LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 31日

熊野の旅 高速道路

 今日は朝からちょいと出かけます。
 津までの130Kmほどを走りますが、かなりの区間が高速道路になって居ます。
 以前から夜中の国道42号は高速道路状態だったのですが、今では昼間も高速道路です。

 国道42号線と並行して走る自動車専用道路はいわゆる「公団」の高速、「近畿自動車道・紀勢線」と尾鷲ー熊野間のように、建設省直轄工事の国道扱いの部分があります。
 「公団」の部分は有料道路ですが「国道」の部分は無料です。
 今は直接はつながっていませんが、つながるとややこしいこともありますね。
 こんな時はETCはよく働くでしょう。
 誤動作しなければの話ですけどね。

 勢和多気のジャンクション以南の部分で出来上がるのに当分使えない区間があるのです。
 紀伊長島ー紀北町の間です。
 なぜ使えないか…
 紀伊長島の赤羽川に掛かる橋の橋脚が傾いてきたので駄目なのです。
 新設の橋がこんな事になったのですが、どうやら、地盤調査が甘くて傾いたとかで、業者のせいではなさそうです。
 こんな不祥事なのに…
 どう言う訳かマスコミさんとはは騒ぎません。
 橋脚の作り直しなどで供用開始が遅れたら大問題のはずです。
 供用開始が遅れなくても、設計レベルでこんな不始末があったのならそれも大問題のはずです。
 たるんでいる???
 世界一単価の高い日本の土木は甘えていると言われていますが、本当なのでしょうか?
 TPPの後で耐えられるの???

 この区間の路面も変な風なうねりがあって怖いです。
 三カ所くらいはあるでしょうね。
 取り立ててひび割れたり段差が目に見えるのでは無いですがおかしな揺れ方をします。
 車によっては居眠り運転防止センサーが働いて警報が鳴ったりするようです。
 東名高速のように大型の重量トラックが走り回る区間ではありません。
 どこか甘いのです。
 嫌ですね、こんなの…
 まあ、区間的には分かっているので私は気をつけて走ります。
 二期続けてのゴールド免許ですからね。
d0045383_84634.jpg


   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-08-31 08:05 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 30日

熊野の旅 こんなにしたようです。

 8月27日に取り上げた「新鬼ヶ城センター」の駐車違反問題…
 すぐに解決したようです。
 昨日には車がなかったとか…
 今日、役所に行ったらそう言っていたので今確認してきました。
d0045383_15494216.jpg

 きれいさっぱり…
 こちら側のバス駐車スペースに並べてありました。
 パチンコ屋の跡、第二駐車場と呼ぶらしきところが完成したらそちらに停めさせるとか言っています。
 通勤手段が自家用車しかない状態ですから、きちんと計画しないといけませんね。
 取り敢えずは、「一件落着」です。

 駐車場が一杯で困ると言うことが年中起きると良いのですけどね。
 自家用車はそこそこ来ても、大きな団体バスが減ってしまっていますからねえ…
 300人、飯が食えるレストラン…
 どれだけ稼働するでしょう…

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-08-30 15:55 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 30日

熊野の旅 市街地周遊バス

 新宮には市内循環バスというのが走っています。
 新宮は中心部「新宮」にほとんどの人が住んでいるし、結構広いので昔からそうしたバスを走らせていました。
 一時期、見掛けなかったようですが、高齢者も増えて今は市民の足として走っています。
 新宮市内も町中の店が随分減って、町中でも買い物弱者が出ています。

 熊野市では、先日書いた「乗り合いタクシー」の運行と同時に、「市街地周遊バス」なんてのを走らせます。
 乗り合いタクシーの車両を土日だけそちらに流用するようです。
 この「市街地周遊バス」は観光客用です。
 じいちゃんばあちゃんは暇だから平日に買い物しろと言うことらしいです。
 
 同じ車両なので、バスとは言っても8人乗りのワゴン車です。
 料金は1回200円ですが、同じ日の乗り継ぎは無料なので、一日券ですね。
 路線バス扱いですから、好きなところには行けません。
 取り敢えずは1日7便です。

鬼ヶ城   8:00  9:00  11:00  12:30  14:30 15:30  16:30
旧栃尾邸 8:02  9:02  11:02  12:32  14:32 15:32  16:32
花の窟   8:06  9:06  11:06  12:36  以下同じ
産田神社 8:10  9:10  11:10  12:40
山崎公園 8:14  9:14  11:14  12:44
熊野倶楽部8:18  9:18  11:18  12:48
熊野市駅 8:28  9:28  11:28  12:58
記念通り 8:29  9:29  11:29  12:59
奥川邸  8:29  9:29  11:29  12:59
松本峠  8:30  9:30  11:30  13:00
鬼ヶ城  8:34  9:34  11:34  13:04

 こんな風です。
 この運行ダイヤは定期バス並みだそうです。
 予定時間より早くバス停を通過してはならないと言う事です。
 土日に市民サービスを止めて走らせる意味があるのかどうか…
 これは市民の「乗り合いタクシー」の利用状況によりますね。
 タクシー業者は二社ですがどちらが請け負うのでしょう。
 一時間に何本もやってきて、見掛けたので乗るなんてほどでも無いし…
 観光客に知られる様になるのは大変ですよね。
 グループ客をこなすには車が小さいし…
 運行開始してからの方が問題がありそうです。
 普通の路線バスも補助金を入れているのですから、赤字は補填は当然ですが、どこまで役に立たせるか…
 よその人へのおもてなしと市民への思いやり…
 それをどう取るか…
 当然、市民の意識も問われますね。

 熊野市の市街地は戦前の規格の道ですから、ワゴン車は走れても、マイクロバスは無理なんです。
 昔は三重交通の新宮行きバスが本町を走っていたのですが、今の時代、そんなことは出来ませんね。

d0045383_9222334.jpg

     始発・終点の鬼ヶ城です。
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-08-30 09:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 29日

熊野の旅 つじつま合わせ 異常気象

 気温とか降水量という物は年間通すと大きな変動が無いくらいになるようです。
 夏暑ければ冬寒い。
 空梅雨だと豪雨がある。
 でも、ここまで異常な現象が続くと、「並」が狂っちゃいますからおかしくなるでしょう。

 今年は空梅雨以来、この熊野ではからから天気が続いています。
 つじつまなんか合いそうに無いです。
 あとは台風の雨で数量あわせしかありません。
 これを合わせるには、中くらいのが5個くらいは接近しないと駄目でしょう。
 元々、二個くらいは接近するのですからね。

 熊野は全く雨不足ですが、他では史上最高とかが続出ですね。
 日本列島をならした時どんな物なのでしょう。
 海水温が3度も余って高いところが日本海など近海にあるようなので、トータルでは増えていて当然なのですけどね。

 今、沖縄の近くに居る台風15号はまだまだ小さな物です。
 意外と発達しない予想みたいですね。
 左の方にずれているので温和しいのかな?
 温和しいままでやってきて、適当に雨を持ってきてくれれば良いのですが…
 台風はこのところの豪雨よりはまんべんなく降らせる事が多いですから期待できます。
 でも、この前の台風12号などはコースは違いますが、同じ場所に降らせ続けました。
 あまり早く進むと風の被害が拡大するし…
 自然現象でもややこしい方に属する台風に「適当」を要求する方が無理でしょうね。

 紀伊半島の台風12号関連水害がかなり注目されましたが、今年の様子を見ていると同等の被害が各地で発生していますね。
 人力ではこうした変化には逆らえません。
 でも、対策しないと…
 この辺では、以前のような「災害復旧」一点張りでは無く、「防災工事」も手がけてくれるようになりました。

 それでも、国会議員とかお役人は昔ながらの道路とか新設工事が大好きなんですね。
 「命のための…」 とか 「生き延びるための…」なんて冠をかぶせましたからね。
 道路だけで無く、野球場や屋内運動場なんてのもそんな冠をかぶしています。
 人口2万弱、年寄りが1/3ほど、中学のソフト部も無くなってきて、少年野球も維持できないと言われ、草野球のチームも無くなってきている所でも、三つ目の野球場が作られるのです。
 もちろん、「避難場所」としての話なんです。
 日本中、こんな話しだらけ…
 でも、作る人の方が人気があるんです。
d0045383_10452215.jpg

 この野球場は新しいのですが、「避難場所」にはならない場所にあるんですけどね。
 高台に作るのが広場では無く、第三の野球場とは…
 ドームではありませんよ。

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-08-29 10:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 28日

熊野の旅 どないかせなあかん…

d0045383_93953.jpg

 写真は昨日の午前10時半の「新鬼ヶ城センター」駐車場入り口、市道部分の光景です。
 駐車場では無い道路の路側に車がずらり…
 鬼ヶ城トンネル口からこちらに向かって来たら…
 「駐車場が一杯なのかな?」と思う光景です。
 でも、駐車場は空いています。
 この時などは、工事用の車両と納品業者の車両以外は私の車の他は二台くらいだけでした。
 なのに…

 この車列は「センター」の従業員の車のようです。
 お客さん用駐車場に止めたは悪いから???
 でも、この状態って異常ですよね。
 たしか、前にも触れましたが、おかしいです。
 通勤には車を使わないと来れないんですけどね。
 なら、元パチンコ屋の方の市の駐車場を使わせるとかしてすっきりしないと…
 10億円も掛けた施設が出来たすぐからこれではねえ…
 まあ、建物にもストックヤードが少ないというおかしな所もあるのですから、「従業員の車に帯する配慮が無くても当たり前なんでしょう。
 せせこましいことは好きでも、人間を考えない偉い学者さんの基本概念から出来上がった物ですからね。
 私などの考えの及ばない所なんでしょう。

 でも…
 「どないかせんとあかんのと違わへんかえ?」
 「みっともないのし!」
 「つんだあると思われて帰った行かれるかもわからんでー」
 「吾がらでは分からんけどの!」
 「なんせ、偉い人が考えたことじゃでのし…」
 「まっこと、つらいのし!」

 いやいや、こんな言葉でごぜいても、偉いさんには意味も分からんでしょう。

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-08-28 09:04 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 27日

熊野の旅 すっかり秋です どうなる?秋の魚

 木本の花火が終わって、もう10日になります。
 先週末からは朝晩涼しくなって肌寒いくらいの風「が吹いています。
 秋ですね。

 黒潮がすごく蛇行しているようです。
 この近くではうんと沖に出ちゃってるのだとか…
 回遊魚はどうなるでしょう?
 近海物とされている物でもほとんどは回遊魚です。
 「いわし」「さんま」なんてのも黒潮次第です。
 漁場が遠くなると、燃料が高い今では捕りにも行けないでしょう。

 「脂ののったサンマ」は北海道から三陸沖、おいしい「脂たっぷりの鯖」はノルウェー、「マグロ」はインド洋と地中海…売り場に並ぶ物も地場物は少ないのですが、それでもここでは地場物が結構出ています。
 捕れると捕れないでは値段も鮮度も違います。
 秋になれば魚も美味しくなるのですがどうなのでしょうね。

 鬼ヶ城に「水産物直販施設」が完成しました。
 いわゆる「おととセンター」みたいな物です。
 35平米ほどの小さめの物で、熊野市が作り熊野漁業協同組合が管理運営する物です。
 9月中旬にはオープンするようですが、営業時間は10:00~14:30を予定しているようです。
 場所が場所ですから、近所のおばさんは居ません。
 以前に国道脇の旧消防署の跡で木本漁協がやった時には、車の通行客にはあまり売れず、近所のおばちゃんに投げ売りなどしていましたし、商売にならずやめちゃいました。
 今回はそんな訳には行かないでしょう。
 テレビのレポートとは違い、各地のこんな施設は苦労しているようです。
 「観光客に魚を売る」…
 焼津のように「魚の町」と言うイメージが定着し、買い物専用のツアーが出るところは別として、フリーの観光客が相手だと…
 「紀伊長島・引本」「尾鷲」「勝浦」に名前負けしない努力が出来るのか…地場の魚で揃えられるのか???お客さんの頭が切り替わるか??
d0045383_10475659.jpg


   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-08-27 10:48 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 26日

熊野の旅 予算・補正・決算

 役所という物は、「法律・条例」と「予算」で動いている物です。
 この二つに基づかない事は、ほんの軽いことしか出来ない様にしてあります。
 そうしないと、偉いさんや役人が何をするか分からないという歴史の教訓から学んだのでしょう。
 不便そうだけど、大切なことです。
 それを監視するのが「議会」と「監査委員」なんです。
 市民にも「監査請求権」とか「直接請求権」とか許されていますが、中々やれる物ではありません。
 条例も予算も公開されていますが、一般市民でこれに目を通す人はまず居ません。
 予算書・決算書も単純な物ですが、説明を受けないと判りにくいものです。
 今の熊野市のそうした書類と付属説明書などは徐々に整備されて私が初めて目にした時より読みよくなって居ます。
 説明要求や資料要求を繰り返してきた成果かも知れません。

 途中の空白を除いて、在籍15年あまり…
 決算審査特別委員会にはほとんど毎年加わっています。
 「決算審査」は使った金の審査ですし、これは「可決・否決」では無く、「認定・不認定」という決着です。
 他の物と違い、「不認定」になっても、「認められなかった」というだけで、当局にはその結果結果が及びません。
 「みっともない」という点では「不信任並」ですけどね。
 内容によっては不正追及となるのです。

 決算審査は特別委員会を組んで審査する議会が多いようです。
 熊野市でもずっとその方式です。
 以前には最高3日掛けたこともあります。
 予算書では読めない部分も出てきますし、100億ほどの出入りですからね。

 決算書って予算額と決算額が非常にすっきり合っています。
 その理由は、予算執行した後で「補正」という形できちんと精算しておくからです。
 国県の補助金が入っているので精算しておかないといけないという面もあるのですが、この、細切れ補正で、うまく予算組みし消化したように見えちゃうのです。
 これも、長年の役所が積み上げたノウハウでしょう。

 成立した「予算書」や審査が終わった「決算書」はどこの町でも公開さっれていると思います。
 一度目を通してみたら面白いかも知れませんよ。
 同じ年度を並べるには二年近くのタイムラグが出ますけどね。 
d0045383_1113451.jpg


   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-08-26 11:14 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 25日

熊野の旅 「役立たず」で済んで良かったのかな?

 昨夜遅くから。少し雨の音が…
 朝にも残っているような雰囲気…
 しかし…
 降ったのは数ミリ…

 今日一日、どんより曇って日が差さず…
 気温も少し低め…
 これが良かったですね。
 もし、雨が降らなくなってすぐに晴れ渡っちゃったら…
 ほんの少しだけ葉っぱを濡らしただけの雨の後で、照りつける太陽で30度を越してきたら大変です。
 植物は根元に水も無いのに濡れた葉っぱの感じで葉っぱから水分を蒸散しようとします。
 そして、枯れることにもなるのです。
 素人が真夏の昼間に庭木に水やりするとこれが起きるんです。
 今日の雨は下手するとこうなる可能性が大きかったのですが、どんより曇ったので「役立たず」で済みました。
d0045383_16402279.jpg

 この写真、お昼過ぎの庭の畑の土です。
 表面もまともに濡れていません。
 ほんの数ミリ程度よく見れば色が違うかな?と言う程度で、湿った土などありません。
 スコップを入れると土埃が立ちます。
 要するに、「お湿り」までも行かなかったのです。

 秋雨前線が南下するなんて言っていますが今夜も期待薄のようです。
 
 役に立つほどって事は、ここまで乾いた状態だと畑の分だけでも50mmでは足り無いでしょう。
 夜のうちに80mmとか100mm降って…
 なんて、都合の良いようには行かないでしょうね。

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-08-25 16:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 25日

熊野の旅 大都市・大資本による囲い込み 観光客

 時々触れるのですが、今の時代、地方の水族館や温泉場は苦戦しています。
 水族館などは以前には「太地に行けばイルカが居る」、「鳥羽に行けばラッコが…」などと、不便で時間の掛かるところまで都会の人は来てくれました。
 近年では「海遊館」なんて大阪の真ん中に水族館が出来て気楽に行けます。
 名古屋だって同様です。
 展示だって、古い田舎の水族館よりは気が利いているし…
 この流れに逆らえず、太地ではイルカもオルカも貸し出しちゃってどんどん自分の首を絞めることに…

 温泉だって、ボーリング技術の進歩で1000mでも平気で掘っちゃいますから、日本中どこでも出ます。
 竹下首相の「ふるさと創生基金」以来、日本は温泉だらけになっちゃって、「温泉がある」と言うことは客寄せの力にはならなくなってきていました。
 昔なら、東京では「池袋温泉」とか「平和島温泉」くらいでなんかしょぼくれていたのですが、今では「大江戸温泉村」をはじめとして、都内に温泉レジャーランドが出来ちゃっています。
 電車賃やガソリン代高速代を使って熱海や伊東に行かなくても…
 まして、遠くの温泉場など…
 テレビでは「秘湯ブーム」なんてもてはやしたこともありますが、あれだって、特定の旅館が一時的に光が当たっただけなんです。
 ここの、紀和町湯ノ口温泉や瀞流荘なんてのも、「名湯〇〇選」なんてのに入っているとか言いますが、客の方は…

 名物、名産品は年中行われている「郷土物産展」でそこそこ手に入りますから、その手の好きな人は百貨店や幕張などに出かけて居ます。
 それに加え、NETでは出かける手間も無く玄関に届くし…

 さらに、ここに来て…
 「ショッピング・ツーリズム」なんて構想が動き出すようですね。
 外国人観光客増加をもくろむ企画ですが、名のごとく「買い物天国」を目指すのだそうです。
 今でも、秋葉原や大阪日本橋が外人の憧れの町なんです。
 それをもっと推し進めようと言うことです。
 和歌山県などは中国人観光客を誘致するのに必死でしたが、そのお客さんを引っ張る目玉が「大阪日本橋家電買い物」だそうです。
 まあ、日本人も少し前まで、香港でもパリでもローマでも「免税店」や「ブランド物本店」を目当ての人が多かった物ですよね。

 こうした流れは、外人も日本人もおよそ観光とかレジャーという物を全部、便利な大都市圏で完結させようという物です。
 大資本が動けばそうした施設は作れます。
 国立公園法だなんだというような規制も無いし…
 さらに、国のサポートも違う形であるようですし…

 自分が都会に住んでいて、故郷が田舎だというので無ければ、家族でどこへ出かけますか?
 このあふれかえる宣伝やガイドブックの中でどれを選びますか???
 おまけに、競争相手にはもっと安く上がる海外も入るのです。
 身の丈に合った地道な観光でやるしか無いでしょう。
 でも、税金は無限だというような夢をぶち上げるy人が偉いのかなあ???
d0045383_1145961.jpg


   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-08-25 11:45 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 24日

熊野の旅 活断層と紀南病院

 三重県が発表したこの地方の活断層は、七里御浜と平行に平坦部と山の境辺りを走っています。
 今後作られる高速道路もこれのすぐそばを走ることになります。
 活断層は何時動くかなんてのは百年か万年単位の話で予測も出来ないくらいでしょう。
 しかし、一旦動いたら、ほんの少しだけ地表にでる程度でも、構築物はひとたまりも無いです、
 だから、極力避けるしか無いですね。
 先般の国土交通省の高速道路の説明会でも、「命の道と冠をかぶすくらいの道なら活断層からはなるだけ話して欲しい」と要望しておきました。

 この活断層で一番困るのは、、南牟婁郡御浜町阿田和の山裾を走る3本の物です。
 ここには、この地方の医療の中核を担う「紀南病院」があります。
 これらの活断層と病院の建物の位置関係など詳しくは分かりません。
 詳しく調査しないと位置も被害の予想も出来ませんが、東南海・南海トラフ地震と連動してほんの少しでも動いたら、大変な事になります。
 事前に被害予想や緊急対応のシュミレーションなどしておくべきでしょう。

 この病院は旧南牟婁郡、今では熊野市、御浜町、紀宝町の組合立です。
 こうした組織に要望や質問を公式に出すのって難しいのです。
 たまたま、私は今、この病院議会の議長の席にあります。
 と言うことで、この活断層の問題を病院理事者側に「質問状」という形で提起させて貰いました。
 どのように対応するかは三つの市・町の長が務める理事者が決めると思います。
 少なくとも、何らかの回答は出てくると思います。
 調査や対応策策定でもかなりの費用も必要でしょうからね。
 これも、たまたまとは言え、この職責にある私の仕事だと思います。

  紀南病院御中
    質問状
 紀南病院はこの地域の中核として、災害時にはその機能を最大限に発揮する物として期待されております。
 今般、本館の新築も決まり更に充実して行くと思われます。
 しかしながら、三重県が発表している東紀州の活断層地図では、紀南病院のある阿田和では何本も活断層が記載されております。
 一部は病院敷地に掛かっているようにも見えます。
 活断層という性格からして、動くか動かないかの予測は難しいですが、一旦動けばどんな構造物をも破壊する力があると言われております。
紀南病院全体、新本館などと活断層の関係は調査されているのでしょうか?
 この点については決して無視できないことなので、次回の会議で説明頂きたいと思います。
   平成25年8月 23日
             紀南病院議会議員
                    中田 征治
d0045383_11383385.jpg


   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-08-24 11:42 | 熊野 | Trackback | Comments(0)