LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 24日

熊野の旅 松本峠ー木本神社ー花の窟神社

 『熊野古道』の見所でもある『松本峠』『木本神社』と『獅子岩・花の窟神社』は木本町を真ん中に挟んだ形で両脇にあります。
 これを結ぶ散策コースとして、『本町通り』が使われるだろう・・・と言うことで、通りを石畳に変えたのです。
 でも、配置が少しずれているからでしょうか、『花の窟神社』に向かう人たちの半数以上が国道42号線を歩いているような感じです。
 およそ味気ない、向かい側は高い堤防で浜への出口のところで、ちらりと海が見えるだけ・・・もう片方にはほんの少しお店があるのですが、今、営業しているのは『モスバーガー』と『かだす亭』と言う小料理屋、『白帆屋』と言う小物屋、『高須商会』と言う土産物屋、『シャンブル』と言う喫茶店くらいです。
 今の国道は昭和45年(1970)ごろに出来た、元々は本町の裏通りだったところですから、木本らしいものが無くて当たり前です。
 私はこの国道42号線向きに家を建てて暮らしていますが、完全にこちら向きに暮らしているのはほんの数件だけです。
 外に出て、眺めるのは国道側、用事に出るのは本町側という形で、両方を使って生活しますから、観光客の姿も両方見ることになります。
d0045383_1048946.jpg

 これは3月22日の午後、我が家の前の国道を、『獅子岩・花の窟神社』に向かって、急ぎ足で歩く、熊野古道歩きの人たちです。
 まだ、遅い時間ではないのですが、なんだか影が長く伸びて、旅人が余計も急いでいるように感じられます。

 『狭い日本、そんなに急いで どこへ行く』なんてのが昔ありましたが、なんとも、せわしなく見える旅行者が多いです。
 不思議なもので、こうした観光客の方々の歩き方を見ていると、「国道を歩いていると早足に・・・」、「本町を歩くとのんびりと・・・」になっているようです。
 急ぐから国道で、のんびりしているから本町筋、と言うのか、道の作りがそんな歩き方をさせているのかは分かりませんが、確かのそんな傾向があります。
 きょろきょろするほどの物は本町通りにも無いのですけどね。
 それこそ、喫茶店も食堂も今ではないのです。
 自販機でさえがほとんど座っていないのですけど、何となく足が遅くなるのんびりしたところのある町並みなのでしょう。
 何しろ、急ぎ足で歩くビジネスマンなんて居ません。
 ぼちぼち歩くのが日課になっているお年寄りの町ですからね。
 毎日が『歩行者天国』のようなもので、車をよけなくてはならないことも少ないです。
 
 ガイドの付いた団体さんは本町を歩いていますが、個人の方は国道に出ちゃうようです。
 どうも、このコースは人間工学的には良くないようです。

カメラはオリンパスワイド

熊野市周辺地図です

by je2luz | 2009-03-24 11:08 | 熊野 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/9504584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ピロリン at 2009-03-24 22:49 x
古道歩きと言うよりは通勤に似た雰囲気を感じてしまうお写真ですね。
私が初めて木本に入った時は鬼ヶ城の遊歩道からでしたが、国道の歩道を歩こうなんて思いもしませんでした、というか、そんな選択肢があることも気が付きませんでした。ああ、木本神社の前の十字路がポイントなんですね。木本神社も見ようと思うとあそこで松本峠から来ても曲がれると思うのですが・・・。あの十字路に看板を一つ立てるとか・・・十字路に鉤型でカラー舗装して歩行者を本町側に誘導するとか・・・。
Commented by je2luz at 2009-03-25 13:10
ピロリンさんへ
 ***
 大体において、こんな感じで歩いているグループが多いです。
 ガイドブックに無いものは観光対象外らしいです。
 スタンプラリーに近いですね。

 なにしろ、四国の霊場周りも既製品の御朱印帳の完成品が売れるのだそうですから…
Commented by tamada at 2009-04-11 14:53 x
見かけが古道でもないので絵面に風情がないのは仕方がないんじゃないでしょうか。
ガイドブックがどうとかスタンプラリーとか既製品のお土産がどうだとか旅行者を馬鹿にしたいのですか。
Commented by ピロリン at 2009-05-05 10:39 x
いえ、tamadaさん、古道はすぐ横に平行してあるんですよ。
もちろん、家並みの中の見かけは山の中でない古道ですけどね。
それでも私には十分古道の風情が感じられました。
ただしあまりガイドブックには古道としては書かれていません。
すぐ横に平行して古道があるのに古道でないこの道を歩いて
おられる観光客が多いのです。馬鹿にするのではなく、
どうして観光客はおろか、ガイドブック製作者まで気づいてくれない
かなぁ、と言う嘆きのような気がします。せめてスタンプラリーにしたら
気づいてくれるかなと言う淡い期待だと思います。
それは私も熊野では観光客ですが地元では他の観光客に感じます。


<< 熊野の旅 駅前再開発???      熊野の旅 次のイベント 古道ぜんざい >>