LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 20日

熊野の旅 夏本番 甲子園への道

 夏と言えば『甲子園』と言う人も多いですね。

 今、日本中で甲子園への切符を掛けた戦いが繰り広げられています。
 我が家の新聞は朝日で、スポーツ欄から三重県版まで高校野球一色です。
 高校野球、甲子園も春の選抜は毎日新聞、夏の大会は朝日新聞と歴史的にきちんと住み分けが出来ています。高校野球なので『冠大会』になっていないのですね。

 この甲子園への道はこの東紀州からものすごく遠い物です。
 険しい『熊野古道』でも頑張って歩けば都へでもたどり着けますが、甲子園には着かないようです。
 この辺では『県立木本高等学校』『県立紀南高校』『近畿大学工業専門学校』の三校があり、三校ともに野球部があって甲子園を目指すのですが届きません。
 『木本高校』が大昔に一歩手前までいったことがあるだけです。
 今なら出場できていたのですが、当時は三重県単独では出場枠がなかったのです、
 『三岐大会』と言うのがあって、三重県の大会上位二校と岐阜大会の上位二校で一つの枠を争ったのです。
 一度だけ、強豪三重高を破って三重県で優勝したことがあったのですが、岐阜の強豪岐阜商に破れて甲子園の一歩手前でダウンしたのです。
 その当時から、木本高校の野球部は『黒潮打線』と言われ、いい意味では強力打線、悪く言えばブンブン丸で粗かったですね。
 狭い運動場をラグビー部と共用するので、守備練習などきちんとできず、七里御浜でやったりしたのでそうなったのでしょうね。
 打撃練習は出来てもゴロなど練習できるわけがないですからね。

 過疎が進み、リトルリーグのチームの維持すら難しくなってきている田舎から甲子園を目指すのはますます大変でしょうね。
 『熊野古道』は改修されても、『甲子園への道』は廃道状態のようです。
d0045383_1126558.jpg

この周辺です

by je2luz | 2008-07-20 11:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/8307936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 海の日 海水浴場は?       熊野の旅 夏本番・土用 >>