LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 31日

熊野の旅 まだ下準備中 七色峡線

 想像よりも進捗状況が悪かったです。
 災害から一年半近くなっているのに、現場の状況は復旧工事の下準備中ですね。
 災害箇所が多かった大夫12号関連水害では土建業者の不足が端から予想はされていたのですが、民家の近くとか緊急性、要望の強いところから着工していったことと、七色峡線のように災害規模の大きな所は大手しか手を出せないので余計に遅れるのです。
d0045383_100415.jpg

 このような路面が消えた箇所もあります。
 この沿線の災害の多くが、護岸の擁壁の根っこが下の岩盤に食いつかせていなかったことで洗い出されて滑り落ちるように崩落したものです。
 基礎工事の設計がキチンとされていれば起きなかったであろう災害ですね。
 ここまでこうした箇所が多いと言うことは業者の手抜きで岩着していないと言うことでは無いでしょう。

 山腹崩壊の場所では、「谷」とは思えなかった小さな「峪」がくずれて、大きな谷が出現していました。
d0045383_1045954.jpg

d0045383_1051984.jpg

 上の所などは山の上まで崩落していて岩盤が見えるところまで行きました。
 ここの箇所は、鉄製の崩落防止柵が作られて居たのですが、以前から台風の時などに木が寝返りしていることが見掛けられ、地盤の悪さが見えていたのですが、想定を遙かに超える崩落が起きました。
 まだまだ岩が重なった状態なので固定化するのは大変ですね。

 こんな状況でほとんど手がついていないで、復旧工事のための準備と、「七色峡線」を通行可能にするための「仮設道路」の準備に掛かったところです。
 現状では、谷を埋めた仮設工事道路などを使えば全線通行可能ですが、一雨降れば谷底部分は流れちゃう構造です。
 今は渇水期で農業用水くらいの水量しかありませんけどね。

 復旧工事のスケジュール入り図面ももらってきました。
 ステップ4まで書かれていますが、完全通行可能というステップ4が、平成26年10月~なんて気の長い話なのです。
 ただ・・・
 ゴールデンウィークと「神川桜祭り」の時には何とか解放したいという配慮もされています。
 
 図面がA3ですからスキャナーには掛からないし…
 現場を知らない方には図面も役に立たないし…

 私は井戸の方から原付で現場入りしたので20分ほどでしたが、皆さんは飛鳥・五郷・神川経由ですから一時間かかったようです。
 もっとも、下からのルートは昨日でも「関係車両以外通行止め」でしたね。
 昨日は説明会の関係で大きな工事は止まっていたので入れました。

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-01-31 10:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 30日

熊野の旅 一年半ぶり…大峪道

 今日は県道七色峡線…旧大峪林道の災害復旧現場説明があります。
 やられたのが、一昨年の12号台風ですから、一年半になろうとしています。
 まだ復旧はおろか刈り道も出来ていません。
 地形的に最悪の場所がやられているからです。
 山は崖、谷は狭くて河原も無し…仮設道路も一度対岸に渡ってから山を削って作らないといけないというので、ようやく仮道の見込みがついたところです。
 現場はこちら側から行けば10分ほどですが、車の近くまで寄せられないと言うことも有り、飛鳥・五郷・神川ぐるっと回って集合せよとのことです。
 なんだか、10分の所を1時間あまり掛けるのもばからしいので、この際、原付で行けるところまで登って歩くことにしました。
 所要時間は???

 と言うことで…
 重いニコンはやめにして久々にSONY α350 を持って出ます。
 これも出番が減っていますね。
d0045383_9414491.jpg

 これは下流部で今回見に行くのはこんな生やさしいものではありません。

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-01-30 09:38 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 29日

熊野の旅 焦げたかな?

 今日は暖かです。
 だから、寒さで思考能力が低下した訳ではなさそうです。
 暑さでオーバーヒートしようにも暖房は入っていないし…
 どうも、旧式のパソコン並みに「焦げた」ようです。
 困ったことに、私の頭には「リセットボタン」がありません。
 パソコンだとコンセントを抜いて強制終了させるのですが、人間は強制終了させちゃったら立ち上がらないですよね。
 困ったものです。

 久々に…
 「画像のみ」てえことにします。
 2013年熊野市成人式です。
 全画像は{MIXI・熊野市}の「熊野の写真」にアップしてあります。
 熊野にもかわいい子や美人が一杯居ますよ。
 「一杯」と書いておく方が無難ですよね。

d0045383_9205791.jpg

d0045383_921201.jpg

d0045383_9214673.jpg


    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-01-29 09:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 28日

熊野の旅 こんなのが復活だそうです

 新聞によると…
 紀和町丸山地区では「大年祭り」と言うのが60年ぶりに復活するのだそうです。
 このときの「とし」はおそらく「歳」を使っていたのでしょうね。

 去年は「金山」で「相撲取り踊り」が復活しましたし、地域の伝統を残そうというのは悪いことでは無いですね。
 
 元々、節分の日に行われていたようで、氏神様に豆を持って参り、豆を食べたりどぶろく飲んだりしたのだそうです。
 私が子供の頃にお寺でやっていた「星祭り」とよく似たものでしょう。

 この復活も、「ボランティア」と書いてありますが、多分に役所がらみの臭いもします。
 「ユネスコ」が「千枚だ保存会」の活動を「プロジェクト未来遺産」とやらに登録したことで始まったそうです。
 日にちは、「節分」では無く一週間ほど遅れです。
   2月9日 午後4時 から
   紀和町丸山  丸山神社
   催し物 太鼓演奏 ミニコンサート
       6時半頃から 豆まき 餅ほり
       どぶろくや茶がゆの振る舞い
 だ、そうです。

 私は出かけるかどうか判りません。
 位ですから懐中電灯が必要だそうです。

 問い合わせ先が 熊野市役所・地域振興課 0597-97-1115 だそうです。
 まあ、地域振興か宗教行事か・・・までは言いますまい。
 でも、こうなると市内の祭り全部の案内を「観光協会」とかで無く「市役所本体」がやらないと…
d0045383_9154960.jpg


    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-01-28 09:16 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 27日

あと一週間で春です

 来週の日曜日は「節分」ですね。
 そして、月曜日4日は「立春」です。
 暦の上では「春」になります。
 すでに日差しは随分強くなったし、日は長くなっています。

 子供の頃、「節分」にはちゃんと豆を蒔きました。
 一升枡に大豆を入れ、鬼にぶっつけるために皮で拾ってきた小さな小石も用意して撒きましたね。
 標準的に、「鬼は外、福は内」でした。
 家の七にはそっと撒いて、雨戸を開けて庭に撒く時は鬼を追い払うように勢いよく撒いたものです。
 玄関には「鬼の目突き・ひいらぎ」と鰯などを竹に付けたものを飾りました。
 そんなに独特のものでは無いようです。
 お寺さんでも「節分」の法要?があったと思います。
 神社での年男年女の豆まきなんてのは記憶に無いです。
 そして、年の数だけ豆を食べる…

 近年になると、『この辺では無かったはずの「恵方巻」なんてのが入ってきました。
 今年の「恵方」は南南東だそうです。
 ここからだと、潮岬沖方向…東南海地震の震源地候補の方向です。
 そんな方向に向かって喜んで「福が来る!」なんて大口を開ける気になりませんね。
 それに、これが元々無かった地方にまでコンビニやスーパーの思惑と『うれしがりのマスコミ』が広げちゃったのです。
 いやはや…
 グローバル化も良いですが風習まで破壊するようでは…

 「バレンタインデー」もそうでしたね。
 近年では「ハロウィーン」なんてのが広がってますね。
 そのうち、「なまはげ」なんてのが日本中歩き出したり・・・
 ???
 これは商業ベースに乗らないからダメでしょうね。

 尾鷲は「節分」に便乗して、「枡」「豆」「いわし」なんてののセットを随分前から出しています。
 ローカルのテレビでは毎年取り上げているようです。
 どれくらい売れるのでしょう?

 この辺は「鬼」の本拠地です。
 海には海賊・山には山賊でしたからね。
 なのに…
 「鬼は外!」なんですね。
d0045383_9574634.jpg


    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-01-27 09:58 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 26日

熊野の旅 城下町

 熊野にはお殿様は居ませんでした。
 だから城下町にはなりませんでした。

 日本最古の神社・「花の窟神社」はありますが、都からも遠く、古代信仰の形で社殿すら無いくらいですから「門前町」にもなりませんでした。

 近代では「挙母町」が「豊田市」になったように。「企業城下町」も生まれました。
 しかし、この地方では、せいぜい新宮周辺にパルプ・製紙工場が三つ出来た程度で町を支配するほどのものでは無かったです。
 たった一つそれらしく見えたのは「鵜殿村」でしょうね。
 2Km四方しか無いところに大きな「紀州製紙」の工場が座ったので城下町と言うより工場が叢を占領していましたからね。
 狭すぎて社宅などは隣の紀宝町にたくさんありました。
 それでも、財政面では工場のおかげで随分楽で、地方交付税の非交付自治体だったこともあります。
 製紙業界の不況でそれも無くなり、とうとう合併して『鵜殿村』が消えましたね。

 この「企業城下町」の一つ、亀山市が近年は大変な状況のようです。
 シャープ自体の存続が取りざたされるのですから仕方ないでしょう。
 隣の尾鷲市は「中部電力・三田火力発電所」のおかげで城下町化していなしたが、無人化に近い合理化によって財政が一気に悪化しましたね。
 このように、「企業城下町」も安泰では無くなりました。
 九週当りでもキャノンなどの撤退や合理化でひどい状態の所もあるようです。
 なにしろ、自治体の財政って言うものは、入ってくる以上に上乗せして使う構造ですから、調子のよい時に思いっきり財政を放漫経営化しますからね。
 広がった財布は閉められないのも行政なんです。

 こう見てくると、城下町にならなかった熊野はバブル崩壊もリーマンショックも円高もあまり影響受けませんでした。
 城下町にならなかったのは、昔の奈良県奥田知事のようなポリシーからでは無く、土地が異常に高かったという条件もあったのですけどね。
 パイルを二本継ぎで打ち込んでも届かない沼地を20万円じゃ無ければ…なんてのがありましたからね。
 よそでは出来上がった『工業団地』が5万円でも売れていないのに…

 こんな町なのに…
 近年の財政支出は大盤振る舞い…
 「高速道路」が出来れば元を引くなんて…
d0045383_846574.jpg


    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-01-26 08:48 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 25日

熊野の旅 ライバルは?

 近いところでは「東海自動車道」とやらも段々出来ているようです。
 「第二東名」も一部供用開始していますね。
 そのほかの全国で出来ている高速道路などのニュースは全く流れませんから知りません。

 「九州新幹線」が出来て、鉄道での観光客の流れが変わったとか…
 増えたところがあれば減ったところもでているようです。
 もうすぐ「北陸新幹線」が東京方面からも使えるようになるとか…
 加賀温泉郷などは、もう観光客誘致に動いているとか…
 紀伊半島に新幹線を作るなんて話を講演会でしたよそから来た女性国会議員が居て失笑を買った事がありますが、いくら国が公共事業優先でも在来線の特急が空っぽで走るところに新幹線は作りませんよね。

 飛行機も路線が出来たり消えたりしているようですが各地の飛行場も生き残りをかけて活動中ですね。
 この紀州には「白浜飛行場」はありますが、ここから110Kmほど向こうの話です。
 反対側で同じ距離くらいにある津の近くの「明野飛行場」は自衛隊基地で民間は使えません。
 まともな飛行場は「セントレア・中部国際空港」「県営名古屋空港」か「関空」「伊丹」ってことで、200Kmほど先です。
 飛行機で来る方が遠くなる位なのです。

 かつては「コミューター空港」なんてのが騒がれ、ご多分に漏れずこの辺でも「紀宝町」の山を削って作ろうなんて話もありました。
 利用者も見込めず初期につぶれました。
 もはや忘れられた話です。

 ところで…
 「紀勢自動車道」が熊野まで伸びるって事を沿線の人以外でどれくらい知っているのでしょう?
 部分開通してもまともにニュースにもなっていないのですが…
 出来たのを知らなきゃあ旅行の計画には入りませんよね。
 こんなののPRってものすごく難しいです。
 「情報発信」なんて言葉をお役所は乱発しますが…
 「熊野古道」ですら、もはや新聞記事にもテレビ放送にも出なくなって来たのです。
 テレビコマーシャルじゃ無いですが、この星の人間は新しいものが大好きです。
 そして、気がつかなければ走りません。
 ここでは猫は逆立ちしませんしねえ…

 私がブログに書いても読者数は…
 そして、観光でのライバルは、国内だけでは無く世界中です。
d0045383_8463774.jpg


    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-01-25 08:49 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 24日

熊野の旅 商業の町 木本

 木本という町が出来たのは、多分、今の親地町の当り、西郷川(にしごがわ)の河口に漁師が住み着いたことでしょう。
 そして、半農半漁では無く、半漁半族?の海賊兼業とかで暮らしていたのでしょう。
 だから、「坂上田村麻呂」なんてのが鬼退治に来たとされるのでしょうね。
 その後国の組織がしっかりしてくると、「奥熊野代官所」なんてのが置かれるようになります。
 更に下ると、周辺の集落からのお客さんを含め商売が成り立つようになり、商売人の町になっていたようです。
 近代になると、うまい具合にここが「紀勢西線」の終点になって、その先は「巡航船」「省営バス」で尾鷲に向かう交通の要衝にもなりました。
 不便になる入り口ですから、宿泊客も増えるし、木本自体は物資も簡単に入るし・・・
 商圏は町内と隣接の有井村泊村などにとどまらず、飛鳥・五郷・育生・神川・神志山などから北山・下北山など広い範囲に及んだのです。

 そんな商業の町を支えていたのは、林業と漁業だったのです。
 商業なんて物はお客さんに金が無くては話になりません。
 それが、漁業が衰退し、林業は壊滅しました。
 そして、今では見込み客の収入の多くが「国民年金」という状態です。
 賃金の安い山林労務とは言え、年金になると収入は半減します。
 買い物どころでは無いんですから、商店も当然煽りを受けています。

 それに追い打ちを掛けたのが、紀勢線全通・国道42号線の改修などという交通網の変化です。
 紀勢線全通で宿屋が消えて行き、国道の整備で自家用車が増え買い物も簡単に大きな町にゆくようになりました。
 そして、もうすぐ、高速道路が出来ます。
 たとえ観光客が少し増えても、地元の若い人の買い物は娯楽を兼ねてよそへ出よくなります。
 もはや、「ストロー現象」で吸い上げる産品はほとんど無いですが、人と金は吸い出すでしょうね。
 今は全く外へ出ていない私でも、ただ区間・高規格道路のあるこの路線だと、ついつい走って行っちゃう可能性が大きくなります。
 車もその可能性を考えて軽から普通車に変えたし…
 
 もう一つ…
 客が減って、商店も減って当然、町で揃う品物も減りました。・
 品揃えの無い店には客は行かなくなる…
 悪循環の状態のところに「通信販売」がNETで出来るようになって致命的なダメージも与えています。
 これは、数字的に測りにくいですが、町を走り回る宅配便を見ているとかなりの量ですね。
 通販の方が、品揃えがよく、値段も安く、買いに行かなくても玄関まで届くし、物によっては手に入るのが早いんです。
 日本で極度に発達した「宅配便」がこれを助けているのか「通信販売」が宅配を育てたのか…

 ストローも産品を吸い上げるのは少しお金が入りますが、今の流れだと消費して消えちゃう物が入ってきてお金を吸い上げちゃうのです。
 そこには「再生産」なんてありませんから目減りするばっかりです。
 「Buy American !」なんてありましたが、こんなキャッチフレーズってありませんね。
 覚えているのは…「タバコは地元で買いましょう!」てえやつくらいです。
d0045383_913623.jpg


    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-01-24 09:01 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 23日

熊野の旅 そろそろ春の兆しが…

 もう、一月も下旬、日が随分長くなりました。
 太陽の照射角も段々高くなっています。
 こうなってくると、今からが「一番寒い時」と言っても、植物にとってはもう春になってきているはずです。
 「ふきのとう」なんてのはもう芽を出してくるでしょう。
 「つくし」より早かったような…

 この二つは「早春」を表す物ですし。「食通」という人たちが大金を払ってでも口にする物らしいです。
 私は田舎育ちですから、こうした物にお金を払うという気にはなれません。
 季節になれば探しに行けば生えているし、栽培しているのでは無いですから、摘んできても叱られませんからね。
 それに、「せり」のように毒のあるやつなんてありませんし…
 ただ・・・
 わざわざ探してきて調理するほどの食通でも粋人でもありません。
 ちょいと苦みがあっておもしろいですが、一杯作っておかずにする物じゃないし…
 いやはや、田舎者ですね。

 この手の物は「たけのこ」でもそうですが、収穫してから調理するまでの時間が長くなったら、「えぐみ」などが強くなって味が落ちます。
 出来るだけ早く・・・
 それがおいしくいただく秘訣です。
 都会の板場さんなどは余分な苦労をしているのでしょうね。
 田舎に住んでいれば、腕なんて無い私でもそこそこに仕上がるのです。
 「体裁良く」なんて出来ませんけどね。

 春になってくると写真には大敵の「かすみ」が出てきますね。
 こればっかりは、肉眼では素晴らしい景色に見えても、写真にしにくい厄介者です。
 赤外線フィルムを使えばかなり軽減できます。
 同じようにかすんでいても、「黄砂」はだめです。
 水分で無く鉱物ですから、赤外線も通してくれませんからね。
 黄砂ももうすぐやってくるでしょう。
 それよりも、「杉花粉」が飛び始めますね。
 日本人の体質が変わってしまい、杉の産地・紀州でも「花粉症」の人が一杯居ます。
 生まれてからずっとなのに免疫が出来ないんですね。
 杉の品種がかわったのでも無いのに…
d0045383_944120.jpg

 これが赤外線フィルム(サクラ)です。
 新緑は異常に白く、同じ木の同じように見える葉でも古い葉は黒くなります。
 青空は黒く、白い雲は真っ白に…
 ただ…
 いまはサクラやコダックのフィルムが無くなったので普通に手に入るのは、イルフォードだけです。
 赤外光かは少し薄いようです。

    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-01-23 09:47 | 熊野 | Trackback | Comments(1)
2013年 01月 22日

熊野の旅 県立高校 木本・紀南

 新聞に三重県立高等学校の出願状況が載っていました。
 その前には、この地方の県立高等学校、木本高校と紀南高校の統合問題の委員会とやらの報告なども出ていました。
 子供の数が激減してきていて、緩やかな勾配で減っているのがもうすぐ掛けを落ちるように下がるので、さすがに世の中も動くかと思われました。
 近大の高専が出て行ったばかりですが、そんな問題では無いことは数字で出ていることなのです。

            学科      定員     志願者
 木本高等学校  普通科     80       68
            総合科    120      128
 紀南高等学校  普通科    120      110

 つまり、現状でも志願先調整が行われれば、二校合わせた定員320人に対し志願者が308人という定員割れなのです。
 新宮の近大付属新宮高校へ行く子もほんの少しは居るのでしょうけどやっとこさ学校が維持できている訳です。
 この志望者がこの先一気に下がってきます。
 10年ほどで一クラスから二クラス分減ります。
 それでも、県立高校を二校とも残すのか???と言うことです。
 委員会などは「両校存続が望ましい」という答申を出したようです。
 そんなの当たり前でしょう。
 通学の面もありますし、OBの愛着もありますしね。
 木本高校120人 紀南高校80人になっても二つあれば・・・
 しかし、両校に特別な特徴がある訳でも無し…
 こう言えば関係者はクレームを付けるでしょうけど、外から見て、言い立てるほどの差も無く、学力面でも成果があると言い切れるのかどうか…
 残す意味は本当にあるのでしょうか???

 そもそも、子供が多いし、進学率の向上で木本高校一校では対処できなくなって、増設されたのが紀南高校です。
 いわゆる、「高校全入」を目指した訳です。
 当初は、「紀南高校を普通科だけにして進学校に…」と言う思惑が県の方にはあったのです。
 しかし、作ったところが人口の多い中心部では無く阿田和でした。
 多くの生徒が自転車で行けるところから汽車通になっちゃうと言う問題もありました。
 県の方では木本高校から英語などの優秀な先生を紀南に移しました。
 それでも、旧制中学・旧制女学校からの伝統と便利さで県の思惑のようには優秀な生徒が紀南高校を志願すると言うことにはなりませんでした。
 木本高校が優秀という訳でも無いのですが、そこそこの進学を出していましたからね。

 都立の高校ほどの区別があるわけでは無いのですが、私立の学校が無いだけに二つに棲み分けちゃっています。
 生徒の口からもOB・OGの口からも両校の違いが出てきます。
 あまり良い意味じゃ無く使われますね。
 それなら、統合しちゃえば差が無くなるでしょう。
 どうせと言っちゃあ怒られますが、ゆとり世代が終わるまでは学力が落ちているのですから…
 同じ学校の中で「学科」を変えて対処すれば良いでしょう。
 昔だって、木本高校は普通科・商業科・家庭科を持った総合高校でしたし、今でも普通科と総合科を持っていますからね。
 
 お客さん数が15年先まで読めるのがこの問題です。
 私立もないし、よその町に行くと通学もままならない所だけに考えよいのですけどねえ…
 原発方一番遠いとは言え転入してくる人も居そうにないです。
d0045383_9312535.jpg


    
熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2013-01-22 09:31 | 熊野 | Trackback | Comments(0)