人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 39 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

熊野の旅 連休中 3日・5日

 今日からは連休の中休み
 5月3日は「憲法記念日」???「閣議の日」???

 国家公務員って憲法を遵守する義務がありますよね。
 でも、そのトップは自由なのかなあ???
 日本の歴代総理の中で一番の独裁願望者でしょう。
 実態は中味の無い人物らしいので余計に始末が悪い。
 5月5日を機会にもう少しみんな考えないといけないでしょう。
 取り返しがつかないところに行っちゃってからでは遅いですよ。

 5月5日は「こどもの日」
 端午の節句って言うと男の節句になっちゃいますね。
 それなら3月3日の休みにして「おひな様の日」にすれば良いんですよね。
 「海の日」「山の日」作るくらい何ですから、そっちの方が古くからあるしね。
 「川の日」「原っぱの日」「田んぼの日」「畑の日」・・・

 5月5日には磯崎で黒潮海童主催のイベントがありますね。
 第20回「黒潮海童まつり」
   場所 井内浦農村公園
   時間 10時から
   出し物 あさなぎ市・物産販売・子供遊びコーナー

 もう、20回になるんですね。
 最初は磯崎入り口の道路でやって居たりしてましたね。
 このイベントは漁場の物らしくとれとれの魚が買えます。
 買った人がそそくさと帰るなんて光景も見られます。
 魚だけに早く持って帰りたいのでしょうね。
 早く行かないと買えませんよ。

 この井内浦の農村公園は国の中山間の事業でやったのですが、一寸ばかり不便なので利用度は低いようです。
 しかし、ここの用地とか公園造成には別の意味があったのです。
 詳しくは別項でも起こさないと書けないくらいですが、「熊野原発」を潰す意味があったのです。
 もちろん表面はそんなこと言えませんでしたけどね。
d0045383_23203385.jpg


   
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-04-30 05:26 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 29日

熊野の旅 旧天皇誕生日 みどりの日 昭和の日

 今日は「天長節」ー「天皇誕生日」ー「みどりの日」ー「昭和の日」 と、名前を変えた日ですね。
 なんだか「山の日」なんてのが出来るんだとか・・・
 祝祭日なんていい加減な物ですね。
 とにかく、ゴールデンウィークの前半に入るお休みです。
 私は今日と明日はまだ「一般市民」です。

 今日は一日雨だとか・・・
 何をしようかなあ・・・
 そろそろ、次の『清流』の中味を考えなくちゃあならない時期です。
 何を書こうかなあ・・・

 議長はやらない宣言しましたからその理由も書かなくちゃあ・・・
 そもそも、地方議会の議長って普段は大きな仕事は少ないのです。
 平穏無事な議会では議案などでは議長決裁は起こりません。
 「一般質問」「議案質疑」「討論採決」等には参加しなくなります。
 自由に物が言える環境では無くなります。
 つまり、私が議員で居る理由のかなりの部分が制限されてしまうのです。
 世間的には格好良いらしいのですがね。
 古参議員で議長を希望しないってのも風変わりかも知れません。
 それも、私流です。

 紀和町丸山千枚田の田植えは5月18日日曜日です。
 例によって、板屋のコミュニティセンターからシャトルバスは出ると思います。
 10時からとなって居るようです。
 三重県の方では「勤労者地域づくり等参画支援事業実行委員会」なんてのが参加者募集しているようです。
 定員200名 参加無料
 詳しくは http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2014040284.htm  にあります。
 まあ、こんなのに応募しなくても勝手に来ちゃえば見られますけどね。
 私も熊野市議会がオーナーらしいので田植えはしませんが写真撮りで参加するつもりです。
d0045383_1493440.jpg


   
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-04-29 06:19 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 28日

熊野の旅 今月はこぢんまり いこらい市

 昨日、4月27日は恒例の記念通り「いこらい市」でした。
 先月は大々的に行っていたのですが、今月はこぢんまりでした。
 場所も記念道理を閉鎖するのでは無く、「旧オークワ駐車場跡」でした。
 駅の方から車で行って、「やってないな」と思ったら、引っ込んだ駐車場でやって居たので車をバックさせ小学校の脇に停めて覗いてきました。
 お腹も空き加減だったので、「カマスの寿司」を買いました。
 祖母が亡くなってから数十年・・・
 「カマスの寿司」を食べた記憶がありませんでした。
 ものすごく旨いという物でも無いですが、「さいれ」よりは癖が無いです。
 そして「さいれの寿司」よりは高級扱いです。
 名物になるほど捕れないのか普及活動もありません。
 あっさりして美味しかったです。
 食べ物の写真を撮る習慣が無いので写真にならないでお腹に入っちゃいました。
 さいれ・あじ・うるめ・いわし・かます・きす・・・
 全部姿寿司になります。
 さばとか小鯛の寿司は「バッテラ」とか「雀寿司」なんて名前で大阪や和歌山の名物になって居ますが、この辺の一般家庭では作られませんでした。
 今は、鯖寿司は「割烹・やまぐち」さんが作って居るようです。
 「割烹やまぐち」さんの「サンマの寿司」は御在所サービスエリアでも売っていたように思います。
 熊野の名物って中々よそでは売っていませんから、名阪を走られる時には是非覗いてみて下さい。
d0045383_22312433.jpg

 「いこらい市」は月に一回やっています。
 記念通りのイベントなのでスーパーとのタイアップもありません。
 記念通りの中核だった「オークワ」が井戸の方へ移転しちゃいましたからね。
 井戸には「イオン」と「オークワ」・・・更には「ダイソー」「Way」とショッピングセンター的に集まっているので、買い物客の流れがそっちに傾いてしまいました。
 極度に人口が減少、老齢化した熊野では他に分散する需要は無いですからね。
 ここへいかに老齢者を運んであげるか・・・
 それが熊野市の大きな宿題なんです。
 まだ、「乗り合いタクシー」は機能しかねていますしね。
 PR不足なんですね。

   
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-04-28 06:04 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 27日

熊野の旅 又 世界遺産 

 今度は「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産に指定されるようです。
 場所は上州・・・大都市圏から適当な距離ですね。
 それに、普通の物見遊山には適した、具体的に見る物があります。
 便乗して売るものも出来そうです。
 上州と言えば「こんにゃく」でしたっけ?そんなのも復権するかな?
 なんと言っても紀州よりは都会から近いです。
 鎌倉は外されたけど、指定されなくても客が一杯の首都圏の観光地ですしね。

 今年は「世界遺産指定10周年記念」ですが、富岡が本指定されると、日本の世界遺産は18になります。
 「紀伊山地の霊場とその参詣道」という世界遺産は広いです。
 「奥吉野」から始まって「紀伊山地」「紀州全域」ですからね。
 その広いなかで、具体的に見える物、団体さんがバスで押しかけてきてみられる物・・・
 「本宮大社」「速玉神社」「那智山」の熊野三山と吉野の「金峯山寺」などの神社仏閣はそうしたポイントにはなって居ますが、熊野市などの「熊野古道」とか山伏の修行道「奥駆け」なんてのはマニアのハイキング、山歩き場所ですから趣が違います。
 分散しすぎているのも厄介です。

 富岡は行ったことが無いです。
 上州、群馬県と言えば「空っ風とかかあ天下」が名物だと言うことくらいしか知りません。
 あとは「名月赤城山」ですか・・・
 取り敢えずは関東圏に対しては強力なライバルでしょう。

 温泉などに関しては新幹線が走り始める「宇奈月温泉」などが勝浦などの強力なライバルでしょう。
 そっちは「黒部峡谷」を持っています。
 「勝浦+瀞八丁」より知名度も上なんです。

 10周年で一億二千万円放り込んで・・・
 イルミネーションやおもちゃの花火と身内のイベントで失地回復できるかな??
 もはやローカル番組しか取り上げなくなっている「熊野古道」・・・
 そっくり外向けのPRに放り込んでも足りないような気もします。
d0045383_8122677.jpg


   
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-04-27 08:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 26日

熊野の旅 選鉱所跡

d0045383_19435813.jpg

 この、廃墟マニアが好きそうな廃墟は紀和町板屋にある「選鉱所跡」です。
 私がこう言う物を最初に見たのは、佐渡の金山でした。
 昭和38年頃・・・資源枯渇も有り、三菱鉱業が残務整理程度に動かしていたようです。
 構造的にはほぼ同じで自然落下式で選鉱した居たようです。
 写真の被写体としては素晴らしかったのですが、まだ三菱の管理下で近づけませんでした。
 この辺では那智の方の山の上にも残って居ました。

 ここで選別された鉱石は、索道にぶら下げられた、かまぼこをひっくり返したようなバケットに入れられて、延々と阿田和駅まで運ばれました、
 実にのんびりした動きですが、エンドレスに動き続けたので結構運べたのでしょうね。
 阿田和駅にはストック用のホッパーが有り、無蓋車がいつも待機していました。
 貨車の大きさはム・ラ・サ・キの順に大きくなるのですが、鉱石を積んでいた貨車の大きさは記憶にありません。
 無蓋車ですから、「トム」、「トラ」辺りだったのでしょうね。
 紀勢線の線路は幹線より細かったですからね。
 それでも、トラックより積載量が大きいのは確かです。
 まだ、索道が動いているうちにカメラを持ったのですが、遠い(当時は)阿田和のことなので写真は一枚も撮っていません。

 この選鉱所跡はなかなか良いのですが、真ん前に紀和の歯科診療所とかのコンクリートの建物が建てられているので、雰囲気的には面白くなくなっています。
 今なら観光資源なんて考えるのでしょうけどね。
 紀和に行ったら、板屋の町の外れすぐですから、一度見て下さい。
 でも、全く何も無いですよ。
 無いのが好きな私は好きですけど・・・

   
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-04-26 04:50 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 25日

もうすぐ連休

 今年は余り迫力の無いゴールデンウィークのようです。
 繋がっているのは5月3・4・5・6日だけですね。
 海外で無ければ4日もあれば結構遊べるのですが、やっぱり人手は少なくなるのでしょうね。

 三重県だとかが発表した通行量の増加って余りピンと来ません。
 朝晩は多いのですが昼間などは我が家の前の42号線は変わった様子が無いです。

 昨日は久しぶりに新宮に行きました。
 トンボ帰りだったのですが、行く道で気付いた市木川河口付近の赤潮は帰りも出ていました。
 車の窓からカメラを突き出して撮っておきました。
d0045383_23232618.jpg

 安全週間は終わったと思われますが、紀宝署はレーダーを据えているし、パトカーはやたらとうろついているし・・・
 新宮の大橋はすんなり越えられました。
 都会に比べれば空いているのに、河口にもう一本橋を架けるのだそうです。
 そして、高速道路も作るんだとか・・・
 出来る頃のには運転手も減ってるはずなのに・・・
 都会でもそうなのですが、いまだに日本の人口も産業も伸びると漫然と思っている政治家が多いようです。
 無限に金があるかのように、こうした事業を声高らかに歌い上げる人が多いです。
 新宮と三重県側を結ぶ道がそんなに沢山本当にいるのでしょうか?
 都市部の巨大ビル以上に再考を要するのでは無いでしょうかね。
 本当に国のためとかを思うのならね。
 
 年寄りの歩く場所も生活の維持も出来ないのに、大きな橋と道に血道を上げる時代では無いでしょう。
 私の考えは地味すぎるのでしょうか?
 ばあちゃんとばかり接触するからこうなっちゃうの?
 私には安倍ちゃんの話よりばあちゃんの嘆きの方が大事に聞こえます。
 いけませんかね?

   
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-04-25 05:16 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 24日

熊野の旅 神川町花知にこんなのが・・・

d0045383_22515945.jpg

 熊野の山の中、神川町花知(はなじり)の集落の外れに土塁に囲まれた一角があります。
 その中に祀られているのはこの祠です。
 大きな区画では無いのですが明らかに周囲とは違います。
 その土塁の持ち主は「竹原八郎」という豪族のようです。
 1331年に出兵し、建武の中興に功績があったお人らしいです。
 こんな所からそんなに大勢の兵は出せなかったでしょうけど、かなりの武人だったのでしょうね。
d0045383_22591466.jpg

 熊野市の史跡の中では珍しく立派な由緒書きの看板が立っています。
 錦絵まで印刷されていますから、現場に行けばよくわかると思います。
 建武の中興は後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒して天皇が復権した短期の政権ですが私はよくわかりません。
 興味のある方は花知までお出かけ下さい。
 集落を育生方向に抜けるところです。
 気をつけないと通り過ぎますよ。

 この辺りから紀和町周辺までは古そうな、曰くありげな神社や祠が沢山ありますね。
 海岸近くの古代信仰とは少し違う系列みたいです。
 ほとんどが杉木立に埋もれているので、集落が消えればこうした物も消えるのかも知れません。

   
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-04-24 05:40 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 23日

熊野の旅 鉱山の町 負の遺産も

 紀和は鉱山の町として栄えたところです。
 古くは平安時代?まで遡るのではないかとされる銅山・金山・銀山でした。
 同じ様な鉱山では神岡鉱山が有名です。
 亜鉛・鉛・銀を産出した神岡鉱山の下流では「イタイイタイ病」が発生したことでも有名です。
 入鹿の鉱山は基本的には銅山ですが、重金属類は必ずと言って良いほど同時に含まれています。
 蓄積すると猛毒になる重金属は入鹿の鉱石にも含まれている筈です。
 坑道から排出される水にはこうした物が含まれているので、ずっと処理を続けなくてはなりません。
 現に熊野市の予算にはその処理費が計上されています。
 坑道からに排水が出る限り続けなくてはならないことです。
 放射性物質と違い「半減期」はありません。
 放射性物質と違い、きちんと処理さえ続ければ良いのですが・・・
d0045383_23223734.jpg

 この写真・・・
 紀和町の某箇所です。
 私に目にはこんなのが気になります。
 分析しないとわかりませんが、「硫黄分」「鉄分かマンガン」はわかりますね。
 と言う事は硫酸分も有り、重金属類も水溶性になって出ている可能性が強いです。
 こんな所に井戸を掘ったら・・・
 こんなに見えるところは良い方でしょう・・・

 鉱山の場合、繁栄の代償として、こうした負の遺産もありますね。
 きめ細かい調査は多分行われていないでしょう。
 閉鎖されたのが昭和53年ですから、『公害』という概念はあったはずですけどね。
 風土病的な病気も発生したという話を聞きませんから、問題化しなかったと思います。
 でも、こんなのが剥き出しになって居るのを見ると怖いです。

   
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-04-23 05:07 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 22日

熊野の旅 熊野市の広さと地域の違い  2

d0045383_1912877.jpg

 さて、ここは何所でしょう?
 これを見てわかる人はかなり熊野市に詳しい人です。
 熊野市民でもほとんどの人はここに来たことはないでしょう。

 山奥深く、人の気配も無く・・・
 とっても良い空間があります。
 お弁当でも持ってくれば安らぎますよ。
 
 今日もここを通ったのですが、先客がありました。
 「鹿」さんでした。
 迷惑そうな顔をしながら下に下りて行きました。

 ここは「明倫小学校跡」です。
 場所は紀和町です。
 今は廃校になって居ますが、1970年までここに学校があったのです。
 
 紀和は鉱山の町だったのです。
 山の中に飯場が点在し、今でも坑口があちこちにあるという所なんです。
 だから、かつてはあちこちに人が住み、子供も居たのです。
 戦前戦後の鉱山が盛んだった頃には人口1万人を超えていたのです。
 今、平成26年4月1日になると、1273人になったのですから、廃墟が増えて当たり前なんです。
 それでも、集落は一杯残って居ます。
 この学校の下の方にある大河内では14人、キャンプ場のあった木津呂は17人という状況です。
 限界集落を通り越してきています。
 後白河上皇所縁の薬師堂があり、京都33間堂の棟木もそこから運ばれたという「楊枝」は28人です。
 人なつこいお年寄りが沢山住んでいるのですが・・・
 これから先、異常気象の影響も受けそうな感じです。
 共同生活すら送れない環境に追い込まれつつあります。
 観光とかの目で見れば、本当に良いところです。
 その目でしか見て貰えない僻地・・・
 行政だけでもきちんと見てやって欲しいものです。

   
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
  

by je2luz | 2014-04-22 20:06 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 22日

熊野の旅 熊野市の広さと地域の違い

 熊野市は、いわゆる、「熊野」の東の端に位置します。
 西に端は田辺の辺りでしょうね。
 この熊野市は二度半の合併で広大な面積になって居ます。
 地形的には海岸線と山間部になります。
 しかし、山間部でも、紀和町の一部では、大河「熊野川」に面した部分は他とは少し違った風土になって居るようです、
 海岸線でも木本から有馬の七里御浜部分と大泊から先のリアス式の部分では全く違う風土です。
 この様に実に様々な地形と風土が混在するところなのです。
 波田須のように暖かいところから大又のように極寒の所もあるし・・・

 こんなにも条件が違うのですから、当然生活様式も違うし、人の気質も違ってきます。
 今度の選挙でもこの広い熊野市内を走り回り、色んな人との接触も沢山ありました。
 選挙という状況・・・ウィークデイの昼間なので、ふれあう人の多くがお年寄りでした。
 色んな要望や嘆きを聞きました。
 支持者に囲まれた状況では無く、個人がふれあうような出会いが多いのが私の選挙スタイルです。
 票になっているのかどうかは別にして、かなり本音が聞かれます。

 底に流れるのは、「疎外感」というようなものです。
 私の若い頃に「人間疎外」なんて言葉が流行りました。
 その「疎外」とは違った、もっと、『心のそこからの寂しさ』を感じさせるものです。

 「何とかならんかいのう・・・」
 難しいです。
 今日もさみしいけど、この先・・・
 10年なんて長さでは無く、二年先でも周りから人が消える可能性が強いのです。
 町場でも独居老人はさみしいものらしいですが、辺地では自分が閉じこもらなくても・・・
 人恋しさが滲み出る感じの人も居ます。
 そして、なけなしの近所と寄り添っているのです。
 「金」では無く「人」を送り込むしか無いのでしょうね。
 詐欺師集団に入り込まれる前に行政が何とか手を貸さないと・・・
d0045383_22521527.jpg

 少しずつこうした問題も書かなくては・・・
 町の人には解らないものですね。

 私は熊野ではまだまだ若い衆のようです。

   
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    



    

by je2luz | 2014-04-22 05:26 | 熊野 | Trackback | Comments(0)