LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 28日

熊野の旅 「鬼」 怪物・妖怪・鬼神・物の怪

 ここは「神々の郷」などと言われますが、「鬼のふるさと」でもあります。
 「神々の郷」と言っても、他所の人が言う訳ではなさそうです。
 観光面で始めて目にしたのは、西地市長当時に観光開発のための企画が立てられ、コンサルタントが絵を描きました。
 その時に『神々の郷』というのが出て来ました。
 同時に使われたのは、飛鳥や五郷の『石垣の里』だったと思います。
 どれも日の目を見ずに消えていったのですが、『神々の郷』と言う言葉は残りましたね。
 『石垣の里』は県が作ったポスターなどの題材にはなりますが、キャッチフレーズにもならず、観光の目玉にもなりませんでしたね。

 『神々の郷』もわかったようなわからないようなキャッチコピーですね。
 日本最古の神社と呼ばれる物はあるし、古代信仰の名残はあるし・・・
 しかし、観光客を引きつけるような何かがあるかと言えば無いようです。
 マニア受けのするような、読めないような「〇〇の命」なんてのでは駄目ですよね。
 10月には日本中の神様が集まるなんて大変な言い伝えのある出雲でも取り立てて観光客が押し寄せる訳ではなさそうですからね。

 『石垣の里』も、確かに家の周りも石垣を巡らせた屋敷が多いのですが、日本の標準的山里の田舎です。
 平野部から来た人には少し新鮮かも知れません。
 奥吉野などの、「よくぞここまで積み上げて畑を作った」「こんなところに家を建てるか!」と言うほどの物では無いです。
 そこまで行かないと、本物の客引きには成れませんね。
 簡単に画像も由来も検索できる時代になって来たのでごまかしが利きにくいです。
 以外とごまかせるのが地元の人です。
 身びいきが入ってきますし、都会の人ほどあちこちを見て居ないことが多いのです。
 田舎の人は田舎を見に行っていません。

 もう一つのキャッチフレーズは「鬼の国」でしょう。
 これも知る人ぞ知るなのですが、大元の『鬼の元浦』=木本に始まって、「一鬼」=市木、「二鬼島」=二木島、
「三鬼里」=三木里 ・・・・・・「九鬼」まで揃っているのです。
 南牟婁郡・熊野市・尾鷲市にまたがっては居ますが、元締めはここ木本です。
 これはみんな「海賊」だそうです。
 海賊はひとたび戦になれば「水軍」です。
 戦国に活躍した「九鬼水軍」もこの流れです。

 海賊と言っても「カリビアン・パイレーツ」みたいな物じゃあ無いですね。
 荒れる海を避けて磯伝いに来る船から通行料をせしめる位でしょう。
 ライン川にもその為の城が点々と残っています。
 普段は漁師やったり農業やったりだったのだと思います。
 つまり、半農半漁の片手間に海賊・・・でしょうね。
 そして頭目は、その浦の長・・・豪族でしょう。
 時代によっては「野伏せり」「悪党」などとも呼ばれた集団だったのかと思います。

 まだまだ、地の豪族の力が大きかった平安時代に頭目をやって居たのが「多蛾丸」でしょう。
 そして、その時代はアイヌをはじめとする大和朝廷にたてつく可能性のある豪族種族を退治するために「征夷大将軍」なんてのを作った時です。
 「多蛾丸」は親井戸辺りに住んでいたのでしょうが、向こう意気が強くて「おまん等の言うこと、なんで聞かんならんのなら!」などと、都の遣いをこけにしちゃったのじゃ無いでしょうか?
 だから、坂上田村麻呂なんてのを派遣して、退治に来たのでしょう。
 神武天皇東征の時には二木島でも世話になったくせにねえ・・・

 何時の時代もお上にたてつくと、痛い目に遭わされるし悪者にされちゃいます。

 「大江山酒呑童子」などのような本物の鬼じゃあ無いから、姫様をさらっただとか言うような言い伝えは無いようです。
 悪者だと言いふらすのは朝廷側です。
 独自性を打ち出したいなら、この辺から立ち位置を変えないと駄目でしょう。
 独立運動までしなくて良いですけどね。
 
 海賊・・・
 南朝・・・
 西軍・・・
 それが我が熊野のご先祖様です。

 中央の史観とは少し違う視点で見ても良いのでは無いでしょうか?
 大層な物では無いですが、売り出せるのはそれくらいかも知れません。
d0045383_23473117.jpg


    
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    
[PR]

by je2luz | 2014-02-28 05:45 | 熊野 | Trackback | Comments(3)
2014年 02月 27日

熊野の旅 熊野・木本と多蛾丸

 木本の鬼伝説の象徴のような人物が「海賊・多蛾丸」です。
 まあ、暴れ者だったのでしょう。
 大和朝廷から差し向けられた、征夷大将軍・坂上田村麻呂に征伐されたことになって居ます。
 退治したのは朝廷側、負けたのは木本の大将です。
 私達にとっては古の偉いさんです。

 吉良上野介は全国的にみれば敵役、悪者です。
 でも、実際は国では名君だったとか・・・
 だから、地元ではきちんと扱われているそうです。

 ドラキュラ伯爵は世界中で怖い吸血鬼になって居ますが、実態は違ったようです。
 ルーマニアの地元では観光に利用はしていても「吸血鬼」として扱われることに抵抗もあるようです。

 なんでこんな事を書くか・・・
 前にも書きましたが、おかしな事に「多蛾丸」の地元、ここ熊野ではお役所も昔から「坂上田村麻呂」が英雄で、「多蛾丸」を悪者にしちゃうんです。
 今の役所は上から下りてくる役人が治めては居ません。
 市長も職員も地元出です。
 おかしいですよね。
 地元の豪族が悪者で朝廷が差し向けた荒くれが良い者なんてねえ・・・
 おかしいと思うのは私だけではありませんよ。
 郷土を愛する人にとってはおかしな事なんです。

 これを書く意味に気がつく人が役所にも居れば良いのですが・・・

 多蛾丸の首は「大馬神社」に祀られている?封じられている??のです。
 謝りに行った方が良いのでは無いでしょうかね。
 続きを書くことがあるかも知れません。
 今は少し歯切れが悪い形で納めておきます。
d0045383_0423478.jpg


   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    
[PR]

by je2luz | 2014-02-27 00:35 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 26日

熊野の旅 地元負担が少ないと言っても全部税金です

 今の日本では自治体のやる仕事の多くは、国や県の補助金を貰ったり、借金の保証人をして貰ったりして居ます。
 普段の仕事でも「地方交付税」なんてのが来ています。
 借金の方では普通の「地方債」の他に「過疎債」「合併特例債」なんてのがあって、元本の大部分を国が払う約束するものまであるのです。
 だから、大金を使っても予算額が増えるだけで、見かけ上は財政事情は悪くならない仕組みなんです。 こうして全国の自治体が金の垂れ流し、不必要なまでの立派な建物を作っちゃうのです。
 考えてみて下さい。
 この金は全部税金なのです。それも、支払いを先延ばしして居るだけなんです。
 でも、市長とかは、「熊野市の金を使うのだから良いじゃ無いか」「財政状況は悪くない」 と平気で言いますね。
 自分だけ良ければ良い・・・ではもう通らないところに日本もさしかかっています。
 その使い道がせめて市民の生命財産を守ったり、市民の生活がほっと出来るものになるのならまだしも、よその人優先では・・・
 この流れを変えられるのは市民の声の高まりです。
 この考え、間違っていますか?
 どうせ使うなら、自分たちのために使って貰おうではありませんか。
 熊野市は私達の物です。
d0045383_2350508.jpg


   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    
[PR]

by je2luz | 2014-02-26 05:45 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 25日

熊野の旅 清流25号 配布開始

 私の機関誌「清流」25号が出来上がって、配布を始めました。
 25号と言いますが、本当はよくわからないのです。
 津波予測などで地域別のものを出したり、木本堤防で臨時増刊を出したりして居ますから、通算号数がよくわからなくなっていますが、主なもので25号目くらいだろうと言うことです。
 今回の印刷部数は5000部です。
 前回は増刷して利してこんな物したね。

 中味は相変わらずです。
 良く言われるのは「政策をぶち上げろ!」なのですが、要求項目、重点項目は挙げられても、地方議員の職務権限では、「これをします」と言う事業は言えないのです。
 みんなの力で要求を通して行くしかありません。
 そして、声を出さないと住民の要望など届きませんし、行政サイドの頭には浮かんでこないものなのです。
 悲しいかな、それが現実です。
 だから、しつこいくらい言い続けないと・・・

今回のトップ記事は・・・
〇熊野市民に必要な物を
 熊野市には次々とあたらしい施設が出来ていますし、まだ計画もされています。
 お綱茶屋、鬼ヶ城センター、旧栃尾邸などが出来て・・・次は第三の野球場・・・
 市民の皆さん、どれだけの方がこうした施設を利用されましたか? これから利用しようと思いますか?
 おかしな方向に予算が流れ続けて居ます。何とかしなくっちゃあ・・・
 紀南病院の工事は遅れています。飛鳥の老人施設も遅れています。避難所など近隣自治体に比べると恥ずかしい状態です。
 わがらが要るものにもう少しお金を使って貰うには、みんなの力が必要です。

 昨年秋には、市民の皆さんが力を合わせて声を上げたのですが、私の力不足で届きませんでした。申し訳ございませんでした。
 でも、ここで諦めたら何にもなりません。
 聞いて貰えるまで声を上げ続けなくては・・・
 力を合わせれば大きな働きをします。
 小さな声も、合わせれば届きます。
 
 ここは民主主義の国です。
 民主主義って。多数決が絶対ではありません。
 ことに、地方自治では小さな声・弱い物の声を拾い上げることも大切です。
 皆さん!
 もう一度力を合わせてくれませんか?
 わがらに要る事業をちょっとでも実現できるように頑張ろうではありませんか?
d0045383_17113153.jpg


   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    
[PR]

by je2luz | 2014-02-25 17:12 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 25日

熊野の旅 もうすぐ暖かに・・・ 

 二月・如月ももう終わりです。
 厳寒期もそろそろ明けますね。
 3月と言うだけで温かい響きがします。

 今日から熊野市議会2月定例会が開会されました。
 初日は議案の提案理由の説明ですね。
 この議会には「平成26年度熊野市一般会計予算」や「特別会計予算」が出されます。
 役所というものは予算が全てと言って良い位なのです。
 最低単位は「1000円」です。
 これが予算書では「1」と書かれます。
 でも、この「1」が無い項目、事業はやらないと言うことになります。
 昔、環境対策費がまともに計上されない時代に、「千円で良いから項目を起こしてくれ・・・」と時の市長に言うと・・・
 「その1が100になり1000になるから簡単には項目を起こしてやらん」と言われたことがあります。
 それが、予算の性質でもあります。

 目下、浪人中なので予算の中味の詳しいところは見て居ません。
 正式に提案されているので、秘密書類では無くなったはずです。
 気になることもあるので、覗きに行ってみようかと思います。
 議決権が無くても、知ることも大事ですし、正確に市民の皆さんに伝えることも大事です。
 一応、普通の人よりは予算書を読めるし、カラクリもうかがい知る事が出来るはずですからね。

 そんなのを覗いたら・・・
 熱くなっちゃうか、背筋が寒くなるか・・・
 どっちでしょうね?
 ほんのり温かくなるようだと良いのですが・・・
 無駄遣いがかなり含まれているのでかっかしちゃうかも・・・

d0045383_23464781.jpg


   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    
[PR]

by je2luz | 2014-02-25 06:05 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 24日

熊野の旅 私の所は古いまま

 熊野市も中心部には光が局舎から出て空中を走っています。
 我が家の横を国道から別れて局舎まで入って行ってから、一体何年掛かったのでしょうね。
 このブログも遡って行けば横の路地の工事風景も載せたと思います。
 私が議会に戻ったのが4年前・・・工事はそれより前でした。

 光が局舎から出る直前に前にも触れたように、ケーブルテレビ会社が民間電話会社と提携して、契約拡大、客の囲い込みに奔走しました。
 「電話が安くなる」「携帯も安くなる」・・・「今ならお得です」
 何だか聞いたことのあるやり方ですね。
 完全な嘘では無いのですが・・・

 私が町で相談を受けた時に言うことは・・・
 「ばあちゃん、あんた、電話一杯掛けるかえ?」
 「携帯持ったあるかえ?」
 「子供さん達の携帯はどの会社ならえ?」
 などでした。
 この条件次第では確かに安くなるでしょう。
 でも、最初の使う度合いも意外と少ない人が多いのです。
 私などは毎月基本料金の1500円ほどで、度数0が多いので安くなりようがありません。
 二番目の携帯も、ターゲットになるようなおばあちゃんは持っていないことが多いのです。
 そして、三番目・・・
 子供達とおなじ会社の方がやっぱり安いです。
 でも、言いくるめられて・・・
 このままではまるで困ることが起きるように感じて契約した人も多いです。
 下請け、よその会社と言う事にはなって居るようですが、勧誘される人にはわかっていません。
 嫌な商法ですね。
 「なんとか詐欺」とそんなに変わらないような気もします。
 せいぜい「虚偽の広告」程度なのか、ちゃんと説明しているのにわからない方が悪いのか・・・
 まるで信用できなくなりました。

 NTTさんが町中に空中戦を張り巡らせたので、光に移った人も結構いるようですが。「早くなった」という感想も聞きません。
 年寄りばかりですから、速度を実感するような使い方もしないのでしょう。
 わたしはまだADSLです。
 こうしてブログを書いて、圧縮した写真を貼ってアップする・・・
 他の人のブログとフェイスブックを見る程度ではADSLでも一瞬です。
 2秒が一秒になってどこ違う???
 このパソコンだと、今の新型とあまり変わりませんから性能はボトルネックにもなりませんしね。
 だから、今の所移りません。
 
 多くの人が光に行ってくれたらADSLが空いてくる・・・
 ラッシュでの遅延が起きにくくなる・・・
 不都合が減る???

 ポケベルは止まる日まで持っていました。
 DoCOMoの携帯も方式が変わって駄目になるまで古い方式でした。
 YahooBBが『ADSLでは駄目です。』と言うまで頑張ったら、何か良いことあるかなあ???
 ポケベルは何も無しで本当に止まっちゃいました。
 DoCoMoは電話機を安くしてくれました。
 今度はどうでしょう???
d0045383_0213587.jpg

 ここを光が通っているのです。・
 この手前で国道から別れて局舎に向かいます。
 私のパソコンとの距離10mほどなんですけどね。

   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    
[PR]

by je2luz | 2014-02-24 05:58 | 熊野 | Trackback | Comments(5)
2014年 02月 23日

熊野の旅 やっぱり見たくなかったのかなあ・・・

 昨日の記事・・・
 「証拠を見せましょう」は予想以上に熊野の人には受けが良く無いようです。
 
 最初の時には2000人ほど居たことになっていましたから、私の今までの記事は嘘だろうと思っていたようです。
 いや、嘘であって欲しかったのでしょう。
 熊野市が巨費をつぎ込んで大々的にやって居る事業ですから、まさかまさか・・と思いたい気持ちも分かります。
 でも、現実を知らせなくてはと言う事で載せたのです。
 熊野の恥かも知れませんが、このまま延々と続ける方が熊野の恥でしょう。

 観客一人あたり百円単位では無いのです。
 これだけつぎ込むなら、今月は松本峠を歩いた人に・・・来月は大吹峠を越えた人に・・・
 昼弁当半額にします・・・ みたいなのをやって宣伝すれば少しは話題になって、古道客も増えるでしょうし、波及効果も広くなるでしょう。
 400円補助で10000人で400万円です。
 充分やれますよね。

 誤りは正せば良いのです。
 やってみることくらいは怒りません。
 性懲り無く続けることがおかしいでしょう。

 10分の花火を見によそから来るだろうなんて発想が・・・

 それでも、花火はきれいです。
 数は少ないけど、結構凝った花火も上がります。
 思い切って熊野まで来てみませんか?
 こんなに空いた会場で、それも、目の前で花火が見られるなんてよそでは無いですよ。
 一枚目の写真のなんか地上すれすれ・・・観客の100mほどのところまで火の粉が来ています。
 二枚目は上半分と下半分では開き方が違うんです。
 間近ですし、数が少ないのでじっくり観察できますよ。

 もう一度言います・・・
 花火慣れした私が見ても「花火はきれいです!」
d0045383_23292428.jpg

d0045383_2335193.jpg

 
   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    
[PR]

by je2luz | 2014-02-23 06:02 | 熊野 | Trackback | Comments(4)
2014年 02月 22日

熊野の旅 証拠見せましょう 月例花火

 昨夜の花火は会場が商工会議所前の浜でした。
 私の家の浜への通路からは近すぎて、いつもの24-120のズームを付けて行ったので、苦しかったです。
 今回はメイン会場前に「ミニ・ナイヤガラ」を作ったので、時間前の職員さんによる誘導は、積極的にそちらに向かわせていました。
 私はカメラと三脚ですし、職員さんも解っているのでそのまま浜に出て、波打ち際の二段上に構えました。
 誘導しちゃったので新出町出口は10人ちょっとです。
 中心から300mあるか無しかなんですけどね。

 いつも通りに適当に花火の写真を撮りながら眺めてもほとんど人は居ません。
 今回は新出町から二丁目までの浜は堤防際以外立ち入り禁止だったのです、
 人の分散のしようが無い配置でした。
 と言う事で・・・
 「ミニ・ナイアガラ」を撮った写真の隅に観客席のほとんどの部分が写っていました。
d0045383_23535864.jpg

 広い範囲の写真のほんの一部をカットして拡大してありますから鮮明度は落ちます。
 でも、超高画質カメラなので観客一人一人が判りますよね。

 いつも人が居ないと書くのですが、人が居ないから、人が少ないことを見た人もほとんど居ない訳です。
 当局としてはものすごく都合が良いことですよね。
 太平洋の真ん中の海戦で「我が帝国海軍は敵艦隊を轟沈せり」と言っても国民は空襲受けるほど負けるまでわからなかったのとおなじです。
 でも、実態は毎回、写真のような物なのです。
 これで集めた観衆の半分以上です。

 載せちゃあいけないのかな?
 熊野の恥かな???
 でも、やっぱり実態は知って欲しいです。
 今年度の予算でもう一回、来年度の予算が通れば熊野大花火大会以外にこんなのが4回あるんです。
 観客一人あたりいくら掛かります?
 そして、準備を含め狩り出される職員の数は?(隠れ予算)
 観客あたりにすればヘルパーさん並みに動員されますね。
 これで、観光に役立ちます??
 税金を使う価値ありますか???

 載せざるを得ませんし、書かざるを得ないのもわかるでしょう?
 仏の顔も三度・・・どころじゃ無いんです。
 新年度に予算を改めて計上するんですから・・・
 でも・・・
 直接金を取られるのでは無いので割合と無関心なんですよね。
 少し「憤り」「怒り」を思い出して下さい。
 それを無くしたら社会は死にます。

   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    
[PR]

by je2luz | 2014-02-22 06:05 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 21日

熊野の旅 方向転換 すぐにオープンだそうです 旧栃尾邸

 完成検査、そして明くる日(昨日)に引き渡し・・・ 
 来週月曜日に議会議員の視察受け入れ・・・
 そして、土曜日2日に営業開始だそうです。

 当初の計画というか予算取りの説明では、土日営業だったのが、月曜休業で他は営業という、まあ、当たり前の形態に変更したそうです。
 こんな大きな変更をどこにも知らしていなかったので、マスコミの発表にかみついたり・・・
 隠した訳じゃ無くても、市民の不信感が募ります。
 にしても、引き渡しから一週間ほどで営業開始って・・・
 コンビニかスーパー並み・・・
 それ以上に早いですね。
 結構な話ですが、営業の内容がちっとも見えてきません。

 それだけ短期間で準備して開業すると言うことで、「内覧会」は無しと言うことで進むことになります。
 基本的に、誰でも自由に入って貰って、おもてなしをするところらしいです。
 「営業開始してからでも、何か食べなくてはならないとか買わなくてはならないことは無いので、気楽に隅々まで見てください」と、市長公室では話しています。
 現場の従業員にこんな急な展開で「おもてなし」の感覚が身につけば良いのですが・・・
 比較的「愛想の無い」と言われる熊野の人ですからね。
 ちょっと前に確かやって居た「あいさつ運動」の講習でも受けさせたのでしょうか?

 まあ、「乞うご期待!」  です。
d0045383_04745.jpg


   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    
[PR]

by je2luz | 2014-02-21 06:05 | 熊野 | Trackback | Comments(3)
2014年 02月 20日

熊野の旅 一応完成 旧栃尾邸・ささく本店

 昨日、2月19日、本町・古道通り・石畳通りの商家・旧栃尾邸の改築が終わり、完成引き渡しがありました。
 私は、今は普通の一般市民ですから、外からの取材にとどめました。
 写真の通り、随分変わっちゃいました。
 ほとんど全部土間になっちゃって・・・
 土間も今の時代ですから「たたき」ではありませんね。
 きちんとたたきを作れる職人って居るのでしょうかね。
 「たたき」は「三和土」と書きますね。
 読める人も減っちゃったでしょう。
 時のごとく赤土を叩いて固めた土間ですが、きれいな物です。
 普通の家では、もう、昭和初期、戦前には減ってきた物です。
 セメントという便利な物が出て来ましたからね。
d0045383_2302870.jpg

 奥の間とその前の部屋は取り外していたのを戻しましたが、「ささく本店」時代の面影は無いですね。
 鴨居に家紋の入ったちょうちんを入れた箱が掛かって居る昔の旧家のイメージは消えました。
 旧家では日が暮れてから帰る客には家紋の入ったちょうちんを貸しました。
 その人の家に着くまでに十分なロウソクを入れるのが常識です。
 タバコを飲まない人はマッチが無いですからそれも添えて・・・
 雨が降り出したら、屋号の入った番傘「大文字」を貸し出しました。
 それが、「大店」「だんなし」の証だったのです。
 私の実家は旧家と言うほどのものでは無かったですが、きちんと用意されていましたね。
 大金を掛けて買って改築したのですから、そんな演出があっても良いのでは無いでしょうか?
 そんな習慣は忘れられたかな?
 忘れる以前に知らないかも・・・

 聞くところによると・・・
 「土日営業」が「月曜日以外営業」に大幅変更だとか・・・
 そして、名前も「おもてなし館」になるとか・・・
 流行だからって乗っかると安っぽいですよね。
 まあ「イコライジャー」とか何とか言う戦隊を作ったんだし、次の予算で3人増やすなんて、よそ様がみんなやることを真似するのが大好きなんですからさもありなん・・・

 真面目に営業するって事は、私がいつも言うように公金をつぎ込んで「民業圧迫」を謀ることです。
 左右両方に100m以内に民間の弁当を売る店が一軒ずつがあるんです。
 儲かって市民に還元されるのならまだしも、赤字が目に見えていますからね。
 赤字を出しながら元からある民間の弁当を売れなくする・・・
 恐ろしいことです。
 どこかの社会主義国でもそこまではやらんでしょう。
 事業主体も聞いていませんけど・・・

 皆さんが思うのの半分も四分の一もこの石畳の通りには、古道歩きの人は来ないのです。
 役所がやるのですから、きちんと新しい冷蔵庫も座って本格的みたいです。
 株式会社 熊野市役所 と大声で言う町ですから、民間はたまった物じゃ無いです。
 上手に赤字は隠すし・・・
 子会社の有限会社の決算が収支ゼロなんてのを平気で出して来た市です。
 これからも、ちらちらと書くこともあると思います。
 私が褒めることが出来るようになれば良いのですけどねえ・・・

 取り敢えずは工事が完成し、検査がありました。
 内覧会でもあればきちんと細かいところも見てきます。
 はて・・・
 二階はどうしたのかな??

 周辺の人の評判は良くありません。
 それもそのうち書くことになるでしょうね。

   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    
[PR]

by je2luz | 2014-02-20 05:50 | 熊野 | Trackback | Comments(2)