人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 21日

熊野の旅 お盆も過ぎたし・・・

 お盆が過ぎると秋は目の前です。
 と、言うより、少し田圃のあるほうに行くと、もうすっかり秋です。
 昔だと、まだ青い稲穂に朝露が付いた物なのですが、今では朝露が付く季節の前は黄色く実った稲穂が頭をたれています。
 田圃によっては稲が刈り取られてスッキリした光景になっているくらいです。

 あきのたの かりおのいおの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ

 なんて天智天皇が読まれていますが、今の季節のこの地方の秋の田では『露に濡れつつ』なんてありませんね。
 どちらかと言うと、『汗に濡れつつ』なんてむさくるしいことになりそうです。
 地球温暖化以前に、稲の作付けが早くなり、品種も早生で日数の短縮もされたので、すっかり季節感がずれてしまっています。
 
 夏場、山の上で避暑をしていた赤とんぼが里に下りてきて、黄色い稲穂の上を乱舞するのも秋の風物詩でしたが、トンボが群れる頃には半分以上ん田圃が刈り取った黒い田圃です。
 さぞや赤とんぼも戸惑うでしょうね。
 最近ではちらほらと赤とんぼが庭先で見られるようになりました。
 こいつが多くなる頃には、真夏の主役だった『シオカラトンボ』が少なくなりますね。
 農薬の量が一時期より減っているので、こうしたトンボなどは少し数が戻っています。
 もっとも、『良い虫』、『かわいい虫』だけが増えたのではなく、『悪い虫』、『気持ちの悪い虫』も増えています。良いような悪いような・・・
d0045383_10432725.jpg

 先日、下の孫娘を載せたら、上が載っていなかったとクレームが出ました。
 これは大泊海水浴場に流れ込む川の河口です。
 この川にも小魚がうんと増えました。
 不思議なことに、この川でも、大きな大又川でも、魚の数は増えてきたのに、大きなのがいなくなりました。
 何かが変わったのでしょうね。
 つまり・・・まだまだ本当には回復していないってことでしょう。

この周辺です

by je2luz | 2008-08-21 10:48 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/8481430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 お盆帰省・夏休み旅行...      熊野の旅 人口も通常に・・・ >>