LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 31日

熊野の旅 大晦日 送冬?

 とうとう大晦日ですね。
 2013年賀終わり2014年の春が来るって事です。
 年賀状に「迎春」と書きますが、さしずめ今日は「送冬」なのでしょうかね?
 冬を送ってあげないと春は迎えられないでしょう。
 でも聞いたこと無いですね。
 広辞苑にも載っていません。
 季節って迎えるだけで送らないんでしょうか?

 2013年は私にとって色々ありました。
 途中まではたいしたことも無く過ぎてきたのですが、10月に熊野市をひっくり返すような騒ぎを起こす、市長選出馬がありました。
 結果は力及ばずでしたが、少しは熊野市の政治風土に風を吹き込むことが出来たかな…と思います。
 選挙から2ヶ月あまりですが、今でも色んな方から声が掛かり、これからは市民の結束が大事だと励まされます。
 長年、熊野で暮らし、市政の一端に参加してきた者として、ほんの少しの恩返しが出来たのかなと思います。
 しかし、市政を変えられなかったことは本当に申し訳ないです。
 あの皆さんの熱意を少しでも形に出来ないか考え中です。
 機関誌「清流」は皆さんからの要望や支援をいただいているので発行を続けたいと思います。
d0045383_0195028.jpg

 個人的には大きな悩みを抱えちゃった年です。
 ちょうど一年前のこの日に巡り会った子・・・
 可愛い天使に出会っちゃったので、楽しいだけでは無く、悲しみも感じています。
 人間には避けられない事が実感させられます。
 いくら頑張っても巣立って行くまで見届けられない・・・
 考えたことも無かったです。
 死んじゃうって事も凄く自然だと思っていましたから・・・
 生きると言うことに少し未練を感じるようになったのかも知れません。
 でも、これ以上老いた自分を見せたくないです。
 無理な話ですけどね。
 2013年は大きな節目だったのかも知れません。
d0045383_750187.jpg

 こうした2013年を送るために、朝から稲荷さんの掃除、夜には初詣客を迎える準備があります。
 上の写真は2013年最後の日の出です。
 7時40分 ベランダからです。

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
[PR]

by je2luz | 2013-12-31 06:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 30日

熊野の旅 日本の神様仏様

 年末だというのに・・・
 ネタ切れ気味です。
 年末年始の予定も立っていないし・・・
 何も無ければ大晦日は朝から稲荷さんの掃除、夜11時半頃には稲荷さんで初詣を控えた神事があります。
 一応町内会長なので出なくてはならないでしょう。
 初詣は稲荷さんから木本神社に回ってそれから飛鳥神社というのがコースなのですが、飛鳥神社に回る午前一時過ぎには参拝者がほとんど居なくなっています。
 参る人も減ったので長い時間は続かないようです。
 花の窟神社とか産田神社には回りませんね。
 神社なんて一杯ありますから絞らないと・・・

 熊野ではやっぱり花の窟神社が一番で二番が産田神社、三番目大馬神社でしょうね。
 熊野の三社参りでしょう。
 今年は大馬神社も入れるようになって居るはずです。
 この辺の地元の人は大体自分の村の鎮守様と檀家寺にお参りする人が多かったのです。
 交通機関も動きませんから、自家用時代になるまでは他所の神社に行くなんて考えもしなかったでしょう。
 鎮守様以外の神社なんてあまり民衆には縁が無いはずですよね。
 なのに・・・
 明治神宮とかお伊勢さんに行くんですね。
 まだ、豊川稲荷、伏見稲荷、最上稲荷なんて商売とかに御利益のある神社は解るのですけどねえ・・・

 日本人は全く多神教ですね。
 元旦と結婚式は神道になって、花祭りやお盆は仏教に、ハロウィーンやクリスマスはキリスト教・・・
 でもイスラムのラマダンはやりませんね。ダイエットになるのにねえ・・・
 最近はヒンズー教のガネーシャなんて象のお化けがドラマなどに出てくるし・・・
 北米のトーテムポールなんてのも立っているし・・・
 南米インディオの頭蓋骨を小さくしちゃうのを真似るのは出てきていないのかな?
 ダイヤモンドにしちゃうのが流行っているようですけどね。
 面白そうで格好良く見えるのをやりたがるんですね。
 詐欺師や新興宗教はおどろおどろしいのを利用するようですしね。
 占いなんかもそうですよね。
 どう言う訳か日本人の女の人がジプシー占い・・・
 今はジプシーは差別語だからロマ人って呼びますが、「ロマ占い」では人が信じないかな?
 でも、元旦は「おみくじ」ですよね。
 近年は引いたことありませんけど・・・
d0045383_23452090.jpg


     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
[PR]

by je2luz | 2013-12-30 06:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 29日

熊野の旅 元旦は・・・

 2014年元旦 旧暦11月29日 
 大晦日の月齢が28.5ですから闇夜の初詣です。
 新暦ですから旧暦も見ないと田舎道の初詣は困る時もあります。
 天気予報では熊野周辺は晴れ時々曇りです。
 まだまだ予報程度の話ですかどね。
 今年は寒そうな感じです。

 大晦日から元旦に掛けての転向も「経済効果」を計算したらものすごく差が出るのでしょうね。
 大晦日からぐずついていたら、初詣に行くのも億劫だろうし、出掛ける人は減るお賽銭も減る・・・
 銀行から係が言って勘定するほどの上がりのある神社などは凄く差が出るのでしょう。
 我が町内の稲荷さんの初詣でも天気が悪いとうんと減ります。
 年の初めだからと言って何が何でもお参りしようと言うほどの人も限られているようです。
 行楽の一種になっちゃった感じですね。

 昔は「年始回り」も盛んだったようです。
 この辺では昭和の40年頃までは「礼回り」が残って居て、分家は本家筋にお餅を持って年賀に言ったのですが、その前から持ちを持って行くのが子供の役割になって居ました。
 子供にとってはお駄賃が貰える可能性があるので楽しみだったのですが、考えてみると、子供を使いに出すと言うことはきちんとした「年始の挨拶」が消えかけていたと言うことですよね。
 本来なら当主が出向くはずの行事ですね。
 今ではそうして本家とか分家の付き合いも少なくなっています。
 民法の規定も変わって「家督相続」が無いのですから消えていって当たり前なのでしょう。
 かつては長男・本家は財産をほとんどもらう代わりに分家筋や使用人、小作人の面倒を見る役割をしょったのですけどね。
 そして、盆正には他所に出て行った弟・妹の家族から分家の家族まで本家に転がり込んだものです。
 本家の嫁になるって事は大変な事だった訳です。
 財産・家や田んぼには舅と姑が付いてきていますしね。

 私が子供の頃には母親の実家、吉野郡下北山村へ正月とお盆の礼に行きましたが、そこは本家だったので、当主の叔父さんの姉弟と子供が泊まりがけで帰ってきていたので凄い人数でした。
 母方の従姉妹達にはその時に顔を合わせて覚えました。
 私は熊野、他は和歌山、奈良などに分散していましたからね。

 いまでも家によってはものすごい数の従姉妹が集まるのでしょうね。
 でも、長男すら残って居ない家が増えていますから、こうした光景も減って行きます。
 我が家も子供は三人とも外に出しました。
 私は分家ですが熊野では当代限りになるのだと思います。
 これで良いとは思うのですが、熊野でやり残したことが消えちゃうのも寂しいですね。
d0045383_0575571.jpg


     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
[PR]

by je2luz | 2013-12-29 06:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 28日

熊野の旅 期待はずれのサンマ

 年末になってサンマが捕れ始め、高値だった丸干しも下がると期待されていたのですが、期待はずれのようです。
 一吊り398円だったのが、なんと498円まで上がっちゃいました。
 熊野のスーパーで一匹100円を超えちゃいました。
 型も少し大きすぎですね。
 当然のようにサンマ寿司用のスシナも高いです。
 もう、28日ですから正月には高いサンマを使うしか無いですね。

 「サンマ寿司」はここが発祥の地と言われています。
 産田神社には「サンマ寿司発祥の地」と言う立て札が立っています。
 そして、産田神社の例大祭ではサンマ寿司が出ます。
 なんと、骨付きのサンマを寿司に使って居ます。
 それが伝統らしいです。
 この「骨付きサンマ寿司」は食したことが無いです。
 おそらく食べにくいものだと思います。
 いつ頃に発明され、いつまであんな形で作ったのやら・・・
 骨を抜くことはそんなに難しいものでは無いです。
 縁起でも担ぐので無ければ骨を抜くことをすぐに思いついたのでは無いでしょうかね?

 1月10日は産田神社の祭があり、この「骨付きサンマ寿司」が出ます。
 「安産の神様」と言う事ですから近在の人がお参りします。
 その時には出店が出て、普通のサンマ寿司が売られています。
 1月10日は金曜日・・・仕事も始まっているし遠くの方は来にくいかも知れませんね。
 都合が付けば覗いてみて下さい。

 ウナギの骨は焼いて食べますね。
 小さい頃、スシナ作りで外したサンマの骨を七輪で焼いて食べた記憶があります。
 その頃は「サンマの寿司」ではなく「サイレの寿司」でしたし、骨も「サイレの骨」でしたけどね。
d0045383_925740.jpg


     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
[PR]

by je2luz | 2013-12-28 09:03 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 27日

熊野の旅 月例 広報くまの 2014年1月号より

 新年号が来ました。
 例年通り、表紙の次は市長、その次が市議会議長の挨拶文です。
 しかし・・・
 表紙が凄い!
 「熊遊戦隊イコライジャー参上!」となって、写真でしかお目に掛かっていないご当地戦隊が七里御浜でポーズを決めています。
 残念ながら私には写真が無い!
 著作権などと言われたくないから転載はしません。
 地元ゆかりの「鬼」でも「多蛾丸」ではなく、神様の「いざなぎ」でも「いざなぎ」なく、今風のレンジャーです。
 ジドレンジャー・・・地鶏?が胸に
 サンジャクダー・・・右手が龍?三尺玉海上自爆の絵らしいのが胸に・・・
 ネーミングもそのままだそうです。
 そのうちにどこかのイベントで遭遇するでしょう。
 人間に戻ると市の職員?
 しばらくはやるのでしょうからね。

 例によって人口動態です。  平成25年12月1日現在

     人口  18.666 (-23)
      男   8.547  (-4)
      女  10.119  (-19)
    世帯数  9.438  (-7)
 これが普通の数字ですね。
 世帯数の減少も凄いです。9500世帯を大きく割り込んでいます。
 生まれる子供も年に200人を割っているようですね。
 どう見たって、高校の統廃合は避けられないでしょう。

 広報にコマーシャルが載せられるようになって募集していましたがおおきなのが載りました。
 「有馬幼稚園・園児募集」です。
 ここは元からの私立幼稚園です。
 経営主体は南泉寺というお寺さんのはずです。
 子供が少ないので子供集めも大変でしょうね。
 通園バスが回って送り迎えしています。
 募集は満3歳・3歳・4歳・5歳
 希望により午後6時20分まで延長保育あり
 他にも保育補助金とか色々です。
 CMですからコピーを張っても怒っては来ないでしょう。
d0045383_22195314.jpg

 この広告料はいくらなのでしょう?
 私の機関誌のCMを出したい人は居ないでしょうね。
 CMを出すほどのスペースも無いし・・・
 でも4200部発行の時は世帯の44.5%カバーです。

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
[PR]

by je2luz | 2013-12-27 06:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 26日

熊野の旅 次は 年越し花火・初詣・初日の出

 今年も残りは一週間を切りました。
 そろそろイベントも終わりでしょう。
 個人の家では窓を拭いたり玄関のサッシを洗ったりする光景が見られます。
 やっている?やらされている??のは定年退職した亭主族です。
 普段はあまり役に立たないけどこんな時には使われるようです。
 現に粗大ゴミ亭主の居ない家ではあまりその光景は見掛けません。
 私は有難いことに命令する山の神は居ません。
 ???
 命令されても良いから可愛いお嫁さんは居た方が良いですよね。
 「可愛い」が付かなければいけませんけどね。

 美人は三日で飽きる、ブスには慣れられる・・・
 でも、三十年経てば???

 この後の行事って、紅白歌合戦ー初詣ー初日の出が一昔前の日本の習慣だったのですが、今では「紅白」の比重が下がっているようです。
 私はこの「紅白」を何十年もまともに見ていません。
 そもそも、歌謡番組はあまり好きじゃ無いですから・・・
 かと言ってオチャラケも好きじゃ無いし・・・
 昔はこの時期の深夜には洋画が流されたのですが今はそれも無いし・・・
 正月の放送でそこそこ見るのは「箱根駅伝」くらいですね。

 熊野では「紅白」ー「除夜の鐘・年越し花火」ー「初詣」ー「初日の出」がフルコースでしょうけど、紅白以外を一箇所で済ませられる所があります。
 獅子岩・花の窟に居れば、全部そこであります。
 車を停める場所が少し足りませんがなんとかなるものです。
 我が家では二台分しか余裕はありませんがブロガーの方なら・・・

 その次は1月3日が『熊野市成人式』です。
 新成人が減り続けているので親だけでは無く野次馬でも会場には入れますね。
 私はアマチュアカメラマンとして出かけます。

 1月4日は「熊野市出初め式」です。
 会場は今度も市民会館と木本小学校なのかと思いますが、今年はこれも招待状が来ないのでカメラマンとして覗きに行きます。

 1月12日日曜日11時頃スタート 「熊野駅伝大会」
 これも結構長く続いています。
 本格的な駅伝では無く市民駅伝クラスです。
 それでも、紀伊長島だとか結構他所から来ますね。

 その間の1月10日には産田神社神社の例大祭があります。
 産田神社さんの祭神は伊弉諾尊、伊弉冉尊、軻遇突智尊です。
 この漢字、表示してくれないブログもあるかな?
 「いざなぎ」「いざなみ」「かぐつち」と読むんですけどね。
 大和言葉は外国の言葉並みです。
 神道かぶれの人にとってはこうした神々の名前が読めることが優越感をくすぐるようです。
 解らんお経と一緒で読めない神様では普及しないしありがたくないと思うのですけどねえ・・・
 
 1月7日に山の神をやるところもあります。

 1月1日午前0時には我が町内の稲荷さんも初詣でのお客さんを歓迎しております。
 「新出町稲荷」は「木本神社」と「花の窟神社」の中間です。
 是非お立ち寄り下さい。
 町内会長としてお願いいたします。
 私の名前を出しても御利益は減ることはあっても増えないと思いますけどね。
d0045383_2317417.jpg


     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
[PR]

by je2luz | 2013-12-26 06:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 25日

熊野の旅 夜が早い・・・

 田舎の人は夜が早い・・・
 昔から言われていました。
 「NHKのニュースが終わったら寝る」
 それが、9時のニュースでは無く7時のニュースみたいです。
 健全と言えば健全ですが・・・

 夜が早いという習慣は山間部とか海岸線の話で、中心部はもう少し遅くまで起きていて人も動いたのですが、最近は中心部も7時過ぎると人気が消えます。
 ぽつぽつ残って居る専門店の閉店は早いです。
 まともに開いて居るのは、スーパーとコンビニと牛丼屋です。
 飲み屋もすっかり減ってしまいましたから、いわゆる「ネオン」なんてほとんど無いです。
 人が出ないから店が早く閉まるのか、店が閉まっているから誰も出ないのか・・・
 鶏と卵みたいな話は30年前にもありましたね。
 そして、小売業の中心はスーパーに・・・
 
 昨夜は友人に引っ張り出されて駅裏方面に夜遅く出掛けましたが、明るいのは「オークワ・ダイソー・ウェイ」の入った建物だけでした。
 「12時まで年末は営業」と看板を掲げたオークワさんもほとんど客影は無し・・・
 昔は沢山あったあの辺のスナックなども数が減っています。
 おまけに寒いし・・・
 「せめて飲んで歩いて活性化を!」なんて話も出ますが、これでは飲んべえも減るでしょう。
 これも鶏と卵ですね。
 かつては毎晩のように町を徘徊していた私も今では全く出ませんからねえ・・・
d0045383_8573618.jpg

 この花火の見物人が少ないのも当たり前でしょう。
 「観光客誘致・歓迎花火」でも15分の花火を見に来る観光客が居るはずもなし・・・
 観光協会は「大勢の観客が・・・」なんて書きましたが、誰も居ない花火をやる反省も無いのですね。

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
[PR]

by je2luz | 2013-12-25 09:00 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 24日

熊野の旅 無塩のサンマが出た

 スーパーの店先に、痩せて小さな少しみすぼらしい「生のサンマ」が出てきました。
 塩をしていないものを「無塩」と言いますが、この辺では「ぶえん」と呼びます。
 この少しみすぼらしいサンマが、熊野の誇る「遊木のサンマ」なんです。
 丸干しと寿司には欠かせないのですが、そのまま焼くと脂が無くてぱさぱさ・・・
 好きな人も居ますが、何だか病人食・・・
 だから、丸干しや寿司が生まれたのでしょう。
d0045383_23594234.jpg

 これは我が家の二階から見た12月24日午前0時に見えた沖合の漁り火です。
 無精ですし寒いですし、浜まで出る気はしませんがそこそこ並んだのが見えます。
 闇夜に向かっているのでこれからです。
 今夜は風も無いし・・・
 豊漁だと良いのですけどね。
 あの位置で揚がるなら漁場も近いし有難いです。
 今なら正月用の「寿司菜」に間に合います。
 お土産用の丸干しにも間に合います。

 国道42号線を走るとあちこちに「サンマ丸干し」「干物」の幟が出ています。
 干物屋さんです。
 一見小売りには見えませんがちゃんと売ってくれます。
 それぞれの店だ塩加減が少し違います。
 干し上げの硬さも違います。
 何軒か買って食べ比べれば面白いですよ。
 でも、見かけは同じですから、きちんと判るようにして焼かないと通販で発注しようにも分からなくなりますよ。
 今はどの店でも通信販売をやって居るでしょう。
 順調に行けば少し値も下がるかと思います。

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
[PR]

by je2luz | 2013-12-24 06:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 23日

熊野の旅 暮れだから??

 写真のプリントをオーダーしてあるので、今朝確認すると「投函予定」となっていて熊野には来ていました。
 なのに・・・
 夜になっても来ませんでした。
 メール便ですから居なくても置いて行くのですからね。
 宅急便に比べ優先度が低いので後回しにされて、朝早く熊野に着いても配達できなかったのでしょうね。
 暮れで荷物が多いのでしょう。

 スーパーの駐車場に車が多い時間が増えました。
 まだ、正月の準備には早いように思うのですが・・・
 「しめ縄」と何時まででも置ける「鏡餅」は勢揃いしたようです。
 これは暮れらしいですね。

 食品では「数の子」が保冷展示台を占領しました。
 「旨いものじゃ無いけど・・・」なんて言われ得ながら売れる正月食品です。
 私も、わざわざ買ってまで・・・ですね。

 昨日は今年最後の「いこらい市」
 誘いがあったので出掛けました。
 ピークを越えかけた午後1時頃です。
d0045383_22441287.jpg

 このように長目の玉で引っ張れば「大盛況」ですね。
 記念通りは古い規格に二車線ですから、片側を屋台のテントにすると歩行者は残りの一車線です。
 4mほどになるので、すぐに一杯になります。
 広くなかって良かったですね。

 お好み焼きとか油で揚げた外国風のものとかを天使ちゃんが欲しいと行って食べていました。
 私はイベントではほとんど買い食いしないので味は分かりません。
 新宮から来ている「なれ寿司」が売れ残ったようです。
 本格的なところまでは発行させていないもののようですが、少し癖がありますからね。
 これには「鮎」のものと「サンマ」のものがあります。
 鮎の方が癖が強いですし、発酵が進んでご飯がドロドロになりかけたやつはすごく臭います。
 でも、口に入れちゃうと美味しいのです。
 あの臭い「くさや」と同じなんですね。
 私は嫌いでは無いです。
d0045383_22532296.jpg

 これは午後一時半ごろ・・・
 標準並みの55mmにして人の切れ目で撮ると「閑散とした」風景になります。
 まだ手前にもテントが並んで居ます。
 五目ご飯は半額だし・・・
 寒さもあって売れ行きは・・・
 出店の採算が取れなくなると出てくれなくなります。
 店が減れば客は面白くないし・・・
 買わなくても店が並ばないと駄目なんです。
 客の方は長く続いたイベントはマンネリで飽きてくるし・・・

 買い物すると抽選補助券を貰えるのですが、店をやって居る間に抽選場が閉店なっちゃいました。
 繰り越して次回でも抽選は受けられると言っていましたが、お客さんは近所の人だけではないんですよね。
 なんでだろーーー

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
[PR]

by je2luz | 2013-12-23 06:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 22日

熊野の旅 398円のサンマ

 今年は遊木のサンマの捕れるのが遅れて、12月中頃になってようやく水揚げがありました・
 その後もあまり順調とは行かないようです。
 サンマなどは少し豊漁になると値崩れします。
 捕れすぎるとハマチの餌用とかになっちゃいます。
 出漁自粛なんてのが起きる魚種なんです。

 この辺では、サンマの丸干しは大体4匹で298円でスーパーに出ます。
 4匹単位なのはサンマを干す時に二匹ずつ尻尾の所で紐掛けし反対の端にも二匹くくり、竿に掛けて干すので「一吊り4匹」となるのです。
 人工乾燥では金串を使って尻尾のすぐ上を貫いて干しますが、それは串から抜いて一匹単位になりますね。
 紐を使ったやつは紐を取らないで出てきます。
 土産物用とかだと紐があるとイメージが悪いので外しますけどね。
 尻尾のすぐ上に小さな穴があるやつは確実に人工乾燥です。
 人工乾燥の方が色もきれいです。
 半生みたいな干物を食べるのなら天日乾燥で増える味もで来ていないでしょうから、気分以外にはあまり差が無いと思います。

 今年は初水揚げの時から、一吊り4匹398円で並びました。
 例年より100円高でしたが、その値段は今もそのままです。
 豊漁では無いって事でしょう。

 一匹100円弱ですから高いものでも無いのですが、298に慣らされた熊野の主婦から見ると高いんですね。
 売り場で迷っていますからね。
 それに、今年のサンマは少し油が残っているし、大きさも不揃いです。
 丸干しはこれでも良いですが、「寿司」はちょっと困るでしょう。
 最近はあまり酢で絞めないで生っぽい「サンマ寿司」を作る人が増えていますが、江戸前じゃ無いんですからねえ・・・

 家でサンマ寿司を作る人が減ったので大きな話題にはなりませんね。
 半世紀ほど前だと・・・
 「今年はサイレが揚がらんのし。」
 「捕れても脂があって酢がきかんし弱ったのう・・・」
 「正月にならんのし」
 「あと四五日であがらなんだらどないしよかいのう・・・」
 なんて会話が町にあふれたでしょうね。

 と言う事で・・・
 正月に間に合うでしょうか?
 そろそろ闇に向かって来たので、遊木港の棒受け網漁船が沖合に並ぶはずですが・・・
 沖に漁り火が並ぶのはきれいなものです。
 寒いので、「きれいだねえ・・・」なんて眺めていられませんけど・・・
d0045383_8385084.jpg

 今朝の丸干しです。
 仕上げを天日でやって居る近所の魚屋さんです。

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
[PR]

by je2luz | 2013-12-22 08:41 | 熊野 | Trackback | Comments(0)