人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 13日

熊野の旅 平成の子供 夏祭り

 京都では祇園さんが始まりましたね。
 梅雨明けの時期からは各地で『夏祭り』が一杯行われると思います。
 月遅れの8月お盆が終わる頃までの一ヶ月あまりは週末の夜になると神社や公園で夜店が立ちます。
 『豊作を祈る春祭り』『豊作を感謝する秋祭り』などに比べると、夏の祭りは『お盆』を除いて宗教色が薄れる物が多くなりますね。
 『○○町内夏祭り』なんてのも一杯ありますからね。
d0045383_11275218.jpg

 こうした夏祭りの夜店は子供たちの天下です。
 大きく有名なお祭では、露店もプロの香具師・露天商の物になるので子供の財布では思いっきり買い食いしたり遊んだりは出来ません。
 きらびやかなプロの露店が並ぶ夜店では子供たちはきょろきょろしてうろつくだけなのですが、手作り夜店では思いっきり参加していますね。
 こんな時の子供の表情は平成の子供も昭和の子供あまり変わりはないようです。
d0045383_11484150.jpg

 違うのは・・・少なくとも、田舎で変わったのは・・・子供の絶対的な数が減ったと言うことでしょう。
 夜店の場合は、親が車で来る時以外は集まってこれる範囲があまり広くないですからね。
 この写真の夜店は、昨夜、木本町三丁目で行われた物です。木本小学校の校区ですが、昭和30年代には1500人にまで達していた児童数が今では100人台まで減っているのですからね。

カメラは フジカST605N+シュナイダー・クルタゴンC35mm
この周辺です

by je2luz | 2008-07-13 11:48 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/8267949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 平成の子供 大きい子は?      熊野の旅 昭和の風習 >>