LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 20日

熊野の旅 美し国おこし・三重 2

 昨日は『美し国おこし・三重』のオープニングだとか・・・
 全県各所でオープニングのイベントがあったのかと思いますが、もう一つ盛り上がらなかったのか、マスコミ受けが悪かったのか・・・
 朝日新聞の三重県版や夕方のニュースなどではほとんど触れられませんでした。
 『こんなのあったよ・・・』と言う絵などは私のブログ同様確保は出来ますが、『それがどうした!?』といわれると、これまた私同様、企画がでかすぎて何ともまとめようが無い・・・と言うことだったのかもしれません。
 『県』が本腰を入れた割りに・・・前日の夕方の防災無線での広報活動もあった割りに・・・少なくとも熊野市では市民にはほとんど認知されていないようでした。
d0045383_9104439.jpg

 この方々は「木本高校吹奏楽部」の演奏を、真正面の特等席に並べられた縁台に腰掛けて聞いておられる地元のおばあさん方です。
 指揮をしているリーダーの背中から5mほどの『かぶりつき』です。
 前を邪魔をするのは私のようにカメラを持ったずうずうしい人間だけです。
 新聞社三社ほどとテレビが二社だったでしょうかね・・・
 アマチュアカメラマンは皆さんズームで遠くから撮る、今流のスタイルばかりですから、本当の特等席です。
 にしても、後ろにも人が居ない・・・
 昔、この人たちが若かった頃には賑やかだった木本町三丁目・・・吹奏楽部が演奏している『熊野市商工会議所』の場所には銀行か警察があったはずです。
 おばあさん方の後ろのガラス戸の家などもお店屋さんだったのです。
 何だかおばあさんたちに似合うような町並みになってしまっています。
 一番手前のおばあちゃんは90歳だとか・・・
 この人一代位も繁栄は続かなかったようです。
 だからこそ、『美し国おこし・三重』なんて施策をやってくれるのでしょうね。
 『世界遺産』にも指定してくれて、足元は『石畳』にしてくれましたしね。
d0045383_93111100.jpg

 で・・・
 まとめる力が無いので、県のパンフレットの受け売りです・・・

  「子供たちに自然体験を」
   豊かな自然をいかせないかなあ・・・
    子供たちの成長が嬉しく、大勢の仲間もできて毎日が楽しくなった!

  「食の安全・安心」
   地元のものを食べたいなあ・・・
    顔の見える「地産地消」で安心、同時に買い物して地域の福祉に役立つと住民に大好評!

  「山村の生活を守ろう」
   路線バスがなくなっちゃったどうしよう・・・
    最初からできないと、決め付けないことが大事だなあ

  「捨てる資源を有効活用」
   ゴミにするのはもったいないなあ・・・
    次は、間伐材の有効活用に取り組んでみよう!

  「伝統に新しい息吹を」
   後継者がほしいなあ・・・
    伝統の灯を消さないでやってきて、良かったよ。

 と言うようなのが、柱のようです。
 そして・・・
 「あなたもパートナーグループになって、はじめよう!」
 と、大きく書いてあります。
 どうですか?
 この際、三重県へ・・・熊野市へ・・・移住してきてこんなに素敵そうな活動に参加されては・・・

 カメラはニコマートEL+シグマワイドズーム+TRI-X

熊野市周辺地図です

by je2luz | 2009-04-20 09:45 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/9621489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 美し国おこし・三重 3      熊野の旅 美し国おこし・三重 1 >>