人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 20日

熊野の旅 今年も賑わった 大泊駅前

 紀勢本線大泊駅・・・
 今から50年程前には貨物駅として重要だった所です。
 『熊野川総合開発』の大又川、北山川水系のダム建設用のセメントはこの駅まで列車で運ばれ、サイロに納められてから、トラックで山の中に運ばれました。
 何も無い小さな田舎駅なのに、待避線、引込み線があり、『住友セメント』『小野田セメント』二社のサイロがあったのです。
 ほんの一時期、国鉄バスが、盲腸のようになったこの駅までバスを立ち寄らせたこともありますが、旅客駅としては賑やかだったことは一度もありませんでした。
 この駅の駅前広場には、戦前にここに駅が出来ることになったときに植えた桜があります。
 いまでは、立派な古木になって見事な花を咲かせています。
 駅前広場といっても、お店があったわけでもなく、拡張もされなければ縮小もされないので昔から同じままなので桜も傷められずに済んできたのです。
 熊野市駅の隣りの駅、もちろん特急など止まることはありません。だから、乗降客は居ないのですが、この町の中心から近いと言うことと、駅前に何も無くバスなども来ないので、安心してござが広げられるので、昔から花見の時期だけ賑わいます。
d0045383_11474135.jpg

 何しろ近いですから、『思い立ったらさっとお花見』・・・なんて感じでやってきますから、さほど広く無い駅前に家族連れやら団体やら、何組もの花見客が楽しんでいます。
 今のJRの駅は無人ですから気楽な物です。
 無人駅でもトイレはありますしね。
 でも、皆さん、ゴミはきちんと持ち帰っているようです。
 4月5日の日にも、何組か楽しんでいました。
d0045383_1153437.jpg

 中にはこの辺では有名な御仁も居られました。
 地元の人にはすぐばれますが、一応、作法どおりに目のところを隠させてもらいました。
 熊野市、南牟婁郡、合わせて4万人ほどしか居ない所ですから、何処へ言っても見たことのある人はいるものなのですがね。

この周辺です

 カメラは フジかST605N
 レンズは シュナイダー・クルタゴン35mm2.8

by je2luz | 2008-04-20 12:03 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7741511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野市駅前      熊野の旅 熊野は初夏 >>