人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 12日

熊野の旅 木本海岸堤防 3 ing

d0045383_2014884.jpg

 木本海岸堤防平成の改修工事のお終いの工事が進行中です。
 写真は工事中の浜からの避難階段です。
 有馬から南には浜から堤防に上る階段があちこちに設置されていますが、木本では浜に出る人が多かったこともあり、出入り口の樋門が開放されており、こうした階段はありませんでした。
 しかし、樋門を開放してあると、台風の高波には時間的余裕があるので消防団が閉めに来ても間に合いますが、津波ではとても間に合いません。
 この業務で東北では多くの消防団員が死亡しました。
 それ以降は、海岸堤防の樋門は漁業者が出入りする場所以外では平常時は閉鎖の方向になりました。
 市街地があり、人も多い木本なのに、浜に出入りする階段が無いと言う理由で樋門の開放が続いているのです。
 全くおかしな話なのですが、役所はクレームが怖いですからね。
 私達有志で二枚扉の半分を閉鎖したりしていますが、強制力はありません。

 と言う事で、改修工事の最終段階でこの階段を設置してもらう事にしました。
 開放されている樋門は親地町の漁業用を除けば6箇所です。
 目下、4箇所の階段設置工事が進行中です。

 海抜では日本一を誇った木本堤防ですから浜との落差は大きいです。
 それに、砂利の量は大きく変動しますから、砂利が減っても階段が宙に吊らないように深くまで作っておく必要があります。
 と言う事で、見かけより大きな工事になります。
d0045383_20262268.jpg

 既存の堤防に食いつかせるためにも鉄筋を打ち込み、階段の強度のためにも鉄筋を編まなくてはなりません。
 でも、塩気もあり鉄筋ばかりには頼れないでしょう。

 この階段は人の少ない有馬海岸と違って幅も1mほどで手すりもあるものになります。
d0045383_2030726.jpg

 丸い部分は手すりの柱が入るところ、堤防の白いところから下が今の砂利浜の部分です。
 かなり深く階段が入って居ますが、浜の変動次第では下まで出てくる可能性もあります。
 セメントの良く効いた色のものです。

 結構急ですし、多分文句が出ると思います。
 町が危険であろうと将来自分が死ぬことになろうと、こうしたものにクレームを付ける人は必ずいます。
 10年に一回でも文句は出ますが、私達が備えようとするのは100年とか1000年の話ですからね。
 でも、地震は30年間で80%の確率だし、津波の直撃を4分から10分で受けると言われる木本ですから・・・
 そういう人に嫌われても、防災面の最後の仕上げはしなくては・・・

 観光面ではまだ「修景工事」が行われます。
 これも、遊びでは無く、防災に役立つ「堤防本来の役割」を優先した地元の要望に応えてくれたものになる予定です。
 足の弱い人のためにスロープも作られます。
 以前に図面の一部をアップしましたが、工事が始まれば又載せます。

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-12 00:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 11日

熊野の旅 木本海岸堤防 2

 木本海岸堤防の構造に関する資料ってあまり無いのかなと思います。
 県土木が今回の新堤防の工事でも旧堤防を壊した後に出てきた石組みの旧旧旧堤防は想定外だったようです。
 一部では少しばかり荒っぽい石組みがあったのは戦時中や戦後すぐの部分だったのでしょう。
 しかし、基本的にはきっちりくみ上げられていて、取り壊すのが大変なものでした。
 従って、それを取り壊して土砂に代える方が遙かに強度が劣るので設計変更で石組みを残してコンクリートで巻いてしまいました。
 その承認も私が住民代表?でやったことになります。
 私もこの石組みの階段部分の記憶はほとんどありません。
d0045383_2124368.jpg

 この部分が新堤防の後半分の芯になっています。
 志原や阿田和で壊された堤防に比べて全く違う強固なものです。
 今流の土木工事では無いのですけどね。
 
 きちんと組まれた「石垣」ってものすごく強いですよね。
 陸の堤防は水に溶かされることは無いですが、コンクリートって簡単に痩せちゃいます。
 劣化もします。
 それに比重が違うので目方が違いますね。
 波の衝撃に対する耐久性の違うはずです。

 この新堤防がどこまでの衝撃に耐えるか・・・
 そして、津波が越えた時に裏側に落下する水流で地面がえぐられることにどれだけ耐えてくれるか・・・
 そんな事があっては困るのですが、当初設計よりほんの少しですがそちらのコンクリートも厚くしてもらって居ます。
 誰にも知られない部分ですが、私としては最善を尽くしたつもりです。

 何事も無かったらそれで良し・・・
 壊れなかったらなぜかとも考えられず・・・
 それで良いじゃありませんか・・・
 それが防災なんですから・・・
 設計変更に応じてくれた県土木の人の名前も残りませんけどね。

 で・・・
 羽市木・口有馬・・・
 手詰まりです。
 心配していた同僚・岩本議員も居ませんし・・・
 堤防の高さが、「バスから海が見えなくなる」なんて理由で低くなっちゃったなんて知る人もいなくなりました。
 住民の安全より観光・・・今の市長だけじゃ無かったのです。
 行政って何???????
 
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-11 00:08 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 10日

熊野の旅 木本海岸堤防 1

 木本海岸の堤防は昭和の初期にはすごく低いものでした。
 陸地側では土地よりほんの少し持ち上がっているだけだったようです。
 それ以降に木本町は町を護るために石造りの堤防を構築し、更に近代土木の時代にはコンクリートを使った堤防を作り嵩上げを続けました。
 伊勢湾台風ではその堤防も波が越して被害が出ました。
 私の家の裏は今でこそ国道ですが、当時は芋畑や作業小屋などのあるあまり利用されていない土地でした。
 そこに建っていた長屋が波でつぶされるのを目撃しました。

 その後で、更に嵩上げされたのが旧堤防です。
 そして、老朽化が進み出して計画されたのが今の新堤防ですが、旧来のものと平均海抜が同じで場所が11m前に出る計画でした。
 それに危惧を抱いて計画見直し運動をしたのが議員になる寸前でした。
 海岸線に面した全戸の署名と印鑑を貰って要望書を県土木に提出したのです。
 しかし、計画が発表されたのは入札直前で止めようが無かったのです。
 その時県土木が譲ったのは位置を5m後退させることだけでした。

 そうした経緯がある新堤防でしたが、全区間が完成する前にお粗末にも台湾坊主のような低気圧が伊豆沖にある時に波が越えたのです。
 西郷川河口の導流堤も崩落し、国道42号線の橋も落ちるという災害が発生し、その明くる日に東京へ陳情に出かけ、勝ち取ったのが昨年完成した「潜堤」です。

 私がこの新堤防に関わって四半世紀以上ですね。
 経緯を知る人間も居なくなってきましたが、ようやく完成に近づいています。
 まだ、もう一年はかかりそうですが、浜に下りる階段も今のところ4箇所工事中です。
 来年には内側のガードレール兼二重の波止めやスロープも出来ます。
 これが出来れば今は危険を承知で開け放している樋門が閉められます。
 この辺りでこれが開いているのは木本堤防くらいしかありません。
 このまま開いておけば津波の時に町が壊滅します。

 この工事の写真の場所は私が中学の時に撮った写真とほぼ同じ所です。
 その頃は「生コン」ではなく移動式ミキサーでセメントを練っていましたね。
 砂利は現地調達だったようです。
 白黒は昔、昭和30年代の工事、カラーは今の工事です。
d0045383_2192327.jpg

d0045383_21121055.jpg


     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-10 00:05 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 09日

熊野の旅 カルバートの現状

d0045383_16525026.jpg

 これが今日の井戸川河口カルバートの写真です。
 内部の砂利の排除はほぼ終わっているようですが、ごらんのように排水溝は陸の上にあります。
 今年の初め頃から廻りの砂利が増えて普段は排水溝から出る水は砂利に染みこんで消えていたのですが。今年の台風の波でいっそう陸の中になってしまいました。
 この影響で先日などあまり川は増水していないのにどんどん逆流し始めて、井戸小学校周辺の田んぼが冠水しました。
 雨がまともに降らないままで波が立ってしまい、持ってきた砂利がカルバートの内部に侵入しちゃったのです。
 川の水とのバランスが取れなかったんですね。
 この状態が続けば同じ様な症状が又出るでしょう。

 写真に写っているカルバートの真ん中辺の白い部分まで砂利で埋まっていたのです。

 無くなった浜を太らせるのに、天竜川河口では人間の手で砂利を投入した居ましたが、全く効果が無く痩せ続けましたが、このように太る時も人力で出来ることはほんの少しです。
 波は24時間無休で働きます。
 疲れたなんて言いません。
 気まぐれですから、同じ場所なのに太らせてみたり痩せさせてみたり・・・

 太平洋プレートとかが押し上げたりするから陸地は維持されて居るけど、何も無ければ浸食されて消えちゃうのでしょうね。
 それまで何億年とか掛かるでしょう。
 それまで人類が存在するのやら・・・

 その頃になっても原子炉で作っちゃった「高濃度核廃棄物」は管理し続けなくてはならないんですよね。
 ???
 コスト計算の時に利息を入れたら・・・
 天文学的数字にはなるのでしょう。
 でも、払う子孫も居ないのなら・・・

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-09 00:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 08日

熊野の旅 勤労感謝の日 どぶろく祭り 井戸大馬神社祭り

 23日土曜日には確か育生町「大森神社どぶろく祭り」と井戸町「大馬神社秋祭り」がありますね。
 多分市内では他にもあると思いますが、私はこの二つ以外に行ったことがありません。
 どぶろく祭りも、行ったからと行って口にする訳ではありません。
 熊野市の特産品???には官製のどぶろくがあります。
 この大森神社のどぶろくが発展した物ではありません。
 確か和歌山県かどこかの酒造会社に試作させて作ったものですから、大森神社のどぶろくを仕込む環境とは元々違いますからね。
 これも試作品の時に利き酒をしたっきりです。
 不勉強なのかイベント以外の売り場で見たことはありません。

 酒に関しては「熊野灘」なんて酒を民間が造らせて売った時代もあったのですがどうなったのでしょう?
 何しろ、熊野市には造り酒屋が無いので「地酒」が作れないのです。
 醸造元が無いので醤油も酢もありません。
 木本はそこそこ大きな町だったはずなのに私の記憶にはそんなものは無いですね。
 大きな酒問屋と酒屋はあったのですけどねえ・・・

 「どぶろく祭り」は国税局の許可を貰ってずっとやってきた祭で全国的のも少ないものだったのですが、今では各地で「地ビール」とか「地酒」が作られ、それぞれがイベントをやるので、珍しさも薄れています。
 親分の熊野市が「地どぶろく」???を育生に関係なく売っちゃうくらいですから・・・

 今年はアクセス道路も復旧しているように見えますが、「一の水林道」は不通のままです。
 越せませんから、金山経由か神川経由で行って下さい。
 そして、「どぶろく祭り」ですが、ドライバーは絶対に飲まないで下さいね。
d0045383_0393082.jpg

 井戸の祭は下の大馬神社です。
 大馬神社の本宮と違いここは遙拝所です。
 23号の水害では痛めつけられましたが本殿は無事で境内も復旧しています。
 井戸も有井村当時と違い住宅地になっていますから賑やかにはなって居ます。
 それでもかつての新興住宅街も高齢化が進んでいますね。

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-08 00:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 07日

熊野の旅 月例 広報くまの11月号より

 今月も配達されてきました。
 今月号の目玉記事は「矢ノ川峠の歴史」という特集ですね。
 時代が時代なので当然のように白黒写真が並びますけどね。
 主役は「国鉄バス紀南線」です。
 廃止から、もう54年も経つんですね。
 矢ノ川越えのバスで尾鷲に越えた記憶があるのは私のすぐ下くらいまででしょうね。
 大体、その時代に国鉄紀南線のバスを使い、紀勢東線の蒸気機関車で引っ張る汽車で名古屋や東京に向かう人は少なかったですからね。
 この辺の人は紀勢西線で天王寺に出ていました。
 経済的にも仕入れはほぼ全部大阪でしたね。
 電気も関西電力、電話も西側・・・行政は三重県所属でも地形的に西に向いて生活していたのです。
 808mの矢ノ川峠はきつかったのです。

 人の動き  平成25年10月1日現在
     人口   18.730   (3)
      男     8.568  (-8)
      女    10.162  (11)
    世帯数    9.469  (-1)

 珍しく人口がプラスです。
 世帯数が減っているのに・・・
 締め日は違いますが「お誕生」に名前が出ているのが8人、「おくやみ」は20人です。
 自然減が確実に進んでいますね。
 東京ともそうなるみたいで・・・
 それでも巨大ビルを建てる・・・
 熊野市長だけじゃ無いんですね。
 箱物好きは・・・
d0045383_10331351.jpg


     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-07 10:35 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 06日

熊野の旅 浜が太っている

 今、この辺りの浜が太っています。
 台風12号の影響もあったのでしょうか?
 かなり太っています。
 波打ち際も10mくらい遠くなり、浜の前の方の高さも増しています。
d0045383_818489.jpg

 浜は太ったり痩せたりしています。
 しかし、この数十年はそれを繰り返しながら徐々に痩せたのです。
 かつては鳥取砂丘じゃ無いですが、波打ち際までには起伏があって歩くのも大変だったのです。
 砂利の大きさも様々で、20cmもある大きなものから小豆のようなものまで帯状に大きさごとに並んでいたのです。
 今ではだらだらと波打ち際に向かって下って行く形で、砂利も小さなものばかり・・・

 大量の砂利の供給源は熊野川で、大量に出る原因は明治の大洪水だったとも言われます。
 十津川村の半分が流されたとも言われ、北海道に「新十津川村」が出来た時の洪水です。
 戦後になると熊野川にダムが一杯出来て砂利の供給が大幅に減ったから、どんどん痩せ続けたのです。
 これを国がはぼ認めたのはつい近年ですが手の打ちようが無いです。

 一時的に太っているだけで、上流の井田海岸では「浜」が無くなっています。
 だから、この先木本海岸なども無くなって行く可能性が強いです。

 現在では写真で少し見えて居る「井戸川河口カルバート」が浜の上にあります。
 そして、カルバートの中に砂利が一杯入って、先日の台風の時には河口閉塞状態になって井戸川が逆流しました。
 目下、砂利の排除中でもうすぐ取れるでしょうけど、雨の少ない時に波が立てば又砂利が入り込むでしょう。

 難しいものです。
 浜が太るのは良いことなんですが、痩せてから作ったカルバートはその設計になっていませんからね。
 うんと痩せれば、先端が海に崩れ落ちるでしょうし・・・
 自然に逆らうって不可能なくらい難しいです。

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-06 08:33 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 05日

熊野の旅 紀和町ふるさと祭り

d0045383_8521153.jpg

 紀和町のふるさと祭りの会場風景です。
 会場は海洋センターや鉱山資料館などがある場所で結構広いのですが混雑しない程度に人出があります。
 今年は雨模様で朝から出かけるのを迷うような空だったのですが、そこそこ人が出ていました。
 夏の「火祭り」とこの「ふるさとまつり」には顔を出すこともあるのですが、紀和の人口と集落の分散加減から言うと大変な人出です。
 毎月何回もイベントのある中心部と違ってインパクトもあるし、主催者も熱を入れているからでしょうね。

 飛鳥神社から回ったのですが、熊野市の北の外れから南の外れまでですから結構遠いです。
 時間も無かったので催し物など見られませんでしたが、「ご当地戦隊」が出来てお披露目があったようです。
 他の人の写真を見るときちんと衣装も作ったようです。
 これからこのレンジャーがどう活動するのか知りません。

 ゆるキャラもあるし・・・
 「ミス熊野」は随分前に無くなったけど・・・
 そろそろ「焼きそば」が出てくる頃かな?
 熊野の料理は元々貧乏人の日常食で「B級グルメ」なんです。
 イルミネーションもあるし・・・
 石畳の道もあるし・・・
 世界遺産もあるし・・・

 よそにあまり無いもの。官が推し進める「イタリアンレストラン」も出来たし、更なる予定もあります。
 特徴だってあるんですね!

 イベント会場らしい雰囲気があって来た人が楽しそうなのは紀和のイベントや育生の「どぶろく祭り」です。
 もうすぐ、その「どぶろく祭り」があります。
 毎年11月23日ですからことしもそうでしょう。
 紀和よりもアクセス道路は良くないですがどぶろくも飲めますよ。

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-05 09:12 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 04日

熊野の旅 飛鳥神社例大祭 割り箸神輿

 昨日、11月3日は熊野市内飛鳥町小阪の飛鳥神社秋の例大祭でした。
 昔は12月1日に行われていたのですが、農作業、秋の取り入れが大幅に早くなったのでここまで繰り上げられたものです。
 この神社は結構古いものらしいのですが、祭だとかには取り立てて古そうな行事はありませんね。
 ここに登場する神輿は「割り箸神輿」という風変わりなものです。
 でも、神世の時代からあるというものでは無く、割合と新しいです。
 20年あまり前でしょうね、生まれたのは・・・

 「飛鳥青年会議」と言う青年団のような組織が考えだしたものです。

 飛鳥神社の祭りには神輿は無いし・・・
 神輿を新調するには千万円とかの賭が掛かるし・・・
 簡単にできそうなもの・・・
 地元に一杯ある木材で・・・
 おりしも町内では割り箸工場も出来ていることだし、「どでかい割り箸を作って担ごう!」と、なったようです。
 当時を知る私の相棒の朝尾君の説明では長さを「幸せ」の語呂合わせで、4m80何センチとかにしたそうです。
 と言う事で山から切り出した巨木を製材して作ったのですが、その時は生の状態で重くて何ともならなかったとか・・・
 そりゃあそうでしょう・・・
 生の杉材は水に浮きませんからね。
d0045383_20355588.jpg

 こんなものです。
 写真は今年の当番の大又を出発する時の光景です。
 集会場の前で担いでデモンストレーションをしたらトラックで神社の傍まで運んで改めて担ぎます。
 遠いですからとても担いで練り歩くことは出来ません。
 来年は小又が当番だそうです。
 担ぎ手も当然のようにその区では揃えられません。
 これはどこの祭りでも同じになってしまったようです。
d0045383_20422227.jpg

 これは今年の舞姫さん達です。
 今年は舞を奉納する時間には私は居ませんでしたから記念写真だけです。
 この浦安の舞も私が子供の頃には無かったように思います。
 そして、今では確保するのに苦労するようです。
 祭を維持するのも大変なんです。
 新しいイベントは生まれるのに・・・

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-04 00:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 03日

熊野の旅 狙いは? 宣伝は? 効果は?

d0045383_22255293.jpg

 きれいです。
 それは認めます。
 でも・・・
 今はバッジを外すことになりましたが、市議会議員として内幕も知る立場からすると、「きれいですね」と喜べない光景なんです。
 昨夜も書きましたけど、1500万と言えば大金ですよね。
 人寄せにもならないようなこんな事に使うのは・・・

 何しろ、「一億円ありき」的なイベントが山積みの「一億円キャンペーン」の中でも目玉の方がこれなんです。
 各地で流行った「〇〇レンジャー」なんてのを呼んで遊ぼうなんて企画もあるんですよ。
 とにかく「予算があるから思いついたら金やるよ」としか取れないのもあります。
 狙いが何なのか・・・
 効果はあるのか???
 独自性はあるのか???
 熊野らしさはあるのか???
 
 そもそも、「熊野尾鷲道路」は高速道路では無いですね。
 「高規格道路」って代物で建設許可が下りた国道のバイパスです。
 作る許可を申請して理由は、「国道42号線尾鷲熊野間は豪雨による通行止めや冬季の雪による通行止めなどがあり、使えないことが多々あるので、その解消のために海岸沿いに高規格道路を作って欲しい」というものでした。
 道路公団による高速道路ではいつになるか分からないと言うことで、建設省直轄の「高規格道路」として認可が下りたのです。
 立役者は三重県二区(五区)の大物・建設族の田村元代議士でした。
 いつの間にやらそれもすり替えられている感じですね。

 その道路が出来て、尾鷲市内以外は高規格道路と高速道路がつながりました。
 でも、この道路が出来たことを全国の人のどれだけが知っているでしょう。
 第二東名の一部開通でさえ知らない人が多いのです。
 外が見えないのかなあ???
 だから、この一億円キャンペーンの狙いがぼけちゃったのでしょうかね。

 今日は明日か神社の祭りです。
 天気は何とかもつとか・・・

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-03 00:10 | 熊野 | Trackback | Comments(3)