LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 08日

熊野の旅 ゴールデンウイーク

 ゴールデンウイークも終わりました。
 今年のゴールデンウイークは大手の正規サラリーマンにとっては普段の休みとあまり変わらないもののはずです。
 3連休なんて年中ある、『働きすぎない日本』ですから、今回の4連休なんて・・・
 
 家の前の国道42号線も少し車は多かったですが、大した事はなし、ナンバーを良くみれば『三重ナンバー』が7割から8割でした。隣りの新宮は『和歌山ナンバー』の他府県なのですから、いかに観光客が少ないかって言うことですね。
 近隣の車が買い物に出たり、鯉のぼりを見に来たり、各種イベントに顔を出したり・・・
 昨日載せたJR紀勢線『ワイドビュー南紀』の写真はゴールデンウィーク最後の日、午後の上り列車だったのですが、ホームに人が群れるわけでもなかったですね。まあ、普段よりは乗客数は多かったようです。

 今年はこんな配置だったからでしょう、海外組みも少なかったとか言いますね。
 海外に出かける人は、現地で宿泊するし、お土産も買いますね。
 それに引き換え、国内旅行では、まともに宿泊もしない人もいますし、お土産など考えもしない人が増えました。
 まあ、昔から、『名物にうまい物無し』などと言いますし、ネームプレートが違うだけで、製造元が同じ『郷土玩具』や『煎餅』『漬物』『最中』なんて売ってきたのですから、偽装の元祖は土産物みたいなものですし、見放されても当たり前でしょう。

 三十年ほど前に始まった『村おこし』『町おこし』も、全国に広がったら、結局は金太郎飴になるか、素人の思いつきで継続もしないし売れもしない、飯も食えない『地場産品』を莫大な予算を使って作ってみただけに終わった所が多いようです。
 平成の大合併の前までの市町村は約3300でした。おそらく、そのうち3000はこの事業をやったでしょうし、今も、新しく出来た2000ほどの自治体は何度目かの新規事業でやっているのでしょうね。

 『女房が 焼くほど亭主 もてもせず』 とかいうのがありますが・・・
 『放送で 言うほど産品 売れもせず』 と言うのが現状でしょうね。

 こんな記事の時には当たり障りのある画像も載せられませんから、『ワイドビュー南紀』の後姿を・・・
 多分、これに乗っておられる方は、『熊野古道の思い出』と共に『南紀のお土産』をいっぱい持って帰っていることと思います。
d0045383_11362479.jpg

 カメラは ローライフレックス・オートマットX クセナー75mm

この周辺です

by je2luz | 2008-05-08 11:32 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7860342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 鉄道の旅と駅      熊野の旅 月例 人口動態 >>