人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 29日

熊野の旅 花冷えは続いていますが・・・

 例年より早く開花の始まったサクラですが、このところ『花冷え』が続いて満開になるまでにうんと時間が掛かっているようです。
 この『花冷え』を少しだけ喜んでいる人もいるでしょうね。
 
 今日はまだ3月最後の日曜日です。
 先ごろ載せましたように、、『熊野市神川町・桜まつり』は次の4月5日の日曜日、『下北山村池原・桜まつり』も次の土日の4.5になっています。
 あのまま暖かい日が続いていたら葉桜見物になっていたでしょうからね。
 でも、あと一週間・・・桜はどうなるのでしょうね。

 個人や会社などの花見だと、臨機応変に日にちはずらせますが、大きなイベントになってしまったものは準備が大変なのでうんと早く日にちが決まりますから大変です。
 つつじや菖蒲やチューリップなどだと花の期間も結構長いですが、桜はせいぜい一週間ですからね。
 各地で毎年、気温の変化や空模様で一喜一憂しなければならない人たちが居るわけです。

 大阪・『造幣局の通り抜け』なんて、歩くだけの花見もありますが、日本人の花見は概ねグループでゴザを広げ・・・まあ、今はレジャーシートを広げ・・・持参の弁当をみんなで突っつく・・・これも、最近ではコンビニ弁当でしょうがね・・・と、言うものです。
 ピクニックなんてあまりなじまない日本人もこのときばかりは、イギリス人などに負けないだけアウトドアのレジャーを楽しむのです。
 『長屋の花見』なんてのが落語の演目になるくらいですからね。
 だからこそ、手ぶらの人のためには、「屋台」や「出店」がないといけません。
 常設の観光地でさえが、お土産やさんとか茶店が流行らなくなって減っているのに、年に一週間、一度の週末のためにこれを用意するのは大変なことです。
 一種の生きがい対策で準備していると解釈した方が良いのが各地の「桜まつり」でしょうね。
 建前は、あくまでも『村おこし』『地域振興』『観光事業』ですけどね。
 企画会社を雇って設営するところは別として、田舎のそうした手作りイベントを見ると頭が下がります。

 ちょっと、お店が少なかったりすると・・・
 『何にもないのう・・・』
 『面白ないのう・・・』 ・・・と、言われますしね。

 熊野では今日もなにやらイベントがあるとか・・・
 JASCOがオープンして27周年とやらで、それに乗った物のようですけどね。
 あとで覗いてこようと思っています。

 昨日の『JR・さわやかウォーキング』はけっこう盛大でしたが、写真の現像が出来ていませんから、それができ次第と言うことです。
d0045383_11595941.jpg


カメラはイコフレック酢IIa・テッサー75mm2.8付

熊野市周辺地図です

by je2luz | 2009-03-29 12:01 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/9525119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 JRさわやかウォーキ...      熊野の旅 降らずに済みそう・・・ >>