人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 22日

熊野の旅 野草・山草 

 日本全国、緑豊かな国ですから、昔から、野草・山草が食べられてきました。
 万葉集でも一番初めの雄略天皇の歌に
 
 こもよ みこもちふくしもよ みぶくしもちこのおかに なつますこいえきかな なのらさねそらみつ やまとのくにはおしなべて われこそおれしきなべて われこそませわれこそは のらめ いえをもなをも

 などと、野草を摘んでいるらしき光景がでて来ています。

 このうたは、なんとも鼻持ちなら無いくらい尊大な雄略天皇の姿が浮かんできますが、さしずめ一時期のヒルズ族が合コンで見せていた態度のような物でしょうかね。
 しかし、倭の国を押えていたのですから、勢いはそんなのに比べられないでしょうが・・・

 山菜も地域によって若干食べる物が異なるようですね。
 ワラビだとかゼンマイだとかヨメナなんてスタンダードな物は生えている地方ならどこでも食されてきたようです。
 私が小さかった頃は、こうした野草・山菜も、今のように『グルメ』『嗜好品』として食べるのではなく、大切な食料品として食べられていました。
 熊野、それも私が育った飛鳥などは、家から一歩出れば田の畦や川原には食べられる野草は生えていたし、すぐそばの山や谷のそばには山草が出てきました。
 だから、春から初夏にかけてはそんなものを採って遊んでいました。
 どこの家にでも、少し大きめの巾着のようなひも付きの袋が幾つか在って、それぞれ家族の持ち物になっていました。
 近くに行く時は一個ぶら下げ、遠出する時は背負うかごなども持った物です。

 採ってもあまり面白くない『よもぎ』は子供はあまり採りませんでしたね。
 これはこの地方では大切な野草だったのです。
 普段は怪我をしたときの止血剤として、ちぎってつばを混ぜながらもんで傷口に付けたものです。しみるのですが血は止まったように思います。
 こんな療法も一時期『とんでもない不潔なこと』とされて排斥されましたね。
 どう考えても、とっさの場合、血を止める方が先だと思うのですがね。
 もう一つの使い道は、川遊びの時の水中眼鏡の曇り止めに使いましたね。これも、けっこう有効だったように思います。
 そして、『ヨモギ』の一番の出番はやはり『お餅』でしょうね。
 いくらでも蓬が手に入るからでしょうか、お雛様の菱餅の一色にヨモギの入った緑のがありました。
 さらに、年中餅を搗くことの多い地方ですが、そのたびに『ヨモギ餅』と作りましたね。あんこの入ったやつと入らないやつ・・・一臼は搗いた物です。
 混ぜ物が入る分、硬くなるのが少し遅いのでうまく焼けた物です。

 このヨモギと言う野草は畑とかにとっては厄介な雑草です。
 ものすごく生命力があり、下手に倒すと切る捨てた茎から根っこを出して挿し木の状態になります。
 花が咲いて種がふわふわ飛んで広がります。
 地下茎がどんどん伸びて所構わずに出てきます。
 ありがたくないことこの上ない位の物です。
 町中の私の庭にも侵入して来ています。
 近所のおばさんが月遅れの端午の節句に使うために、この我が家の雑草を当てにしているので、根絶やしに出来ないで残してあります。
 この時に使うのが、ヨモギ以上に厄介な『ススキ』なんです。これも、我が家の空き地のを当てにしているようですが、先日畑のマルチィングように刈り取った時、全部刈ってしまったかも・・・そうだとしたらさぞかしがっかりするでしょうね。
d0045383_129986.jpg

この周辺です
 こちらのブログもご覧ください。
 

by je2luz | 2008-05-22 12:13 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7950760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 野草・山草 ごんぱち      熊野の旅 もう一年経ちました ... >>