人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 28日

熊野の旅 2013年の熊野市 5

 今日で載せ終わります。
 高速道路開通記念事業「高速開通!熊野!1億円キャンペーン!」

33.ご当地戦隊集合事業 191万5千円
 熊野市のご当地戦隊ヒーローを誕生させ、県内各地のご当地ヒーローを招いてイベントを開催します。
 ※今更…ですか?あちこちの使い古しのアイデアをちょいと齧ってどうするのでしょう?誰が喜ぶのでしょう??

34.イタリアコーナー整備事業 123万3千円
 集客拠点施設にイタリアコーナーを整備し、たとは一味違う集客拠点を作ります。
 ※姉妹都市にはブラジルのバストスもあるのですけどねえ…ブラジル人って一杯日本に居るんですよね。こんな展示とかで集客できる???

35.鉱山資料館魅力向上事業 18万5千円
 鉱山資料館の1階休憩室を暗室に改修し、ブラックライトを用いて国内屈指の「蛍石」を発光させ、入館者増加につなげます。
 もともとの規模が小さいのでねえ…予算も小さいですが…

36.会場遊覧事業補助事業 60万円
 熊野漁協が新規に観光バス一台分の乗客を会場遊覧させる事業を行うため、この立ち上げに掛かる経費に対し支援を行います。
 ※全体事業費はどんな物でしょう?この予算規模って???

37.熊野大花火大会記念花火打ち上げ事業 500万円
 8月17日に開催予定の熊野大花火大に開通記念花火を打ち上げます。
 ※純粋に増加なのでしょうか??開通の随分前ですが…それに、その後で毎月上げるって言うし…

38.ビューポイント整備事業 230万円
 これまで整備を行った5ヶ所に加えて新たなビューポイントを追加・整備し、周遊してもらうためにパンフレットでPRします。
 ※申し訳ないですが勉強不測で元の5箇所も分かりません。

39.誘客と周遊による活性化推進事業 100万円
 各種集客拠点を回遊できる仕掛けを考え、まちなかへの来訪者及び滞在時間の増加を図ります。
 ※市民の買い物もままならない町なんですが…

40.グルメクーポン店めぐり事業 109万7千円
 宿泊施設・飲食店等を周遊するグルメをテーマにしたスタンプラリーを実施します。
 ※一過性ではないのかな?イベントのためのイベントでは効果は???

41.謎解きウォーク開催事業 79万4千円
 市街地の観光ポイントを周遊する謎解きウォークを開催します。
 ※例によって仕込みの子供でじっせきつくりになら無ければよいのですが…

42.熊野フォト・スタンプラリー開催事業 99万5千円
 市内の観光ポイントを周遊するスタンプラリーを開催します。
 ※これも上のような感じの仕込みの文化人で終わらなければ良いのですが…フォトって?

43.高速道路開通記念補助事業 1000万円
 各種市民団体に高速開通を盛り上げるためにの事業を考えていただき、イベント等の事業費に対し補助を行います。
 ※まさにばら撒き!!!秋11月頃になんかありましたっけねえ…かんぐりすぎでしょうか?

 と、言うことで簡単なコメントつきで紹介させていただきました。
 こんな嫌味込みでも紹介される機会はほとんど無いまま、「1億992万5千円」が使われるのです。
d0045383_829546.jpg


   
熊野市周辺地図です
 tabi

by je2luz | 2013-02-28 08:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 27日

熊野の旅 2013年度の熊野市 4

 まだ続きます・・・
 高速道路開通記念事業「高速開通!熊野!1億円キャンペーン」

21.ナイトガーデン開催事業 19万8千円
 来春のオープンガーデンの期間中にナイトガーデンを実施するための準備をします。
 ※平成26年予算に実施する金が計上されると言うことでしょう。

22.集客ライトアップ事業 121万6千円
 獅子岩、花の窟のライトアップを行い、集客につなげます。
 ※誘蛾灯みたいにゆきますか???どうやってよその人に知らせるの??多分市民も知らないままで終わるのでは?

23.市街地イルミネーション事業 1488万5千円
 文化交流センター、駅前、記念通りなどをイルミネーションで飾り付けます。
 ※無人の場所を飾ってどうするの?? 商店も閉まっているし…よそがやってるからってねえ…

24.歓迎のぼり設置事業 113万9千円
 市全体に歓迎ののぼり等を立てます。
 ※パチンコ屋でも立てるのですから…

25.熊野あんどん回廊事業 67万円
 市街地をはじめ、市全域であんどんやちょうちんを設置して歓迎ムードを高めます。
 ※高速で来た人が谷中に市街をうろつきますか?どこに止まるのかなあ???

26.熊野市広報用映像制作事業 411万6千円
 高速道路開通や熊野古道世界遺産登録10周年を迎えるにあたって、プロモーション映像を制作し、テレビ、イベント会場、Webサイトなどさまざまな放送媒体を使って、熊野市の魅力をPRします。
 ※のく的の割に予算が小さいような気もします。お蔵入りさせずに活用出来れば良いのですが・・・

27.熊野市メディア広告事業 2133万円
 高速道路開通やキャンペーンをテレビ・ラジオで大々的にPRするほか、熊野市の特産品のCMを放送します。
 ※これも、常識からするとものすごく少ない予算です、圏内版でチョロってやるのでは中途半端で効果は期待できないでしょう。

28.「伊勢から熊野」集客UP事業 268万円
 伊勢遷宮の観光客を熊野市に誘客するため、伊勢市内定期バスを利用した情報発信を行います。
 ※伊勢に来てから予定変更して熊野に降りてくる人はどれだけ期待できるのでしょう?

29.観光案内スマホ活用事業 68万千円
 スマートフォンアプリを活用して観光情報を発信します。
 ※スマホが無いのでコメントしません。

30.観光タクシー事業 10万7千円
 観光に関する研修を行って、観光案内の出来るタクシーを整備します。
 ※タクシー内の案内トーキーでも置いたら?

31.食のキャンペーン事業 74万8千円
 熊野市を訪れた観光客のおもてなしアップのため、宿泊施設、飲食店において丼や鍋物のキャンペーンを行います。
 ※特産品を使ったメニュー開発とかですかね?

32.歓迎ポスター等作成事業 237万7千円
 観光ポスターやパンフレット、キャンペーン関連のイベントを一覧にしたカレンダーを作成します。
 ※どのように役立つところに配布するか…役所関係ではこんなのが掲示されていますがよそではあまり見掛けない物です。

 あと10項目です。
 いささか疲れました。
 ネタ探ししなくて済みますが…
 コメントも付け続けられません。
 外部からの集客という意味では???な物もありますね。
 ここでやったからって、わざわざ誰が???と言う物もあります。
 明日もこれの続きです。
d0045383_10182197.jpg


   
熊野市周辺地図です
 tabi

by je2luz | 2013-02-27 10:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 26日

熊野の旅 2013年度の熊野市 3

 一昨日からの続きです。
 高速道路開通記念事業「高速開通!熊野!1億円キャンペーン」

12.シンポジウム「古代から現代の道」開催事業 8万6千円
 高速道路の開通にあわせて、『人間と道との関わり』を多面的に見つめるセミナーを開催します。
 ※??と言うほど少額の予算ですね。こうしたよそからでは無いのかな?

13.拓けゆく熊野路シンポジウム開催事業 46万円
 記録映画「国道42号矢ノ川峠改修記録」(旧建設省政策)、教育映画「道」(東映制作)の上映や、写真パネル展示、旧国鉄バスの実物大写真や模型の展示を行います。
 ※実物のボンネットバスじゃあ無いんですね。写真パネルって以前のを流用するのなら私が中学の時に撮った矢ノ川峠の茶屋の写真もあるのかな?

14.水泳教室開催事業 53万5千円
 元オリンピック選手等による子ども水泳教室を紀和町B&Gで開催します。
 ※無理矢理ねじ込んだような物ですね。まさに便乗!

15.海水浴場魅力向上事業 86万3千円
 新たなマリンスポーツとして人気が高まっているスタンドアップバトルサーフィンの講習会を開催します。
 ※外部からの集客では無く、同好会の補助に終わりそうな気もしますね。

16.防災と観光のためのトレイル整備事業 124万5千円
 紀和町の観光施設等を結ぶ自然を活かしたトレッキングコースを整備します。また、災害時には集落の孤立防止の道としても利用できるようにします。
 ※役所って横文字が好きですねえ…英語の秀才ばかり採用しているのでしょう。これは「熊野古道」では無い道なんでしょうね。
 この予算でどれだけ出来るのでしょう?側溝の補修代より安いです。

17.トレイルランニングレース大会開催事業 98万円
 ランニングブームのなか、山道などを走るトレイルランニングが関東地方を中心に爆発的に人口を増やしているため、新たに整備されるコースでトレイルランニングレース大会を開催し、集客を図ります。
※???としか言えません。

18.サイクルデイイン熊野開催事業 78万3千円
 開通を記念して、一流選手等を講師に迎え、大学生や高校生を対象に実技指導や練習方法等を中心とした自転車競技のクリニック(研修)を行います。
 ※私は外大の出では無いので最後の方まで読まないと分かりませんでした。でも括弧書きで日本語があるのはご愛敬です。これも便乗でしょう。

19.全国高等学校女子ソフトボール選抜大会開催事業 240万円
 開通を記念して、全国高等学校女子ソフトボール選抜大会を開催するための経費に対し補助を行います。
 ※スポーツは波及効果が大きいのだそうです。ホテルのオーナーは喜ぶ???でも、もはや地元では女子ソフトボール部が存続できる学校が無くなってきましたよね。

20.日本女子ソフトボールリーグ開催事業 190万円
 開通を記念して、日本女子ソフトボールリーグ1部第2節を開催するための経費に対し補助します。
 ※上と同様です、市民じゃ無いんですけどねえ…

 ようやく半分まで来ました。
 オリンピック・国体・県体など何でも便乗予算てえのがある物です。
 世界遺産も随分口実に使われていますね。
d0045383_8531628.jpg


   
熊野市周辺地図です
 tabi

by je2luz | 2013-02-26 08:53 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 25日

熊野の旅 平成25年度の熊野市 2

 昨日の続きです。
 高速道路開通記念事業「高速開通!熊野!1億円キャンペーン」

4.カークラブ招待事業 128万円
  市外のカークラブ(日本車、外車)を招待し、山崎運動公園や記念通りなどで展示し、市内パレードを実施します。
  ※これには、テレビでやっているような「違法改造車」が来ないように要請しておきました。
   ターゲットののはっきりしない企画ですが・・・

5.高速道路ウォーキング開催事業 122万9千円
  開通前の記念イベントとして、開通前の高速道路でウォーキングを行います。
  ※どこでも行うやつです。
   これは完全に地元向け、市民向けの福利厚生部門でしょう。

6.平成の熊野古道マラソン大会開催事業 247万円
  開通前の記念イベントとして、開通前の高速道路でマラソン大会を行います。
  ※結構大きな予算を使いますね。
   目的がよく分からん…自己満足で終わらなければ良いのですがねえ。

7.ステージイベント開催事業 128万7千円
  開通前の記念イベントとして、鬼ヶ城周辺でステージイベントを開催します。
   ※それで無くても市長が駐車場不足を口にしているのに…

8.物産展開催事業 16万円
  開通前の記念イベントとして開催されるステージイベント周辺で、物産展を開催します。
  ※小さな予算ですね。
   それに、誰がターゲットなの???
   関係者以外鬼ヶ城まで出かけますか???

9.第九演奏会開催事業 248万9千円
  高速道路開通の喜びに対し、地元コーラス団体や都市部の楽団による「歓喜の歌」第九演奏会を開催します。
  ※さぞかし市民も歓喜の涙を流すでしょう。

10.高速道路交通安全講習会開催事業 8万5千円
  市民向けに高速道路の安全な利用方法についての講習会を開催します。
  ※言うほどのこと無し

11.挨拶運動おもてなし推進大会開催事業 169万6千円
  挨拶運動おもてなし推進大会を市民会館で開催し、挨拶運動を全市的に展開して、おもてなしの気運を盛り上げます。
  ※これって、本来は熊野古道の時に本格的にやるべきだったのでは?
   「熊野古道は遍路道…観光道路では無い」というのが私のスタンスです。

 ようやく1/4まで来ました。
 なにしろ1億円使うのですから…
 イベントのためのイベントにならないことを祈る気持ちになりますね。
 駅前完成イベントのこの花のイベントのように70万掛けたのにあったことも知らない人が多かったなんて事にならないことを祈ります。
 これも、主催者は至極満足していましたよ。

d0045383_856454.jpg


   
熊野市周辺地図です
 tabi

by je2luz | 2013-02-25 09:00 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 24日

熊野の旅 平成25年度の熊野市

 昨日少しだけ触れたのですが、「平成25年度熊野市一般会計予算」が正式じゃ無いですが提示されました。
 正式にはこの予算書案が日の目を見るのは、熊野市議会3月定例会が開会され議案として提出された時のはずです。
 しかし、その一週間前の「議事運営委員会」、「全員協議会」で議案が配布されるので、それの終了後に市長が記者会見を開いて発表するようになっています。
 この番外の一週間と開会・上程後の一週間で「一般会計予算」をはじめとして。「水道会計特別会計」などの特別会計予算、条例改正など最初から出てくる28本の議案の精読をしなくてはなりません。
 付箋を買ってきましたが、予算とか決算となると項目数が膨大になるので、付箋を貼る箇所も膨大になります。
 まあ、計算に関しては今では間違いは無いのですが、事業の重要性とか公平性には目を光らせないといけません。
 当初予算の否決なんてのは中々無いものですが、議会って物は「チェック機関」という意味が大きいのですから…
 それによって、執行部の暴走を防げるはずです。
 もう一つ「・・・
 議員だから知りうること…
 機密事項で無くても、膨大な行政業務に埋もれている矛盾点などを市民の皆さんに知らせるのも役目でしょうね。
 「政務調査費」なんてのがある訳でも無いので、やれば持ち出しですが、報酬をもらっているのですから少しくらいはやれます。
 熊野市全戸配布なんてやれば報酬が消えちゃいますけどね。

 予算の中に散らばっている物では…
 「高速道路開通記念事業「高速開通!熊野!1億円キャンペーン」というのがあります。
 一般会計の予算規模は人件費や謝金返済・災害復旧なんてのを含めて、127億円ほどですから、1億円って結構比率が高いのです。
 全部で43項目で予算総額は1億992万5千円です。
 事業数が多いのでいっぺんに全部は掛けませんね。
 一番最初のが昨日書いた 「高速開通・記念花火打上事業」990万4千円です。
 名目は、熊野市を花火の町としてさらに売り出すために、今秋からの毎月第4土曜日に田のイベントと連携して花火大会を実施します。
 やることを外に知らせるのが大変ですね。
 昔と違い、日本中で花火大会のある時代ですから、小さな物では…

 2.グルメイベント開催事業 255万3千円
  記念通りや本町通りにおいて、今秋からの毎月第4日曜日に計6回のグルメイベントを実施します。
   これも、外からの客を呼ぶのはどうするの?
   中途半端な規模での内向きのイベントでは意味が無くなります。

 3.熊野グルメウィーク開催事業 224万5千円
   二木島で養殖されているマグロ、熊野地鶏など市内の農産物・水産物を食材としたメニューを、市内飲食店において1週間程度を9回、計9週間提供し、集客アップを目指します。
  これも同様で、これは外部からの集客をうたっているだけにPRをどうするのやら・・・
  全国、金太郎飴状態ですからね。
  私がやれるPRなんてほんの少しだけです。
  常連の方々ばかりのようなブログですから…

 このような物が43並びますが、まだ予算が通った訳では無いので「計画段階」ですね。
 少しずつ載せて行きます。
d0045383_10584744.jpg


   
熊野市周辺地図です
 tabi

by je2luz | 2013-02-24 10:58 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 23日

熊野の旅 画像のみ…

 昨日、平成25年度熊野市一般会計予算」ほかの議案が配布されました。
 今は両面印刷になって薄くはなりましたが、それでも100億を超える予算ですから膨大な項目になります。
 きちんと目を通さないと…
 疑問点とかに不戦を張り出すときりが無い…
 張っていないページが少なくなります。

 以前と違い、私が留守の間に「議案質疑」やら「反対討論まで通告しておかないと出来ないなんて、議員の自由がかなり奪われたものになってしまっています。
 誰かの続きの「関連質問」も出来ないことになっています。
 少しばかり。規則を作って近代化したように見えるのですが、実態は形骸化の入り口が開いたようです。
 イギリスの国会のように「時間無制限」までは言いませんがねえ…

 それだけの理由では無いのですが、今日は画像をアップしてお茶を濁します。
d0045383_13241282.jpg






   
熊野市周辺地図です
 tabi

by je2luz | 2013-02-23 13:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 22日

熊野の旅 これなんですが…

d0045383_1753669.jpg

 少し前に載せたのですが写真が無かったのです。
 この四角い小窓が二つ並んでいる機械…
 電源は上に小さなソーラーパネルがあります。
 外部との連絡用のケーブルとかは見当たりません。

 設置されているのは「松本峠」の入り口です。
 通行量のカウンター???

 ここをいろんな意味で管理している熊野市教育委員会も知りません。、
 おそらく、三重県が設置したのでしょうね。
 この場所は朝日の時間は完全に逆光ですからカメラでは無いでしょう。
 に、しても何の表示もありません。
 そして、壊されても居ません。

 このときも7・8回行ったり来たりしましたからカウンターなら進んだでしょう。
 ものすごく安っぽい機械ですけど、「県」が設置するのですから「お安く」はなっていないのでしょうね。
 
   
熊野市周辺地図です
 tabi

by je2luz | 2013-02-22 17:52 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 22日

熊野の旅 これなんですが…

d0045383_1753669.jpg

 少し前に載せたのですが写真が無かったのです。
 この四角い小窓が二つ並んでいる機械…
 電源は上に小さなソーラーパネルがあります。
 外部との連絡用のケーブルとかは見当たりません。

 設置されているのは「松本峠」の入り口です。
 通行量のカウンター???

 ここをいろんな意味で管理している熊野市教育委員会も知りません。、
 おそらく、三重県が設置したのでしょうね。
 この場所は朝日の時間は完全に逆光ですからカメラでは無いでしょう。
 に、しても何の表示もありません。
 そして、壊されても居ません。

 このときも7・8回行ったり来たりしましたからカウンターなら進んだでしょう。
 ものすごく安っぽい機械ですけど、「県」が設置するのですから「お安く」はなっていないのでしょうね。
 
   
熊野市周辺地図です
 tabi

by je2luz | 2013-02-22 17:52 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 21日

熊野の旅 卒業シーズン

 春が近づくと、卒業式が続きます。
 小学校の数が減ってきているのでその数も減っては居るのですが…
 そして、講堂・屋内体育館が段々広く感じるようになりました。
 卒業式はまだ寒いんですよね。
 
 田舎では小学校から中学校に進む時にばらばらになることはほとんどありません。
 「有名私立中学」なんてありませんからね。
 ほんの一部、近大付属の中高一貫教育をうたう私立の方の新宮高校に行くだけです。
 だから、学校と先生との別れだけですね。
 中学の時は今のところ木本高校と紀南高校があって二つに別れ、一部は就職という風な本当の別れが始まります。
 これも、もう少しすれば一つになっちゃうでしょうね。
 大きくなっても仲間が増えるだけ…
 良いのやら悪いのやら…
 高校が一つになっても「高校全入」…

 そうそう…
 今では「卒業式」では無く「卒業証書授与式」と呼んでいるように思います。
 あの紙をもらう事が大事なのかなあ???
 あれは「しるし」「あかし」だと思うのですが…
 「卒業」「修了」という事実の方が大切だと思うのは私だけでしょうか?
 呼び名を変えた理由はどこなのでしょうね?

 旧飛鳥村でたった一つになった新・飛鳥小学校
 それでも卒業生は一桁のはずです。
d0045383_8513868.jpg


   
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-02-21 08:54 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 20日

熊野の旅 貨物列車廃止

 今度のダイヤ改正で紀勢本線の貨物列車が廃止になるそうです。
 ここにも何度か写真を掲載したジーゼル機関車DD51の引っ張る、製紙会社の荷物を積んだ専用貨物列車です。
 紀南高校の下校時に阿田和付近を走っていました。

 専用列車ですから途中での荷役があるでも無し…
 熊野市駅で時間調整していても待避線でおとなしく止まっているだけで、汽車好きの人以外は居るのも気付かないくらいでしょう。
 時間が来ると駅員の見送りも無く出て行きます。
 旅客列車と貨物では会社が違いますからね。

 かつてはここから出て行く材木も貨物で運んでいました。
 紀勢線が全通してからは貨物列車で東京の市場に出せるようになったからです。
 時間が掛かるのがやっかいなことで、「春闘」華やかなりし頃だと、春先には東京に着くのはいつの事やら…
 空の貨車が回されてくるのもいつの事やら・・・
 熊野市駅で積むと人力なので荷物は傷まないのですが、大泊で積むとクレーンになり当て物をしてくれない係に当たると荷物に傷が入るし…
 なんてことで、トラックの時代になると、製材所の荷物はごっそりトラックに変わりました。
 トラックだと製材工場から市場まで直接届くし。列車だとこちらでも貨車一杯になる分、何回もトラックで駅まで運ばなくてはならないし、東京でも恵比寿の貨物駅とかから市場まで日通なんて会社のトラックを使うし…
 ちっとも合理的では無かったのです。
 コンテナでは無く無蓋車でしたからね。

 この廃止される貨物列車の荷扱い駅は「鵜殿駅」です。
 これがあるので鵜殿駅は構内も広く線路も多いのです。
 JR東海では一番南の最後の駅なのですが、旅客の方はJR西日本の「新宮駅」が始発・終着になるので、鵜殿駅は途中駅になります。
 3月の廃止以降は保線用車両が置かれるくらいで線路も使われなくてさびて行くのでしょうね。

 貨物列車の肩代わりは船だそうです。
 コンテナですから船の荷役も簡単でしょう。

 「準急」が無くなり「急行」も「快速」も無くなりました。
 国鉄もJRなんてのになりました。
 貨物列車も消えます。
 まだ、紀勢線が消えないだけましなのでしょうね。
d0045383_9585589.jpg


   
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-02-20 10:00 | 熊野 | Trackback | Comments(0)