人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 01日

熊野の旅 知らない間に消えかけている・・・

 田舎の生活はずいぶん変質しました。
 高度成長期に入った頃から、「自給自足」の生活が段々薄れてきました。
 学園紛争当時の全学連のアジ演説では無いですが・・・「きゃつらのー 帝国主義的イー 陰謀によってえー」 かも知れませんが、農業自体も資材や肥料も自給することがどんどん減って、「農協」の勧める「金を払えば手に入る物」に切り替わってゆきました。

 山間部の2反や3反の百姓では耕運機・稲刈り機・田植え機・・・とものすごく高い農作機械から肥料に荒縄まで、供出した米の売り上げで払えるはずはありません。
 それでも、買わないといけないような空気ですから、借金をしてまで皆さん買っていました。
 その穴埋めは・・・
 副業の山働きなどの現金収入をつぎ込む人が多かったですね。
 信じられないほど良く壊れ、信じられないほど新型切り替えの早い農機具に民百姓は泣かされたものです。
 かくして、「株式会社・農協」と呼ばれた巨大組織は一時期大もうけしたのです。
 言葉巧みに、百姓から金を巻き上げていたわけで、結果としては「お代官様」とあまり変わらなかったのかもしれません。

 自給してきた農作業資材の中でな『荒縄』は作るのは簡単ですが中々きれいに出来ないし、ものすごく手が荒れるし・・・早々と機械で作った物に変わりました。
 もう一つ、縄の類でよく使われていた、「シュロ縄」も牛が居なくなった頃に使われなくなりました。
 牛が居た頃は、牛に引かせる「からすき」のロープだとか、牛をつないでおくロープは『シュロ縄」でした。
 「シュロ縄」は名前のとおり『棕櫚』から採れる繊維で作られていました。
 非常に丈夫で重宝した物です。
d0045383_9501429.jpg

 この、スクッと立っているのが『棕櫚・棕櫚椰子』です。
 天辺の方に幹を守るように繊維が絡まった物が幾重にも張り付いています。
 それを剥がして繊維をほぐし、縄にするのです。
 高い木にはしごを掛けて剥がし保管して、必要な時のほぐして使いますが、剥がすのは怖いし、ほぐすのはホコリだらけだし、縄をなうのは手が荒れるし・・・決して楽しい仕事ではありませんでした。
 でも、大事な資材でしたから、こんな『棕櫚の木』は一軒の家に一本か二本植えられていた物です。
 この辺りの『田舎の風景』にはつき物だったのですが、気が付いてみるともうほとんど残っていません。
 私の家のも無かったし、私の育った集落、「平」には一本もありませんでした。
 棕櫚の木の写真を撮るのに捜さなくてはならないなんて・・・
 田舎も変わった物です。

 そうそう・・・
 一時期は羽振りの良かった農協も、こんな田舎では休耕田、廃耕田だらけになってきてもう農機具も売れなくなりすっかり落ちぶれたようです。
 一杯あった農協の支所も廃止廃止で地域の生活も不便になっているようです。
 「協同組合」ではなく「株式会社」と言われたくらいですから、田舎を見捨てるのも当たり前ですけどね。

熊野市周辺地図です

by je2luz | 2009-07-01 10:10 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/9929184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ピロリン at 2009-07-03 20:54 x
棕櫚はスズメみたいなものですね。私も田舎での子供時代、なんでこんな南洋風な植物が・・・と感じながらも友達の家に植えられていたものをよく見ていました。既に棕櫚縄の作製法・利用法は知りませんでした。

人の営みがあったから身近に感じていたのですね。
放置されると他の植物に駆逐されるのでしょうね。

小売では農協は中核小売店になっていますよね。旅行時にはコンビニ代わりにもなって非常に重宝していますが、それも中心的な集落だけですよね。廃屋に何かしらの情緒を感じる一方で、こうした現実に果たしてどうすれば良いのか、地元に住んでいる人々も一生懸命考えてらっしゃると思うのですけれど、どうしたらよいのか、A-COOPの照明の明るさに暗澹たる気持ちになることがあります。今では(お金はない)文化人に近くなってしまい、たまに移住してみたいと感じることがあっても、確かに当代限りでは抜本的な解決になりません(税金ぐらいは払いますよ(笑)。
Commented by je2luz at 2009-07-03 22:44
 棕櫚は人間が手入れしないと消えてゆくようです。本当に何処にでもあったものなのですがねえ・・・

 農協の購買部はA-COOPを名乗ってやっていけるところ以外は閉鎖されてゆきましたからね、
 熊野市でまともに動いているのは有馬町内の農協本部の横のA-COOPだけですね。
 購買部はやめて『葬儀部』は熱心にやっています。
 これもあと20年もすると、老齢者と言う含み資産を食い尽くして営業できなくなるかもです。


<< 熊野の旅 『熊野古道』歩きの弁当 1      熊野の旅 増えてきた こんな風景 >>