LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 06日

新宮  速玉大社 権現さん 1

 本宮から熊野川を下り河口までたどり着くと川岸に『速玉大社』があります。
 地名が『新宮』となっているようにここは『新しい宮』として造営されたものです。
 本宮大社と違い河口部に作られ、平地があるので周囲には町が開けました。
 ここ新宮は熊野川を利用した『筏・いかだ』のよる材木搬出の終点になり、吉野の南斜面、熊野の山間部、十津川方面と広い範囲の良質な紀州材の集積地として栄えました。
 道路の開通により筏が衰退し、新宮に集める理由がなくなると共に、紀州材の中心としての地位が揺らいで行きました。
 速玉大社は地元では『権現さん』と呼ばれ親しまれています。境内もやたらと広いものではなく気楽に参拝できることもこうした親しみを生んだのかと思います。
 本宮大社の白木作りの静かなたたずまいに比べこちらは朱塗りの社殿でかなり華やかな感じがします。山の中の本宮大社と街の中の速玉大社・・・さも、それらしい感じがします。
 権現さんは境内がやたらと広いわけではありませんが杉の巨木で囲まれた神域は静かで町の喧騒は入ってきません。ゆっくりと休める雰囲気です。

by je2luz | 2005-06-06 08:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/848529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野三山 新宮・速玉大社2 江...      熊野三山 本宮大社2 >>