LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 17日

熊野の旅 冬の味覚 高菜

 熊野名物の一つ、『高菜漬け』の原料、『高菜』は今からが収穫期になります。
 我が家の菜園でも少しだけですが高菜を栽培しています。
d0045383_11355030.jpg

 すぐそばが海と言う温かい場所で作っていると、非常に生育が良いです。
 これから真冬になってもどんどん葉っぱが茂ってきます。
 高菜の収穫は、こんな状態になったときに、大きくなった下葉を数枚ずつ欠きとって収穫します。
 欠き取られた高菜は慌てて残った葉っぱを大きくし、更に新しい葉を上に作って行きます。
 欠き取らないでおくと、ずんぐりと茂った蕪なのですが、収穫を続けている畑では下の方は茎だけの高菜が立っています。
 もちろん、痩せた畑では収穫の間隔が長くなります。春までに採れる葉っぱの数にものすごく差が出ます。

 我が家のように暖かい所と、山間部の霜が降りるような寒い所では、伸び具合は当然違います。
 霜が降りるくらいになると、高菜の葉はいじけて皺皺になります。
 『めはり寿司』を作れる大きさになるまでに倍くらいの日にちがかかります。
 同じような畑なら、収穫量は倍くらい違うのではないかと思います。
 しかし、高菜を栽培するのは山間部です。
 
 漬物の産地と言うのは北国や山の中の寒い所が多いです。
 京都なんかも寒さで有名なところですからね。
 暖かい所で漬物を漬けると、すぐに醗酵が始まったりカビが生えたりします。寒い所の方が上手く仕上がるから産地は寒い所になるわけです。
 原料の菜っ葉類も、我が家のように真冬でもどんどん大きく育つ所の物は柔らかくて見掛けは良いのですが、こと漬物となると風味も少なく柔らかすぎて美味いものになりにくいのです。
 素人の私が作っても、見掛けだけなら一流の百姓に負けないものになるのですが・・・

 『高菜』はこの辺で「からしな」と呼ぶ人がいたほど辛いものです。
 ぴりりと辛いからかあまり害虫がつきません。
 葉の裏に白いカビの一種が生える「うどん粉病」?見たいなのが出る程度で栽培のしよいものです。
 欠きとって収穫を長く出来ます。
 食べ方は、塩で漬け込む『高菜漬け』の他に、糠味噌漬けにしたり、生で食べる人もたまに居ます。さっと湯をくぐらせて御浸しにしたりご飯を包んで目張り寿司風にしたりして楽しめます。

 家庭菜園なら10株もあれば十分楽しめると思います。
 種の方はややこしいF1なんてのを買わなかったら、自家採種でやれますから安上がりのものです。
 先に書いたように消毒もいらないですしね。
 熊野まで高菜を食べに来るのは大変でしょうから、是非やってみてください。
 自分で作った『高菜』が気に入ったら、『熊野古道歩き』を兼ねて熊野まで本物を買いに来てください。
 見場は良くないですが、ものすごく安いお土産品ですからね。

木本町全図です

by je2luz | 2008-11-17 12:22 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/8933788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 奈良熊本 at 2008-11-17 22:21 x
こんばんは!
熊野の情報を検索していて立ち寄り拝見させていただきました。
白黒写真がとても新鮮に思え、見入ってしまいました。
過疎化が進む地方ですが、大自然に囲まれ羨ましい限りです。
定年までは15年ほどあり、世代も違う熊本生まれ奈良在住の
サラリーマンですが、楽しく拝見させていただきました。
ただし、ブログの少しだけですので、また時間のあるとき
遡って拝見させていただこうと存じます。
Commented by je2luz at 2008-11-18 22:44
 南に向かって走れば2時間ほどで着く所です。
 気が向いたら下りてきてください。


<< 熊野の旅 静かな町並み      熊野の旅 熊野古道歩きのきっかけ >>