人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 15日

熊野の旅 七里御浜の釣り 3

 釣りと言う物は釣堀ででも無い限り、何もつれない『坊主』もあれば、目的外の魚が釣れる『外道』もあるものです。
 ことに七里御浜のつりなどと言うのは、広い海に中にちょこっと回遊している魚を釣ろうというのですからなおさらです。根付きの魚を狙う磯釣りや防波堤の釣りに比べ、その傾向が強いようです。
 坊主には波打ち際にも近づけず、竿を伸ばすことも無く帰らなくてはならない情け無い物も含まれますね。
 これがあるから、つれたときの嬉しさがますのかもしれません。

 外道の方は磯釣りでも色んな物があると思います。
 『そし』の方は、ルアーですし、中型以上の魚しか事実上あんな物を追いかけて食いつくなんてありません。だから、せいぜい、ハマチを狙って浜に出たけど釣れたのはサバだった・・・くらいの話です。
 シャチだとかイルカが釣れた話は聞きません。
 一方、浜のつりの一番ポピュラーな『キス釣り』の方は外道が非常に多いです。
 ほとんどの魚が大好きな『ゴカイ』なんておいしい餌をつけて、比較的小さな針で沈めるのですから、そこに居る魚は何でも食いついてくるようです。
 口が小さくて中々飲み込めない『はげ』や『ハリセンボン』などは、突っつきまわして餌取りになるようですが、それらでもちょいと大きくなると掛かってきますね。
 この七里御浜の海岸線をうろついている魚には、その他にもたくさんいるようです。
 落ち込みも激しいので、色んな深さの所の魚も掛かってくるようです。
 外道でも、『ひらめ』『あなご』なんてのは良いでしょう。『ベラ』なんてのも、この辺では食べませんが、大阪なんかでは売っているそうですからまだよいでしょう。食べ方しだいでは食べられる『こち』なんてのも来ますね。
 こうした外道は連れ出すとその場所に投げるとどんどん釣れてしまうようです。
 外道の中で厄介ののは、背中にアンテナを立てた『ごんずい』でしょうね。
 一見、鯰のような感じで上目遣いににらんでいるやつですね。
 こいつには毒があるとか・・・
 釣れてしまったら、仕掛けごと切り捨てた方がよいとか聞きました。
 海は広くて得体の知れない物です。訳の分からない物がつれたら、気をつけないと大変なことになるかもしれませんね。
 まあ、山のきのこほどのことは無いでしょうけどね。
d0045383_11511433.jpg

 こちらのブログもご覧ください。
 

この周辺です

by je2luz | 2008-05-15 12:05 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7905886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の釣り 防波堤釣り      熊野の旅 七里御浜の釣り 2 >>