人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 31日

熊野の旅 番外・長野から熊野へ

 西国33カ所の御詠歌をお通夜でやる時には、「一番は紀伊の国、那智山…」から始まって。番外の「信濃の国善光寺…」で終わります。
 今日は昨夜泊まった長野市から一日掛けて紀伊の国熊野まで帰ってきました。
 結構遠いです。
d0045383_2054295.jpg

 十数年ぶりの長野駅でした。
 なんだか変わったような…
 味気ない駅ですね。
 それよりびっくりしたのは…
 「駅前再開発」みたいなのがやられています。
 駅前のワンブロック先辺りが対象らしく更地が出来ていました。
 東京・大阪・名古屋の駅周辺開発でも国の先行きを読んだ時に疑問符が付くなのに、いくら地方の中核とは言え「長野でやるんですか?」という感じです。
 これじゃあ、日本国はもちませんね。
d0045383_2059638.jpg

 よそのことを言うなと言われそうですが…
 この交差点にはエレベーターが設置されているようです。
 朝8時とかでも歩行者もあまりいないしエレベータなんて動いているのかどうか分かりませんが誰も見向きもしません。
 すごいですよね。
 こうした地方都市の駅前は競って近代化しています。
 それにより何所も同じ様な光景に…
 でも、地元では「個性的」と思っている???

 こうして作り出される町とかは5年とかのスパンで考えるものでは無いですよね。
 戦後から高度成長時代までは人口も増えるし経済の発達していました。
 だから、企画することも不思議では無かったのです。
 でも、もう、十数年前には日本の人口が減少に転じ、国力も落ちることが具体的に予測されていました。
 でも、そんな怖いことには目をつぶってきました。
 これは「温暖化」も同じ事ですね。

 まあ、私も自分の高齢化に目をつぶっていますからね。
 でも、これは馬鹿のようにはしゃいで、そして私が死んで行けば済むことです。

 私のような見方をするのっておかしいのでしょうか?
 本当に政治家も市民もこうした事業を立派だと思っているのでしょうか?
 不思議です。

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-07-31 21:11 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 30日

熊野の旅 長野県飯山市 婚活

 今回の出張は灌漑視察というものです。
 テ-マの一つが今日訪れた、長野県飯山市が昨年度から行っている「婚活事業」です。
 今の世の中では一大産業になっている分野ですが、田舎ではなかなかできないものです。
 私も二十数年前に仲間ととも取り組んでみたことがあります。
 人口二万人ほどの田舎では、人集めが大変ですし、集めてきても顔見知りが多すぎる…
 新鮮味が無い時もあるし、飾ってもばれるなんてこともあります。
 男女7.8人ずつ集めてボーリングをやらせ、お昼を食べて…
 それはそれで楽しんでくれるのですが、発展せず…

 だから、同じように2万ほどの市でどうしているのかは興味がありました。
 去年から行って、カップルになったのが30%とか…
 かなりの律です。
 でも、その先の婚約、結婚に至ったのはまだゼロだそうです。
 企画は地元の民間人主体の集まりで、役所が力を貸し、実際の行事とかは「婚活業者」がやっているそうです。
 男は飯山市民という条件をかぶせていますが、女性に関しては市街在住もOK…そうすると、業者さんの会員とかも来てくれるので幅が広がっているようです。
 会の進行もプロですからスムーズらしいです。
 餅は餅屋なのかもしれません。
 意外とコストが掛かっていますけどね。

 事業の性格からして、「実績」を問われるのがつらいと言っています。
 当たり前ですよね。
 無理やりくっつける訳にも行きませんね。
 破局する夫婦が何割にもになろうかというご時世ですから尚更です。

 これを熊野で事業化するにはかなりの関門があるでしょう。
 人集め一つとっても近隣に大きな町もないですから、広がりを作りにくそうです。
 市内はもちろん近隣に婚活業者なんているのかどうか…

 飯山でも私などは対象外なんですけどね。
 年齢の線引きでも色々あるでしょう。
 意外とかさむ経費の負担も市民にどう説明するか…

 カードリーダーを入れたつもりなのですが、入っていません…
 画像も入れられません。
 明日は一日バスの中ですね。
 記事をアップできるのは夜でしょう。

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-07-30 23:28 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 29日

熊野の旅 今日から少し番外

 今日は朝から熊野を離れて信濃路へ…
 中途半端な距離なのでマイクロバス移動だそうです。

 名古屋まで210Km
 大阪まで180Km
 そこまででないと何所へも行けません。
 列車で3時間半とか掛かります。
 車でも同じくらいですね。
 朝出ても、お昼にやっと出発点なんです。
 高速が出来たって遠い物は遠いです。
 列車だって新幹線やリニアが出来るはずも無いし、作るなんて言えば反対します。
 空気を運ぶ線路は要りません。

 ネットブックとランケーブル・カードリーダーは持って行きます。
 何しろ、携帯からブログの更新なんて出来ませんからね。
 ガラケーと言われるやつでも出来るのでしょうけど、片方はインターネット接続は契約外だと思います。
 ネットを始めたのは早いけど、PCにこだわっていますから…
 タブレットもスマートフォンもないです。
 光の環境も無い田舎ですから新物食いしようにも出来ないし、使える頃には興味も無くなります。

 と言うことで…
 本当の記事は夕方以降でしょうね。
d0045383_7153281.jpg


   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-07-29 07:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 28日

熊野の旅 去年、20万人 熊野大花火大会

 去年の熊野大花火大会の主催者発表の観客は20万人でした。
 今までで最高だったのだそうです。
 でも、何十年も花火会場の真ん中、国道脇に暮らしてきた私の経験からして、道路の混み具合は少なく、終了後に浜の観客が捌けてしまうまでの時間はいつもより早かったです。
 「今年は空いてるねえ…」と話していたら…
 観客は空前の数字が発表されました。
 何所でも数えていないのですからどうにでもなる数字ですが、市の職員でも???と言う声があったのも事実です。
 その時にも。「来年は土曜日だし、どんな数字を発表するのだろう?」と言われていました。
 デモ隊の数が「主催者」「警視庁」で倍以上差がありました。
 そして、「大本営発表」は…

 以前の土曜日の頃は発表で15万人とかだったと思います。
 観客が着かなかったから少なかった??
 
 昨日の記事を書いてから、こうしたことを思い出しました。
 去年の史上最高の人出で、あんなに早く国道も流れ出したのだったら…
 でも、その空前の人出の根拠も分からないし…
 駐車場の整理の方法や道路誘導が変わったのでも無いし…
 お客さんがものすごく賢くなった???
 それしか考えられませんね。
 もしそうなら…
 今年も大丈夫???
 そして人出は25万人???

 そんなことはまずありませんから、早く出てきて下さいね。
d0045383_854610.jpg


   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図ですいn

by je2luz | 2013-07-28 08:54 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 27日

熊野の旅 熊野大花火大会

 あと3週間で「熊野大花火大会」です。
 今年は土曜日ですから混雑は大変な物になるでしょう。
 以前に土曜日になった時は、花火見物の団体バスの最後のが我が家の前にたどり着いたのが午前2時でした、
 バスの前には「熊野大花火と勝浦温泉の旅」と書いてありましたが、もちろん花火など音も聞こえず、勝浦について朝風呂入ってすぐに帰るというツアーになっちゃいました。
 今回はその経験から、バス会社はうんと早く動くでしょう。
 でも、マイカー族では見られない人も一杯出るかと思います。
 ネックの最初は鬼ヶ城トンネルをでたところの二丁目信号なんです。
 今年は開通前の高速の一時使用を考えるとか言っていますが、ボトルネックはこの部分からなので混雑解消にはあまり役立ちませんね。
 アマチュア無線を使って長年、交通状態の把握と誘導をやって居たので、状況が分かりよいのです。

 名古屋方面から42号を南下してくるの車も、大阪奈良方面から169号で来る車も熊野市内に入って合流しちゃい、急勾配の佐田坂を下り。更に鬼ヶ城トンネル手前で311号まで飲み込みます、
 鬼ヶ城トンネルの部分では迂回路なしの一本道です。
 そして、二丁目の信号で…
 それからさき、駐車場への分岐も慣れない人ばかりですからねえ…

 熊野に入るのが午前中の人はあまり停滞なしで着くでしょう。
 早すぎるから…なんて考えて、午後に熊野入りしようと考えた人はいきなり動かなくなってしまいます。
 夕方着けば良いだろうなんて計算した人はおそらく着きませんね。
 名古屋でも大阪でも早朝出発、こっちへ来てから時間をつぶすことを考えて下さい。
 ファミレスもパーラーも無いですが、スーパー、市民会館、図書館、市役所などでは冷房が入っています。
 年に一日のためには食堂や休憩所を作る訳には行きませんからね。
 「有料浜席」というの以外は花火見物って無料ですから…
d0045383_8381154.jpg

 こんなのに乗ってくればゆったり見られるでしょう。
 おそらく今年には空き席なんか無いでしょうけどね。
 どうせ乗るなら一番良い場所を毎年確保する「ASUKA II」にした方が良いと思います。
 花火はなるべく近くで見ないと…
 ことに、熊野名物の「鬼ヶ城大仕掛け」は音を楽しむのですから、離れたら迫力が無くなります。
d0045383_8462722.jpg


   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図ですいn

by je2luz | 2013-07-27 08:50 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 26日

熊野の旅 これから…

 今週末には新鹿ではビーチバレー大会があるのでしょうね。
 先週は音楽のイベントがあったし…
 新鹿はこの辺では一番大きな海水浴場をもっていて、観光協会も独立してやって居た位、観光には頑張ってきています。
 減ってしまいましたが、民宿も一杯あったのです。
 「女性自身」でしたっけ…
 昔はタイアップして売り出したこともありました。

 その新鹿も過疎化は進んでいるし、高齢化も進んでいるし…
 海水浴場を整備したり、イベントをやるのも大変になってきているのでしょうね。
 海水浴場って営業できる日にちがすごく短いですからね。
 5週間くらい…
 それもやっぱり週末のお天気頼み…
 「民宿も無い・・・」
 なんて言われますが、民宿を建てても元が引けないのです。
 「ウィンド・サーフィン」「シーカヤック」なんて言っても、集客できるようになるのも大変みたいです。
 日本中海だらけ…
 ワゴン車でやってきて野宿…
 海はただなんですよね。
 まあ、都会近郊の山も地元では困っているところもあるようです。
 とうとう、富士山は有料に…
 でも、地元や地元自治体は大変なんですよ。
 新鹿なんか、水遊びの人のために市内唯一の津波避難タワーまで作ってあるのですから…

 御浜の椰子の木公園でも音楽のイベントがあるのだとか…
 次の3日土曜日は「紀和の火祭り」
 4日日曜日は「響鼓in熊野 2013」という太鼓の祭りが記念通りで…
 その頃には松原の「竜宮さん」…
 16日には「三丁目夜店」
 17日は「熊野大花火大会」
 五郷町の祭りが無いようですが、飛鳥の「青年会議の祭り」もあるし…
 大変ですね。
 お盆頃には同級会も多いし…
d0045383_9152384.jpg

 
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図ですいn

by je2luz | 2013-07-26 09:16 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 25日

熊野の旅 木本堤防 修景工事について

 この工事は昨日の「改修工事」とは少し違い、出来上がった堤防の景観を良くしようという物です。
 だから、当初の計画では機能的には役に立たない壁面の装飾だとかが盛り込まれていました。
 本文にもありますように、住民としてはそうした金を掛けるなら、「堤防本来の機能向上に役立つようにして貰いたい」と、要望してほぼ満額回答をいただきました。
 その経緯は以前にここにも載せました。

      木本堤防 修景工事について
 同じ木本新堤防についての修景工事という工事がもう一つあります。
 今年度中に着工されますが入札はまだです。
 
 この工事は新堤防の景観を整えるという物で、担当部署の違う物です。
 おおよその内容は説明会もありましたし、私の機関誌でもお知らせしました。
 ガードレールも無くて歩行に危険のある堤防を遊歩道にするために、天場の国道側にコンクリートの立ち上げが出来ます。
 最初は華奢な網状の物が図面にありましたが、堤防は波を止めるための物…旧堤防が二重堤防として高波を止めた事実もある…と言うことで、頑丈な物を要求し、取り入れられました。
 さらに、今付けてある国道側の階段が急ですから、観光客や障害者の方でも上がれるように、スロープも要望し、付けて貰えるようになりました。
 これも、最初は新出町の裏の一カ所だったのですが、観光ルートも勘案し、三丁目裏にも付けることになりました。

 木本堤防に関しては、四半世紀前、当初の計画の不備を指摘して、住民運動を始めてから要所要所で要望を出して来ましたが、有難いことに、要望の主な物はほとんど聞き届けられてきました。
 さらに、沖合の「潜堤」という目立たないけど効果抜群の物も建設されました。
 田舎の小さな町、外海に面したところで、このような高額な費用(木本で60億)のかかる潜堤で守ってもらって居るところは木本が最初だったのです。
 黙っていて出来る物ではありませんから、地道に要求したことと、当時の運輸省の技官がたまたま木本海岸を知っていて、浸食の事実に驚いて力を貸してくれたからこそ出来たのです。

 木本は海岸の町にしては、本町で海抜11mから12m程度…その上に作られた堤防は海抜15mほどもあり、さらに、湾になって居ないと言うことで、津波には強いところなのです。
 しかし、「南海トラフ」が動いたら…
 最大の物は防げなくても、ほとんどの津波は何とか防げるはずです。
 それでも、6カ所の樋門が開いていたら、全国有数の海抜15mの堤防が役に立ちません。
 
 不便かも知れませんが、この一連の工事が進んだ時には、樋門の順次閉鎖にご協力下さい。
 年に何回かの不便を我慢して、何百人もの命を救って下さい。
d0045383_8264594.jpg


  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-07-25 08:27 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 24日

熊野の旅 木本堤防 改修工事

下の記事は「清流」の増刊号一面の記事です・

 木本海岸堤防も今の新堤防の着工から四半世紀を越え、ようやく最終段階に入っています。
 以前は「高潮対策」が主眼の堤防でしたが、前回の東南海地震から70年経過して、次の回が近づき、更には「南海トラフ大地震」まで予測されるようになり、津波対策の面が重要になって居ます。
 これを受けて、国では堤防に開けられた通路の常時閉鎖に舵を切りました。
 高潮・高波は予測され時間の余裕もあるので警報が出てからの閉鎖が可能です。
 しかし、津波は地震発生から数分で到達することもあるので常時閉鎖しておかないと役に立たないのです。

 近隣でも有馬や南牟婁ではすでに樋門は閉じられておりますが、木本海岸だけ開いております。
 これは木本だけが堤防から浜に下りる階段が作られていなかったからです。

 堤防が完成し、旧堤防の取り壊しの時に、新堤防が本来の役割を果たすためには樋門の閉鎖が不可欠ですあり、そのためには堤防から浜へ下りる会談の設置が不可欠だとして要望しておりました。
 悪いことに、その年に台風12号関連の大水害が発生し、この工事は予算がありながら着工延期になっていました。
 地震は明日起きるかも知れないので不安はあったのですが、我慢せざるを得なかったのです。

 ようやく、今年から着工されるようになり、入札も終わりました。
 計画の6カ所の階段のうち、二丁目の樋門から布袋町の樋門までの4カ所が今年度に作られます。
 有馬とかの階段とは違い、幅1.8mのゆったりした物が出来ます。
 工事に掛かるのは花火が終わり、台風の影響の少ない時期になると思います。
 位置は樋門のすぐ脇で鬼ヶ城よりになります。

 完成後は浜にでるのは多少不便になりますが、木本の市街地を守るために、門の閉鎖にご協力下さい。 
d0045383_12582338.jpg





  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-07-24 12:59 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 23日

熊野の旅 熊野市「暮らしの便利手帖」 2

 昨日は「暮らしの便利手帖」の発行の経緯について書きました。
 今日はその中味に触れます。
 
 内容は「世界遺産」「災害」「役所案内」と、盛りだくさんです。
 手元に置いてあれば役に立つことが載っています。

 しかし…
 残念なことに、「活字が小さい」のです。
 普通の記事で11~12ポイントくらいでしょう。
 私は市民向けの機関誌や町内向け資料を作る時、出来るだけ14ポイントの活字を使います。
 理由は、高齢者が多いのでこのサイズにしないと読めない人が増えるからです。
 活字を大きくすると、当然収められる字数・記事が少なくなるのですが、読みよく無ければと言う配慮なのです。
 そういう面での配慮が無いのは、世の中の常識が若い人、健勝者中心だからでしょう。
 市民の3割から4割の人が苦労する…
 残念なことですね。

 部分的に10ポイント位なんてのはありますが、観光とかでこの冊子の役割を外れた部分は読めなくても…
 かなり前に朝日新聞がほんの少し活字を大きくしたこともあるくらいです。
 そうした「やさしさ」も欲しいですね。
 行政の発行する刊行物すべてについてですけどね。
 常識をほんの少し変えれば良いだけです。

 この冊子がどのように活用されるのか評価されるのか…
 こうした事業は難しいです。
d0045383_9194079.jpg


  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-07-23 09:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 22日

熊野の旅 熊野市 暮らしの便利帳2013

 「熊野市 暮らしの便利帳 2013」てえのが配られました。
 サブタイトルが「わが街事典」だそうです。
 発行  熊野市 と 株式会社サイネックス
 広告販売 株式会社サイネックス 三重支店
  と言う物です。
 津波のハザードマップなどを含め役所の届け出や仕事についてを載せた96頁の冊子です。

 公金で作って配るという方式をやめて、民間の資金を活用する…と言うことで企画した物です。
 中味については、これを読んで理解できるお年寄りがどれだけ居るだろう…とか、どれだけ保管してくれるだろう…なんて事は何所の街でもあることです。
 この冊子に関して起きた問題は、「広告料が高い」「役所のお墨付きを得て業者が広告代をむしっていった」という商売人の不満です。
 確かに、「公印省略」とまで印刷した、市長名の公文書をもって広告販売に回っていたのです。
 「ここまでやるかよ!」と言う商法です。
 田舎の商売人はお役所に弱いんです。
 不承不承広告掲載に応じた所もあります。
 担当課には、「いかにもやり過ぎだから広告辞退、返金には応じるようにして欲しい」と、申し込んではあったのですが…

 この件に関しては担当課の見解は、「実績のある立派な会社だから…」と言うことで、私などから見た、「この手の会社は業界ゴロ」という見方とは根本的に違うのです。
 広告を出している事業所を見ると、「補助金を貰っているので断れない?」、「市の指定が必要だから断りにくい?」と言う感じのところがありますね。
 公文書まで発行し、業者にお墨付きを与えて広告取りするとなると、すごい圧力を感じたし、形を変えた税金に感じられたようです。
 もちろん、市民向けに配布された冊子は無料ですけどね。
 この冊子を1万部あまり作るのに集めた広告がこの程度なんだから、広告料は高くて当たり前でしょう。

 皆さんが中まで呼んでくれて、保存し、折に触れて参考にしてくれれば広告の価値もありますが…
 市役所が小さくて親切ですから、ややこしい冊子を引っ張り出して調べるより、出かけていって聞いた方が早いと思う市民も多いでしょう。
 ものすごく不親切な役所なら活用されるかも知れませんが、熊野市役所は役所としては親切なんです。
 素性の知れた子ばっかりですからね。
 それが田舎の町の良いところでしょう。
d0045383_9554751.jpg

 余談ですが…
 背表紙の全面広告が「セレモニーホール」…
 高齢化が進んでいますからね。

 このような規格はまともに予算も伴わないので議会でのチェックも効きにくいのです。
 「民間活力」と言いますが、下手するとこうした動きになるし、役所の考えと民間の考えでは随分開きがあることになります。

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-07-22 09:59 | 熊野 | Trackback | Comments(0)