人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 02日

熊野の旅 熊野の言葉 簡単で分かりにくい・・・

 よく似た言葉で意味が違う・・・
 こいつが一番始末の悪い物でしょうね。
 お互いに意味が通じたと思っているのに、結果が全く違うので・・・
 『なんで???』
 「云われたとおりにしたじゃんか!」 …と言うことになるのです。

 『その本どうしたん?』
 「かってきた・・・」
 『どこで?』
 「駅前の本屋で・・・」
 『あほか・・・あそこは貸し本屋じゃないぞぅ! ちゃんと銭はろてこい!』
 「・・・・・?」
 と、云う風に、『かって』は関東風では『買って』なのですが、ここでは『借りて』が縮まった物なのです。
 同じように「入手する」動作を表すので取り違えが起きるのです。
 しかし、この使い方も、こちらの方が薄れて来ていますね。段々、表人化されていますからね。

 この辺の会話でよく出てくるものですが。簡単なのに意味が分からない物・・・

 『どしたんなら、その格好は?』
 「なに?」
 『そんな、ふうわりぃもの着んなよ!』
 「どこがふうわりぃんなら?」
 『ピッチピチで破けそうじゃぎゃあ・・・みともない』
 「知らんのかぁ! これが格好ええんじゃわ!」
 と、云うことなのですが・・・
 『ふうわりぃ』は『風悪い』で『みっともない』と言うことです。けっして『フウワリ・フンワリ』ではありません。
 けっこう色んな所で使われる言葉です。
 私の家の兄嫁さんは東京下町の人なので、嫁いで来てしばらくは・・・
 『なにがフワフワしてるんだろう?』と、不思議だったそうです。
 漢字でしゃべれば誤解は起き無いのですがねえ・・・
d0045383_11123450.jpg

この周辺です

by je2luz | 2008-06-02 11:16 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/8021022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の言葉 人の呼び方      熊野の旅 熊野の言葉 腹を立て... >>