LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 30日

熊野の旅 郷土史とは・・・

 どこの町でも『郷土史』というものがあり、それをまとめた立派な書籍があるものです。
 文化的?な町では戦前に作られた所もあるようですが、ほとんどの所では、戦後世の中が落ち着いてきた頃に企画され、編纂した物が多いようです。
 熊野市においても、昭和58年(1983)に上・中・下、三巻に及ぶ立派な物が編纂、出版されました。
 こうしたことにあまり興味の無い私は購入しませんでしたので、手元にはありません。

 歴史のことなので、諸説の分かれるところもあります、更には記述内容に問題のある場所もありました。
 そうしたことを巡るゴタゴタの中に身を置かざるを得ないこともありました。
 言われることは、ごもっともなこともあるのですが、こんな立派な本を簡単に発行し直す事も出来ず、『資料として保管させていただき、後年、改訂版とか発行の時には検討させていただきます』などといって、お茶を濁したこともあります。
 緊急性のあることでは、訂正文を印刷し、分かる範囲で購入者宛に発送したこともあります。
 年号のはっきりしたものでも1800年以上前の事柄からです、発行以降もポツポツと資料が出てきたりしているようです。
 そのうちに改訂版を出そうと言う時代が来るかもしれませんね。

 先日、熊野の郷土史の中心人物の前さんがお亡くなりになりました。
 他にも郷土史に熱心だった人たちが高齢のためお亡くなりになった方が多くなっています。
 クレームをつけにこられた方も同様です。
 どっちにしても、歴史などと言うものは流れはわかっても、細かいことは分からない物でしょうね。
 今起きている事件のことでも、新聞によって違っていたり、事実誤認、語法だったりするのですからね。
 日記や書付などを一生懸命解読しても・・・『・・・と、日記には書いておこう』などと言うこともありますからね。

 しかし・・・およそこうした郷土史の資料的なものにはろくなことが無いですね。
 火事だ、喧嘩だ、地震だ、津波だ、洪水だ、飢饉だ、一揆だ・・・そんなのだらけのようです。
 『世は全てことも無し・・・』なんてのは書き留めて置きませんからね。
d0045383_1125447.jpg

この周辺です

 宣伝です。
 こちらのブログものぞいてみてください。
 

by je2luz | 2008-04-30 11:05 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7807251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 郷土史 地震・津波      熊野の旅 お地蔵さん >>