LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 22日

熊野の旅 昔の食べ物 大麦

 昔は日本中で見られたのに、今は探さないと未知から無い物に、『麦畑』があります。
 何年か前に歌の方では流行ったりしましたが、今の若い人は『麦畑』なる物が浮かんでこないと思います。

 日本では、『大麦』と『小麦』が栽培されていましたが、一般的に『大麦』の方が自家栽培されていました。
 『麦』は『米』とはちょうど反対の季節に栽培できる『穀物』です。
 おかずが少なく、おまけに穀類の生産性が低く食料不足の日本では、主食の『米』の裏作に作れる『麦』はありがたい植物でした。

 ちょうど今頃は、麦の苗が3寸とかまで伸びてきて、寒い季節に耐えていたものです。
 農閑期の百姓さんの仕事の一つに『麦踏み』がありました。
 柔らかな麦の苗の上に登り、横向きにカニのように歩いて踏んで行きます。隙間が無いようにきちんと、よちよち歩きで踏む単調な仕事です。
 これは苗を踏むことで、『分株』を促すことと、これからの季節、『霜柱』で苗が持ち上げられてしまうことを防ぐようにすることを兼ねた作業だったようです。
 柔らかで頼りない若葉の上から踏みつけるなんて、誰が思いついたのでしょうね。
 私が子供の頃には、あちこちの田圃で『麦踏み』をしている光景が見られました。
 あまりにも単調な仕事なので、おばさんが二人とかで、世間話をしながら踏んでいましたね。
 私も手伝ったりしましたが、小学生が踏んだのでは足が小さいし、体重は軽いし・・・あまり効かないようでした。
 我が家にも、『麦田』と呼ばれる田が二枚ありました。水はけの良い田圃が麦作りに向いているので、その田はかなり水はけの良い田圃でした。

 『大麦』が多く作られた訳は、主食として使えたからです。
 昔は『麦飯』が常識でした。
 今のように、『健康のため』なんてのではなく、『米』が足りないから『麦』を混ぜていたのです。
 これには『小麦』は使えません。
 太古から日本人は、穀物を色々作って食べてきました。何しろ『五穀』と言うくらいで、最早、『米』しか作っていないくらいになっても、『五穀豊穣。家内安全』などとお祈りするくらいですからね。

 『粟』『稗』『黍』などは、『雑穀』扱いされますが、近代になってくると一般の家庭からは追い出されていったようです。なにしろ、食べるようにするのが大変ですからね。
 まあ、こいつも、今では『健康のため』わざわざ高いお金を出して食している人も居るようですけどね。
 こうしたものしか食べられない人たちは、『米の飯』『白ご飯』の夢を見ながら死んでいったとまで言われます。

 戦後しばらくまでは、『麦飯』が広く食べられていたのですが、実にまずい物でした。
 その頃の『麦飯』の『大麦』は丸のままで入っていました。
 麦は米より煮えにくいですから、あらかじめ茹でておいてそれを混ぜて焚くのです。
 麦は米のように丸のままで白くすることが難しいので、茶色の薄皮が付いたままでした。
 今なら、『植物繊維がたっぷり・・・』なんて宣伝するでしょうが、その当時の食事は『植物繊維』だらけの物でしたから、消化が悪くて食感の悪いだけの物でした。

 この美味しくない『麦飯』を画期的に改善したのが、今でも見られる、『押し麦』です。『白麦米』とかいったような気もします。
 麦をローラーで押しつぶすことによって煮えよくして米に加えてそのまま炊けるようにしたのです。
 薄皮もむいて真っ白になりました。麦らしいのは真ん中に残された『胚』の部分の茶色の筋だけでした。
 本当に、世の中がひっくり返るほど劇的に『麦飯』を美味しくした物でした。

 しかし・・・
 少し時代が遅かったようです。
 これが普及し始めた頃から、日本の食糧事情はどんどん改善されてゆき、食糧不足時代が終わり、米さえ余るようになって行ったのです。
 今では、わざわざ買って食べる人と、悪い事をして別荘に入る人くらいしか食べなくなったようです。
 私たちより上の世代になると、昔の思い出がトラウマ的になって、食べたくない人も多いようです。
d0045383_12124347.jpg


木本町全図です

by je2luz | 2008-12-22 12:13 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/9095212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by k,y at 2008-12-22 15:55 x
 冬景色という唱歌が好きでしたが、「麦を踏む」の歌詞の意味がよくわかりました
Commented by je2luz at 2008-12-23 20:14
 少しの年の差でもこうしたことは随分変っていった時代ですから見かけなかったでしょうね。


<< 熊野の旅 2009年初日の出      熊野の旅 昔の食べ物 夏みかん  >>