人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 28日

熊野の旅 ローカル紙 南紀新報

 昨日は熊野のローカル紙、「ヨシクマ新聞」について書きました。
 今日はもう一つの「南紀新報」になります。
 この二紙は長年ライバルとして、シェア争いをしてきました。
 創業はどちらが早いのか知りませんが、私が高校時代にはしのぎを削っていましたね。
 ライバルが居るから、よくあるような、ぬるま湯にどっぷりつかったローカル紙にならないで済んだのかもしれません。
 この狭い木本と井戸・有馬を中心に記事を拾って紙面を作るのは中々大変です。それに、大きな会社も無いところで新聞を支える「広告」を取るのも記事以上に大変なのではないでしょうか?
 昭和の大合併の頃で熊野市が3万人、南牟婁郡も3万人ほどでした。
 購読者はせいぜいこの範囲です、
 奈良県側の下北山村とか上北山村には郵送による読者が少し居ますが、部数としてはほんの少しです。
 新宮には新宮のローカル紙がありますし、三重県側の鵜殿村や紀宝町は新宮の方を向いて生活しているので市場としては弱いですね。
 元々これだけしか居なかった人口がほぼ2/3まで減少しています。
 それでも、この二紙はがんばっていますね。

 小さな新聞社だけに、社主、主筆の性格が紙面にはっきり出てきます。
 だから、購読者も記事絵オきちんと読む人は自分に近い方の新聞を選ぶようです。
 読者の中には、ローカル紙の大事な役目の「死亡広告」の黒枠だけ目を通す人も居るようですけど…
 
 「南紀新報」通称「ナンキ」は熊野市駅のそば、元、「百五銀行」の建物に入っています。
 私の記憶では小学校のそばの小さな建物でやっていてから、「文字岩」の近くの少し大きな社屋に引っ越して長くやっていました。そして、熊野市の玄関口に出てきたのです。
 片方の「吉野熊野新聞」も細い露地のような道に面した狭苦しい社屋から、目抜き通りの記念通りにあった「農協会館」を買い取って立派な社屋になったのです。
 こんな狭い町で、二紙ともに成長したなんて不思議なくらいです。
 ローカル紙と言うものは外に打って出られるものではないですからね。
 老人が増えて、町に出る機械も減っているだけに、こうしたローカル紙が提供する話題やニュースがどんどん大事なものになって来たのかも知れません。
d0045383_10472570.jpg



熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-02-28 10:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 27日

熊野の旅 ローカル紙 吉野熊野新聞

 全国各地にはその地方だけのローカル新聞があるものです。
 この辺では、少し広域で三重県南半分をカバーしていた「伊勢新聞」があり、熊野市には、市内と南牟婁郡を守備範囲とした「吉野熊野新聞」と「南紀新報」と言う二つの新聞があります。以前には「熊野日報」と言う新聞もあったのですが廃刊になっています。
 残っている地元の二つの新聞社はすっかり根を張ってがんばり続けていますが、い「伊勢新聞」はどうしても中途半端に広い守備範囲なので地域密着にもなれずこのあたりからは事実上姿を消しました。

 この二つの中で、「吉野熊野新聞」通称「ヨシクマ」の先代社長さんは、「尖筆」と言う、朝日新聞の「天声人語」みたいなコラムを書いていました。
 90歳を越えるくらいまで、休刊日を除いて書き続けられました。
 手元には頂いた、「尖筆・抄・第一巻」がありますが、昭和34年に書き始めたのだとか…筆をおかれたときを覚えていませんが、1959年から40年は書かれたのではないでしょうかね。
 たいしたものです。
 私などこのブログを、たった5年書くだけでネタは切れるし、四苦八苦しています。
 「尖筆」を読んでいた頃は短い記事ですし、言いたいことを書いている物ですから気にも留めなかったのですが、休み無く書くということの大変さが良くわかります。
 何しろ、日記などと言う物が続いたためしのない人間ですからね。
 夏休みの日記は最後の二日ほどでまとめて書いたほうですから…
 とても続きそうにないです。
d0045383_9223137.jpg

 「ヨシクマ新聞」は目抜き通りの「記念通り」で「スーパー・オークワ」の隣にあり。社屋の外には新聞が掲示されています。
 夕刊紙ですから、午前中の出来事は乗っていることが多いです。
 ひょっとすると、熊野古道を歩いていたり、イベントを覗いているあなたは載っているかも知れませんよ。


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-02-27 09:26 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 26日

熊野の旅 身近な線路 だったんだけど…

 テレビで見る、アジアや南米の鉄道は、民家のすぐ脇を走り、軒先は列車に当たるのではないかと言うほど張り出しています。
 ひどいところでは、列車の来ないときは線路の部分まで市場になっているという光景まであるようです。
 それが、路面電車なら分かるのですが、ちゃんとした鉄道でもそんな風みたいです。

 国土の狭い日本でも、当然起きていてもおかしくないのですが、鉄道が敷かれ始めた明治には、しっかりした法治国家になっていたので、そんな風にぐしゃぐしゃにはならなかったようです。
 全国どこまで行っても、鉄道敷地はきちんと確保されていますね。
 でも、決してゆったり確保されている訳ではないです。
 日本の国鉄は「狭軌」でしたし、車両もそんなに大きなものではないですから、割合と狭く、余分なスペースが無いところが多いです。
 街中になると余計にスペースが狭く見えてきます。
d0045383_103504.jpg

 ここは紀勢線熊野市駅を上り方向に出発してすぐの場所です。
 列車が敷地一杯に見える状態です。
 線路脇に道路がないのでこんな風に見えるのです。

 今の列車は窓が開かないですから、身を乗り出す悪がきの姿はないですが、昔は窓から身を乗り出す光景もあったのです。
 構内の電信柱などでは乗客と接触する危険のあるものまであったようです。
 狭い敷地ゆえの構造だったのでしょうね。

 高速道路1000円、そして、6月頃からはこの紀勢線と競合する高速道路、伊勢自動車道、紀勢自動車道が無料化すると、それでなくてもパラパラとしか乗っていない特急列車がますます乗客が減るのではないでしょうかね。
 省エネとかに逆行してまでそんな方向に進んで、列車が間引かれていったら…はては、またまた、「廃線」の話題が出てきたらどうするのでしょうね。
 そういう私も、この鉄道にはほとんど乗りませんけど…


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-02-26 10:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 25日

熊野の旅 道の駅 熊野きのくに 2

 道の駅・熊野きのくには国道42号線熊野市内飛鳥町大又…大又川のそばにあります。
 民家のある場所としてはしないで一番冬は寒く、夏は涼しい場所だと思います。
 車で寝泊りしながら旅をするのは夏が多いですから、夏になるとここでの熟する車が多いです。
 夏でも夜になれば窓を開けては寝られないほど気温の下がるところですから、野宿には最適なのです。
 それに、隣接する民家もないので、エンジン音などでのトラブルもありませんからね。

 開業当時には、同じ敷地内の木工品加工工場がフル稼働していましたので、その焼却炉の冷却水を利用した、「ヒノキ風呂」が無料で開放されていました。
 小さな風呂ですが、大又川を望む掘っ立て小屋風のもので、旅行者はもちろん、地元の人にも沢山利用してもらっていました。
 水も安いし、燃料は完全にただなのでやれたサービスでした。
 巨大なタンクにためたお湯を循環させて焼却炉を冷却したのですが、木工所の休みになる日曜の夜とかには温度が下がってしまい「お風呂」にはなりませんでしたね。
d0045383_1015476.jpg

 ヒノキで作った小さな小屋に、ヒノキの風呂が座っています。
 さらに、他とは違うのは、この風呂を沸かしていたのはヒノキの端財を使って「すのこ」や「縁台」を作る時の出る、おがくずや鉋屑でした。まさに、「ヒノキ風呂」でしたね。
 これが提供できなくなったのは、「中国」からの超安値の木製品の流入でした。
 ちょっとでも儲かれば、国がどうなろうとかまわない商社と、金がすべてと言う社会の風潮がこのような形で、国内の木工製品などを押しつぶして行ったのです。
 この流れも、田舎の疲弊、山林の荒廃、林業の破壊の勢いに力を貸したのです。
d0045383_1122071.jpg



熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-02-25 11:03 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 24日

熊野の旅 道の駅 熊野きのくに

d0045383_10351019.jpg

 この山間にこじんまりと納まっているのが、「道の駅・熊野きのくに」です。
 「道の駅」は旧建設省の施策で、国道を走る人のために休憩所、便所を確保するために各自治体あたり一箇所を目安に作らせたものです。
 ここは、熊野市内の分として民間の協同組合、「鬼の国物流協同組合」が建てて運営しています。
 
 道の駅としての絶対的な義務は「駐車場と公衆トイレ」の設置です。
 24時間開放で無料の公衆トイレと言うものは結構大変なものです。
 マナーの悪い人も結構居ますからね。
 わざわざ、便器や鏡を叩き割るやつまで居ます。
 道の駅は国道沿いで、24時間車の出入りがあると予想されるので、こんな田舎の山の中でも被害は少ない方です。
 この、公衆トイレ部分は「熊野市営公衆便所」になっています。
 管理、清掃は紀国物流が行っています。
 だから、毎日二回の清掃が行われきれいに維持されています。
 身障者用の車椅子が入れる個室も用意されています。
d0045383_10454068.jpg

 カメラを180度回して後ろを振返るとこんな感じで、第二駐車場と食堂、木工品売り場、木工品加工工場などが並んでいます。
 大型バスなどはこちらに入り、この通路を抜けて反対側に出ることも可能です。
 木工加工工場用に大型トレーラーでも通れるように設計した通路なのです。
 この通路沿いに、昨日のような「銘木候補」も並んでいます。
 中々売れませんが、徐行したり、車を止めて物色したりする人も結構見かけられます。
 まあ、「かって帰ってから、どうしよう…」と言うことで悩んだ末に辞める人が多いようです。
 何しろ、旅先ですからね。
 その辺が難しいところです。
 300円500円のものではないですからね。


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-02-24 10:56 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 23日

熊野の旅 ごみ? 銘木?

 世の中には見方によって、人によって価値がずいぶん違うものがあります。
 いわゆる「お宝鑑定」なんて部類のものはそういうものです。
 価値が分かる、分からない以前に、そもそもそんな値段を付けるのかよと言う側面もあるからです。
 現に、あのバブルの時なら数倍には売れた…なんておかしな話なんですからね。

 今日のタイトルもそのひとつです。

 国道42号線沿いの「道の駅・熊野きのくに」の敷地内には、そんなものが展示されています。
 好きな人から見れば、「銘木」となり、磨けば光る…格好いい…物が転がっています。
 外に転がしてあるのですから、そんなに良い物ではないのですが、使いようによっては生きてくるものもあります。
 座卓になったり、ガーデンテーブルになったり、壁飾りになったり…
 空の雲が犬になったり、アンパンになったりするように、見る人、使う人しだいの素材です。
d0045383_10465634.jpg

 この程度の「銘木」は、木がまともに育たなかった証の部分です。
 芯が腐ってしまった残りの部分…
 何かの拍子に傷つけられた幹を修復しようと盛り上がったこぶ…
 いじけてまともに育たなかった木…
 普通に言えば、「使い物にならない」「製材出来ない」…「ごみ」ともいえる部分です。
 その中には、『見方によっては…』と、言うものがあるのです。
 それを残すか、捨てるか…
 製剤所の職人の好みもありますが、普通の市場に流せるものではないので、残してもいつ金になるやら…
 町場の、そんなものの好きな人の目に触れる機会はほとんど無いですからね。

 私も、この「きのくに」に出ていた頃はこうした物の値段を決め、値引き交渉にも応じていましたが、面白いと言えば面白いのです。
 何しろ、「見方によっては…」と、言う部類ですから、いい加減と言えばいい加減なものでした。
 売るほうも、買う方も遊び心でしたね。
 うんと高い、本物の『銘木』になれば別の話ですけどね。

 と、言うことで、「道の駅・熊野きのくに」にはこんなものも転がっています。
 山の中らしいともいえます。

 「きのくに」は漢字で書くと、『鬼の国』です。
 これはニックネームではなく、正式の法人登記の名前です。
 『鬼の国物流協同組合』です。
 わたしはこの国の初代国王を務めました。
 ぜひ、お立ち寄りください。
d0045383_1047255.jpg



熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-02-23 10:44 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 22日

熊野の旅 旅と水

 人間、水が無ければ生きられません。
 日本は「瑞穂の国」で水とともに農耕をして生きてきています。
 雨が少ないと言われる瀬戸内地方でも、川があり、湧き水もあります。
 少し歩けば、沢や清水や川に行き着きます。
 集落に入れば井戸に巡り合えます。
 旅人にとっても、竹筒に入れた、少しの水を携行するだけで済むという恵まれた国なのです。
 まあ、それも、昔の話にはなってきていますが、今でも、熊野古道の山の中で見つかる水は虚弱体質の人以外なら飲んでも大丈夫なものが多いです。
 上流に民家が無い限りほぼ大丈夫なのが日本の水です。
 「大腸菌」を調べればどんな山奥、未開の谷水にでも居るそうですけどね。
d0045383_10431477.jpg

 写真は熊野市の山間部を流れる「大又川」、道の駅「熊野きのくに」の所です。
 この上流には民家が100軒余りあります。
 清流ですが、今では飲用には適しません。
 昭和40年ごろまではこの流域の人々は、この川で野菜を洗い、洗濯もしてきたのです。
 野菜洗いと洗濯が同じ…
 洗剤は石鹸でしたし、河川の自然浄化能力を超えることが無かったので問題はなかったのです。
 日本中の田舎同様、この「大又川流域・流れ谷」も川とともに生活してきたのです。

 いつの間にやら、井戸を電動ポンプでくみ上げたり、山から自家用の簡易水道を引っ張ったり…集落で簡易水道を作ったり…
 生活がものすごく便利になったのと引き換えに、川に負担がかかりだしました。
 都会のように川を殺すまでは行きませんでしたが、目に見えない「農薬」まで加わって、「川の水は使えない」と言うふうに人々の頭の中も変わってしまいました。
 川は放置され、河原には草が茂り、人々が川に近づくことも出来なくなりました。
 高級な釣りの『鮎釣り』と『アマゴ釣り』以外は魚を釣る人も子供も居なくなりました。

 でも、まだまだ「大又川」は農業用水や夏の子供の水遊び場としてがんばっています。
 そして、しばらく下ると、「七色ダム」に入り、「電気」となって都会に出てゆきます。
 もう、40年も送り続けています。
 ちょうど、若者を送り続けて日本を支えたように、この水も戦後の日本発展の手助けをしたのです。
 皆さんも、ここの水の恩恵にあずかったことがあるかもしれませんよ。
 はるか離れた、新宮で水を飲んだりご飯を食べてもこの水が入っている可能性が強いですしね。

 日本が緑で暮らしよいのは、こうした「よい水」があったからなのですが…
 龍神様なんてのも忘れられてきたようですしね。


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-02-22 11:05 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 21日

熊野の旅 旅と旅籠

 今の旅行は日帰りとかキャンピングカーとかもあって、熊野古道へくるくらいは名古屋、京都、大阪などの人には旅館がなくても良い場所になっています。
 しかし、明治までの「熊野詣」は泊まる場所、「旅籠」が無ければ「野宿」になります。
 結構の長旅ですから、途中で何泊もしたはずです。
 そして、その「熊野詣」は『蟻の熊野詣』とまで言われたそうです。
 それなら…さぞかし「旅籠」もたくさんあって、「宿場町」が栄えただろうと思うのですが…

 ここ熊野市木本は交通の要衝であり、明治、大正、昭和中期まではそれで栄えたこともあります。
 少し前に書きましたが、ここで「老舗」「一流」と言われた「旅館」は明治初期に作られたものだけです。
 それ以前の「旅籠」の話を聞きません。
 まあ、昔の「旅籠」なんて小さなものだったのでしょうが、年表にも出てこないのです。
 旅人に関しては結構うるさいはずの代官所の記録にはどうなっているのでしょうね。
 私ではさっぱり分かりません。
 まあ、温泉場ではなかったので実用的な「宿」だけしかなかったのでしょうね。
 今のように、「リゾート」なんて話も無い時代ですから…
 機会があったら調べてみたいと思います。
 何も「妻籠」や「馬籠」だけではなく、全国の交通要衝には旅籠が並んだでしょうからね。
d0045383_1110863.jpg



熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-02-21 11:12 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 20日

熊野の旅 旅と山賊

 今の時代にも「海賊」は一杯居るようですね。
 この近くでも、フィリッピンやインドネシア近海には出没するそうです。
 日本ではかなり昔に「海賊」は居なくなったようですね。
 日本は「奉行所」と言う警察組織が割合と早く整備されたようで、こうした物は活動しにくかったのでしょう。
 海賊は船を襲って通行料を取ろうというのですから、目立つし被害届けも出よかったでしょうからね。
 熊野の海賊も言われるほど「海賊」としては活躍できなかったのではないでしょうか?

 「海賊」は団体戦ですが、山の中の「山賊」は「個人戦」的なものになったでしょうから、どれだけやられたのかも良くわからないのでしょう。
 携帯を持っているわけでも無し、宿屋から定期的に電話をする訳でも無し…
 一歩家を出たら、家出人同様所在不明になる旅人ですから、居なくなってもその事実が判明するのも随分先のことになります。
 今の家出人捜索願でも見つけてもらえないのに、写真も通信網も無い時代ではそれっきりになったのでしょう。
 「神隠し」「行方知れず」の中には、こうした「山賊」「盗賊」の被害者もたくさん入っていたのでしょうね。

 山賊は無届け、個人営業だし、被害届けを出せないことも多かったでしょうから、被害届けは「奥熊野代官所」には残っていないようです。
 江戸時代には、「盗賊の根城を襲撃して捕らえた」と言う記録があります。
 集落を襲って金品を奪ったりもしたでしょうが、この集団も「山賊家業」もやったのでしょうね。
 「熊野詣は怖い…」なんて噂が立つほどにはやらなかったようですが…
 そんな派手にやれば、奉行所にも聞こえるでしょうし、金の卵を産む旅人が居なくなりますからね。

 はてさて…
 いくら観光客がお金を落とさなくなったからと言って…
 まさか、産業振興で「山賊」を奨励する訳にも行きませんしね。
 困ったものです。
d0045383_1155187.jpg



熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-02-20 11:55 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 19日

熊野の旅 老舗 魚屋 川重

d0045383_10524946.jpg

 この普通に見える「魚屋さん」…『川重・かわじゅう』と言います。
 おそらく、今、木本で営業している魚屋では一番古いのではないかと思われます。
 創業100年を越えるようです。
 私が子供の頃にはここのお店からよく配達に来ていました。
 何しろ、「しび」にうるさい町ですから、「いいしび」が置いてあることが一流の証でした。
 うちの爺さんも、晩酌の酒の肴は「しび」と決まっていたので、「川重」の配達があったのでしょう。
 苗字は「川崎」と言うのですが、私を含め地元の人は「川重さん」と呼んでいます。
 古くからの町ですから、屋号で呼ぶ風習がまだ残っています。
 「川重」「畑駒」「畑辰」なんてのが魚屋さんです。
 他には「丸田」なんて雑貨屋さんなどは、苗字の「和田」なんてのが忘れられて、新聞記事にPTA会長として載った時まで「丸田〇〇」とかかれましたからね。
 他にも「加田捨」「笹広」「油屋」なんてのもありましたね。
 私の家も「カクナカ」と呼ばれていました。
 段々、そうした呼び方も消えていっているようですが、この「川重」さんはまだまだこう呼び続けられるでしょうね。

 このお店の前は広いバス通りになっていますが、以前は狭い道でした。
 都市計画で二車線の道で記念通りが、本町、そして、国道へと結ばれたのです。
 それに伴って、狭い道に向かって営業していた「川重さん」も移動、改築になり、このようなお店になったのです。
 その前もほぼ同じ場所でやっていましたね。

 「川重」もごらんのように観光客向けの店作りはしていませんが、立ち寄られればちゃんと応対してくれます。
 どちらかと言うと『生魚』が得意な本当の「魚屋」ですが、干物もやっています。
 昨日も店先に「痩せたサンマ」がぶら下がって、風に吹かれていました。
 場所は木本町三丁目付近です。
 地元の人に「川重の魚屋はどこですか…」と訪ねれば子供以外なtら教えてくれると思います。
 「老舗」ですからね。


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-02-19 11:18 | 熊野 | Trackback | Comments(2)