LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 30日

熊野の旅 熊野古道と人の手

d0045383_951899.jpg

 カメラはマミヤRB+セコール180mm+TRI-X+D76二倍希釈

 久々の「松本峠」の写真です。
 入り口の並木の木が倒れて石畳が壊されたので、駐車場から15mほどでカメラを構えて写真を撮ると言う無精ができなくなりました。
 この場所まで登ると大体70mくらいでしょうね。
 脇の山林を伐採したので光が差し込み写真は撮りよくなっています。
 この区間も、熊野古道の両脇に一並び程度の杉や桧が残された形なので台風の風が心配です。
 育つ間ずっと独立した木はそれなりに風に耐えるような強さと根っ子の張り具合になります。
 しかし、普通の山林では仲間と一緒に全体で土を掴み、風を受け流すように育っていますから、大人になっていきなり周りの支えがなくなると耐えられないことがあるのです。
 人間も木も良く似たものです。

 熊野古道・松本峠などの周りは「里山」です。
 もっと里から離れた各峠ともに「人工林」に囲まれています。
 適当に人の手で管理されているから維持できています。 そのおかげで、何百年も千年も熊野古道が使えたのです。
 自然の中で自然に残されてきたのではありません。
 これからも本当に維持するのなら、路面だけでなく周りの人工林全体を手入れしないと駄目なんです。
 イベントや標識や会館には金が出ても、本当の管理には出ないんです。
 遺産登録なる前に維持してきたのは山林所有者と近隣の人なのですけどねえ。

 こんなブログもはじめました。
 ★★
   


熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2010-09-30 10:09 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 29日

熊野の旅 リレー

 先日の熊野市立木本小学校の運動会…
 昭和30年代の頃の1/10くらいに小さくなってしまった熊野市の一番街中にある小学校です。
 町の中心なので「ドーナツ化」が進んで減ったのです。
 いや、減り始めはそうだったのです。
 間口が狭く、奥行きが深い昔の町並みでは若夫婦の住む場所も無いので、こんな田舎町でも郊外の田圃を埋めたりした宅地分譲をしたからです。
 そうして中心部の活力が落ち始めたのは、田舎町でも大都会でも同じです。
 違いは、大都会はそのようにして、町の中心が移って行きながらも大きくなった行ったのですが、田舎は移りながら全体は減ってゆくという消耗戦に突入したのです。
 まるで旧日本帝国陸海軍の「転進」みたいなものです。
d0045383_9583576.jpg

 これは見ての通りのリレー競技です。
 生徒数が1500人も居た頃は、「町内対抗」なんて選手だけでやりましたが、今では全員参加です。
 まだ、この木本小学校は街中なのでバトンを渡す相手が居るので「リレー」が成り立っています。
 山間部や海岸線ではこれすら出来なくなってきています。
 学校でリレーが出来なくなるところでは、とうの昔に集落の世代間のリレーが成立しなくなっています。
 でも、日本国では全体として「技術」のリレーが出来ていないとか…
 ほんの一部で取り組んでいる若者が、ものすごいことに取り組んでいるがごとく報じられたりします。
 昔は日本中の町工場で…日本中の職人の親方のところで普通にやっていたことなんですけどね。
 と、言う私はバトンタッチできるほどのものが無いですから、繋いだのはDNAだけのようです。

 こんなブログもはじめました。
 ★★
   


熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2010-09-29 10:08 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
2010年 09月 28日

熊野の旅 天高く…

 ちょっと天候不順気味ですが、随分秋めいてきました。
 写真も秋らしいものを使っていますが、これは「丸山千枚田」の稲刈りの日ですから猛暑の日です。
 それでも、空のほうはフィルターの効果もあって秋の空です。
d0045383_10544612.jpg

 このところ、ネタ切れ状態が続いているので、せめて写真だけでも秋らしくしないと…

 最近はミカン畑の近くを走ると、早生の温州みかんが大分色づいてきています。
 まだまだ安くないので買う気になりませんが、道端の無人市場にもミカンが並んでいます。
 市場を通さないこともあるので、この値段が随分ばらついています。
 数倍は違いますね。
 いつも買っている人は何所のミカンが美味しいか知っているようですが私には分からないので手が出にくいです。
 まあ、何処のを買っても熊野や南牟婁のミカンは三ケ日や有田のものより甘いのが多いんですけどね。
 ただ、そうした産地に比べると品質がバラつき気味だということです。
 農協などの産地形成に対する意識が随分違っていたようで、生産農家が「俺のところのは美味いんじゃ!」と自慢することが多いのです。
 それはそれでよいのですが、「産地」としては市場での評価が低くなります。
 「数日前に買ったミカン」と「今日買ったミカン」とでは同じ産地だのに、まるで糖度や酸度が違うのでは大きな市場での仲買人や八百谷さんの仕入れが出来なくなります。
 「有田ミカン・日本一」を名乗るミカンは甘過ぎてもいけないのです。美味すぎるのが少し混じることで他の大多数が「不味いミカン」に感じられる事を恐れて品質管理を徹底しています。
 「産地形成」にはそれが大事なのですが、この辺ではそちらに向かわなかったようです。

 自家販・直販などと言いますが、大きな産地全体を育てないとそうした部門でもハンディを背負います。
 生産するミカンを全部そうした有利な販売方法で売り切る農家なんて皆無に近いはずです。
 NET社会もそこまで浸透していませんからね。
 生産者も一部だけが参入している状態でも中々なのに、生産者がいっせいにNET販売に参入したら…
 ミカンだけの問題では無いのですけどね。
 テレビを見ているとものすごくうまく言っているようですがねえ…

 こんなブログもはじめました。
 ★★
   


熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2010-09-28 11:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 27日

熊野の旅 産田神社の龍

 神社の入り口の手洗い場には「龍」の頭から水が出るものが結構あります。
 「龍」は水を扱う神の化身、「竜神様」が形を成したものだそうですから使われているのでしょうね。
 私が子供の頃にはこうした銅で作ったものはなかったです。
 戦争で鍋や釜、お寺の釣鐘まで供出させられたのですから、神社と言えども例外になれなかったのです。
 木本神社などは「馬の銅像」まであったそうですが供出して戦地に赴き帰ってきていません。
d0045383_1053762.jpg

 これは熊野市有馬町・「産田神社」の手洗い場の「龍」です。
 少し傷が付いているようですが元気に水を吐き出しています。
 産田さんは古い神社ですが、この龍もおそらく新しいものだと思います。

 産田神社は歴史のある神社ですし、民間信仰的にはお参りする人も結構あるようですが、その割りに「手洗い場」が小さいです。
 水道になる前は横の「産田川」ですすいでいたのでしょうか?
 お伊勢さんでも、「五十鈴川」で手をすすいでいましたからね。

 昔は何所の川も綺麗でした。
 「川」がすごく大切だったのでみんなで守っていたからです。
 「龍神様」も具体的な「龍」などなくても人々の心の中に住んでいたのだと思います。
 今時は「龍」ではなく「ドラゴン」になってしまい、丸い玉の「ドラゴンボール」しか浮かんでこない人も居るのでしょうね。

 西洋の童話では、「子供が妖精とお話できた頃…」なんて書き出しもあるようですが、日本でも普通の人々が「神」や「精霊」と一緒に暮らしていた時代もあったのでしょうね。
 「座敷わらし」なんてのも普通に居たようですし、「貧乏神」も今より身近にうろついていたそうです。
 カメラはマミヤRB+セコール180mm+TRI-X+D76二倍希釈

 こんなブログもはじめました。
 ★★
   


熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2010-09-27 11:03 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 26日

熊野の旅 来年のライバルは九州

 2011年3月12日…何がある日かお分かりでしょうか?
 関西の旅行好きの人なら旅行計画の筆頭に考えることです。
 少し前にも書きましたが、「九州新幹線開業」の日です。
 つまり、春の行楽シーズンにはこの新幹線が完全開業します。
 「みずほ」に乗れば、大阪から鹿児島まで3時間47分、止まる駅の多い「さくら」でも4時間ほどだそうです。
 今は南九州へは乗り換えもあるし飛行機に完全に水をあけられているようですが、様子が変わるでしょう。
 迎え撃ちに飛行機は大幅値引きや増便するのだそうです。
 それらのキャンペーンの規模はとんでもないものです。

 観光客と言うものは、「新物食い」ですし、「流行り物好き」です。
 それに「有名なもの好き」なんですね。
 そうなると、来年の春からしばらくはその全部が九州に揃います。
 所要時間も熊野までとほぼ同じくらいなんです。
 困ったものですね。
 有名人も、「篤姫」関連もあって、西郷さん・大久保さん・島津さんなど鹿児島だけでも一杯居ます。さらに、この人たちは、今の「坂本竜馬」にも関係しますしね。
 新幹線から離れる、霧島や高千穂なんて所も当然のように波及効果に預かれるでしょう。
 温泉も南紀に劣らず豊富ですしね。

 こう書くと、又々「否定的だ」と怒る人が居ますが、現実はこうなのです。来ない客を期待して投資しても…
 他所から持ってきた税金だから構わないと言うものではないでしょう。
 正直言って、「熊野古道ファン」の人以外の「一般観光客」に関しては目の前で大変なことが起きつつあるのです。
 その次は「式年遷宮」です。
 これも、プラスよりはマイナスの方が大きい可能性もあるのです。
 かつての「祭り博」の時にも三重県も南紀もおこぼれがあると騒いだのですけどね。
 田舎の細かいイベントで観光客が増える???何度も来てくれる???

 熊野古道は道です。お遍路道です。
 稼ごうなんて考えることが「世界文化遺産」の趣旨からしておかしいのでしょう。
 熊野三山本体は少しばかり趣が違いますけどね。

 今の時代、「仏の道」・「極楽浄土」も「神々のご利益」も衆生・人民を引っ張ってくるだけの力は無いようです。
 末法の時代です。
 弥勒菩薩もまだまだ出番じゃないようです。
 それを救える場所は「熊野の地」ですよ…といっても信じさせる教祖様的カリスマ性も無し…

 NHKの「ほんまもん」も忘れられたし、「旅路」なんてのは思い出してもらえないほど昔だし…
 「武蔵坊弁慶」は生まれたのは南紀だけど、ドラマに出てくるのは京都で暴れる頃からだし…
 「油屋おこん」なんてのは暗くて出身の五郷のイメージが良くなる話では無いし…
 「坂上田村麻呂」はここに来たけど、全国一杯征伐に廻った一つだし…
 「熊野水軍」海賊の本拠地は、ここ「木本・鬼の元」だそうですが、実際の水軍で登場するのは「九鬼水軍」時代からだし…
 「南方熊楠」なんて変人では大河ドラマになりそうに無いし…
 どうも、人材不足は今だけではなく昔からのようです。
 「イザナギ」「イザナミ」のドラマでもやらない限り駄目かな?
 「日本神話」もドラマチックな「天岩戸」だとか「草薙の剣」なんてのや「ヤマト姫」あたりに中心行っちゃうでしょうしね。
 困ったものです。
d0045383_1120215.jpg

 
 こんなブログもはじめました。
 ★本日更新★
   


熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2010-09-26 11:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 25日

熊野の旅 そろそろ秋

 暦の上では中秋の名月も過ぎ、秋たけなわと言うときです。
 「暑さ寒さも彼岸まで」ですから、お約束どおり涼しくなってきました。
 今年の冬は夏の猛暑の反動で寒い可能性が強そうです。
 と、言うことは…
 これからしばらくが熊野古道歩きのベストシーズンってことでしょう。
 まだまだ日は長いし…
 同じ一日でも行動範囲が随分違ってきますからね。

 景色のほうも太陽の高さが少し下がって写真に撮りよくなっています。
 記念写真も少々まぶしいですがきれいに写る時期です。

 山道を歩けば、まだまだ汗をかきますが、木陰で一休みすれば寒い区なるほどの風が吹きます。
 2Lもあるような思い水を持って歩かなくてもそろそろ500ccでも足りるようになります。
 お昼の弁当も心配しないで食べられるようになって来ました。

 うーーん
 やっぱりベストシーズンですね。
 来週末は「花の窟神社お綱賭け神事」です。
 私は残念ながら山間部の敬老会だとかが重なりました。
 老々接待的になってきた行事ですがお綱賭けと違って、「今年でなくては」と言うこともありますから…
 叱られるかな?
d0045383_10283016.jpg


 こんなブログもはじめました。
 ★本日更新★
   


熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2010-09-25 10:28 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 24日

熊野の旅 どぶろく

 昨日はがっくり来ました。
 はるか彼方でごろごろと入っていましたが…
 一瞬画面がちらついて再起動が掛かるような停電と言うより断絶でした。

 昨日書いていたのは「どぶろく」です。
 育生町大森神社の『どぶろく祭り』は11月23日です。
 普通、清酒の仕込みはもっと寒くなってからが本番みたいですが、このl祭りのどぶろくはそろそろ仕込みに入るのでしょうね。
 酒税法の締め付け、取締りがうんと厳しかった頃でもきちんと認可の下りた「どぶろく」でした。
 私が子供の頃などは闇で自家醸造する人が居たほどですから、他所から見ればうらやましいお祭りだったでしょうね。
 今の世の中のようになると、どぶろくを仕込むことが負担になるように変わっているのかもしれません。
 
 どぶろく祭りは誰でも何所の人でも参加できます。
 育生も住民が減って、老齢化も進んでいるので他所の人が行かないと祭りが盛り上がらなくなってきています。
 最初に指定の紙コップを買えば後は飲み放題だと思います。
 ただ…
 飲酒厳禁の時代なので、参道には「飲んだら乗るな!」なんて看板が並んでいます。
 「どぶろく」が主役のお祭りには厳しい世の中です。

 この育生町には関西方面からなら入りよくなっています。
 近年開通した「不動トンネル」を使えば時間が大分短縮されます。
 国道169号線、奈良県吉野郡下北山村から和歌山県東牟婁郡北山村に抜けるルートです。
 村道不動線/市老谷線と言うものなのにトンネルは2038mもある長いものです。
 大きな山越えの「不動峠」と言う昔の街道を短縮したものですから近くなります。
 大阪方面からならこのルートに入るのが一番でしょうね。
 途中の経路も天川村ー行者還り峠ー上北山村309号線を通れば距離は橿原経由の169号線より短くなります。
 1000mを越す峠越えの格好良い道ですよ。
 山岳走行が好きな人にとってだけですけどね。
 途中の渓谷のもみじも綺麗なのですが、11月23日では遅すぎるでしょうね。

 まあ、こんなルートもありますから、一度おいでください。
 酒を飲まない運転手を乗せないと楽しめませんけどね。
d0045383_8411416.jpg


 こんなブログもはじめました。
 ★本日更新★
   


熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2010-09-24 08:41 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 23日

熊野の旅 消えた!

遠くの雷で停電
書き上げて校正中の記事が消えた!

 こんなブログもはじめました。
 
   


熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2010-09-23 11:19 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 22日

熊野の旅 里の秋

 季節感の乏しい南の国ですが。山間のほうでは海沿いよりは季節感があります。
 秋が近づけば昼間が暑くても夕方になると涼しい風が吹き、夜半には寒い風が吹きます。
 今日は「名月」ですが、ススキの穂も出て、絵の通りの名月も見られます。
 川の鮎の数もめっきり減り、残っているやつもまっ黄色に色が変わっています。
 昔ならあたり一面が黄色い稲穂が頭を垂れた田圃だったのですが、今ではいささか風情の無い刈り後の株から葉っぱが出た中途半端に緑色の田圃が広がります。それが今の秋の田です。
 残念ながら山から松の木が姿を消し、「マツタケ」などと言う物は採れなくなってしまいました。
 それに、このあたりでは古くから人工林が多くなっていたので「きのこ」を採る習慣が余りありません。だから、「秋になったらきのこが美味しい・・・」と言う楽しみはありませんでしたね。
 まあ、素人はきのこに手を出さない方が身のためですけどね。
 命を懸けて食べるほどの物では無いですから…
 私が山で見つけて採ってくるのは、せいぜい「天然しいたけ」位です。他は怖いです。
 
 素人でも大丈夫で美味しいのは、やっぱり『山芋』でしょう。
 掘るのに苦労するけど、スーパーに並ぶ「自然薯・山芋・大和芋・伊勢芋」とは一線を画した物です。
 摩り下ろしても液状ではなく粘り気がありすぎて塊状になるものが多いです。味噌汁などで少し伸ばさないと箸でつまんで食べられるくらいになります。
 おろし金でおろして、すり鉢にいれ、すりこ木ですりながら味噌汁の濃い目のものを加えてのばす…
 いやはや面倒な食べ物ですがするだけの価値のある食べ物なんです。
 しかし、その前の山で掘ってくる段階からとてもやる気になれません。
 昔は自転車の荷台に太くて立派な山芋をくくりつけて帰ってくる「山芋掘り名人」がうらやましく見えたものです。
 子供では太刀打ちできない「名人」が何人も居ましたからね。

 「里の秋」
 山で育っただけに実感があります。
 今も田舎の熊野市住まいですが、中途半端に街中ですからねえ…
 5分走れば山に入るのに…
 10分は知れば山芋を掘っても叱られない自分の山があるのに…
 15分走れば育ったところに行けるのに…
 無精ですねえ…

 静かな静かな 里の秋
 お背戸に木の実の 落ちる夜は
 ああ 母さんと 二人きり
 栗の実煮てます 囲炉裏端
 
 明るい明るい 星の空
 鳴き鳴き夜鴨(よがも)の 渡る夜は
 ああ 父さんのあの笑顔
 栗の実 食べては 思い出す
         

 良い歌です。
 でも、小さいときから好きでは無かったです。
 この歌を歌うとお袋が涙をこぼしました。
 私の親父も帰ってきませんでしたから…
d0045383_11251461.jpg

  1959年の飛鳥町小阪

 こんなブログもはじめました。
 更新しました
   


熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2010-09-22 11:23 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 21日

熊野の旅 秋祭りのシーズン

 日本の田舎では秋の取入れが終わったときにお祭りを行うところが多いです。
 農耕民族、稲作文化ですから当然ですね。
 お祭りは宗教が絡むからかどうか分かりませんが、役所のほうで予定などを広報しませんね。
 私もこの広い熊野市の何所で何時お祭りがあるのか知りません。
 合併したのが延べで12町村位ですから、少なくともそれくらいの鎮守様はあるでしょうね。
 それに山の神なんてのも入るのでお祭りも随分あるのかと思います。
 分かっているのは・・・
 10月2日 花の窟神社秋季大祭・お綱掛け神事
 10月9・10日 木本神社大祭・木本祭り
 11月3日 飛鳥神社祭り
 11月23日 育生・大森神社どぶろく祭り
 位です。
 これだけでも中々出かけないくらいですから他の場所には…

 こうした祭りが段々寂しくなるのに、どう言う訳か「地域おこし」なんて名前でこの時期にも新しいイベントが出来たりするんですね。
 普通の祭りでは「無形文化財」にもならないので無視されちゃうのです。
d0045383_1111413.jpg

 過疎が進み、老齢化も進み…
 浦安の舞を舞う娘も居なくなり…
 神楽を回す若い衆も…
 飲酒運転が厳禁の時代なので、車座になって酒を飲む楽しみもなくなったし…
 一升酒を自慢した人たちもほんの二合くらいで足腰が立たなくなっていますしね。

 有名になって観光産業化したお祭りや盆踊りは華やかになっても、「日本の祭り」がどんどん減っているのでしょうね。
 小学校が閉校なっている数くらいの村祭りが消えているのかもしれません。
 来月の出雲での神様の総会では、「困ったものじゃのう・・・」と神々が嘆くのでしょうか?
 「子授け」の神辺りは肩身が狭いでしょうね。

 こんなブログもはじめました。
 更新しました
   


熊野市周辺地図です
 
[PR]

by je2luz | 2010-09-21 11:21 | 熊野 | Trackback | Comments(0)