LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2018年 03月 31日

熊野の旅 平成29年度終了

 3月31日で平成29年度が終わります。
 30日が金曜日だったので、役所の退職者さん達はその日が最後になりました。
 「プレミアム・フライデー」だったのですが、全国で実施した事業所はほとんど無いのでしょうね。
 4月1日からは平成30年度です。
 国の予算も年度内に成立しているし、当然のように熊野市の予算も成立しています。
 一般会計で124億ほどでしたね。
 三重県の方に金が無いので組んだ予算がそのまま使えるのかどうかも心配ですね。
 国の方もアベノミックス効果で税収が伸びると当て込んでいたのが欠損になりそうなんだとか・・・
 都会の土地バブルとか人手不足だとか言う割に庶民には効果が波及していないようですね。

 平成もあと一年ですね。
 どうやら私も「三代の御代を生きる」と言うことになりそうです。
 若い頃、「明治生まれ」って随分古びて感じたのですが、自分がもうすぐ「化石」になりそうです。
 でも、明治より少し短いとは言え、30年あまり昭和が続いて仲間がどっさり要るのが心強いですね。
 大正生まれの倍居る勘定ですから・・・
d0045383_20325221.jpg
 今日は飛鳥中学校昭和33年卒業生の同級会です。
 紀和町湯ノ口温泉です。
 一体何人になるのやら・・・
 昨日も一人来られなくなったんだとか・・・
 送迎用にタイヤもサマータイヤに戻してあります。
 山間部も桜が満開になって来ているでしょう。
 桜の花に負けないほどかわいかった同級生も・・・
 
 と言うことで、今日の夕方のブログは書けないかも知れません。
 多分、WiFiとか有線LANの節美は無いでしょう。
 スマホ経由でアップするにして・・・いくら何でもスマホは繋がるでしょうけど・・・
 カメラ、三脚、ノートパソコン、充電電源一式、スマホ、Lanケーブルは荷物に入れて行きます。
d0045383_20335775.jpg

[PR]

by je2luz | 2018-03-31 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 30日

熊野の旅 オープン間近 板屋九郎兵衛の郷

 「板屋九郎兵衛」と言われても熊野の人もほとんど解らないでしょう。
 私も解りませんでした。
 なにしろ板屋は昭和の合併当時入鹿村で西山村や上川村と合併して「紀和町」になり、木本町など8ヶ町村合併して出来た熊野市の中心からは随分遠かったですからね。
 「板屋九郎兵衛」とは本名を玉置九郎兵衛という江戸時代の板屋村の庄屋さんだそうです。
 この熊野市地域振興課、熊野市ふるさと振興公社発行のパンフレットに・・・
 「親分肌の男で義理人情にも厚く、弱気を救け強きをくじくという性格で村人からは絶大な信頼を集めた人物です。この九郎兵衛のお墓は板屋地内の小高い丘にあり、お墓に触ると願い事が叶うと伝わっています。この九郎兵衛、賭博の胴元として有名だったことから、地元では「勝負の神様」として知られています。」 と書かれています。 「弱気を助け・・・」はパンフレットにそうあるのでそのままにしてあります。 私の誤変換ではありませんから・・・
d0045383_20343713.jpg
 この「板屋九郎兵衛の郷」は前にも写真を載せて触れた、新しく出来る国道311号線紀和町板屋に出来る道の駅です。
 準備が予定より少し遅れたので4月6日とか7日とかにオープンだそうです。
 パンフレットを用意する時には日にちも決まらなかったようです。
 すぐ目の前になる民間の店との兼ね合いもあるようです。
 なにしろ、外郭団体がやる事業ですから色々とありそうです。
 ただ、将来的には紀和町の中核的なお店になって貰わないと困るのです。
 私が議員在職中に予算が出て来たのですが、そう言う趣旨で賛成したものです。
 当局が最初説明したような「民間の受け皿」は見つかる道理も無く「ふるさと振興公社」がやる官営です。
 国道311号線の交通量が劇的に増えるという要素も無いので経営は端から苦しいでしょう。
 169号線の小森バイパス改修が出来たら関西からの客はそっちを真っ直ぐ本宮・新宮に向かうでしょうね。
 それに川の水も少しばかり心配ですね。
 12号水害の水位よりは上げたようですけどね。
 電気自動車充電施設はあります。


[PR]

by je2luz | 2018-03-30 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 29日

さくら さくら

 一気に暖かくなり桜が一杯咲いています。
 山桜に染井吉野にしだれ桜に・・・
 目に入っている山桜の中には「くまのさくら」も混じっているのでしょう。
 何しろ山桜でも花の色も随分色々ありますからね。
d0045383_20425184.jpg
d0045383_20432170.jpg
 花の背後には葉が出ています。
 うーーん
 今の人と違って絞りすぎかな?
 これでも背景は充分ボケているし光も円形になっていますけどね。
 ズームレンズでこれなら上等でしょう。

 小又の桜の大木は遅咲きなのでまだ全然開いていませんでした。
 学者さんはどう分けるのか解りませんが同じ所に生えていても随分違いますね。
 山桜なんて実がなってどんどん拡散していますから、少しずつ違うのが生まれてもおかしくないのでしょう。
 桜ってバラの類でしょう?
 なら、色んな風に変化してもおかしくないですね。
 桜も日本から西洋に出て行ってど派手なのが生まれていますからね。
 紫陽花も派手になって帰ってきましたね。


[PR]

by je2luz | 2018-03-29 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 28日

公示地価 2018

 今年の「公示地価」が発表されました。
 正常な取引の目安になると言われるのが、この「公示地価」です。
 地価には「路線価」というのもあり、特定の土地では無く「沿線の土地の値段の目安」で固定資産税や相続税の算出の基準だそうです。
 それに。市井の「実勢価格」というのもありますね。

 まあ、「公示地価」は土地取引の公正な目安だそうです。
 そして、ニュースでは「上昇傾向」などと言っていますが、熊野などの田舎では上がる要因がありません。
 昔から言う「公共の買収」はこの限りにあらずなんでしょうかね。
d0045383_15503441.jpg
 これは平方メートル単価ですから坪にすると3.3倍ですね。
 木本で10万円、一番高い駅前丸山町で16万8千円です。
 こうしたものの参考には実際の取引も入るのかとも思いますが、駅前の坪30万円はどうなったのでしょう?
 わからんですね。


[PR]

by je2luz | 2018-03-28 15:56 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 28日

熊野の旅 神川「桜覧会」

 日曜日の神川「桜覧会・おうらんかい」の出店が新聞に出ていました。
 目玉は「相可高校」のお弁当・コロッケ・出汁巻き卵でしょうか?
 テレビとかでここは良く出ていますからね。
 他は「食事処華」のやきとり、フランクフルト  「東地商店」のたこ焼き、鯛焼き  「いるカフェ」の珈琲、サンドウィッチ  それに、地元「今中商店」のサンマ寿司、おでん、からあげ などが食べるものです。
 紀南クライマーズ協会のロッククライム体験なんてのやリラクゼーションとかカラオケもあるようです。
 会場は旧・神上中学校グランドです。
 夜桜のライトアップは始まっているのかと思います。
 主催者が変わって継続することになったのですが、「無くなった」と思っている人が居るのが心配ですね。
 と言いながら、今年は神川に回れないかと思います。
d0045383_22054715.jpg
 市内各地で染井吉野が満開です。
 至る所で花見が出来るのが田舎のよさかも知れません。
 この染井吉野って寿命が長くないとか言いますね。
 大泊駅などは古木になりすぎて枝も危ないのがあります。
 他所ではあちこちで植え替えが始まった居るのだとか・・・
 「くまのさくら」は山桜系なので寿命は長いのでは無いでしょうか?
 色も普通の山桜のように白っぽくは無いし、増やして、植え替えに使えば良いかも知れません。
 立派に咲くのは見られないでしょうけど・・・


[PR]

by je2luz | 2018-03-28 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 27日

法務局

 法務局なんて普段はあまり縁の無いところです。
 昨日、法務局へ行ったらこれ又普通はあまり縁の無いパンフレットが目に付きました、
 「国籍事務の取扱庁が変わります」と言うやつです。
 「帰化申請」「国籍取得・国籍離脱の届出」「国籍選択に関するご質問・ご相談」となっています。
 今までは県下の各支局で全部ある買っていたようですが、4月からは四日市と津だけになる様です。
 四日市が独立出来ているのは港の関係もあるのでしょうか?
d0045383_22002792.jpg
 この先、外国人関連の事務は増えるでしょう。
 日本は難民受け入れには厳しいですが、人口の減少もあって帰化などは増やす方向に変わるでしょう。
 研修生や労働条件はどんどん垣根が低くなっているようですからね。
 熊野周辺でも随分ベトナムとかインドネシアとかの人を見掛けますね。
d0045383_22053982.jpg
 これは先日文化交流センターで見掛けたものです。
 介護の人不足が深刻なのでこんな動きも出て来たのでしょう。
 現場ではすでにヘルパーさんが高齢化して「老老介護状態」なのですが、元気老人はお互いに助け合わないといけないようです。
 この辺では東南アジアからの介護研修生はまだまだのようですが時間の問題でしょう。
 外人さんに大事にして貰うにはこちらも大事にしないといけませんね。
 仕事場を奪われるとか言う時代では無さそうですから・・・
 介護保険もどんどん上がりそうですし、せめて面倒掛けないようにします。


[PR]

by je2luz | 2018-03-27 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 26日

行列の出来る・・・

 3月のいこらい市行ってきました。
 最近は変わった出店も来ないのですが、いつも行列が出来るのは「熊野漁協の移動販売」です。
 昨日も私が着いた時にはまだ移動販売車は到着していませんでしたが、市民会館付近には20人ほどの人が待っていました。
d0045383_19092652.jpg
 熊野では花火以外にはほとんど行列は出来ないのですが、魚好きの木本人などにはこの魚売りが楽しみみたいです。
 木本は漁場と言うこともあるのか、昔は魚屋だらけだったのですが、今は、鮮魚店は一軒だけかな?
 干物屋さんも店売り専門は一軒になったのかと思います。
 オークワも井戸に行っちゃったし、お年寄りは刺身買うのも大変になっていますからね。
 昨日は写真のような「ブリの切り身」と「ブリのカマ」「ブリのあら」「さざえ」「小鰺」などを持って来ていました。
 遊木ではあまりシビは揚がりませんね。
 
 漁協の出店では「マグロ丼」「しらす丼」なんてのも売りきれるほど売れますね。
 これは鬼ヶ城で売っている商品だと思います。
 好評とは言え目茶目茶数が売れる訳でも無いようです。
 あまり遠くからはこの「いこらい市」には来ないようですから・・・
 記念通りって市内各地からはそんなにアクセスが良い訳ではありません。
 「記念通り振興組合」?が母体なので会場を移すこともままならないでしょう。
 空き店舗で新規事業をやる人も出て来ませんね。
 市が借り受けているアンテナショップ?もあるのですけど・・・
 今の時代は住宅街とか郊外にポツンと雑貨屋とか食堂が出来たりしますが、「商店街」の魅力はないようです。
 客の方は固まっているショップピンセンターとかに行きたがるのですが・・・
 町の再構築、再編成もままならないようです。
 都市でも商店街が寂れて、ショッピングセンター、ショッピングモールに店が集中します。
 入っている店は地元資本では無いのが多いようです。
 有名店だし華やかだけど・・・


[PR]

by je2luz | 2018-03-26 04:25 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 25日

熊野の旅 有馬堤防・古い区間

 先日は長年の懸案だった有馬堤防がようやく繋がることを取り上げました。
 その時にも少し触れましたが、七里御浜の堤防は随分昔から作られてきたようです。
 津波は100年に一回とかですが、台風は毎年のように襲ってきますからね。
 奥熊野代官所の記録でも「大風吹いて○○戸被害うく」「高波で××戸流さる」などと言うのが多いようです。
 私が熊野にいる間にもずいぶん来ました。
 「伊勢湾台風」や「12号台風」のように歴史に残るような被害を与えた物や、「19号」と言うのが二回も風の被害を出したりしています。
 紀伊半島・三重県の堤防の整備が本格的に始まったのは「伊勢湾台風」からですね。
 でもそれまでにも木本堤防などは町を守るために長年努力を積み重ねてきたようです。
 井戸町松原は国道42号の改修を兼ねて作られました。
 羽市木は私が最初に議員になったころに今の階段堤防が作られました。
 口有馬から南はそれより前から徐々に作られたのですが、今の堤防では考えられない構造の部分があります。
d0045383_20571291.jpg
 写真は口有馬、花の窟神社から南の方向です。
 古い堤防区間ですが、ご覧のように海側も陸側にもコンクリートの立ち上がりも手すりもありません。
 海側の波返しもほとんどないのです。
 写真の所で波が越えたこともあります。
 海側で2.5~3mの高さがあります。
 遊歩道化していて市民も観光客も結構歩きます。
 落下事故が問題になったことはありませんが、ゲート部分などは下がコンクリートで本当に怖いものです。
d0045383_21002036.jpg
 木本堤防では完成してすぐにゲート部分にも手すりをつけてもらったのですが、口有馬は何十年も前のものだけにいまだに対策が打たれていません。
 無堤防区間がなくなったのですから今度は老朽化した堤防の点検と安全対策をお願いしなくてはならないですね。
 羽市木や口有馬で今の堤防を波が越えたことを知らない人が多いのでしょうね。
 木本と違い「潜堤」がないのでこれからも危ないのです。
 堤防の構造物は国交省ですが管理は三重県が行っています。


[PR]

by je2luz | 2018-03-25 04:25 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 24日

熊野の旅 今年の花火は進化するかも

 昨夜、2018年版熊野花火大会の試射がありました。
 毎年花火師さんが試作品や新しい嗜好を試す日です。
 鬼ヶ城東口、ケーソンと磯の一部を使ってやります。
 劇的に新しいのって中々出来ないようですが、今では当たり前の変わり型、猫やニコちゃんマークなどもこうした試射ではじめて目にしたものです。
 そして、中々、観客向きに開かず意味不明だったこともあります。
 平面花火ですから水平に開くとほぼ一本の線に見えちゃうのです。
d0045383_23080240.jpg
 日が暮れた木本海岸、波も静かだし風も穏やかでした。
 放送や新聞の予告があったので多くは無いですが見物人も居ました。
 花火の日と違い浜が空っぽなので三脚担いで布袋町前の波打ち際まで足を伸ばしました。
 レンズはマニュアルフォーカスで距離が勝手に変わる心配のないNIKKOR 20mm f2.8を使い、マニュアル撮影ISO200 f8 シャッターバルブでの撮影です。
 上の写真ほど画角の広いレンズでも波打ち際に降りると狭い感じの時もあります。
d0045383_23151848.jpg
d0045383_23155837.jpg
d0045383_23163663.jpg
 今年の試射には下の二枚のような一度に一杯咲くものが何発かあげられ、色合いや開き方も例年のと違うものがありました。
 鬼ヶ城の磯から斜めに打ち出して海上で開かせることが出来るので他所に比べこの式の花火がやりよいはずです。
 左下の明かりは木本漁港と国道42号線鬼ヶ城トンネルです。
 動画と違いカメラを振ることが難しいので、波打ち際に出るならフルサイズのカメラでももっと広い14mmとかの方が良さそうです。

 低い位置で開いても観客席からは良く見えるし安全なので「熊野大花火」向きですね。
 鬼ヶ城の磯から打ち出すと、発射音も「ズボッ!」と迫力があります。
 私は近年多い白いしだれ柳よりこう言うの方が好きです。
 開き方も形も色も工夫されてきたようですから増やして欲しいですね。
 花火のプログラムではこうしたものの区別が解らないのでカメラマン泣かせですけどね。
 試射で増えたと言う事は本番でも増えるかな?
 鬼ヶ城自爆も復活していますし、今年は期待出来そうです。
 8月17日は金曜日ですよ。
 今年は間に合わないかも知れませんが、「民泊」を確保する方向で努力してくれているようです。


[PR]

by je2luz | 2018-03-24 04:25 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 23日

選挙事務

 来月15日告示、22日投票日の熊野市議会議員選挙の準備事務作業に掛かっています。
 いつも思うのですが、この分野のOA化は進みません。
 かなりの種類の書類があり記入するのですが、基本的には手書きになります。
 書かなくてはならない項目は、「氏名」「住所」「本籍」「性別」「生年月日」などの基本項目です。
 書類の標題が変わっても中身は同じみたいなのが多いです。
 ネットでの申請もまだ出来ません。
 供託金の振り込みだけが電子振り込み可能になったくらいですね。
 まあ、投票の方も投票用紙が形状記憶用紙に変わって開票作業が楽になったくらいで昔と変わりませんね。
 NET投票が良いとも思いませんが・・・
 結構低開発国がオンライン投票やって居ますね。
 これもやりようで怖そうです。
 行方不明の札を誤魔化す以上に何があるか分からないところがありますからね。

 ポスターの色の決定もしなくてはなりません。
 葉書の原稿作成、選挙公報の原稿作成・・・
 宛名印刷、プリンターは無事働いて呉れるでしょうか?
 二晩はかかりそうです。
 宛名印刷ソフトはアップデートの通知があったので素直にやったら全くおかしくなって、アンインストール・・・再インストールをやりました。
 たまにこんなのありますからね。
 Windowsなどでもそんなのが起きることがあるとか見ますが、そちらは経験ないです。
 印刷作業はシール時代よりは手間は減りました。
 もろもろ、来週中に仕上げるつもりです。
d0045383_21022226.jpg
 4年余り前の参議院議員選挙からは「NET選挙」が解禁されています。
 書類にもアドレスを記載するところがあるくらいです。
 ブログ、FaceBookなどやっては居ますが、市議選挙ではどれだけ見てくれる人が居るのやら・・・
 山道は暇ですが、そんなのやって居たら車酔いしそうです。


[PR]

by je2luz | 2018-03-23 04:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)