人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 05日

熊野の旅 磯崎まつり 2

d0045383_9582963.jpg

 『磯崎まつり』が随分変わっていたと言いましたが、イベントとしては随分進化したのかなと思います。
 私が会場に行ったのは11時ごろでしたが、人出はそこそこありました。
 ほとんどが親子・孫連れでしたね。
 この農村公園は、どこの集落からも歩いては行けない場所です。だから、集落のお年寄りが老人車を押して・・・と言う、田舎の祭り的な光景は見られません。
 そもそも、この『中山間農村なんたら事業』と言う旧農林省の事業は、『事業をするための事業』みたいな物です。
 岡山の沖合いに浮かぶ島を視察に行った時も、集落も無く農地も荒地になっているところに、立派な道路を作り護岸工事を巨費をかけてやってありました。ここ、井内浦も、戦時中は段々に開墾した田圃や畑を耕作していたのですが、この計画が出てきた頃にはほとんど荒地でした。
 荒地だから、好きなように道を作ったりできるのですか・・・
 まあ、出来上がったイベント用公園としてはさほど大きくないとは言え立派な物です。
 写真のような野外ステージがあり、この日もこんな太鼓の出し物をはじめ、色んな物をやっていました。
d0045383_1010324.jpg

 色んな出し物が用意された分、例によって当事者がすごく多くなって賑やかになります。
 出し物の写真をほとんど撮っていないのは、好みの問題で、避けて通ったからです。
 例によって、揃いの特攻服?とか揃いのTシャツをきた集団が、部外者には同じに見える今様の踊りを踊る物が多いからです。まさに、異様な雰囲気です。
 ほかには、手馴れた口調で親子を誘導して遊戯させる催し物をやっていました。
 こうした催し物は、小さな子供が居る家族にはありがたいものでしょうね。
 遊園地も無いところですから、ゴールデンウィークの家族サービスが出来たことでしょう。
d0045383_10254483.jpg

 しかし、以前行った時と様変わりした感じなのは、『磯崎の人』があまり居ないことですね。
 じいちゃんばあちゃんならそこそこ磯崎の人の顔も知っているのですが、一山越えた場所だし、きちんとスケジュール表で管理するイベントでは、そうした人の手出し口出しする部分も無いでしょうからね。

 この公園の場所は、熊野古道『大吹峠』の波田須側の登山口から磯崎方向に引返した所にあります。
 国道311号線には公園の標識があります、分かれてから急坂を下れば、小さな入り江に面した公園があります。
 お弁当を食べて休憩するには良いでしょう。トイレもありますからね。
 それに、平日などは事実上無人ですから・・・

この周辺です

 宣伝です。
 こちらのブログものぞいてみてください。
 

by je2luz | 2008-05-05 10:31 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7839376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 磯崎まつり 3      熊野の旅 イベント 磯崎まつり >>