人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 30日

熊野の旅 連休だと言うけど・・・

 金曜日の15時位からが連休なのだとか・・・
 この辺では縁が無いみたいですが、28日は「プレミアム・フライデー」だったそうですからね。
 金曜の夜に出発すれば、東京からでも朝には熊野に入れます。
 朝出ても名古屋・大阪から普通の人で4時間でしょう。
 なのに、車があまり増えません。
 近年は正月やお盆でも増えないんですけどね。
 目の前の国道はすんなり渡れます。
 鯉のぼりを見る車があっても邪魔にならないのって、良いような淋しいような・・・
 
 こんな状況でも新宮に関しては、こちらからの大橋から市内は混んでいるんでしょう。
 速玉神社前の信号・・・大橋と古い方の橋からの側道のバランスも悪いし・・・
 国道42号線新宮市内の信号もおかしいですね。
 たかがあれ位の車で普段からあんなに混むなんて・・・
 最近改良されたのは新宮駅・丹鶴城下から42号にぶつかる速玉神社前の信号に熊野方面向きの矢印信号が付いて、そちら向きだけ流れはよくなっていますけどね。
 横道から出てくる車や横断する人や車の数の割りに側道の信号が長いようだし・・・
 何か複雑な理由があるのでしょうね。
d0045383_19203585.jpg
 まあ、車が混まないって良いことなんですが、熊野市内って流れが割とよいです。
 一箇所だけ、二丁目の信号とその向こうの鬼ヶ城トンネルと更に向こうの上り坂が原因になって停滞気味になることがあります。
 花火の停滞の大きな原因もあそこですからね。
 そこを抜けた我が家の横、熊野市駅に曲がる信号は混まないんです。
 上り坂ートンネルー信号と続くと心理的なものもあって自然渋滞が起きるのでしょう。

 私は2日に議会の議事運営委員会や全員協議会があるし、連休は嫌いだし大人しくします。
 その間に少し増えたお腹の脂を落とします。
 体重は増えていないのに脂肪が・・・
 比重が軽いので見掛けほど体重は増えないのかな?
d0045383_19210432.jpg
 連休中はこの鯉のぼりはおよいでいます。
 42号線は混みませんし、堤防脇には一応車側帯がありますから邪魔にならないように停めて下さい。
 ゲートは閉鎖されていますがエチケットとしてはその幅だけは開けて置いて下さい。
 我が家の前の駐車スペースに停めて良いのは「君だけ」だよ。



by je2luz | 2017-04-30 04:35 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 29日

熊野の旅 懇談会・下三区 野口集会所

 昨夜は飛鳥町野口の集会場で「地域懇談会・語る会」を開きました。
 主席者は22人かな?
 下三区は広いですから真ん中の野口でも集まるのは大変でしょう。
d0045383_21472616.jpg
 この集会場は比較的新しい方です。
 補助事業で熊野市中にこうした集会場が建てられました。
 昭和30年代から平成になるまでですから長い間建て続けましたが、旧熊野市だけでも8ヶ町村半合併したのですからね。
 地形が複雑なので飛鳥だけで6つあるのかな?
 かつては婦人会活動などもありよく使われたようですが、過疎と高齢化で段々使用頻度は下がっているようです。
 こうした建物の補修管理は地元に預けられているし、修理には負担金も生じます。
 集落が小さくなるとその負担金も重荷です。
 それに、こうした構造の建物は使いよいものでは無いですね。
 新生活運動時代では無いので葬式や結婚式が行われることも無いようですしね。
d0045383_21560772.jpg
 ここでも教員住宅問題が出てきました。
 昔は若い先生などは教員住宅に住むので各学校ごとに住宅が建てられました。
 旧熊野市で小学校が13、中学が9とか・・・
 校長社宅とか含めて一校に4棟あれば100棟ほどになっちゃうのです。
 それが全部老朽化してきたのです。
 30年とか前なら、「職員住宅売って欲しい」とか「貸して欲しい」なんて声もあったのですが、今となると老朽化した建物付きの田舎の物件は売れません。
 実際昨年度売れませんでした。
 取り壊し賃を差し引くと「ただ」とか「追い金が居る」って始末です。
 教員住宅って安くあげるためにあまりよくない場所に建って居るのが多いんです。
 ここで話題になったものなどいわゆる「ブロック作り」という厄介なものです。
 建物としては湿気が多いし、取り壊すのにも金が掛かるし・・・
 おまけに安普請ですしね。
 ここのは取り壊せば駐車場としての利用価値だけでもあるのですけど、費用には全く見合いませんね。
 しかし、本格的に取り組まないと市の持ち物が「一番の危険家屋」なんて笑えない事が起きます。
 市が教育委員会に解体撤去命令なんてねえ・・・



by je2luz | 2017-04-29 04:38 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 28日

熊野の旅 町場は出席者が少なめ

 昨夜の懇談会・・・
 親地町・新田地区だったので出席者は少なめでした。
 他の班の井戸町も少なかったようです。
 なんとかそこよりは多かったようですが・・・
 この傾向は昔からですね。
 周辺部より地元の要望が少ないという面もあるでしょう。
 「農業用水」「農道・市道・林道の荒れ具合」「通学路」「猿猪鹿」・・・
 でも、木本でも「獣害」が要望の中に入ってきました。
 よそでも町中に猪や熊が出るし、東京の真ん中の方まで丹沢の猿が・・・
 この先どうなるのでしょうね。
 人口は8800万に減るし・・・
 ニュージーランドは人間より羊が多いそうですが、日本は獣の方が多くなるかも・・・
 それでも増やせという声が結構大きいですね。

 親地町から出て来た「空き家を撤去出来ないか」という質問には・・・
 「市当局としては現場を見て持ち主を特定出来れば善処方お願いしてみます。」という当たり前の回答でしたが。私から、「あの建物は強制命令出せるほどは傷んでいないと思う。対象ほど傷んだ建物でも撤去費を持ち主から徴集しなくてはならないのでかなり難しいことなんです。それに、田舎では撤去費と残った更地に値段が釣り合わないことも起きうるし・・・単純では無いのです。全国的のも強制解体など出来ていないようですよ。」と付け加えました。
 持ち主も地元に居ない物件だと、解体費などを勘案した値段で地元の人が買ってくれると良いのですが、今の時代買い手もないですしね。
d0045383_22232233.jpg
 明日は飛鳥町の下三区です。
 山間部なので色んな要望が出ていますし、出席者も少し増えるかなとは思いますが、場所が「に口集会場」ですし、70歳を越えた人が多いので来られるかどうか・・・
 昔だと1Kmやそこいらの道は平気で歩く人も多かったのですが、歳を取ると足がねえ・・・
 浮かんでくる顔が若くないですから・・・



by je2luz | 2017-04-28 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 27日

熊野の旅 連休???

 世の中はこの週末から大型連休だとか・・・
 そう言われてカレンダーを見ると連休というか「たまに勤務」のような並びですね。
 世の中が連休でも、毎日が日曜日のような年中勤務のような生活を送っている私には余り関係ないです。
 と言うより・・・
 こんな時は退屈なんです。
 役所が閉まっていますからね。

 私は昔からこうした次期には遠出しません。
 昔、1971年5月2日に結婚式を区なので挙げ、ホテルを大阪中之島ロイヤルホテルに取ったのがいけなかったのです。
 式が終わって、大阪までなんと8時間かかっちゃったのです。
 それ以来、連休の道路が嫌いなんです。

 この辺でも、新宮の大橋から広角までは混みますね。
 だから、新宮・勝浦へ行くのも嫌です。
 でもねえ・・・
 この辺のような田舎に来る時は車で来ないと動きが取れないんですよね。
 相互発着とかの交通の便がありませんからね。
 橋見つけて観光スポットへ行ったは良いけど帰りのバスが無い!
 ヒッチハイクも中々泊まってくれませんでしょう。
 昔ほどヒッチハイカーも見掛けませんけどね。
 昔には何人か拾って、外人さんを家に泊めたこともあります。

 熊野市のHPには下のようなこの辺での観光乗り物のガイドも出ています。
 普段は市民の足になって居る「乗り合いタクシー」の車両もそちらに振り向けたりして居ますが、中々知られるところまには行かないようです。
d0045383_21415989.jpg
 今の時代、スマホが無いと旅行も困るのかなあ???
 私などは印刷して持って歩かないといけない「ガラケー」なんです。
 でもねえ・・・
 「古道ハイカー」?の中には、わざわざ熊野まで来て「歩きスマホ」してる人も居ます。
 景色も信号も見ないでスマホやタブレットを・・・
 まあ、隣り合わせに座ってそれぞれがスマホいじっているデートをする時代ですからね。
 説明が無いと何も感じられない人には「熊野古道」なんて似合わないでしょう。
 「感性」「感受性」なんてどこへ行ったのでしょう?
 そんな人に「パワースポット」なんて分かるはず無いんですけどねえ・・・
 行列してラーメン食って、みんなが言うからパワーだと思って・・・
 だから、自前の恋人も見つけられないのでしょう。

 いちど、無心で歩いてみたら?



by je2luz | 2017-04-27 04:28 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 26日

熊野の旅 27・28日

 今週末。27日28日と二日続けて、熊野市議会第三班(私の所属する班)の「地域懇談会・語る会」があります。
 4月27日 19時から新田集会所
 こちらは、木本町を二分割した北側の親地町と新田を対象にした物です。
 地域からの要望としてはこの2地区のものをうかがっています。
 出席されるのはこの地区に限定している訳ではありませんから興味のある方はおいで下さい。
 熊野市の「平成29年度予算」などについても少しだけ説明する予定です・

 4月28日金曜日 19時から飛鳥町野口集会所
 こちらは飛鳥町の下三区(佐渡・野口・神山)が対象です。
 飛鳥町は広いので色んな事はこの下三区と小阪そして両又(大又・小又)の三つに分けて行う事が多いです。
 この区分けは、以前の小学校の校区なのです。
 飛鳥村は一村で三つの小学校を持っていたのです。
 今は児童数の減少で一つになって居ますが、行事関係は別々と言うことが多いですね。
 大人の行事も人口減と高齢化で維持しにくくなりつつあります。
d0045383_20353774.jpg
 この懇談会も大詰めです。
 今期の結果を踏まえて次期の懇談会のやり方などが決められるでしょう。
 前にも書いたように、「議会としての懇談会」に関しては私は少し疑問があります。
 「地域の要望を聞いて役所の答えを伝える」ことが主眼になってしまっているからです。
 これって、市長帯同なら分かるのですが、議会が役所の出前持ちするのって???
 党派でも会派でも無い議員の集団ですから、意見が固まる訳も無し・・・
 時間的にも質問が出ても個々の議員の見解や意見を述べることが出来ません。
 私たちの班は、山本・山田・久保・中田と割とうるさいのが揃っていますから、好きにやらせとけば一人で二時間でもやるでしょう。
 現に私は毎日ブログを二本ほど書き、一般質問は欠かさずやり、「清流」の発行も続けています。
 「議案質疑」から「予算・決算の特別委員会の審査」そして「常任委員会審査」・・・はては、たまに反対討論までやって、まだ少し足りない位ですから・・・
 選挙の時でも街頭でそこそこ演説打ちますし・・・
 私なりに・・・それなりに・・・
 市民の皆さんには解って貰えている方だと思っています。
 


by je2luz | 2017-04-26 04:35 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 25日

熊野の旅 5月-6月

d0045383_222828.jpg
 5月は一日だけの臨時議会・・・
 議題は昨日の「議長選」「副議長選」そして「議会選出の監査委員選考」「常任委員会の構成変更と正副委員長選出」です。
 本会議を開けたり閉めたり、全員協議会を開いたり・・・
 作法通りにやらないといけませんからね。
 新体制が出来上がると懇親会?

 6月は「定例会」があります。
 初日が5月だと「5月議会」と言う名前になりますが、私などは慣例で「6月議会」と言いますね。
 臨時会と違い定例会では「一般質問」があります。
 まだ、取り上げる項目は決めていませんが、私はいつも通りにやります。
 「浜の真砂は尽きるとも・・・」などと言いますが、「一般質問の題材」はつきること無く生まれてきます。
 私って「聞き分けの無い子」なんでしょうね。
 「大人になれない子」でもありますね。
 味方では「馬鹿!」と言うことでしょう。

 この間に「管内視察」なんてのがあり、市内で常任委員会に関係ある事業などを見て回る日もあります。
 そして、7月位には「管外視察」が入ります。
 これも、所属する常任委員会に関連する事柄を見に行くのが通例です。
 基本的には二泊三日です。
 昔に比べNETを使えるので「行かなくては分からない」というものも少なくはなって居ます。
 それでも、現地で質問すると「本音」を聞くことが出来ることもあります。
 建前を並べられて腹が立つこともありますしね。
 よその自治体ではあまり追求も出来ませんし・・・
 
 ノートパソコンが壊れちゃったので困っています。
 スマホじゃあ無いのでちょいとネットを書き換えることも出来ませんしね。
 タブレットでは・・・
 2in1もうんと安いのでは駄目なのかなあ???
 普段のPCをSSD化して立ち上がりなど早くなっているので安いのではいらつくでしょうね。
 ブログの予約投稿機能を使えば、二泊三日なら出先で書かなくても良いのですけどね。

 「議場へのタブレット持ち込み」をやって居る議会もあるようですが、「議案の電子化」は反対です。
 「紙の議案」「紙の資料」の方が何枚も広げたり、付箋の所へ飛んだり・・・と言う部分ではすぐれていますからね、
 質問者の手持ち資料を大スクリーンへ表示して一般質問するなどと言うのは役立ちますけどね。
 はてさて・・・
 どないしたもんじゃろう?



by je2luz | 2017-04-25 04:26 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 24日

熊野の旅 議長というもの

 全国的に見ると5月が地方議会の議長・副議長などの改選期になるところが多いでしょう。
 法律的に見ると、「議会の議長・副議長の任期は4年」となって居ます
 地方議会議員の任期が4年であり、議会の構成は4年で変わりますからね。
 ところが・・・
 この議長・副議長そしてついでに監査役を一年で交代する所が多いのです。
 わが熊野市議会もずっと一年交代です。
 議長が慣例によって辞表を提出し議長選が行われ、新議長が決まると副議長が辞表を出して新副議長が誕生するのです。
 それと共に「自治体の監査役」も代わり。「常任委員会」の構成も変わることが多いのです。

 なぜ、そうなって居るのか・・・
 「議長、副議長希望者」が多いからです。
 世間的には「〇〇議会議長」というと、市町村長に次ぐ肩書きに見えるらしいですからね。
 大きな行事の来賓に9なり祝辞も述べます。
 報酬も一般議員よりは少し上です。
 平議員と違い、常勤に近いほど用事も増えるからです。
 副議長は補佐であり、「議長に何かあった時」に出番がある訳です。
 どこの町でも「議長希望者」が多くて、「議長選」になるとややこしくなったりするようです。
 熊野市でも私が議員になった時でも定数23だったと思いますから、毎年交代しても23年・・・単純計算では6期目で無いと議長は回ってこないってことなんです。
 でも、今の熊野市の議員定数は14です。
 4期目で回って来ますよね。
 それに4期も5期もやる人の方が少ないですからもっと早く回るってことです。

 議長って議会を代表する・・・ある意味では熊野市民を代表するのです。
 立場としてはそう言うことです。
 議会運営では公正中立を旨としなくてはならないし、議場では自己の意見を封印し、目の前に置かれた原稿を読むことになります。
 もめ事があったり、賛否同数になったりすると、議長の権限が生きてきます。
 船の船長同様、議場での議長は絶対です。
 そして・・・
 「議長に対する不信任」は無いのです。
 決議されても法的には無視して良いほど議長は守られています。
 つまり、平穏無事な時の議長って・・・

 私は議会に戻った時から、「平時には議長をする気は無い」と言ってきました。
 まあ、言いたいことを言いたがるので不適格者でもありますけどね。
 「原発が蒸し返されたらやらせて欲しい」とも言います。
 身を挺して議事を停めることも不可能ではありませんからね。
 でも、「熊野原発」は息の根を止めてありますから、この時代に息を吹き返すことはありません。
 つまり、私が議長をすることはあり得ないのです。
 原発の息の根を止めることを第一義に議員になってその目的は達していますが、ようやく安心出来そうな時代になって来ました。
 「原発を葬ったので熊野市が落ち目になった」と言われることもありますけどね。
d0045383_19082541.jpg


by je2luz | 2017-04-24 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 23日

熊野の旅 陸ではいこらい市 浜では鯉のぼり

 今日は、天気予報では上天気でなんの心配も要らないそうです。
 記念通りでは「いこらい市」です。
 特別な出し物ものがあるのかどうかは分かりません。
 漁業組合の移動販売は「サラタケイカ」を持ってくるかな?
 このところ、オークワに出て居るのは、少々小さくてホタルイカサイズのがあります。
 サラタケは名前の通り「皿の丈」・・・「銘々皿の丈」くらい無いといけませんね。
 よそでは出て居ても「スルメイカ」となっていると思います。
 この足を含め10cmとかのやつでは「赤いか」が出て来ますが、味は全く別物です。
 「さらたけ」はワタごと食べますから、味の違いが大きいのです。
 多分・・・
 餌の関係なんでしょうね。
 この季節ですから、地元のおばちゃん達は「さらたけ」に期待を掛けてくると思います。
 「熊野の季節の味」ですからね。
 春から初夏に掛けて・・・
 「わらび」「ゼンマイ」「ゴンパチ」「タケノコ」「ハチク」「さらたけ」「小鰺」・・・
 本当は「カツオ」も入るのでしょうけど、近年は昔のように「生節」を気楽には食べられません。

 浜では「鯉のぼりの会」が鯉のぼりを揚げる作業をやるはずです。
 土曜日の夕方も旧消防署下ではメンバーの方の姿と重機がありました。
 鯉のぼりをロープにくくりつけ引っ張り上げる時は余り風の無い方が楽みたいですが、上がっちゃったら風がある方が鯉が泳いでくれますからね。
 でも、吹き過ぎろと・・・
d0045383_19425621.jpg
 10時頃に浜に行けばこんな風なのが見られ、くくりつけるのも手伝えると思います。
 日陰が全くありませんからお母さん方はそのおつもりで・・・



by je2luz | 2017-04-23 04:25 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 22日

熊野の旅 載せついで・・・ こんなのも

 一昨日、「おもてなし館」で下のようなパンフレットを見つけました。
 ちょっと季節外れで、終わったやつなのか今からにやつか???
 パンフレットには年号も無し・・・
 NETで調べたら、終わったやつで、パンフレットがあそこにあることの方が不思議な物です。
d0045383_20223479.jpg
 「ご当地キャラに応援の年賀状を書こう!」なんて企画です。
 当然のように仕掛け人は「日本郵便」です。
 右下に36番に熊野市の「新姫ちゃん」も載っています。
 
 で・・・
 こんなのってテレビで騒いでも居なかったし、「乗っかる人が居るのかな?」と、熊野市の担当部署へ聞きに行きました。
 パンフレットをぶら下げて、「農業振興課」に行くと、係の職員さん達はすぐに気が付きました。
 「これに反応あった?」とたずねると・・・
 『それが、あったんですよ!』と言うことでした。
 応募数が約260ほど!
 これは農業振興課もちょっとびっくりしたようです。
 知名度のそんなに無いはずの「新姫ちゃん」でこれだけ一応あるんです。
 全部で37キャラクター・・・
 日本郵便の魂胆は「年賀状を売ろう」と言うことですね。
 なにしろ近年は年賀状離れが進んで居るようですからね。
 パンフレットを作って配布して、年賀状増やして・・・
 気持ちは分かりますが、なんだか、今のイベントと同じみたい・・・

 これには続きがあって、職員さんは年内に間に合って早く役所に着いた分には年末に返事の年賀状を書いて、年明けは仕事始めに一生懸命・・・
 待っているのは子どもさんがほとんどですからね。

 熊野市では来た年賀状はちゃんと保管してありました。
 防衛省よりきちんとしていますね。
 係は私の手にあるパンフレットを見ただけで資料のファイルを引っ張り出したし・・・
 遊休農地のことや色んな事を持ち込んでくるのですぐに反応してくれるのでしょうね。

 熊野市特産の「ハバネロ」の粉末も先日貰いましたが、どう加工するか悩んでいます。
 「ハバネロ味噌」「ハバネロ辣油」「激辛辛し明太」・・・
 驚くことに、「炒める時にはマスク着用」なんて注意書きがネットのレシピには加えられています。
 台所の換気扇が通路に面にしているアパートなどでやったら追い出されるかも・・・
 レシピ考えたい人にはお分けしますが、郵送は厳重包装しないとどう見ても「劇物」ですね。
 「テロ防止法」が施行されたら送ったり受け取ったりしたら逮捕されるかも・・・
 大さじ三杯もあったら大変でしょう。
 「青唐辛子」「鷹の爪」「ハバネロ」なんて唐辛子5種類を炒めてスパゲティに絡め・・・
 食べて発した感想は・・・「美味しいです」という、将軍様なら表彰してくれそうな職員さんも居ます。
 テレビで何度も流されたので熊野市ではちょっと有名になったようですが・・・
 これで物足りなかったら、「ジョロキュア」なんてハバネロの10倍辛いものも熊野市では作られていますよ。
 ハバネロでも普通の唐辛子の8倍から10倍辛いとか・・・
 ジョロキュアなんて「辛い」ではなく「痛い」なんでしょうね。
 興味のある方は申し出て下さい。
 調理して口にするのは「自己責任」ですけど・・・
 マレーシアの空港みたいな事したら逮捕されますよ。
 悠長に「顔が痛い」なんて訴える暇はないでしょうからね。



by je2luz | 2017-04-22 04:19 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 21日

熊野の旅 あっしは嫌いですが・・・ 菓子博

 今日から伊勢で博覧会が又あるんだそうですね。
 昔の「まつり博」を思い出します。
 あれは、三重県が随分入れ込んでやった博覧会で、随分県民も迷惑したものでした。
 当時も市議だったのですが、当然のように県の方から「前売り券を売れ」という圧力が市当局に掛かっていました。
 当時の総務課に対し、「行けもしない市民が義理で買うことが続出するから押し売りするな!」と申込みをして少しだけセーブはしたのですが、やっぱり、各種団体で売ったようで、人によっては三箇所から買わされたなんて聞こえて来たものです。
 「まつり博」が開くと、議会として顔を出さない訳には行かなくなったので、市のマイクロで出掛けはしたのですが、県の担当者に挨拶を済ませるとそそくさと帰って何も見なかったのです。
 それが、熊野市議会せめてもの抵抗だったのです。

 博覧会と言えば、「北海道食の博覧会」は道民一人何万もの赤字を残して問題になりました。
 「奈良・シルクロード博」は県民にもの凄い数の前売り券を売りつけて不満を残しました。
 「仁王・太陽博」も「四国・瀬戸大橋各88」そんなのみんな迷惑だけ残したはずなんですよね。
 三重の「まつり博」は前売りのおかげで差ほどの赤字は出なかったなんて発表しましたが、建設でも撤去でも別会計の隠れ予算が合ったはずなんですけどねえ・・・
 ああ それなのに それなのに・・・
d0045383_21214249.jpg
 何しろ県のことなので私のようなものには中身は知らされていません。
 パンフにある企業などの協賛で税金は入って居ないなんて話も聞いたけど???
 私はこうしたものが嫌いです。
 私だと「シニア」で200円安いのだとか・・・
 まあ、県内の大きな催し物ですし、「珍しいお菓子」も見られるとか・・・
 テレビによると「白い赤福」もあるそうですよ。
 お土産に「赤福」を買えば当たり外れはありませんね。
 一応、紹介だけしておきます。



by je2luz | 2017-04-21 04:27 | 熊野 | Trackback | Comments(0)