LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 11日

熊野の旅 今日からお祭り?

 先日掲載した、『熊野古道世界遺産指定5周年』のイベントが今日と明日開かれます。
 梅雨の明けない時期ですが、今年の梅雨は、いわゆる梅雨らしい長く降るタイプではなく、降る時は土砂降りと言うタイプですから、今日も今のところ晴れたり曇ったりです。
 今日のメインは、『熊野古道にぎわいフェスタ』のオープニングセレモニーと「いこらい市」「ビアガーデン」らしいです。
 私は、肝心の「オープニングセレモニー」などが大嫌いな方です。
 どうせ、プロ・・・田舎のプロ・・・セミプロ???みたいなのが、会場とかけ離れたハイテンションな声ではしゃぎ、市長さんなどの挨拶などが続き、仕込みの聴衆がぱらぱらと・・・と言った物だと思いますからね。
 取材のマスコミは会場の空席が写らない様に・・・
 まあ、私もその立場のカメラマンなら、いかに一杯だった様に見せるのが腕の見せ所とがんばりますね。それは、「やらせ」でも「演出」でもなく『構成の範囲』だと思い込まないと仕事が出来ませんからね。

 と言うことで、今日はカメラを肩にネタ探しに出ようかと思っていたのですが、早い時間は出かけても仕方ないですね。
 なんだか「寄せ太鼓コンテスト」なんてのもあるようですが、毎年やっている『響鼓・イン・熊野』とは別物らしいです。
 と、言うより、『響鼓・イン・熊野』のポスターをまだ見ないような気がします。やるのだとは思いますが・・・

 JRの『さわやかウォーク』のような公募したツアーは別として、三重県などが企画するイベントはお金が掛かる割りに、外部とのつながりが無く、内向きになりがちです。
 誘致活動中などは「仕込みの参加者」でバスを埋めて走ってきていましたが、今ではその「仕込まれる人」も飽きてきていますからね。
 確かに、そうしたことが好きな人、熱心な人も居ます。
 新聞やテレビでも取り上げてくれています。
 でも、誘致運動開始から、ほぼ10年経ちました。
 最初に立ち上がった熱心な人も10歳年をとりました。
 『熊野古道』は千年ほど同じ場所を通っていますが、住む人はどんどん入れ替わってゆきますね。
 僻地ゆえにありがたがられた『熊野詣』、そして、そのために難行苦行して歩いた「街道」だけをみてくださいと言う『熊野古道観光』の難しさがあります。

 昨日辺りから本町筋、石畳の通りでは夜になると『行灯』が軒先にぶら下がって灯りが入っています。
 こうした、熊野古道関連の行事があるときに、預かっている家が軒先に掛けてよるには点灯するのです。
 でも、日が暮れてから木本の町を散策する観光客は皆無なんですよね。
 熊野古道華やかなりし頃なら、日が暮れてようやく木本にたどり着いた旅人がふらふらと歩いたかもしれません。
 木本が交通の要所であった、紀勢線全通前なら、連絡バスがなくなった時間に着いた旅人が木本の旅館に泊り、夜ともなれば、飲み屋を探してふらついたでしょうけどね。
d0045383_1057796.jpg
 



熊野市周辺地図です

by je2luz | 2009-07-11 10:57 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/9970160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野古道歩きの弁当 3      熊野の旅 探せば見つかる 大正・昭和 >>