LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 14日

熊野の旅 熊野のドライブイン 2 西口

 熊野のドライブイン・食堂の第二陣は、先日の『磯甚』からもう少し市街よりです。
 国道42号線で熊野市外に入る所には『鬼ヶ城トンネル』があります。
 そのトンネルを抜けて、浜街道の全貌が見える場所に、喫茶・お食事処『西口』があります。
d0045383_9384635.jpg

 鬼ヶ城トンネルの出口付近から見ると、こんな感じでお店が見えていますから、必ず目に入ります。
 店の名前は、マスターの苗字ではありません。
 ここは、『鬼ヶ城西口』・・・名勝・鬼ヶ城の周遊コースの西側の入り口なのです。
 バス停も店の入り口にあり『鬼ヶ城西口』となっています。
 店構えは一寸街中風ですが、店が建てられた頃の流行なのでしょうね。
 ここは一軒だけ独立しています。
 駐車場は店の両側にあってかなり広いです。
d0045383_9535791.jpg

 店内は喫茶風ですが、洋食系を中心にした食事メニューがあります。
 そして、海のそば、漁師町の横、木本漁港を見下ろす場所にありますから。『お刺身定食』も用意されています。
 店内にはメニューが張り出されていて
  カレーライス・・・500円  カツカレーライス・・・900円  エビフライ定食・・・1000円
  お刺身定食・・・1300円    ミックスサンド・・・600円  などと書かれています。
 コーヒーは300円でした。
d0045383_102189.jpg

 窓からの景色は、これから先の『浜街道』『花の窟神社』はもちろん、熊野三山の山々が見えています。
 弓なりに伸びる『七里御浜』の全貌が見渡せます。
 ちょいと左側、すぐ下には、木本漁港のものすごく高い防波堤が見えていて、大体年中、誰かが釣りをしています。
 近年はこの高い防波堤になって、ここから「はまる」人は居ないそうですが、昔はちょいとした波でもさらわれたりして、「海にはまる」人が居ました。
 「はまる」とも「はばる」とも言いますが、「水に落っこちる」と言うことです。

 ここのマスターは昔、店から見ていて人が「はまった」ので駆けつけて助け上げ、『人命救助』で表彰されたことがあります。
 そのマスターも、今は少しばかり年を召されましたから、自分で海に飛び込んで助けることが出来るかどうか・・・
 ここも、奥さんと二人で店を切り盛りしています。
 典型的な田舎のお店ですね。
 マスターも気さくな人ですし、この辺のことで知りたいことがあればお尋ねしてみて損はないと思います。
 店に居るかどうかはマスターの気分次第でしょうけどね。

熊野市周辺地図です

by je2luz | 2009-06-14 10:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/9858154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 田舎の生活も変わったねえ      熊野の旅 波田須道 大吹峠 >>