LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 06日

熊野の旅 磯崎まつり 3

 『磯崎まつり』も手作りの物産販売の物から、イベントへ変貌を遂げ、少しばかり垢抜けしたように見受けられます。
 それが、良い事なのかどうかは少し疑問もあります。
 並んだ出店も熊野市内の各種団体がやっている物がほとんどでした。焼きそば・焼き鳥などの食べ物や、子供用の投げ輪遊びなども素人さんの店が並んでいます。
 業者さんの露天はほんの少しだけで、端の方に固まっていましたね。
 素人さんといっても、今の時代はきちんと用意されたイベント露天用のテントでの営業で整然としています。
 仕方ないことなのですが、市内で行われるこうしたイベントで良く見かける顔ぶれが並んでしまいます。
 人口二万しかいない熊野市ですから、こうした出店をやれる団体やスタッフは限られますからね。100人に一人動員してもせいぜい200人ってことですからね。
 場所も変わり、中味も変わり、主催者も変わって来て、『磯崎』ではなく『熊野市』の祭り的な雰囲気になっているように思います。
 少し触れましたように、出し物も手馴れた感じの進行で、今様の集団が今様を踊っていました。
 不思議なことに、『花の窟』にちなんだ創作舞踊とやらまで、まさに今様、ソーラン風のものでした。
 まさに異様な物でしたね。
 尾鷲から来ていた顔見知りも、『なんで花の窟とあれが結びつくの?』と、言っていました。
 部外者の私から見ると、いきがっている割りに発想が貧困なような気もしました。
 こんな風に書くと叱られるでしょうがね。
 普通なら張り付いてたくさんのカットを撮ってここに載せるはずなのですが、避けて通るように写真にはしませんでした。かなり、へそ曲がりなのかもしれませんが・・・
d0045383_10525780.jpg

d0045383_1055366.jpg

 カメラは コダック・レチナIIIc+クルタゴン35mm

この周辺です

 宣伝です。
 こちらのブログものぞいてみてください。
 

by je2luz | 2008-05-06 11:03 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7845833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 月例 人口動態      熊野の旅 磯崎まつり 2 >>