人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 21日

熊野の旅 海の日 海水浴場は? 

 7月には休日がないという理由で作られた、実におかしな休日、それも日曜日にぶつかると休みが減る・・・と言う役人らしい発想で振り返られたのが今日のお休みだそうです。
 
 少し薄雲が出ていますが、一応晴れて、非常に蒸し暑い日です。
 今年は原油高騰で航空運賃にかかる燃料サーチャージなんて物がどんどん上がって、本来の運賃より加算分が多いなんてことも起き、海外旅行が減っているようです。
 しかし・・・
 原因が燃料代ですから、遠くまで走ってくるような観光客は国内でも減っているでしょうね。
 きれいな水のある新鹿海水浴場や大泊海水浴場も、名古屋から210Kmほど、大阪から180Kmほどもあります。
 往復400Kmとして…リッター12Km走る車で33Lです。180円のガソリンで5980円かかる勘定です。
 ちょいと気楽に来る気分にも成らないし、第一、毎日毎日『ガソリンが高い』『遠くに行くと大変』とテレビで騒がれると、余計にそんな気になるでしょう。
 
 私も燃料も高いので??最近は車に乗らなくなっていて、2Kmしか離れていない大泊海水浴場の様子も見たことありません。
 間に『鬼ヶ城トンネル』があるので、ちょいと自転車で・・・とは行かないのですごく遠くの場所のような感じです。
 大泊も新鹿も一時期、他所からのお客さんが結構多くて、ビーチパラソルが結構立っていて、若い娘も結構寝そべっていた物なのですが・・・
 そんな光景が段々少なくなって、若い『娘』が『子』に代わって行きました。
 その『子』の数もどんどん減っているのですから、海水浴場も人が減っているのでしょうね。

 地元の子供ばかりになってくると、浜の茶店も商売になりません。
 シャワー施設なんて使う子は居ませんしね。

 あとで少し様子を見てきます。
 海水浴シーズンは後半月ほどですね。
 8月お盆の頃になると『クラゲ』の出番が多くなってきますからね。
 シーズンがものすごく短いし、お天気しだいですから、海水浴場ってのは産業になりにくいのです。
 町場のプールが立派になりましたしね。
d0045383_11572151.jpg

 これは二年前の大泊海水浴場です。
 この浜が人で埋め尽くされるなんてことはありません。
 浜の人込みで迷子になる心配もない小さな浜です。
 でも、水質は文句なしに一級品ですよ。

この周辺です

by je2luz | 2008-07-21 12:04 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/8313438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 海の日の海水浴場      熊野の旅 夏本番 甲子園への道 >>