人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 23日

熊野の旅 次のイベント 古道ぜんざい

 春のイベントシーズンですから、次々と開催されるようです。
 今度はこの週末に、『JRさわやかウォーキング』とやらがあるのだそうです。
 IRが頭に付くのですから、『東海旅客鉄道』が主催者なのでしょうね。その後ろには、熊野市・東紀州まちづくり公社・などがくっついているようです。なんだか一つ得体の知れない団体がありますがとにかく、公のものが乗っかった一大イベントらしいです。
 朝・・・と言ってもさほど早くない10時ごろに『波田須』を出発して、『大吹峠ー松本峠ー木本神社ー紀南ツアーデザインセンター』と言うルートを歩いてくるようです。
 二つの峠を越えるのですが、それぞれ小さな峠ですから健脚でなくても大丈夫な古道歩きですね。

 これに付随して行われるのが、地元の有志で作っている『木本古道通りの会』とやら言う団体の『古道ぜんざい』を振舞う企画です。
 毎月やっているやつですが、今回はこの『さわやかウォーキング』に参加する500名の方をも対象にするような通知が来ていました。
 なんとも、主催者の計画では大きな団体を作り上げるつもりのようです。
 話半分でも250人・・・
 もしこれが本当なら、『蟻の熊野詣』が再現されそうです。

 私が参加するかって?
 波田須駅から国道まで上がるだけでも遠慮させていただきます。
 忘れなければ、人並みの写真くらいは撮るでしょうけどね。

 この日にこのコースを個人で歩かれる人は少しだけ時間をずらした方が良いかもしれません。
 団体に便乗して『語り部』『ガイド』をただで使う手法もありますが、『熊野古道』は静かな方が良いです。
 「ぜんざい」はお昼ごろから『紀南ツアーデザインセンター』(旧奥川邸)で券が配られますから、個人の方でもそこでもらえます。
 食べるのは『石畳』の本町筋、3丁目の『平岩茶屋』と名づけられた元自転車やさんです。
 二丁目・三丁目の奥様方や旦那さん方が接待してくれます。
 40年前だとさぞかし・・・(10年前なら…ではありません)

 このぜんざいはお天気を見て仕込む、月一回のものですから今年のように天候不順ですと・・・
 天気が心配で・・・『熊野古道よりぜんざい』という方は世話役の『丸太商店』さんに問い合わせれば分かると思います。
 このお店はこの地方きっての雑貨屋さんで、今式のものから「ハガマ」や「かまどの輪」まで売っています。
 見かけは普通の雑貨屋さんですけどね、電話は85-2224です。
d0045383_1151582.jpg

 本町筋は商店も減ってしまい、やたらと小さな駐車場がならんでいますが、かつてはこんな感じの木造住宅と同じく木造のお店が混在して並んでいた町だったのです。
 この玄関は、昔、外科の医院だったところです。覚えている人もほとんど居なくなっていますけどね。
 もう、屋並わ壊れていますが、歩きながら軒下など覗けば『古きよき木本』がしのばれると思います。
 でも、前の道は整然としすぎた石畳よりは砂利道の方が似合うと思うのですがね。

カメラはウェルタ・ペルレ テッサー75mm2.8付

熊野市周辺地図です

by je2luz | 2009-03-23 11:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/9500167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 松本峠ー木本神社ー花...      熊野の旅 春本番 イベントの季節 >>