人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 37 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

熊野の旅 熊野の上水道

 熊野市の水道の歴史は古いです。
 前にも書いたように、木本は黒潮が運んだ砂利が積み上がった土地の上に出来た町で、井戸を掘るのは大変な土質です。
 砂利浜に深い穴は掘れませんからね。
 
 江戸時代には、背後の山から延々と木製の樋で水を引っ張って石の船に貯めて使ったりしたようですが、いかんせん全く足りませんから町が大きくなれなかったようです。
 明治23年に木本に町制が敷かれた時、「西郷川・にしごうがわ」から土管で本町沿いに給水したのが最初です。
 この土管が粗悪品だったとかで作り直したのが明治36年だそうで、本格的上水道が出来るまで使われたそうです。

 近代式上水道が出来たのが昭和11年に起工した新田を水源とする木本上水道です。
 この時期にはまだ、田舎町では本格的な上水道が無かったのですが、水に苦労してきた木本ですから。町の命運をかけて計画したようです。
 計画書では「木本町及び有井村一円とし推定人口11.000人に給水する」とあります。
 この人口は今と同じかな?
 給水量は一人1日0.084立方メートル(3.0立方尺)という小さな物で尺貫法です。

 同じ年に木本と尾鷲の間の省営バスが矢ノ川越えで開通しています。
 紀勢鉄道が新宮との間で開通したのが昭和15年です。
 獅子岩や鬼ヶ城が国立公園になったのが上水道と同じ昭和11年です。
 ちなみに国会議事堂が出来たのも昭和11年で、木本上水道完成記念のスタンプを国会議事堂完成記念切手に押した初日シートがありました。

 このように、この頃に木本は大きく変貌したようです。
 「高速が出来て観光が変わる」というより、遙かに大きな変化だったでしょう。

 こうして出来た木本上水道は昭和の大合併の後、当初は給水できなかった旧有井村のほぼ全域のも給水するために井戸川の伏流水や大泊、宮川の伏流水、産田川の伏流水、大前池水源など拡充して行きました。
 昭和初期の生活と違い一人頭の使用量は桁違いに増えましたからね。
 そして、今年、新しい水源を確保するために井戸の田圃でボーリングが行われています。
 浄水施設、貯水施設から離れているので、目下県道七色峡線の道路を掘り返して管の埋設工事が行われています。
 人口が激減していても、水源の位置の関係もあり、能力の落ちた宇井の水源の代わりが必要なのです。

 水道って結構施設費が掛かる物です。
 耐用年数も長いのですが、何所の町でも昔設置した配管の老朽化が進んでいるし、今流の耐震構造の配管にしたくても金が無いのが実情なのです。
 あって当たり前の水なんですが、実態は大変なのです。
 一カ所壊れれば、その手前の止水栓から先は断水です。
 電線のようにバイパスはさせにくいのです。

 どこの町でもおそらくそうでしょうが、「インフラ」なんて呼ばれる物の中で一番大切なのに更新が遅れているのが上水道でしょう。
 土の中で目に触れませんしね。
 公示で止めても苦情が来るほどやりにくい物です。
d0045383_9392147.jpg



  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-06-30 09:39 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 29日

熊野の旅 古道歩き ハイキング 観光にあらず

 以前から取り上げるのですが、世界遺産・熊野古道にやってくる人は、大きく分けて三種類です。
 1.観光バスを仕立ててやってきて、古道は目的では無く「熊野三山参り」が主な目的の「観光客」
 2.グループとかでやってくる、見るからに「ハイカー」と言った風体のお客さん。
 3.一人とか二人のようにひっそりやってくる「古道マニア」
 こんな感じですね。
 見掛けも行動もかなり違います。

 1番目が行政の言う「観光産業」のターゲットです。
 でも、あの人達の目的は和歌山県側になります。
 松本峠とか大吹峠は行程外の場合が多いです。
 予算的には豊かでお金も使うのですが、やっぱり和歌山県側が多くなっているようです。
 人間の心理は同じ様なもので、例えば飛騨路に入って私たちの財布のひもが緩むのは「飛騨高山」とか「飛騨古川」ですよね。
 途中にも町はあるんですけどね。
 この心理を書き換えるのは大変ですよ。

 2番目の人が木本などの町中で見掛ける物です。
 大した峠では無いので峠を越えてきても結構元気です。
 次の目的地を地図で確認しながら足早に通って行きます。
 この人達は結構リピーターが多いのです。
 といっても、よほどで無い限り同じルートは歩きません。
 「熊野古道」自体は遍路道で残っているのは単なる峠道です。
 おまけにあちこちに点在し、何度来ても中々全部は回れない物です。
 このグループは中高年の方が多いです。
 そして、基本的にはお金を使いません。
 お土産なんか要らないんです。
 そんなお金があったら、違う峠を歩きたいのです。
 何か気に入った物があれば自分用に買う程度なんです。
 土産物をぶら下げて歩く姿などほとんど見ません。
 誰だって「ハイキングの途中」では土産買わないでしょう?
 悪いことに、グループで行動するのでお昼ご飯も持参とか、計画の立てよいコンビニ弁当になっちゃうのです。

 3番目はもう論外の人たちです。

 こんな状況なので、古道歩きの道筋にお店があっても、ほとんど立ち寄りません。
 トイレは借りに来ても、飲み物一つ買わない…
 私がたまに顔を出すお店も嘆いています。
 連休などは店を閉めたくなるって…
 そりゃあ気のきいた店でではありませんよ。
 まして有名でもなし…
 でも、数少ない食べ物にありつける店なんですけどね。
 まさか、『古道内、飲食物持ち込み禁止!』て訳には行きませんね。
 
 古道の宿命で、普通の観光地のように食堂とかは固まることは出来ません。
 何しろ、普通の山道だとか、里の道、一般市街地ですからね。
 熊野三山とか以外はへそが無いのです。

 こんな状態ですから、地元の人と観光が遊離しちゃっています。
 何となく。「観光客が増えれば…」なんて言いますが、一般市民には実感が無いのです。、
d0045383_1949966.jpg


  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-06-29 19:54 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 29日

熊野の旅 時間が…

 今日取り上げようとした話題はあるのですが…
 時間が…
 でも、夜までには書けると思います。
d0045383_9372297.jpg




  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-06-29 09:38 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 28日

熊野の旅 明日から不景気に

 今日、熊野市議会6月臨時会がありました。
 議題は一つだけ…
 国からの要請を受けての給料引き下げです。
 一般職員より市長などの方の引き下げ額は大きいのですが…
 7月から来年3月までの期間限定の給料引き下げ条例です。

 この件に関しては、引き下げようと引き下げまいと地方交付税を減額するというもので、地方自治もへったくれも無いのです。
 そのため。全国の自治体で対応が割れています。
 三重県下でも取り敢えず引き下げないところもあるのです。

 昔からのやり方で、こうしたことに逆らうと、それ以降の予算配分で国による「いじめ」があるのです。
 「お宅は財政状況がよろしいようで…」と言う一言で、地方自治体は震え上がるのです。
 三割自治なんて言葉が常識だった時代以上に地方自治体の財政は逼迫し、ほとんどの事業が補助金頼みですからね。

 今回の国の要請は、平均しで7.8%の引き下げです。
 しかし、熊野市の場合、職員数削減とかの影響で少し年齢構成が高いのでそれだけの率でカットすると、国の目標を超えます。
 手当とかの部分で下げたように見える数字で組合とも妥結したようですが、総額では国の方針にほぼ満額で応じた物です。
 つまり、職員についても地域経済にとっても事実上の配慮なしの条例でした。

 と言うことで、
 1.地方自治無視の国の方針に反対する
 2.数字のまやかしのような偽の配慮は容認できない。
 3.うち続く給料カットによる地域経済の疲弊は無視できない、
 4.職員の士気低下が懸念され、市民サービスの低下も予想される。
 などという理由を本会議の反対討論で述べて、条例案に反対しました。

 積極賛成と言うほどの人は居らず、心情的には反対が多いのに、結果は賛成12反対2で可決されました。
 もう少し反対が多ければ地方の意思が伝わるのですが…
d0045383_12564775.jpg




  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-06-28 12:58 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 27日

熊野の旅 たまには褒めることも…

買い物弱者対策
 高齢化と過疎が進んで、田舎の集落から「お店」が消えて行きました。
 これは全国的な事「ですし、都市部でも起きていることなのです。
 こうして、日常の買い物にも不便している人たちを「買い物弱者」という言葉で呼ぶくらいです。
 人口が減ると、需要も減るので移動販売の業者さんも商売にならなくて減って行きます。それは、この地方でも起きていますね。
 昔は何台も走っていたのに今では週に一回とか…
 よそでは、生きるために必要な移動販売に助成しているところもあります。そして、そうした自治体が増えています。
 バスも数は少ないし、それに乗って買い物に行くと言っても大変な事です、やっぱり近くまで来てくれる移動販売は有難い物です。
 これに関しては、以前に議会で要望したのですが実現していません。
 「個人の営業に補助するのは…」などという建前論で「住民」不在の考えです、
 今、声を出さないと移動販売をする人もいなくなってからでは手遅れです。
 集会などでどんどん声を出して、住民の声を届けてください。大きな力になって、この事業も実現するはずです。  

 これは「清流19号」に一部地区で挟み込んでいる「増刊号」の記事です。
 半分褒めて半分けなす?
 でも、これが行政の現実の姿なのです。
 このあたりに首長の性格の違いが出てくるのです。
 その少しの違いがで良いのが住民福祉の部分ですね。
 原則論でやろうとすると出来ない部分が増えてしまうのが住民の福利厚生です。
 でも、田舎って意外と住民は声を出さない物です。
 市政懇談会をやっても出ないんです。
 物を言ったからといって「お手討ち」にならないのに…
d0045383_7345032.jpg

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-06-27 07:35 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 26日

熊野の旅 熊野の不満分子???

 昨日、私の政治団体「中田せいじと一緒に熊野を考える会」の機関誌、『清流』第19号の印刷が上がりました。
 印刷部数は、本会議で宣言したとおり、A3裏表、3000部です。
 熊野の世帯数は9700ほどです。
 サービスで多く刷ってくれたのを入れれば、ほぼ1/3の世帯に届く勘定です。
 私の場合折り込みでは無く自分でポストに入れて歩くので、かなり頑張らないといけませんね。
 昨夜は木本町の一部に300部入れました。
 木本だけで800くらいあるのですが、坂のあるところは敬遠しますね。
 更に、親地町方面には増刊のA5裏表も入ります。
 政治団体なので寄付や会費もありますが足りませんね。
 私には支援団体とか無く、一匹狼が好きですからね。

 毎回のことですが、会報の発行は定例会の後になりますね。
 もう一人、道後議員も同様に機関誌を発行しています。
 私のは横書き二段組みですが、道後君のは縦書きです。
 お年寄りには縦書きの方が馴染みよいかも知れませんね。

 このような機関誌を発行しようという動機は、やっぱり「不満」「憤懣」があるからですね。
 完全与党になれば改めて書き立てることも無いでしょう。
 と言うことは…
 この二人は熊野・河上体制から見れば、「不満分子」でしょうね。
 そんなに厳しく書く訳でも無く、本当のことを市民に分かって貰おうとしているだけなんですけどねえ…
 政務調査費とか会派手当なんて無い田舎の議会ですから結構負担もあるのですが、言いたいことを言う代金ですから安いかも知れません。
 酒を飲むよりは安いですからね。

 なんだか天気の悪い日が続くのだとか、困りますね。
 参議院選挙の告示までにどれだけ撒けるやら…
 一日700部こなせば4日で2800部なんですが、足がもつかどうか???

 VW UP!で遊ぶのはその先です。
 このビラ配りは原付とアルトで無いと…
 不満分子は目立たないように潜行しないと、シベリア送りとかになるかも知れませんからね。
 将軍様の国だと「矯正収容所」なんてのに送られるんでしょう?

 それでも、機関誌の中で行政を褒めることもあるし、事業への協力を要請することだってありますよ。
 何でも反対って事では無いですからね。
 全部に賛成できないだけです。
 そして、「大人」になりきれないのです。
d0045383_847198.jpg


  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-06-26 08:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 25日

やってきた 赤い彗星

 ようやく、赤い彗星がやってきました。
 赤い彗星と言っても「シャー」ではありません。
 小さな、『フォルクスワーゲン MOVE UP!」です。
 排気量が1000ccですから、カッ飛ぶ訳には行きません。
 ドイツのレポートでは最高速度は200Km/hだそうです。
d0045383_17192713.jpg

 お昼頃に電話があり、二時過ぎに体が空いたので自動車屋に行くとこれが座っていました。
 津からセールスマンが同行していましたが、取り立てて聞くほどの説明もなし…
 すぐに保険屋に連絡し、休ませてある保険が生きているかの確認を頼んで、手続きに入りました。
 二番目の息子のシルビアに付けていた保険がまだ生きていたので、割引の最高で入れました。
 一応新車なので車両も入り…
 と言う途中で…
 一番に乗せる約束の天使ちゃんから連絡で、家で待っているとのこと…
 すぐに駆けつけて乗って貰いました。

 少なくとも女の子が嫌がる車ではありませんからね。
 約束通り、誰も乗せない車に乗って貰えました。。
 これからも乗ってくれるそうです。
 まずは良かったです。

 ナンバーは指定ナンバーですから電話番号と共通ですが。前を覚えられるかどうか…
d0045383_1728675.jpg

 とりあえず、庭で写真を撮っておきました。
 少し目立ち気味のチビッチャイのが明日から熊野をうろつきます。
 もっとも、チョイ乗りは相変わらず青いアルトですけどね。

 ちょこっとしか乗っていませんが、マニュアルで走れば結構走れそうです。
 ただ…
 ミッションとクラッチをコンピュータ制御しているので、発進時に思うようにシフトに入らなかったりします。
 少し、慣れが必要ですね。

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-06-25 17:35 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 25日

熊野の旅 近畿自動車道紀勢線(新宮~大泊)説明会

 昨夜は二つの会議が同じ時間の行われました。
 どちらに出るかを考えたのですが、有馬町で行われた「近畿自動車道紀勢線(新宮~大泊)に関する説明会」の方に出ました。
 主催は「国土交通省」の出先になる「紀勢国道事務所」です。

 住民や業界団体などで2416件とやらのアンケートの回答を元に?ルートもほぼ固まったと言うことでの説明会でした。
 山際のルートでかなりの幅を持たせてあります。
 これでも、もう、ブローカーは暗躍しているのでしょう。
 金の臭いのするところには必ず群がりますからね。
 これが日本の土木事業が高くなる要因でもあります。
d0045383_8291612.jpg

 この図面が高速道路の予定図です。
 「少し山裾に降りているなあ…」という感じですがこのルートの範囲に収めるつもりでしょうね。
 今から測量には入り、設計、そして用地買収…
 気が遠くなるほど掛かるはずです。
 里山とミカン畑がほとんどですが民家も掛かります。
 新宮市内などは市街地を真っ二つ…
 通れるのかな?

 まあ、その辺りは私の関与するところでは無いのですが、この図面に書かれていない地形があるのです。
 先頃地図まで発表された「活断層」が、このルート沿いに何本も走っているのです。
 場所によっては道路の直下になりそうです。
 「命の道」なんて言うのですから、避けられる限り活断層は外して貰いたいです。
 こうした指摘を民間からする人がいないので、私が出て行った訳です。
 向こうとしては表に出したくない話ですが、ほおかむりでは済まないことですから、きちんと注文を付けました。
 その詳細な図面は…
  http://www.bosaimie.jp/mhe00.html
 「図117有馬」「図124下市木」「図128阿田和」「図131鵜殿」にあります。
 住民説明会とは言え、国道事務所の所長さんや熊野市の建設課の課長以下職員も出席した物ですから声は無視できないはずです。

 私は市議会議員ですが、こうした国の事業に関しては中々声を届かせにくい物なのです。
 こうした機会を捉えて要望するのが一番確実です。
 質疑要望の時間に発言しておき…
 終わってから名刺交換して「よろしくお願い」するのです。
 そんな時にほんの少し「議員」の肩書きが役に立つでしょう。
 こんな時しか名刺を使うことも無いですしね。
 4年間で40枚使うかなあ???
 ブロガー、カメラマンとして使うことはありますけどね。

 先の長い話で、私が生きているうちには完成しないでしょう。
 でも、出来るだけのことはしておかないと…
 どうせ作るのですからね。

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-06-25 08:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 24日

熊野の旅 続々ライバルが…

 「富士山」がユネスコ・世界文化遺産に登録されたようで良かったですね。
 やっぱり富士山は日本の象徴ですからね。
 「フジヤマ」「ゲイシャガール」なんて変なのと並べられたこともあるし、東京空襲の時の目印になったこともあるようですけどね。
 私はしんどいことが嫌いなので、富士には登りませんでした。
 利尻富士なんてのは登りましたけど…
 高さなら富士山より高いモンブランに登りましたが登山電車だし…

 「紀伊山地の霊場とその参詣道」…「熊野古道」が世界文化遺産に登録されて来年で10年です。
 その間には「石見銀山」「平泉・中尊寺」など文化遺産と「知床」[小笠原」の自然遺産が登録されました。

 自然遺産は直接のライバルでは無いですが、文化遺産は同じ様なものですから観光から見ればライバルですね。
 「鎌倉」が外れたのですが、鎌倉の場合は元々首都圏から近いので強いです。
 富士山も本体だけで無く周辺全部含めると大変な動員力がありますね。
 誰が見ても綺麗な山…絵になる山…なんです。
 この辺の矢ノ川峠とか那智妙法とかでも、「富士山が見える」と言うだけでやってくる人がいるくらいですからね。

 四国のお遍路道も立候補するだとかしないだとか言っているようですね。
 本物の巡礼さんの数だと、四国88カ所には熊野の参詣道は勝てそうに無いです。
 向こうはきちんと系統立って作られた観光ルートでもありますからね。

 それにしても、日本中が世界遺産だらけ…
 今度は北朝鮮も二つ目の指定が出たのだとか…
 為替が円安に振れたと言ってもやっぱり海外の方が割安なんです。
 それに・・・
 目新しいですよね。
 
 地道に暮らすしか無いでしょう…
 なんて言うと叱られますが、本当はそれしか無いでしょう。
 だって、全国が同じように観光振興に力を入れ、同じ様なことやって居るのですからねえ…
 「秘境」を売り物にするはずの所でもやることは同じ…
 開発から外れて残された紀伊山地も高速が出来、国道も良くなり、何所にも秘境は無くなってますね。
 ひょっとすると東京都の奥多摩の方が「秘境」らしいかも知れません。 
d0045383_92441.jpg

 田舎の人って、「田舎くさい」のが嫌いなんです。
 これは昔からなんですけどね。
 だから、ハイカラな物を作りたがるし、気の利いた土産物を作りたがるんです。
 極めつけが、熊野の「イタリアかぶれ」かも知れませんね。
 まあ、イタリアの南部、ソレント周辺も田舎ですけどね。
 でも、都会の人…「都会人だと思っている人」が田舎に来る時には「田舎らしさ」を求めているんです。
 ここは軽井沢では無いんですから…

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-06-24 09:35 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 23日

熊野の旅 鰺の唐揚げ

 この辺は「鰺」が良く出回ります。
 鰺は鰯ほどでは無いですが、やっぱり青い魚ですから足が速いです。
 「足」と言っても泳ぐスピードでは無く痛み具合です。

 田舎の漁場の町ですから、地元で獲れた物が出てきますから、新鮮です。
 そして、東京などで見掛ける「立派な鰺」ではなく、小さめの物が多く出てきます。
 「豆鰺」と言われるものですね。

 新鮮ですから、刺身もいけます。
 天麩羅・フライ・唐揚げ… 油を使っても新鮮で無ければ美味しくないのです。
 写真は今日の夕食用の豆鰺です。
 エラとワタを取れば大丈夫の大きさです。
 包丁は要りませんね。

 東京だとあの大きな鰺を唐揚げにしますから、カリカリに揚げても骨は硬いです。
 でも、熊野の唐揚げは頭も骨も柔らかです。
 それに、安いです。
 安売りで無くても120円くらいです。
 二人前はありますね。
 安い時だと更に半値ですね、

 こんな風に「豆鰺」だとか「小鰯」を食べていれば、安いし体に良いのですけどね。
 でも、包丁も使わずに出来ることでも、つい面倒だと思っちゃいます。
 一人だから余計なんですけどね。
 誰かに食べさせるためなら面倒なんて思いませんが…

 熊野は昔から田舎で貧乏な人の郷です。
 貴族も士族も居ませんからね。
 それに、この辺で共存してきた神々なんて種族は丸のまま備えられた魚を食しますしね。
 人間の方は、地で揚がる魚を、色んな食べ方で目先を変えたのでしょう。
 すぐに荒れる外海ですから、保存用の干物も色々考えたのでしょうね。
 でも…
 不精者が多かったのか、何でも丸干しにしちゃう「丸干し文化」が出来ちゃいました。
d0045383_17311544.jpg


  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-06-23 17:34 | 熊野 | Trackback | Comments(0)