人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 31日

熊野の旅 熊野市消防 消防本部

 熊野市消防の成り立ちについて少し書きましたが、今度はその消防発足の時にできた「消防本部」について少し触れます。
 設立時期に在職した職員も市長も議員も居なくなり、在職しているには私だけという状況です。
 公式の文書には出てこない部分はそうして人間だけが知っていることなんです。
 そして、時効になるまでは言葉にもしないで居ます。

 消防本部は有馬の沼地の端っこ、農協の横にあります。
 ここは山崎沼の続きで基本的には沼地、低地なんです。
 本来、こんな所に消防本部を作ってはいけない筈なんです。
 でも、出来ちゃいましたね。
 候補地としては沼地でも道路が高くなって居る「矢田橋」のあたり、そして、国道事務所の社宅になって居た芝園の国道脇などもでていました。
 道路へのアクセスでは芝園が一番だったのですが、少し手狭で後の県職員社宅の用地を分けて貰う必要がありました。
 社宅も余っていたのですが、県は譲る気無し・・・
 今回の避難タワーはその社宅の一部を買収したのですが、県と市という物はこんな時でも縄張りの方が先に立ち、市民・県民はそっちのけなんです。
 自治法とか公務員法をきちんと読んでないんですね。
 この問題の前に、井戸小学校移転あとの土地を半分県は強引に県職員住宅用地で召し上げていたんですけどね。

 なんだかんだで、買収しよいあの田んぼになっちゃったのです。
 ほぼ全て決まってから表に出てきたという経緯もあります。
 道路の冠水、敷地の冠水、孤立の恐れは指摘したのですが押し切られたのです。
 「水害の時にはボートで出動するのか?」と、指摘したのですが、市民の協力もありませんでした。
 今の熊野市の雰囲気とは違いましたね。
 案の定、豪雨の時には道路が冠水するので消防車や救急車を半出動させて高い所に待機させたり・・・
 本当に情けない現状です。

 敷地は嵩上げしてあるので直接冠水したことはないようですが、東南海南海連動地震や南海トラフ地震の津波では冠水の恐れが指摘され、ハザードマップでは色つき地帯です。
 と言う事で、消防本部がかん水するというのを前提で、司令室の一階から二階への移転が実行されます。
 折しも、テレビ同様消防無線もデジタル化されるのでそれと同時にやります。
 移設に伴って余分な予算も必要ですが、やっておかないと大変な事になります。
 視察の時には非常用電源も確保できるようにとの要望も出しておきました。
 福島の原発のようなことになると駄目ですからね。

 以前に一般質問でも提言したのですが、近大高専跡地の太陽光発電の電力を非常時に貰う協定などは全く進んでいないようです。
 事務方の方では意味もあまり理解していないのだと思います。
 わかる人に聞くなんて考えも無いのが今の体制の悪い所です。
 私でも解る程度のことでも、文系事務屋には解らないものです。

 もう一つ視察できになったのは・・・
 「デジタル化したら通信内容の傍受が出来ない・・・」という説明です。
 これはメーカーなどの素人向け説明ですよね。
 規則的なスクランブルは破られて当たり前なのに・・・
 あえて指摘はしませんでしたが、防災無線の時も随分通信機メーカーのごまかしを受け売りしましたからね。

 防災用個別受信機でも、私の質問に対し。「松下の電波だから他のメーカーの受信機では聞こえない・・・」なんて平気で答弁して、トーンスケルチの意味すら分かっていなかったり・・・
 と言うより、市レベルすべすら知らなかったり・・・

 今では高専もないし・・・
 肩書きだけ上級の事務屋さんが説明聞いて納得しちゃったのでは困るんですけどね。
 消防無線のデジタルシステムは防災無線の比じゃないのにね。
 トップの考えが硬直しちゃっていますから・・・
 高専も嫌いだったし、私をはもっと嫌いだし・・・
 大人になれないのかなあ???
d0045383_23242624.jpg


     
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-05-31 05:50 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 30日

熊野の旅 津波避難タワー 志原尻

 熊野市は「東南海地震」「南海トラフ地震」の震源地のすぐそばにあり、発生すれば津波に襲われることは避けられない所です。
 北は須野から南は志原尻までの海岸線は、リアス式の入り江と緩やかな弓なりの砂利浜まで異なる形状の海岸ですがどこも津波が来ます。
 昭和19年の東海地震は普通規模の物でしたが、入り江の奥の新鹿などは甚大な被害を受けていますし、七里御浜沿いでも、少し低い木本親地町や有馬志原尻では一部浸水したと言われます。

 今予想されている1000年に一回の規模となると、10メートルとか15メートルの津波が来ると言われているため、入り江の奥だけでは無く、人口の多い七里御浜沿いの木本・井戸・有馬でも場合によっては海抜14~15mの堤防を越えると言われます。
 堤防が破壊されると浸水が一気に大きくなりますから非常に危険になります。
 したがって、千年に一度しか使われなくても避難用の設備、避難タワーなどが必要とされます。

 今建設が確定しているのは芝園地区の1棟で、県職員住宅用地を買収し。整地も終わっています。
 この必需品の施設もどう言う訳か国の助成がないのです。
 緊急を要しないダムや道路のはジャブジャブ予算が付くのに・・・
 起債を認めて貰えれば元利の補填があるのですが・・・
d0045383_812489.jpg

 ここは志原尻、国道42号線そばです。
 ここに二番目の避難タワーが計画されています。
 ここのタワーも芝園と同じ規模の物で1平方メートル当り2名、定員300人ほどの物です。
 狭いのですが、生き延びるための一時避難ですから上等ですね。
 定員は超えることは可能ですが「時間内にたどり着けるか・・・」が問題でしょう。
 年年高齢化は進むし・・・
d0045383_818735.jpg

 志原尻も用地は確保できたようですが、住宅地はこの裏手の道沿いで、この用地に通じる道がないのです。
 同じ敷地の民家を挟んだ裏手にはこの路地があります。
 狭くてブロック塀もあって非常時に通れるかどうかと言う問題もあるし、さらに、この敷地からこの道にも出る通路がないのです。
 この辺りも機関誌を配っていて、道の事情も分かるのですぐに確認して指摘しておきました。
 「やる以上は機能するように最善を尽くして欲しい」と・・・
 市内各地をやたらと動き回ってきた弥次馬だから解ることもあります。
 解る範囲で提言するのも、私の仕事です。

     
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-05-30 08:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 29日

熊野の旅 熊野市消防

 熊野市の消防は南牟婁郡二町との共同で運営されています。
 元は熊野市に消防署があるが南牟婁郡(当時は3町1村)には消防団しかありませんでした。
 全国的に消防署が作られて行く流れの中で、南牟婁郡にも作る動きがあり、熊野市に打診がありました。
 その当時の市長は西地茂樹さんでした。
 普通だと「組合立」で消防を作るのですが、市長から相談を受けた時、「組合立は駄目ですよ、指揮系統が一元化できるように消防署のある熊野市が引き受けて、南牟婁町村には応分のお金を出して貰う形にするべきです。」と進言しました。
 「熊野市が抱える形で議会は通せるか?」と市長が心配しましたが、歴史上の経緯で色んな物を組合立でやってうまく行っていないので、議員全員がこの方針に乗ることになり、全国でも少ない、吸収型で節理ついしたのです。
 熊野市に本部があり、御浜・紀宝・紀和に分署を設けました。
 それが平成10年4月ですね。
 もう、16年になるんですね。
 結果としては一本化で動いたことは成功だったと思います。
d0045383_182286.jpg

 これは熊野尾鷲道路も出来るし、トンネルばかりと言うことで、新しく導入した「泡消火装置付きのタンク車」です。
 格好良いです。
 バンパーもトラック野郎ほど飛び出しているし・・・
 走ってみたい車です。
 尾鷲にも同じ様なのが入っていて、高速道路の車両事故に備えています。

 こうした資材はものすごく高いです。
 でも、買うしか無い・・・
 そして、使うことなく古くなって行くのが理想なんです。
 そして、職員も忙しかったら困るんです。
 消防署員が暇で、資材も休んだまま・・・
 そんな日々が続くなら、熊野市民は幸せなんですよね。

 でも・・・
 今も行方不明老人の捜索が続いています。
 困ったものですね。

     
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-05-29 18:09 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 29日

熊野の旅 管内視察

 今日は年度初めの「管内視察」です。
 所属が「総務厚生常任委員会」なので、建設などの派手な物はありません。
 ようやく着工になる「芝園地区津波避難タワー予定地」を見て、次にやる予定の「志原尻地区津波避難タワー予定地」を見ます。
 紀伊半島の自治体では一番遅れているのが熊野市では無いかと言われている問題です。
 市民の命よりはよその子の遊び・・・
 その姿勢に対する市民の不満は全然収まっていません。
 たしかに、100万円の花火4回分ではタワーは建ちませんが、人も見ない花火をやって居る事実は変わりませんからね。

 次は津波対策を兼ねて有馬保育所が移転、合併する「金山保育所」をみます。
 風当たりが強いから台風時には大変ですが津波には大丈夫です。

 入鹿の保育所が老朽化で移転するのでそこへも行きます。
 子供が居る間は保育所を止める訳には行きませんね。
 中心部は統合できても山間部などでは統合もままならず・・・

 昼食は「鬼ヶ城センター」
 高い方の定食を食べてくれとの要望があったようです。
 1600円かな?  もちろん自腹です。
 1200円か何かの安い方では不都合なのかな?
 視察だからって品数増やしたり絶対にしないように伝えて貰ったのですが届いているやら・・・
 すぐに確かめに行くから・・・とも伝えてあります。
 この品物をその時だけ充実させるやり方はあの業界では常識なんです。
 でも、やっちゃあいけないんです。
 普段通りでなくてはね。
 にしても・・・
 安い方じゃあなぜ駄目なんでしょう???
 「安い方は惨めなのか?」と、勘ぐりたくなりますよね。

 午後は「鬼ヶ城センター」から飛鳥の消防、例の木本「おもてなし館」、消防本部を回って終わりです。
 問題のある場所もあります。
 私を訴訟すると脅した所も含まれているし・・・
 恐ろしい町ですね。
 怖くないですけど・・・
 例に県は表に出さないで置きます。
 熊野の恥でしょう。

 形のあるのは「鬼ヶ城センター」と「おもてなし館」
 皮肉な物で、「大問題」「大きな荷物」の所ですね。
 運営は丸抱えの殿様商法のふるさと公社・・・
 説明を聞くまでも無いとも言えます。
 「来客見込みを過大に積算していた」と、市長が認める所ですから・・・
 でも、責任は取らなくて良いらしいです。
d0045383_23581712.jpg


     
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-05-29 05:31 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 28日

熊野の旅 県道七色峡線 工事規制

 県道七色峡線、台風12号関連水害の復旧工事のため、又々。時間規制が掛かります。
 6月2日から8月8日まで・・・
 結構長いです。
 紀勢時間は下のチラシの通りです。
d0045383_2352337.jpg

 基本的には大峪越えの三重交通と北山バスに影響しないようにと言う時間らしいです。
 五郷を回ると遠いですからこの時間に合わせて越えて下さい。

 まだ、川の対岸に渡って迂回させる区間が二箇所残って居る状態です。
 入り口の方では拡幅も行われているのですが、谷が狭いし積み出せないので、「ましになる」程度の改良になりますね。
 これでも、「大峪林道」の頃に比べて場随分良くなったのですよ。

    
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-05-28 05:02 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 27日

熊野の旅 40/981   世界遺産

 40/981  これは昨年末のユネスコ文化遺産の総数と私が行ったらしき所の比率です。
 そろそろ1000にもなるのが世界遺産なんですよね。
 私が行ったのは国内で13箇所、海外27箇所位ですが、「世界遺産」に指定される前に行った所が多いので、あまり印象に残っていない所もあります。
 一番回数行ったのは・・・
 「紀伊山地の霊場とその参詣道」ですよね。
 でも、あまり歩いていません。

 ヨーロッパなどは「世界遺産」なんて関係ない時代に歩きましたから訪れた場所もずれますね。
 そもそも、ヨーロッパの歴史なんかあまり知りませんし、興味もそんなになかったですからね。
 ロンドン塔だウエストミンスター寺院なんてのも、完全に観光気分でしたからね。
 でも、今なら少しコースが変わるかも知れません。
 最近のガイドブックなど見ていませんが、やっぱり、「世界遺産」の所は大きく載っているのでしょうね。
 それ位なければ大騒ぎして指定受ける運動は起きないでしょう。
d0045383_23494642.jpg

 ボロブドゥールの塔に腰掛けて沈む夕日を眺めたのも良い思い出です。
 数少ない長女と次男坊と一緒の旅行でしたからね。 

 このボロブドゥール寺院遺跡とか下のプランバナン寺院遺跡などはいかにも「世界遺産」ですよね。
 インドネシアはこんなものだらけ・・・
 仏教寺院でも様子が随分違いますが、ヒンズーとなると我々は異教徒です。
 ヒンズー教の遺跡は日本人には異様に見えるので魅力的?らしいです。
 私はヒンズーの神々は異様なので嫌いですけど・・・
 テレビドラマの方ではそうでも無かったけどガネーシアなんて象のお化けは気持ち悪いし、シバ神なんてすぐにたたるんだそうだし・・・
d0045383_23533789.jpg

 バリ島経由でデンバサールまでの飛行機代と東京から熊野までの汽車賃は変わりませんよね。
 そして、時間も・・・
 いつも言うように、あなたが東京に住んでいたとして、観光旅行ならこの写真の異国情緒一杯の寺院遺跡と那智の神社、本宮大社を天秤に掛けたら・・・
 日本の歴史の好きな文化人や飛行機嫌いばかりじゃないし・・・
 単純に観光合戦だと中々勝てないのです。
 文化人って中々育たないけど・・・
 ナシゴレンとめはり寿司・・・良い勝負かな? 両方安いし・・・
 安心できる神様仏様と安心できる人の心で勝つしかないでしょう。
 わざわざ「おもてなし」なんてしなくても、ふつうに、「来てくれたんかえ・・・おおきにの」って言ってれば良いのだと思いますけどね。
 くれぐれも、お金にしようなんて「山賊」「海賊」への先祖返りはしないことです。

    
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-05-27 06:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 26日

番外 ティック・クアン・ドック

 ベトナムで中国に抗議して女性が焼身自殺されたとか・・・
 私の年代だと、「ティック・クアン・ドック」という名前が浮かんできます。
 ベトナムを歩いた時、古都フエで、かの僧が居られた寺院を訪ね、彼がサイゴンまで乗って行った車も写真に納めてきました。
 1963年6月11日ですから、私が大学二年の時です。
 彼が抗議したにのは時の南ベトナムの「ゴ・ディン・ジエム」政権に対してでした。
 ガソリンを浴びて自らを焼き抗議する・・・
 出来ることでは無いですね。

 彼の抗議が実を結んでゴ・ディン・ジエム政権は11月に崩壊しました。
 その時に世界を震撼させたのはジェム政権の弟の妻の「人間バーベキュー」という言葉です。
 今回の抗議をまさか「人間バーベキュー」とは言わないでしょうね。
 自国の学生を洗車でひき殺した国ですけど・・・
d0045383_2237471.jpg

 いやですね。
 これでもやっぱり軍事国家は「美しい国」なんでしょうかね?
 
 反戦歌をポップスのように口ずさんでいたノンポリ学生なんですが・・・
 今頃になって、「Cruel War」に涙するようになりました。
 愛する者とは別れたくない・・・

    
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-05-26 06:05 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 25日

熊野の旅 オール熊野世界No.1フェスティバルとスーパーカー

 今朝載せた「熊野の旅 第3回オール熊野世界No.1フェスティバル」 と、前に載せた「スーパーカー」のイベントが同じ日、今日あったのです。
 片や熊野市駅前、もう片方は金山「里創人・熊野倶楽部」のそばです。
 両方みるにはよいしょと移動しないといけません

 とにかくイベントが多いので日程調整も合同会議も出来ないのでしょう。
 昨日は昨日で大泊、元パチンコ8跡、鬼ヶ城第二駐車場・・・解りよく言えば「ホテルなみ」のところで県主催のイベントがあったのです。
 本当、「良くやるなあ・・・」って感じでしょう?
 よほど金と暇が余っているんですね。
 とにかく「使わなくっちゃあ!」なんです。
 そして、どう言う訳かこうした物全部に「いいね!」の山が出来ちゃうんです。
d0045383_17272588.jpg

 消耗戦のような内向きイベントを次々やって何になるのでしょう?
 この記事とかを読んで、「こんなにがあるなら熊野市へ行ってみよう!」と思い立つ人居ますか?
 建前と一般的風潮で「頑張ってるね!」と、思ってくれれば良い方でしょう。
 悪し様にでも、私が書くので数百人の他所の人も余分に知ることになりますが、一体こんな内向きイベントが外の人にどれだけ知らされるのでしょう?
 超ローカルのCATVでも終わってから何度も何度も同じフィルムを流すだけ・・・
 次の誘いもありません。
 悲しい現実です。
 日本中がイベントに血道を上げて居ますからね。
d0045383_17281065.jpg

 一度、自分の立場で考えれば少し解るのでは?
 よそのイベントのニュースなんて知ってますか?
 式年遷宮とか位なら「行ってみても良いかな?でも、混むから嫌だな。」くらいは考えるでしょう。
 鳥羽市にだって志摩市にだって一杯イベントはあるはずです。
 サザエの壺焼きから伊勢エビまで食べさせるイベントもあるはずですが知ってますか?
 例え知っても「じゃあ行こうか!」になりますか?
 いつものこの辺のイベントのために100Kmも200Km500Kmも走りますか?
 ここから出ていった「熊野人」でも帰ってこないんですよ。
 それが現実なんです。

 スーパーで「マス寿司」買って食べ、富山に行きたくなりますか?
 「イカめし」たべて北海道に出掛けますか?
 「明太子」たべて九州へ行きたくなりますか?
 あそこまで有名な物でもそうなんです。
 あまりにも便利に成って名物も珍しくなくなったんです。

 時間は掛かるけど・・・
 ほのぼのとした良さに釣られて何度もやってくるような土地になるしか無いのかも知れません。
 昔から、ここの良さにどう言う訳か惚れてしまい、帰ることを忘れた職人や調理人も結構居ます。
 難しいかなあ・・・

    
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-05-25 17:48 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 25日

熊野の旅 第3回オール熊野世界No.1フェスティバル

 あと一時間で始まります。
 何も今は言いますまい。
 イベントのためのイベントだなんて言いますまい。
 
d0045383_973252.jpg


    
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-05-25 09:09 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 24日

熊野の旅 熊野市とスーパーカー

 今から40年ほど前でしょうか?
 「スーパーカー・ブーム」がありましたね。
 「ランボルギーニ:「カウンタック」「フェラーリ」「ポルシェ・カレラ」・・・
 マンホールの蓋が少し盛り上がっていた時代で底がするとか・・・
 買えもしないのに庶民も浮かれてましたね。
 今では若い人の車離れまではじめって居るのに・・・

 どう言う訳か、熊野市では公金を投入してまで、スーパーカーを見せによそのマニアに来て貰うんです。
 今年度の予算は、「款2総務費・項1総務管理費・目12高速道路開通事業」という所に「カークラブ招待事業」として65万円も計上しています。
 まさに何のため???
 そのうちの53万円はクラブへの補助金なんです。
 ここにそんな立派なクラブがあるで無し・・・
 この金でスクールバスがただになるほどなんですけどね。

 一部のイベント好きの何でも歓迎の人は単純に喜ぶようですが、熊野市ってそんなに余裕はないんですよ。
 やることが他にあるとか以前に、「やらなくて良いこと」の筈です。

 それにしても、こんな事をどうして単純に褒められるのでしょう?
 自分の財布じゃないから???
 なのでしょうね。
 若い人で無く。いわゆる「偉いさん」にも居るんですね。
 住民。市民の現状をもう少し真面目に考えて欲しいものです。
d0045383_22184883.jpg

 毎年来るマチャアキなどの「クラシックカー」は、ツーリングに途中で熊野に立ち寄るし、多少はニュース性もあるのですが、この自主企画は意味不明としか言えませんね。
 誰が呼んだのか、呼ばされたのか???
 抗戦があった頃には自動車部とかソーラーカーには冷たかったとか・・・

 こんなのが次々行われているから「年中イベントのある町」になって居るのです。
 昨年度は「高速道路完成」・・・今年度は「世界遺産指定10周年」・・・
 まさに、便乗企画です。

    
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-05-24 06:03 | 熊野 | Trackback | Comments(0)