人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 26日

熊野の旅 曇時々晴

 年末年始の週間予報が出ましたね。
 気になる方も居られるはずの元旦のお天気・・・
 この辺は『曇時々晴』
 東京は『晴時々曇』
 太平洋側は大体このどちらかみたいです。

 初詣の方は問題は無さそうです。
 しかし、初日の出は厄介ですね。
 場所によって30分ほどのずれがありますが、大体7時ごろになるのですが、その場所のその時間に東南方向の空が晴れていなくてはなりませんからね。
 ほんの数分間の勝負ですからいくら天気が安定する冬の太平洋側でも微妙な物です。
 上空が晴れていても、水平線、地平線の雲が厚くて太陽がうんと昇るまで顔を出せないときは、辺りがすっかり明るくなってしまってからの初日の出?になってしまいます。
 およそ間の抜けた『ご来光』になってしまいます。
 2009年のご来光は今のところ微妙な感じです。
 まだ、週間予報なので分かりませんが、『時々』のなかに午前7時が入るのか入らないのか・・・
 やはり、日頃の行い次第みたいですよ。

 初詣は『伊勢神宮』に関しては、大規模な渋滞が毎年起きています。
 近づくことも大変ですが、例え近づいても駐車場など確保できません。
 確保できないから渋滞がひどくなる・・・の悪循環です。
 一番楽なのは近畿日本鉄道で行くことでしょうね。
 車の方は、12月31日午後10時~1月1日午後4時までと、2~4日の午前9時~午後4時までに『パーク&バスライド』なんてのが行われます。
 かつて『世界祭り博』をやった『県営アリーナ』が駐車場(1000円)となり、外宮行き(25分)、内宮(20分)、二見行き(5分)の無料シャトルバスが出ます。
 これを使うのが良さそうですね。3300台収容だそうです。

 伊勢市内に無理して入ろうとして渋滞でとまったままになり、近づいても車から降りられない・・・それくらいなら、熊野まで南下したほうが早いでしょう。
 そもそも、伊勢高速道路から降りることもかなわないくらいですからね。

 良く分からないのですが、初詣の参拝者の多いところに『明治神宮』や『伊勢神宮』が入っていますね。
 『伏見稲荷』『豊川稲荷』『柴又帝釈天』なんてのはご利益があるとかなのですが、前の二つなどは朝廷用の神社なのでしょうね。
 『朝臣』の称号も貰っていない下々の民がお参りしていい事があるのでしょうかね?
d0045383_11262263.jpg

 滝原宮・・・伊勢神社の前身
 カメラは コンタフレックスIV

木本町全図です

by je2luz | 2008-12-26 11:44 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/9113665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 奈良熊本 at 2008-12-27 06:15 x
おはようございます。
仕事納めにて、今日から9連休です。
熊野にも行きたいところですが、
正月は帰省します。

家族で車の帰省で、大渋滞をさけて夜中に一揆走るのですが、
途中広島あたりで給油しないと持ちません。
でもガソリンスタンドも渋滞するのです。

ガソリンが高かった今年のお盆は空いていましたが、
地球温暖化のことを考えると、原油高の方が良かったのかも
しれませんね。

熊野の渋滞はお正月以外ではどうですか?
秋刀魚の開きはいつごろまで見られるのでしょうか?
春には無くなっちゃうんですようね。
Commented by je2luz at 2008-12-27 12:31
 この辺りは道路が停滞するのは『熊野大花火大会』の日くらいですね。盆正でも都会の日頃のラッシュにもならないですね。

 サンマの丸干しを天日に干している光景は寒い間だけですね。
 今は年中作っていますが、暖かくなると人工乾燥になってしまいます。


<< 熊野の旅 昔の行事 すす払い      熊野の旅 冬の海 >>