間の動きが激しくなっているので、「10月1日現在」なんて言われると、本来の居住地に居ない人がものすごく多いでしょう。
 だから、随分ずれはあるでしょうけど、統計上問題にならない程度の誤差に収まるのでしょうね。
 国勢調査の調査票はさほど記入しにくいものではないです。
 それでも、かなりの人が記入することに抵抗があるようですし、その回収方法にも問題があるとも言われます。
 今のところ、こうした統計に関しては「調査員」というのが委託任命されて行って居ますね。
 そして、お役所としての端末は、市区町村のようです。
 この統計は「政府統計総合窓口」という所のHPに出ているだけで126のデータベースになっています。
 こうした統計が政府の政策立案や実行のベースになっているはずです。
 だからこそ、不正やズル・改ざんがあってはいけないのです。

 一部の報道で少し触れられていますが、東京がズルをし始めたきっかけが、「民間企業からのクレームが東京都などに多く寄せられたので間引き調査になっていった」と言うことがあります。
 これは多くあったと思います。
 以前にも触れたことがありますが、私もこうした「政府統計」の記入当事者になっていた頃もあります。
 その統計は年に一度なのですが、記入用紙の項目がものすごくわかりにくく、実態に合わないので手こずりました。
 今なら、出荷などを電算化しているでしょうから、何とか集計を読み替えてある程度対応できるでしょうけど、紙帳簿から拾うなんて不可能なものだった記憶があります。
 生産物の分類も市中業界の分類とはずれているし・・・
 だから、ある程度の作文が必要だし、前年度との整合性も取りにくかったです。
 と言うことで、記入することが大きな負担に感じられました。
 だから、調査員に文句も言いましたね。
 
 「毎月勤労統計」は記入対象になったことも無いので中身はよく分かりませんが、一般企業の給料計算ソフト・会計ソフトからすんなり抽出して提出できるような形式では無いでしょう。
 基本給から手当から・・・各社各様ですからね。
 でも、分類・書式が決まると動かせないのも統計ですよね。
 物価の指数でもちょっとした品目健康でも大変らしいですからね。
 面倒だしわかりにくいし、記入者にはメリットもないし・・・企業からは文句が一杯出たでしょう。
 現場に出される係員はおそらく逃げ腰になったでしょうね。
 だからといって、制度の改正をしないでズルこいちゃあいけないでしょう。
d0045383_13235334.jpg
 近年はお役所の書類や数字はでたらめだというのが多いですね。
 あっちへもこっちへも「忖度」して、都合が悪ければ廃棄・紛失・・・
 いやはや・・・
 先進国・法治国家って胸を張れるのでしょうか?
 一年・二年・五年でほとんどの書類が消えるなんて、歴史も書けませんね。
 当分良くなることはなさそうですね。



by je2luz | 2019-01-25 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
2019年 01月 24日

辛いものフェア

 今年も「辛いものフェア」があるようです。
 何しろ、熊野市は「ハバネロ」なんてのを導入して以来、辛い物をみんなに勧めたいらしいです。
 さいれも不漁だけどハバネロもちょっと連作障害が出たりするようです。
 農地はいくらでも空いていますから転地は出来るでしょう。
 鹿もイノシシもウサギも食べないけど人間は食べますからね。
 人間って宇宙で最強の雑食なのかも知れませんね。
 草食動物はおいしいけど、肉食や雑食の動物はおいしくないと言いますから、宇宙人が来たら、食べたがらないかも知れません。
 でも、人間は宇宙人を食べたがるかも・・・
d0045383_20590544.jpg
開催期間】平成31年2月1日(金曜日)~平成31年2月28日(木曜日)
 【参加店舗】
①らーめんむさし ②らくてん
③と クスクス ④どさん娘 熊野店
⑤竹屋 ⑥KAN
⑦肴屋しんたく ⑧ごはん処えん
⑨赤ちょうちん てんまる ⑩居酒屋かっぱ
⑪ビスモルゲン ⑫割烹ひかり
⑬きく家 ⑭モリーナ熊野路
⑮鬼ヶ城センター ⑯ホテル瀞流荘
d0045383_21052138.jpg
【今回の唐辛子】
「ラテイ」「黄色唐辛子」「ホットパラソル」

 と言うことで、新登場の唐辛子が課題だそうです。
 でも、これではメニューとして定着しないと思うのですが・・・
 辛い物を好む土地柄でもないし・・・
 まあ、お役所ぐるみのお祭りと思えば良いのかな?



by je2luz | 2019-01-24 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 23日

餅撒きシーズン

 熊野地方は何かというと「餅」を撒きます。
 「餅ほり」「餅拾い」「餅撒き」・・・
 今では餅の他にミカンや袋菓子や小銭も撒かれます。
 初午・厄払い・七五三・建前・落成式・祭り・・・
 役所主催のイベントでも「餅撒き」があることが多いです。
 これをやれば人が集まりますからね。
 「福を分け合う」「厄をみんなで分担して貰う」「喜びを分け合う」「人集め」・・・
 なかには「ええかっこしい」も混じるようですけどね。

 今年の初午は二月二日土曜日ですね。
 この日は花の窟神社のお綱掛けでもありますね。
 二の午は14日木曜日です。
 と言うことは・・・
 餅ほりは二日土曜日と三日日曜日に集中しそうです。
 神社でする人、お寺でする人、自宅でする人・・・
 そんな情報は町のおばさん連中がよく知っています。

 その前の24日には金山で地蔵さんの餅ほりがあります。
 あちこちにあるようですが、私の知っているのは旧金山小学校脇の地蔵さんです。
 ケーキ屋さんのすぐ上です。
 時間は14時半頃からで人が集まるので場所は分かると思います。
 学校のすぐそばだったので、学校終わり頃の時間に放ったのでしょうね。
 昔だと、学校の方も時間を合わせてくれたでしょうしね。
 年中ミカンも採れるけど、年中餅も拾える町みたいですから・・・
 でも、そうした集落を束ねてきた習慣も段々薄れているようです。
 これは日本中で起きている「ふるさと破壊」ですね。
d0045383_22470069.jpg



by je2luz | 2019-01-23 04:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 22日

今年は地場産

 恒例の「さんままつり」が1月27日日曜日に記念通りであります。
 今年は少しさいれが揚がったので「遊木のさいれ」のはずです。
 1000本が振る舞われます。
 U字溝と炭火で焼きますからおいしいですよ。
 ご飯無しですから少し塩辛いですけどね。
 第7回と言うことらしいです。
 目黒のサンマ祭りには勝てませんね。
 目黒の場合は産地じゃ無いけど日本で一番有名なサンマかも知れませんからね。
 時間は午前9時からお昼くらいまでですが、サンマの振る舞いは無くなり次第終了になります。
 是非お早めに・・・
 場所は記念通り北詰、上木本、三銀前付近です。
 今年もよそからツアーが来るようです。
 遊木のさいれがあるはずなので安心ですね。
d0045383_21440286.jpg
 地元ではポスターは見かけますが、まだチラシが回ってきません。
 いつもながら検索にかかることが少ないです。
 過去記事でも私のが引っかかってくる程度なので、少々PR不足のようです。
 時々、関連予算は出てくるのですか度ねえ・・・
 まあ、観光は中々金になりませんけどね。
 外人さんも、ぽつぽつ見かけるけど・・・
d0045383_22473814.jpg



by je2luz | 2019-01-22 04:27 | 熊野 | Trackback | Comments(0)