人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 14日

神倉神社 1 ・・・速玉大社の元宮

 速玉大社から少し山増に歩いたところに、こじんまりしたたたずまいのお宮があります。
 ここが『神倉神社』です。御神体が切り立った岩山と巨石と言う古代信仰の形です。こうした、古い形の神社であっても、なんだかんだと日本の神話を当てはめていますね。さもそれらしく説明されますが、神話は神話です。素直に古代人がここに神を見たその事実を受け取る方が良いのではないかと思います。神話も随分矛盾だらけのようですからね・・・
 この古い形の宮から熊野川のほとりに分社されて出来たのが『速玉大社』だそうです。それが『新しい宮』であり『新宮の語源だそうです。
 本宮にたいし、新宮・・・と、捉えがちですが、こちらが真相だそうです。
 ここの祭りは『お燈祭り』と呼ばれる『火祭り』です。毎年、2月6日に行われる勇壮な男の祭りです。
 『火祭り』も、古代信仰の流れを残したものと思われます。


   KODAK REFLEX ll NEOPAN SS

by je2luz | 2005-06-14 11:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/961462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 新宮 神倉神社 2 熊野の持つ意味      熊野三山 那智大社・青岸渡寺 >>