人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

熊野の旅 熊野古道と遊歩道

 木本町内は、一応、「熊野古道」の経路になっています。
 鉄道で来た人だと、記念通りを歩いて「松本峠」に向かいます。
 松本峠まで登って引き返した人は、違う経路…本町通りか国道を通って獅子岩・花の窟神社に向かうことが多いです。
 バスで来た人も良く似た経路を辿りますね。
 峠に向かう道で土産を買う馬鹿は居ないし…
 店による人も居ないし…
 峠から下った人の歩く本町通にはお店がほとんどないし…
 と言うことで、松本峠歩きの人にお金を使わせるのは難しいのです。

 ここに登場するのが、「木本海岸新堤防」です。
 今はガードレールなどの落下防止柵が無く、遊歩道ではありませんが、来年の秋以降に工事して国道側にも落下防止柵が出来、一箇所ですが車椅子用のスロープの出来て遊歩道化します。
 計画ではちょっと座って休めるベンチも出来るとか…
 現状では浜への出入り口のところの端の部分などよそ見していれば落下する少し怖い構造ですが、出来上がれば雄大な「熊野灘」を眺めながら歩けるルートになります。
 ガイドブックに載るのは更に一年か二年後でしょうけどね。

 「世界遺産熊野古道」も飽きられてきて、来訪者もちらほらですし、もともと経路が三本もあるので分散されて街中を歩く人が少ないのですが、またまた、減りますね。
 通ったからといって、住民に恩恵があるわけではないのですけど…
 「熊野は観光地なんだ」という感じがもっと薄れるでしょう。

 四半世紀ほど前に、このルートを「東海遊歩道」として整備できないか要求したこともありました。
 大きななプロジェクトでしたからね。
 でも、実現できませんでした。
 まだ、世界遺産なんて話題にもなっていなかった頃です。
 木本から志原尻までの海岸線を「東海遊歩道」として整備して欲しいと言ったのですが、地元でも理解してもらえませんでしたね。
 ところで、「東海遊歩道」てえプロジェクトはどうなったのでしょうね?
 列島改造論の成れの果てみたいな施策で日本中にあったみたいですけど…
d0045383_10352536.jpg


    
熊野市周辺地図です
 
 

by je2luz | 2012-11-30 10:36 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 29日

熊野の旅 そしてオークワは12月6日まで

 先週辺りからオークワ本店の棚に隙間が目立ってきていました。
 閉店は 12月6日 のようです。
 完全に閉店モードです。
 二階の衣料品部閉鎖の時のセールも迫力無かったですが、今回はもっと迫力無いでしょう。
 発祥の地と言っても、この店は「熊野大桑」の出発点で、今の「オークワ」は「新宮大桑」ですからね。
 そして、一部上場企業ともなれば感傷なんてあるはずもありません。

 井戸の方の開店は一週間後の12日くらいらしいです。
 まあ、開店のセールは大きくやるでしょうけどね。
 二階の「ダイソー」「TSUTAYA」の引っ越しがあるので店側は大変でしょうけどね。

 1941年12月8日から、日本は泥沼に首まで使ったのですが、木本のお年寄りは買い貯めした食料が井戸店開店まで持つかどうか…
 旗行列や提灯行列をした世代の人たちですが、今度の開店はそんなものでは無いですね。
 同じなのは食うにも困ると言うことです。
 そして、最初の物珍しさが消えたときに、井戸まで歩いて行けるかどうか…
 弱者救済にようやく動こうとする熊野市の「デマンド型交通システム」が動くのは早くて10月とか…
 弱者のために肌を脱ぐ気は商工会議所とか商店街にはなさそうな感じです。
 「欲しがりません勝つまでは!」なんて言ってられないんですよ。
d0045383_1374581.jpg


    
熊野市周辺地図です
 
 

by je2luz | 2012-11-29 13:12 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 29日

熊野の旅 木本町から出て行ったもの

 木本町はこの辺りの中核として栄えた町です。
 どちらかというと林業などを中心にした商業の町だったのです。
 市街地面積は600m×400mほどしかない狭い町なのですが、江戸時代の「奥熊野代官所」以来、公の機関が置かれる土地でした。
 近代になっても、地理的な背景もありそうした物は木本の作られたのです。
 しかし、時代が進むと、小さな木造建築で間に合っていたそのような機関も大きな物が必要になるし、古い町並みにねじ込まれていた公共的な物はどんどん出て行きました。
 少し前に書いたように、昭和30年代からは、駅前・駅裏などの沼地や遊水池が埋め立てられ、広い敷地が用意されて、流れは加速しました、

 役場・市役所ー合併暫定時は木本ー井戸丸山へ…(払い下げ)
 裁判所ー井戸赤坂へ…(市民会館)
 県事務所ー井戸井土へ・・・(県職員住宅)
 職業安定所ー井戸赤坂へ・・・(払い下げ)
 警察署ー井戸井土へ…(払い下げ)
 郵便局ー井戸赤坂へ…(木本会館)
 電電公社ー井戸丸山へ…(払い下げ)
 中学校ー井戸松の木へ・・・(払い下げ分譲)
 百五銀行ー井戸丸山へ(商工会議所)
 紀南信用組合ー井戸井土へ・・・廃止(払い下げ)
 新宮信用金庫ー井戸井土紀南信用跡へ・・・(払い下げ)
   (  ) は跡地の現状です。
 まあ、よくも狭い町にこんなに詰め込んであった物だと思います。
 残っているのは
 木本小学校・木本高等学校
 第三銀行  位です。

 どこの町でも、旧市街という物は手狭になり近代的なこうした機関を入れられないので出て行かれるのです。
 土地は割高…隣地は売ってくれない…
 そして、寂れて行く…
 このパターンです。
 熊野市も昭和30年代からの埋め立ては熊野市の都市計画で行われたので、まあ、計画通りに移転完了したわけです。
 ただ・・・
 当時の熊野市の思惑とは違って、地方都市は浮上することなく過疎への道を転がり落ちていったと言うことでしょう。
 土地神話だけはこの熊野でも幅をきかせ、駅裏の土地など津や松阪より高いと言われた時代もあったのです。
 そんなところに店を引っ越せる商店もないし…
 駅裏のメインストリートが商店街になることは一度もありませんでしたね。
 熊野市駅から駅裏に出る改札口を作るべく、用地は確保されていました。
 知る人は少ないですが、駅裏にある、意味も無く広い道と不自然な広場は「熊野市駅赤坂口」になるはずだったのです。
 それを作るほど通勤客も見込めないし立ち消えになったのです。

 このように抜け殻になった木本に残された過去の栄光の証は、「奥熊野代官所」の跡にある「代官松」の切り株だけかも知れません。
 防腐処理はしてありますが、いつまで残るやら…
d0045383_9551772.jpg


    
熊野市周辺地図です
 
 

by je2luz | 2012-11-29 10:01 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 28日

熊野の旅 さよならオークワ本店

d0045383_1093369.jpg

 このショッピングセンター…
 もうすぐオープンの「新・オークワ熊野店」です。
 場所は「旧旧旧旧オークワボーリング場」「旧旧旧家具のオークワ」「旧旧ホームズ・ホームセンター」「旧Way・つたや」の場所です。
 看板のように、「オークワ」「TSUTAYA・Way」「ダイソー」が入ったショッピングセンターになります。
 昔の「オークワ井戸店」も取り壊しました。
 店としては広くなるし、複合的だし…
 さらに、すぐそばに「イオン熊野店」があるし…
 ショッピングには便利になるように見えます。

 それが…どっこいそうは行かないのが田舎の事情なんです。
 高齢化が進んでいるし、公共交通機関なんて使える状態とはいえないし…
 木本のオークワからここまで、たかが500mくらいとはいえ、踏切を越えて行くのは、自転車すら使えない高齢者には大変なことです。
 
 オークワの移転が発表される前に市当局に「買い物弱者対策」を要望しましたが、その時にはゼロ回答的な答えでした。
 ようやく、ここまで追い詰められたので、「デマンド型」のワンボックス型の車を運行しようかと言う動きが出てきました。
 役所としては早い方なのですが…
 許認可だけではなく、「補助金」なんてのを使おうと言うことなので、早くて来年10月ごろ???
 
 移転は早ければ年内かと言われるのに…
 はてさて、この10ヶ月をどうしましょうね?
 「さかないらんかえーー」と、頭に桶を載せて(いただき・と言う)売りまわるおばさんも居ないし…
 月に一回くらいはイベントをやってくれるでしょうけど、それではおかずも買えないし…
 オークワまでたどり着ければ「3000円以上で無料配達・たすかる便」なんてのは使えますけどね。
 スマートフォンやタブレット型端末でのショッピングの導入はされそうにないし…

 オークワは消えようとする「木本のオークワ」が発祥の地です。
 「主婦の店」…「風車のマーク」でスタートしたことも忘れられてきていますけどね。
 記念通りはこのオークワと共に歩んだのですが、基本的にはそんなに仲は良くなかったようです。
 でも、これで人の流れは変わりますね。
 もっとも、木本高校の登下校時以外は「人波」なんて無いのですけどね。
 わたしが一貫して「いこらい市」の意味合いに疑問符をつけるのは、こうした現実があるのに、単なるお祭りをやっていることに対してです。
 本当に「商店街活性イベント」なら、その日だけ、出店の人だけが売り上げて終わるのではなく、それをきっかけに「お客さん」が普通の買い物に来てくれるようにすることでしょう。
 
    
熊野市周辺地図です
 
 

by je2luz | 2012-11-28 10:41 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 27日

熊野の旅 人出はそこそこ 効果は?

 記念通り商店街振興組合の半官製イベント、11月分の「いこらい市」が終わりました。
 今回は市外から食い物を中心に出店を呼び、チラシも折り込んだし、天気も良かったのでそこそこの人出がありました。
 記念通りは戦前の規格の二車線と両側歩道と言う物ですし、テント掛けして店を構えると通路が一車線分くらいになるので、混雑を演出するには適当な物です。
 混んでいないと気分が盛り上がらないのが人間の心理ですからね。
 そして、長さもオークワの信号から上木本までだと300mあまりでしょうかね、これも、田舎町の動員力では適当な物でしょう。
 ということで、実質的なお客さんと言う分析をしないで眺めれば人出を図る面では成功に近かったでしょう。
d0045383_10561347.jpg

 「商店街振興」と言う意味ではやっぱり疑問符がつきます。
 商店が減ってしまって「街」をなしていなくなってはいるのですが、残っている商店もこうした「いこらい市」の時には店を閉めているのです。
 「他所の人が来るのでないから、休みの日に店を開けて見て貰うまでも無い…」ともいえますが、商店街の組合員以外の店が並んで商売し、「活性化」させるはずの商店が休んでる…
 じゃあ、このイベントって何のため??? と、なるのです。
 これを言うので嫌われますけど、公金支出の目的は???

 世の中、「イベントのためのイベント」だらけです。
 上は国の省庁から、県、市町村までそれぞれの予算規模に合わせてどんどんイベントを考え付きます。
 私も、「東京ドーム」「幕張メッセ」「金城埠頭国際見本市会場」「大阪南港インテック見本市会場」なんて所に出店要請を受けて出かけたこともあります。
 大都会ですし、全国の物産がそろい大勢の客で賑わいます。
 国がやる時は何千万もの直接予算と、その省庁に気兼ねする各県が百万単位の金を使い…
 で…
 喜ぶのは「イベント規格屋」と資材の「リース屋」そして、お祭り好きの都会のおばちゃん…なんです。
 それでも、しつこく出店している所は少しずつ知名度も上がります。
 そして、「催事屋さん」が育ちます。
 三重県内だと伊勢には年中旅をしている「催事屋」さんが何軒もありますね。
 熊野市ではこの近辺を動く「露天商」?は出来ていますけど…
 まあ、イベントってやっている時は楽しいのです。
 赤字でも…
 お祭り気分でお客さんとやり取りしてると面白いのです。
 そして、一生懸命なのですよ。
 私もこうして回った人間ですからね。
d0045383_10564913.jpg

 商店街の店が開いていない…
 通常通りに開いているのは、「スーパー・オークワ」…
 ここの現状は明日にでも書きます。
 最早、記念通り商店街とは縁が切れた状態です。
 「さよならセール」を協賛でやることも無いのでしょうね。
 半世紀以上、記念通りに人を呼んでくれた店なのに…

    
熊野市周辺地図です
 
 

by je2luz | 2012-11-27 10:57 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 26日

熊野の旅 復活 金山相撲取り踊り

 昨夜見に行った、金山町の「相撲取り踊り」…
 岡本実先生が書いてあった通り、「相撲甚句」「ストトコ節」「胸たたき」の三種類でした。
 一つ一つはそんなに長くなく、三つ続けてもすぐに終わってしまいます。
 もっとも、昔はもっと文句があったのかもしれません。
 こうした踊りの文句は即興ででもやる人が居る物ですから、時代によって変わってもおかしくないです。

 神社に納める白石を運ぶ道中に、広場広場で披露したそうです。
 ヨーロッパの町のように「広場」が整備されているわけではないですが、大きな家の前とか道の合流点とか茶屋の前とかで披露したのでしょうね。

 素朴でのんびりしたものです。
 難しくは無いけど華も少ないので、廃れたりするのでしょう。
 今回のお師匠さんは90歳を越えた方だとか…
 こうしたものを伝承するのは難しい物ですね。
 出番を増やして踊り手と音頭とりに張り合いを持たせることが「文化財」を消さない道筋でしょう。
 ソーランだって懐メロだって出番があるから続くのですからね。

 この踊りも「舞台」で見るものではないですね。
 やっぱり、神社の境内とか田舎の道筋で見るものでしょう。
 みんなが取り囲んで…
 できるだけ田舎らしい場所が似合いそうです。
 悪餓鬼が真似をして騒ぎまわるなんて景色が似合いそうです。

 この踊りが踊られていた頃の金山の街道分岐点などは舗装なんて無くても村の中心でこんな踊りとかあるときは賑わったのだと思います。
 悪餓鬼も一杯居たでしょうしね。
 そんな踊りでした。

 そもそも、昔は田舎の村でも、お祭りとかには「奉納相撲」が行われたものです。
 子供の頃、飛鳥神社でも相撲があったことをかすかに覚えています。
 もちろん、大相撲などの巡業ではなく、村の若い衆、力自慢が取った草相撲です。
d0045383_8363212.jpg

d0045383_8381824.jpg

d0045383_8385015.jpg


    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-11-26 08:39 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 25日

熊野の旅 やっぱりすごい動員力

 世界中、聖地だとか本山なんて呼ばれる場所は、今では観光地になっていることが多いです。
 日本では「門前町」と言う言葉が社会科の教科書に出るくらいですからね。
 
 昨日はここの「天理教南紀大教会創立120年」の式典がありました。
 天理教のシステムは入信した教会にずっと所属し、他所に住み着いて、そこの近くに自分の教会の支部・分教会があればそこに所属します。
 信者が少し固まれば、自分たちで分教会を作るようです。
 ここの教会は「大教会」の格ですし、田舎ゆえに、たくさんの若者を輸出してきたので、地元が過疎で人が減っても、他所で暮らす人が減った訳ではなく、こうした大きな行事には帰ってきます。
 その辺りが既成の仏教末寺との違いでしょう。」

 私など信者外の人間だと、どれくらいの分教会を抱えているのか分かりません。
 近在の村々には分教会はありますけどね。
 でも、昨日の行事では聞いたことも無い地名の分教会から、外人さんの横文字のものまで一杯集まっていました。
 天理教の場合、大教会名と分教会名を染め抜いた法被を着た人が多いので一目で分かるのです。

 この人出をもてなすために、隣接する木本小学校の運動場にテントが立ち並び、出し物用のステージも作られていました。
 テント村では、当然のように地元の食い物を中心に店が並びました。
 参拝者には「折」が配られていましたから、人数の割には食い物に飛びつかなかったようにも見えますが、人出がありましたから、そこそこ売れたようです。
 それに、この人たちの多くはここに縁のある火とってことですからね。

 不思議なのは…
 「土産物」を売る店が少なかったことです。
 門前町の定番は土産物なのですけどね。
 なぜだったのでしょうね?
 特産品を一番売りよい相手は、「その地の出身者」なんですけど…
 通信販売でもこの構図が成り立っているはずなんです。
 地元のじいちゃんばあちゃんに売り込むよりはこんな機会を捕まえないと…
 「天理教」と言う看板にこだわることは無いと思います。
d0045383_1044497.jpg

d0045383_1045529.jpg


    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-11-25 10:45 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 24日

熊野の旅 井戸はまだ若い???

 井戸町は昭和の大合併までは「有馬」と一緒になって「有井村」でした。
 長尾山から花の窟につながる下り尾根で完全に分断されているのに同じ村になっていたのです。
 地形的にはくっついている木本と一緒になっていなかったのは、江戸時代に紀州藩の班分けで井戸は新宮藩になり、木本は紀州本藩に残ったと言う、国違いだったこともあるでしょうね。

 井戸は紀伊木本駅(熊野市駅)の裏に大きな沼のような水田と駅前の沼と井戸川対岸の沼水田が大部分で、民家は海岸沿いの松原と山の裾に張り付いた松田地とか馬の戸なんてところにしかないところだったのです。
 駅前が昭和30年代前半に埋められ、駅裏が後半に埋め立てられ、更に対岸も二回にわたって埋められて、新興住宅地、官庁街、学校用地になって行ったのです。
 つまり、戦後に開かれたニュータウンです。

 熊野市の都市計画で作られたもので、道路もそこそこ広く、路地裏の無い町です。
 分譲が始まったのは駅前の丸山町が伊勢湾台風の前、駅裏・赤坂が私が東京に出た頃です。
 安くは無かったですね。
 沼とはいえ、造成にはお金も掛かるし、熊野市には金が無かったので不動産業的に稼ごうとした節もあります。

 こんな風に戦後開かれて来ただけに、人が住み着いたのもその頃です。
 つまり、井戸町民の多くが一世か二世なんですね。
 未だに家が建っていない土地が多く見られるのが、「田舎らしい」ところです。
 「子供のため」といって買ったけど子供は他所に行っちゃった…
 「財産に」と買った土地も、課税不動産評価は高いけど、最早まともに買う人も無し…
 それでも、木本に比べれば人口も多いし、年齢も少し若いですね。

 と、言うことで…
 昨日の井戸の祭りを覗いて来ました。
 浦安の舞の舞姫の数も多いですね。
 境内で遊んでいる小さい子供の数も木本神社の時よりは少しだけ多いです。
 「新興住宅地」が高齢化するのはまとまって入植しているので一度に進むと言われますが、田舎の新興地では他所の町から働き盛りがどっと入ってきた訳ではないので、緩やかな進行状態のようです。
d0045383_1059572.jpg

d0045383_1101550.jpg


    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-11-24 11:00 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 23日

熊野の旅 イベントと無形文化財 2

 今日は育生町大森神社の「どぶろく祭り」です。
 昨夜からの雨もようやく止みかけていますが山間部の方が止むのも遅いし…
 出かけるのを躊躇しています。
 飲みに行くのでもお参りに行くのでもないので…
 このお祭り、このところ天気に恵まれませんね。
 前の日の大雨だったり、当日の天気がおかしかったり…
 天候が固まる季節なのに…
 逆向きの特異日なのかもしれません。
 どぶろくの香りに雨の神様が引き寄せられるのかな?

 こうした行事が文化財指定されてゆくのですが、維持するのも大変です。
 今年復活すると言われているのが、「金山の相撲取り踊り」です。
 岡本実先生の「金山の史話」と言う本にも出ていますが、金山神社の遷宮の時に踊られた物らしいです。
 江戸時代からのものらしいですが、すでに昭和48年(1973)頃には消えかけていて、復活させようと古老にお願いして習ったのだそうです。
 その当時でこれを覚えていたのは笹本仙治さんとか79歳の老人ばかりだったのだそうです。
 遷宮の時の「お木引き」とか「お白石もち」の時に行われるなんて、めったに無い物だと消えるでしょう。
 毎年行われる盆踊りでさえ消えようかと言うのですからね。

 そうして昭和に復活させた「相撲取り踊り」もまたまた消えていたようで、今年復活させて25日の金山神社のお祭りとその夕方のイベントで披露されるようです。
 昭和の復活運動から40年ほどですね。
 その時に古老から習った青年がもう老人です。
 本当に消えてしまう直前だったでしょう。
 今の時代は動画で残せるので復活もさせよいかもしれませんが、この平成の復活踊りがいつまで継続できるやら…

 踊りは三種類あったそうです。
 「相撲甚句」、「ストトコ節」、「胸たたき」…
 最後のは「高見盛」を連想させますが、どんな踊りでしょうね。
 イベントは25日午後5時から金山多目的集会所で、金山町健康を守る会の発表会です。
 そんなに大きな集会場ではないのでどっと押し寄せたら入れないでしょうけど、金山もどっと押し寄せるほどの土着の人は居なくなっているのでしょうね。
 その日の昼間の金山神社のお祭りでも奉納されるようですが、時間は分かりません。

 金山は古くから落人?が住み着いたり、独特の風習もあったようです。
 地名も「かなやま」だったり「かいのやま」だったり…

 今はみかんなど作れますが、水田が頼りの時代には苦労したと思われる地形なんですけどね。
 この金山神社のおかげで昨年の大水害から守られたともいえるところです。
 興味のある方は出かけてみてください。
d0045383_1125078.jpg


    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-11-23 11:03 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 22日

熊野の旅 イベントと無形文化財 1

 この三十年ほどの間は、全国どこでもイベントが増える一方みたいです。
 「一村一品運動」なんてのが流行り出して、それのPRとかで物産展などが始まったのもあるでしょう。
 それに、戦後一貫して続いてきた、「古いものは捨てる」と言う風潮もあるでしょう。
 新しいイベントや祭りが出来る一方で古くからの物は消えてゆきます。
 そして、「普通」だった物が「無形文化財」なんてものになります。
 これも、国の指定するような大層な物から、市や町が指定するささやかな物まであります。
 熊野市でも、その「無形文化財」と言うのが教育委員会?で指定されています。
 そんなに大層な芸能の無い地方ですが、盆踊りや祭りの出し物などが指定されているようです。
 
 大体において、そうしたものに指定されると言うことは、「消える恐れがある」と、お墨付きを貰ったような物です。
 でも、そうなると「保存会」などが出来て寿命は延びます。
 それでも、過疎化で人は居なくなるし、継承者も歳を取るし…
 子供を使う行事だと子供は居ないし…

 昭和、平成に始まったことではなく、こうした行事、出し物は生まれては消えて行ったのでしょう。
 だって、歌だとか踊りなんてのは石器時代からあったでしょう。
 それなのに、ものすごく古いと言われる「伝統のある祭り」でも、せいぜい平安とかですよね。
 普通のだと江戸時代からとなるとすごいですからね。
 要するに、「流行り廃り」があるわけです。

 などとしらけたことを言いますが、これが世の習いですから、ある部分仕方ないでしょう。
 それにしても…
 日本って「伝統を重んじる国」などといいますが、そうなのかしら???と思いますね。
 西洋でもアジアでも「伝統衣装」を事あるごとに身につけますね。
 観光パンフレットでは出ていますが、色んな行事で和服姿なんて舞台の上でしか見ないことが多いです。
 聖徳太子の頃から信長さん黄門様そして明治維新…
 新しいものを取り入れるのがお得意なのが日本人でしょう。
 だから、今の流れが「日本らしさ」なのでしょうね。
d0045383_10171076.jpg

   昭和32年8月 飛鳥町小阪の盆の踊り風景です。

    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2012-11-22 10:19 | 熊野 | Trackback | Comments(0)