LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 17日

熊野の旅 随分食べていない・・・

 昨日は『鯵のタタキ』について書きました。
 見かけは良く似ていても、今、この辺のスーパーで売っている『味のミンチ』とは別物です。

 もう一つ、昔の木本の家庭ではすごく普通に食べられていて、今はあまり食べられない『鯵料理』があります。
 『鯵の寿司』です。
 最近は回転寿司などにも『アジ』のねたがありますが、この辺の『アジの寿司』は江戸前ではなくやはり関西風ですから姿寿司系です。
 これも小さな『豆アジ』を使って作りました。
 『丸干し』にしたりするよりもっと小さな2寸ほどの『豆アジ』を使うものです。
 
 『豆アジ』を頭ごと開いて酢で少し締めます。
 頭も半分に開いて作ると格好のよい姿寿司が仕上がります。
 小さな物だと、酢で締めると頭も柔らかくなります。
 それを寿司飯の上に乗せ、『簾』で少し形を整えます。
 使う酢は好みによって、普通の酢、ユズ、ミカン酢などです。
 当然風味は変わってきます。
 この寿司もこうして書くと、実に簡単な物なのですが、これもまめ味の下準備が随分と手間のかかる仕事です。
 それに、出来上がっても手間の割りに地味な料理です。
 昔ならいざ知れず、現代ではこれだけでおかず無し…と言うわけには行きにくいものです。
 つまり、主婦にとっては『かなわん』者なのです。
 かくして、この郷土料理を作る人がどんどん減ってしまいました。
 当然、子から孫へなんて、伝承も途切れてしまいましたね。

 もう少し下準備のしよい『ウルメの寿司』も作る人が居なくなって来ていますね。
 昔からの寿司文化がどんどん薄れて、この辺でも、『寿司はコンベアで流れてくる物』と言う風になってしまったようです。
d0045383_10123850.jpg

 カメラは クラウン・グラフィック+トプコールS65mm 

熊野市広域地図です

by je2luz | 2008-09-17 10:14 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/8623471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 久々の松本峠      熊野の旅 最近聞こえない・・・ >>