LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 31日

熊野の旅 清流大又川と観光

 熊野市と尾鷲の境、「矢の川峠」、熊野市と下北山村の境「備後」などを水源地とする『大又川』は「清流」の冠をかぶれることの出来る川です。
 山中から流れ出て川らしくなるところからは国道42号線沿いに流れくだり、その先は国道309号線に沿っています。
 10Kmほどのところで「七色ダム」にせき止められて人口湖になります。
 日本の山間部の川は深くえぐられた渓谷状の谷底を流れるものが多く、眺めることは出来ても近付けないものが多いです。
 しかし、この「大又川」はそのような場所が無く、簡単に水辺に降りられるのです。
 出水期以外は「岩をかむ」と言うような危険な急流箇所も無いですね。
 これは、この流域の岩盤が「紀州御影」と言う寝食されにくい岩で出来ているからでしょう。

 日本一の多雨地帯とまで言われた尾鷲と背中合わせで、雨も多いし、他所のような岩山ではなく全山緑の山々ですから、水が切れることも無い川です。
 つまり、水遊びには適した川と言うことです。
 川が小さいので親の目も届くし、「大水」の後につれてゆかなければ流されることもありません。
 浅い「瀬」と小さな「淵」が交互にある形なので、遊びよいのです。
 この地で育った子供たちは、遠くの都会に出ても、夏、お盆に帰れば必ずその子供たちをつれて川遊びをさせるものです。
 学校指定の「水泳場」などと言うところもありますが、昔からの「子供が安全に泳げそうな場所」と言うだけで更衣室などあるわけではありません。
 その中の三箇所、飛鳥町小阪浅見川通称倉本と飛鳥町野口新飛鳥小学校横、通称宮の平、飛鳥町大又道の駅熊野きのくによこ親水公園。には公衆便所が用意されています。

 このほかに、大又川では「鮎釣り」も出来るし、普通の川魚つりも出来ます。
 鮎は有料ですが、普通の魚は自由です。
 鮎と禁漁期間のあるアマゴを除けば、普通の魚は年間を通して釣れます。
 つまり、その気になれば年中遊べる川なのです。
 私は嫌いなのですが、七色ダムでは「ブラックバス」の釣りも行われています。

 ここまで褒めましたが、いい川と言うことと、「観光資源」は別物ですね。
 私の友人もこちらに帰ってこの川を資源に民宿でもやろうかと考えていますが、川遊びはあくまでもお客様サービスでないと駄目でしょう。
 ことに最近の都会人はきっちり教えてあげないと工夫して遊びを作り出すのが苦手ですからね。
 鮎釣りも、関西からなら非常に近い釣り場なのですが、客数は減る一方です。
 と、言うより、里の川なのに住民の生活と川が離れてしまい、河原に降りる道もほとんど消えてしまっていますから、近づきにくい川になったのです。
 川も小さくて他所の鮎釣り上のような豪快さも無いですし…

 どうぞ遊んでいってくださいよ…
 それが「清流大又川」だと思います。
 そして、こうしたものの積み重ねが「熊野市の観光」なのでしょう。
d0045383_11174641.jpg



熊野市周辺地図です

[PR]

by je2luz | 2010-07-31 11:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 30日

熊野の旅 類似・典型 古い町並み

 京都・奈良・飛騨高山・飛騨古川・馬籠・妻籠・橿原今井町…
 倉敷・萩・津和野・小樽…
 全国に一杯ある見所です。
 「町並み」を見所にしている観光地ですね。
 まだまだ、どんどん上がってくるでしょう。
 東京下町や大阪の裏通り…戦災にあわなかった町も「絵になる町並み」です。

 身内を褒めるのも良いのですが、公平に見ないといけないところもあります。
 あちこち歩き回って来れば、自分の町のよさも分かるけど、よそとの差も見えます。
 
 今あげたような誰でもが知っているような観光地でさえ、個人的に訪れたことのある人と言うのは少ないものです。
 こうした町並みを見るのが好きな旅人は旅行好きの人の中でどれくらい居るのか分かりませんが、マニアでも無い限り他の見物と合わせて訪れるのでしょうね。
 これを取り上げたのは、熊野市木本町では本町通りを大きな観光資源として持ち上げ気味だからです。
 この町並みで観光客を呼べるか…
 呼んだあとで文句が出ないか…
 写真なら一部を切り取って見せられますが、人間の目は全体を見ます。

 木本町本町通りは落ち着いた良い町並みです。
 昔ながらの町屋もポツポツ残っています。
 中に入れば真っ暗な日本の古い町屋も見えます。
 でも、その数も減ってしまい数軒程度ですね。
 公平に見れば「観光地」ではないです。
 「熊野古道歩き」の道すがら、「結構古くからの町だったんだなあ…」と、見てもらう程度でしょう。
 見せびらかせるようなものではないけど、自分たちの町の歴史を残すのも大切です。
 でも、その中で生活することの不便さも理解しないといけませんね。
 その中で生活したもので無いと分からない、『木本の町屋の暮らしにくさ』がありますからね。

 又、地元で嫌われる事を書きました。
 「観光」=「活性化」=「飯が食える」…と、信じている人には禁句ですからね。
 でも…
 「熊野古道」は別として、自分がこの町並みを日本の中で選んでわざわざ見に行くかどうか考えれば答えは見えると思うのですが…
 
 せっかく「熊野古道・松本峠」に来られたのなら、いくつかある「花の窟神社への道」の中で「木本本町通り・古道通り」を歩く事をお勧めします。
 これが正規の浜街道道筋です。
d0045383_10303192.jpg



熊野市周辺地図です

[PR]

by je2luz | 2010-07-30 10:31 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 29日

熊野の旅 CHINA MONEY

 昨日、中国からの観光客について触れたのですが、夕方のテレビで和歌山県の取り組みを放送していました。
 今回のビザ発給の垣根を下げたことで大幅に海外渡航する中国人が増えるそうです。
 将来的には日本の人口そっくりに匹敵する数が地球をうろつくとか…

 人口がもうすぐ一億人まで減少し、その四割が高齢者になることがはっきりしている日本人を相手に、観光の青写真を引いていたのではどうしようもないことに目をつぶっている地域が多い中で、和歌山・白浜などはまじめな方でしょう。
 九州も地域的に近いこともあり、力を入れだしたのは早いですね。

 中国での団体募集の料金は大体八万円くらいだそうです。
 もちろん、航空運賃も込みの話です。
 中華航空などは日本の飛行機会社に比べうんと安いはずですが、とにかく、足、宿、飯…全部混みで八万円に収めると言うことです。
 日本からの海外ツアーもそんなものですが、「円高」だし、交通費などの高い日本で、動き回らせるのは大変でしょう。
 それに、今のところ中国からのお客様を絶対に案内しないと収まらないのが『秋葉原』のようです。
 日本人がハワイに行ったら必ず出かける「アラナモア・ショッピングセンター」みたいなものでしょう。
 もう少し高いものですから、ローマに行ったら押しかけた「グッチの本店」的なものでしょう。
 同じ値段でも「大阪日本橋」ではなく「東京秋葉原」で買いたいようです。
 おまけに、「萌~」なんてのも大阪難波では駄目ですからね。

 八万円で「秋葉原」あり…
 日程的にも予算的にも地方が引っ張るのは大変そうです。
 熊野市が誇る????、「一泊二万円でお安く…」と言うリゾートホテルでは、組み込みようが無いでしょう。
 それに、「観光産業」なんて虎視眈々と懐を狙うようでは、「おもてなし」なんてあり得ませんね。
 「歓迎」と言えば「和太鼓」と「ソーラン」で賑やかに…
 日本に求められるのは「ド迫力」では無いでしょう。
 「遠くから琴の音が聞こえ、彼方から笛の音が…」
 「何処からとも無く祭囃子が聞こえ、誘われて出かけたら、賑やかな祭りにぶつかる…」
 これが一番だと思うのは私だけでしょうか?
 オプションは良いけど強制的な過剰接待は「おもてなし」では無いでしょう。

 日本の団体ツアーは、始まってもう40年になってようやく大都市以外の目的地を回るようになったところです。
 私はどさ周りが好きな方で田舎を歩いた方ですが、時間と予算が限られるとねえ。
 自分自身が「人生初の海外旅行」で日本に来たらどこへ行きたいかを考えれば答えも少し出るでしょう。
 うろつく人が増えるので、おこぼれ的に少し増えるでしょうけどね。

 困ったことに、私は中国語は駄目です。
 「ニー・はぉ」と「オー・アイ・ニー」では…
d0045383_1135512.jpg



熊野市周辺地図です

[PR]

by je2luz | 2010-07-29 11:36 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 28日

熊野の旅 高速道路無料化

 今日の新聞に「高速道路無料化実験」の効果についての記事が載っていました。
 とりたてて効果を書きたてるほどの観光地が無い感じですね。
 7月の連休の時の事を主に書いていましたが、その時のことは私も熊野市の「道の駅・熊野きのくに」と「里創人・熊野倶楽部」での実感と我が家の前の国道42号の流れを見た感じで記事を書きました。
 カチャカチャとカウンターを押さなくても、地元の人間なら増えたのか、混んでいるのかは分かります。
 聞き取り調査も無しで出してくる数字と分析なんて…
 そんな調査でも褒めにくいようです。

 当たり前ですよね。
 平日の「紀勢自動車道」などは通勤客が使うので増えたようですし、休日もショッピングセンターから離れれた田舎の人が「行ってみようか…」と、出かける効果はあったでしょう。
 でも、元々1000円で九州まででも行けた都市部のお客さんが、「紀勢自動車道」がただだからと言って紀伊半島を南下するでしょうか?
 全国どこの観光地へ行っても同じ料金で「ただ」の効果はありませんからね。
 だから、底まで落ち込んでいた頃よりは増えたかもしれませんが、以前よりは減っているのです。
 それに、「安いから…」と、遠くに足を伸ばす客層にとって、余分に掛かる燃料代は結構重いはずです。
 だから、時間も短縮されることもあり、宿泊なんて考えもしないようです。
 これが現実でしょう。

 こう書くと。「消極的」「否定的」という人が居ますが、、現実は都会からだけでなくこちらからも高速は無料なのです。
 これを利用して「旅」に出た人はどれだけ居ますか?
 「行こう」と考えた人はどれだけ居ますか?
 先ほど書いた。「買い物」に行く人は居たかもしれませんけどね。
 期待感を煽り、下手すると巨大公共事業の口実になるのです。
 住民より観光客…
 農林水産よりは観光産業…
 日本中がこの図式で動いて小さな市場を食いあいしているようです。

 「チャイナパワー」を利用しようと言う地域もありますが、「買出しツアー」の要素の大きい「中国人観光客」を田舎まで引っ張ってくるのは大変でしょうね。
 これも、全国が目をつけているし…隣の和歌山県がものすごく力を入れているようですが、白浜からここまで120Kmです。つれてきて、何を買ってもらうのか…
 「秦の徐福」を利用して「徐福の子孫」の人たちに来てもらうくらいでしょうか?
 「波田須」でおまいりしてもらって「新宮」へ、そして「勝浦温泉」…
 歓迎セレモニーで足が出る…
 「税金でやるからかまわない」と言う発想の人も居るでしょうけどね。

 高速無料化も例え続けてやっても、効果は一時的なものでしょう。
 「1000円高速」でさえ、最初のような効果は無くなってきているのですからね。
 「高速道路」は吸い上げ用ストローである事を忘れてはならないはずなのですがねえ…

 「一っ走り買い物へ…」
 観光客が買ってくれるお土産より大きなお金が外に出て行ったり…
 一般国道が良くなっただけでも流れが変わってしまったのにね。
d0045383_11361562.jpg



熊野市周辺地図です

[PR]

by je2luz | 2010-07-28 11:37 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
2010年 07月 27日

熊野の旅 フェリー・ありあけ

d0045383_1010385.jpg

 これは7月16日の「フェリー・ありあけ」の写真です。
 左側の黒いのが作業船で、綺麗に塗られているのが「ありあけ」の船尾部分です。
 海に沈んだ部分は少し引き揚げて運んで行ったようですが、回収したのはどれくらいかは外からでは分かりません。
 荒海の熊野灘、七里御浜でも北極海のように年中荒れているわけではありません。
 このように静かな日の方が多いのですけどね。
 ひっくり返ったすぐ後から、何度も眺めましたが、「忙しく立ち働く…」なんて光景にはぶつかりません。
 かといって、ハイテク機械が無人で動いている風でもなし…
 準備をしているうちに天候が変わって波が出てくる…作業が出来ないままで延期する…
 これの繰り返しと言うことになっているのでしょうね。

 工期が延びると費用が嵩む…これは常識的なことですが、この現場のように、予想外の出来事?で船体が折れて沈んだ…とか、海が荒れることが多い…とかで半年も工期が延びてきたら本当は大変なはずなのですがね。
 どう見ても不自然な動きですが、ここは御浜町の領地です。
 漁業組合も取り立てて騒ぐでもなし…
 漁業はあるけど「漁場の町」では無いのでこの秋の御浜町町長選挙の論点にもなっていないようです。

 この船の船長が転覆しかけた「ありあけ」を旨く座礁させたのに…
 積荷が崩れた責任は船長にあるともいえるのですが、何とか沈む事を防いだのに、褒められては居ないでしょうね。
 熊野灘の海底に沈めればそのままだったのに、海岸まで来て座礁させたので処理に金が掛かる…などと、叱られる可能性もあります。
 今年中はこの光景はあまり進展しないで見られるでしょう。
 見える部分を撤去したら、見えない部分は荒波で流れちゃったと言うことになるかもしれません。

 ここの岩礁には「伊勢海老」が居るはずです。
 「えびちゃん」ももうすっかり「鉄の住処」に慣れてしまったかもしれませんね。
 普通の磯魚は割合と鉄錆の臭いが好きなようですけど…
 外海なので野次馬のダイバーが覗きに来ることも無いようです。


熊野市周辺地図です

[PR]

by je2luz | 2010-07-27 10:36 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 26日

熊野の旅 災害は忘れた頃に…

 伊勢湾台風から半世紀あまり経ってしまいました。
 その後にも、風台風の19号が二回とかそれなりの災害は起きて居ますが、「伊勢湾台風級」の台風は紀伊半島を襲っていません。
 大きな災害の例えは、この地方では「伊勢湾台風」ですが、沼津の人などになると「狩野川台風」が出てくるし、大阪の年寄りになると「キティ台風」「室戸台風、第二室戸台風」が出てくるという風に変わってくるものです。
 地震で、関東では「関東大地震」、濃尾平野では「濃尾地震」、関西では「阪神淡路大地震」になり、この辺りでは「東南海大地震」になります。
 このように、災害と言うものは身近なものを例にとらないと分かってもらいにくいものです。
 しかし、人の記憶と言うものは「つらい」とか「怖い」「痛い」などと言う物は積極的に消し去るように出来ているのだそうです。
 その特性が無くても、自然界のサイクルに比べると、人間の寿命なんて短いですから、半世紀もすると、体験した人があまり居なくなります。
 70年もするとほとんど居ないんですね。
 さらには、年寄りの言うことなど「たわごと」扱いされたりします。

 先ごろからやっている「木本海岸の安全を守る運動」も、少しは慣れた所の人では関心の無い人が多いし、公職にある人などは「予算が付いているのに流すと困る!」と、住民抜きの話になってきます。
 行政の業務の第一義は「住民を守ること」なんですけどね。
 そんなことは理想論で二の次、三の次らしいです。
 「予算を流したらどう責任を取るつもりだ!」とまで言われますね。
 その人たちに、「私が予想する災害が起きた時に責任が取れるの?」と聞くと、「そんなの分からんことだ」と片付けてしまいます。
 原発を推進する人が原発のそばにすまないのと同じですね。
 公の方では随分悪者になっているようです。

 鬼ヶ城の天上からの落石、獅子岩の顎の落下…
 本当は怖いことなのですが、まじめに考えられては居ません。
 これも、確かに人がその下に居る時に落ちてくる確率は隕石に当たる程度なのかもしれません。
 隕石は避けられませんが、今の二つなどはかなりの部分予防できます。
 「特別天然記念物」だから手を加えてはいけないと昔言われましたが、不思議な法律です。
 観光立市をずっと標語にしてきた熊野市なので「特別天然記念物指定解除」なんて思いも付かないことのようです。

 色んなところで自然と人間が折り合いをつけなくてはならないのですが、やっぱり、生活の安全と安心感が無くては市民は幸せを感じられないはずです。
 でも、安全なんて脅かされるまでそこにあるとは分からないのですね。
 市のトップも市民の安全よりは観光だと言うことらしいので、これからしばらくが大変です。
 海岸線が100m単位で浸食されたところが日本でもあるなんて、知る人もほとんど居ませんしね。
d0045383_12531036.jpg



熊野市周辺地図です

[PR]

by je2luz | 2010-07-26 12:55 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 25日

熊野の旅 熊野と熊野市

 「熊野」の中に「熊野市」があります。
 その「熊野」にある、熊野三山とそこにお参りする何本かの参詣道が一体として「世界遺産」になっています。
 「世界遺産」に指定されて6年ですか、それによって名前は結構有名になりました。
 「熊野市が」ではなく「熊野が」なのですけどね。
 以前のように三重県内で「熊野市ってどこですか?」と聞かれることはなくなりましたけどね。
 他所に住む人などと言うものはそんなものなのです。
 自分が住んでいるところはすごく有名だと思っているものです。
 そのくせ他所のことは地名も場所も知らない…
 わたしはたまたまアマチュア無線でJCCとかJCGなどと言う普通の人が興味を持たない分野にのめりこんだし、若い時からの旅行好き、野次馬根性などが積み重なって全国の市・郡の名前も覚えてしまったものです。
 平成の大合併で随分変わってしまって戸惑っては居ますが、元の郡や市の位置が変わったわけでも無いですから雑学としては結構役にはたちます。

 このように、日本国国民に自分の町の名前を覚えてもらう、場所を覚えてもらうと言うことは大変なことなのです。
 かつてアマチュア無線が盛んであったころは、「三重県熊野市」はそこそこ有名な方でした。
 遠くて、電波の届きにくい地形で、中々交信出来ない貴重な市だったのです。
 「三重県熊野市と交信したい!」と言うことで覚えてもらったので、「熊野市に行きたい!」とは違うのですけどね。
 どんな形でも、頭の片隅に地名が入っていることは「旅先」を決める時の一つの要素にはなるでしょう。
 「何も考えないで汽車に乗って…」なんてのは危ない死出の旅くらいのものでしょう。

 極端な話、ニュースショーを賑わせた猟銃事件の後しばらくすると、事件が消えて「熊野市」の名前だけ何となく頭の片隅に残した人も結構居たのです。
 ただ、日本国は金太郎飴のようなものです。
 景色にしても、みやげ物にしても…
 名物を作り出し売り場を賑やかにしても、総額が減少している市場の奪い合いだけのような気がします。
 旨いとか言うよりイメージ先行でしょうか?
 物産展でも「北海道」「長野」などは良く売れる…
 「三重県」となるとうんと客足が減り、確実に売れるのは「赤福」…
 「内」ではなく「外」に向かうのは難しく徒労に終わることが多いものです。
 日本中で同じように行っていることですしね。
 それにしても、みやげ物売り場では「買って帰って食べてみたい物」って無いものですね。
 私がしらけちゃったのか、みやげ物が懲りすぎてしまったのか…

 土産物なんて、聞いたことも無ければ食べたことなど尚更無いものがほとんどなのですから、ついつい、「名の通った有名なもの」に落ち着いてしまうのでしょうね。
 うまく行って雑誌などに取り上げられたりして、世の中の人が「有名なもの」と錯覚してくれたものが「名物」になるのかも知れませんん。
 売れていないものの中においしいものがあるのかも…
 でも、得体の知れないものは勝って買える気になれない…
 食堂のメニューなら「得体の知れないもの」を注文したくなることもありますけどね。
d0045383_1022464.jpg



熊野市周辺地図です

[PR]

by je2luz | 2010-07-25 10:08 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
2010年 07月 24日

熊野の旅 帰ってきました

d0045383_20523414.jpg

 ここを通って帰ってきました。
 少し詳しい人なら、航空会社、機種、場所もわかるのでは無いでしょうかね。
 着陸地は中部国際空港・・・気温は34度を越えていたとか…
 名古屋駅について建物から外に出たら…
 ドライヤーのどでかいのが回っているのではないかと言う感じで、ひどすぎるショックで笑えてしまいました。
 外の見える喫茶店で休んで眺めていたのですが、名古屋の人はそんなに暑がって居ませんね。
 それくらいで驚いていたのでは名古屋の夏は生き抜けないのでしょう。

 いやですねえ…都会の暑さは…
 田舎のねずみでは無いですが、都会で生きているものとは種類が違ってしまったようです。
 と、言いつつ、紀勢線で無事に帰ってきたのですが、今夜は我が家の温度測定場所でも28度もあります。
 これは大変な暑さです。
 
 もう少ししたら「山風」が吹くと小学校の時に習いました。
 あんなふうに典型的に風向きが変わることは少ないですが、海からでも山からでも風が吹いてくれば気温はすとんと落ちます。
 熊野には暑い夜は似合いません。
 四季を通じて過ごしよいのが熊野の良いところなのですからね。
 暮らしよいかどうかは人それぞれの受け取り方ですが、過ごしよう気候は地元の人にも他所から来た人にも等しく与えられます。
 ただ、ここで暮らしている人は随分鈍くなっているようですけどね。
 こんなところでもクーラーを入れる人がほとんどになって来ていますからね。

 今朝は時間的にブログを更新できませんでした。
 ランの環境は確保できていたのですけどね。
 直線で1500Kmほどの移動には時間が掛かります。
 でも、ここに飛行場が欲しいなんて馬鹿なことは言いません。
 新幹線が必要なんて無責任なことも言いません。
 無いからこそ残される世界遺産でしょうからね。


熊野市周辺地図です

[PR]

by je2luz | 2010-07-24 21:14 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 23日

熊野の旅 大失態 画像が・・・

 大失態です。
 デジタルカメラの画像を読み込めません。
 カードリーダーを忘れました。
 いかんともしがたいですね。

 今週末も熊野ではいっぱい夏祭りが開かれ、子供たちはお小遣いを持って夜店に出かけるのでしょう。
 しかし、子供の減少からなのでしょうね。露天商さんの元気がないです。
 定番の「綿あめ」「ようよう釣り」「金魚すくい」「型抜き」「りんごあめ」「風船」なんてのが揃いません。
 大きな夜店で無いと採算が合わないのでしょう。
 なんだか日本の夜店も寂しくなってきました。
 都会ではまだまだ元気なのでしょうか?
 都会のお母さんがただと、あの、毒々しい、うそ臭い雰囲気の夜店には子供を近づけたくないのでしょうか?
d0045383_8211815.jpg

 私が子供のころは山間部で育ったので、「夜店」なんてのは「木本の花火」の時にしかお目にかかれませんでしたね。


熊野市周辺地図です

[PR]

by je2luz | 2010-07-23 08:23 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 22日

熊野の旅 ちょっとオ遠出します

今日から遠出になります。
うんと近場に変更してもらおうとしたのですが駄目でした。
拒否して今後の活動自体に支障をきたしたのでは意味がなくなるし…

 荷物はパソコンとカメラ…
 熊野市と違い他所の町ではホテルなどではフリースポットが動いているようですからね。
 この問題を提起しても熊野市では意味すら理解してもらえない状態です。
 まだまだ、近代化には時間が掛かりそうです。
 昔もそうでしたけどね。
 以前にブラジルの片田舎と言われるバストス市を訪問した時。その田舎の市役所に比べ、OA化などでは話にならないほど遅れていたものです。
 そして、国の方針もあって一応追いついた形にはなっているのですが…
 こんなロートルの爺から見て遅れているのですから困ったものです。
 金がなくて遅れているのではなく、感覚が遅れているのですね。

 今夜も夜中に「ビラまき」
 自衛隊の官舎は無いし、私は共産党員じゃないし、つかまりませんでしたが、下手すると不審者ですね。
 当局との先手争いの感があったのですが、ほんの少し先に手が打てたかな??と言うところです。
 住民のパワーに頼らないと出来ない話ですが、地元で育ったお年寄りの自然の力の大きさを知っている知恵が支えてくれそうです。
 この辺で役所が振り回す、「伊勢湾台風級にも耐えられる」を、全く信じていないのが「伊勢湾台風を知る年代」ですからね。
 あれ以降、あのような台風は来ていませんが、この年代はその再来を恐怖とともに信じているのです。
 でも、今の気温上昇からすれば不安が的中する立の方が高いでしょうね。
d0045383_0285169.jpg

      1960年ごろの木本堤防
 この小屋が建っているところが今の国道42号線です。


熊野市周辺地図です

[PR]

by je2luz | 2010-07-22 00:30 | 熊野 | Trackback | Comments(2)